生活

エアコンの室外機・室内機の故障でよくある症状と原因や修理方法は?

更新日:

air-conditioner
そろそろ厳しい夏がやってきます。

梅雨の時期から、除湿のためにエアコンを使用するという人もいるかもしれませんね。

でも、なんだかエアコンの効きが悪いな……と思う時はありませんか?

 故障なのか、故障でないのなら原因は何か、気になりますよね。

この記事では、エアコンが故障する主な原因、故障しないようにするための対策などをご紹介します。

エアコンの故障についてのあれこれ

air-conditioner

エアコンの故障時の主な症状と原因

風が出ない、弱い

風が出ない場合はフィルタ―にが詰まっているかもしれません。

風が弱い、冷えないという場合はガス漏れの可能性があります。

フィルターにが詰まっている場合は掃除をしましょう。

家庭で簡単にできます。

室外機のカバーを外して、中に2本ある配管のうち細い方に霜がひどく付いている場合はガス漏れですので、修理業者を呼びましょう。

異音がする

可能性は色々あります。

室内機と室外機両方を確認しましょう。

室内機の送風ファンの破損室外機コンプレッサーの故障の場合は修理が必要です。

しかしフィルターの目詰まりやルーバーの動作不良、室外機の台座が不安定になっている場合は掃除メンテナンスで解決できます。

臭いがする

カビが発生しているか、汚れが付着したままかもしれません。

掃除をしているのに臭いが発生している場合は、家庭で掃除できない範囲に汚れカビがある可能性がありますので、クリーニング業者を呼びましょう。

リモコンが反応しない

リモコンの電池を確認してください。

交換したばかりなのに反応しない場合は、リモコン操作時赤外線がちゃんと出ているか確認しましょう。

リモコン側に問題がなかった場合は室内機を確認します。

エアコンの電源を切った状態でコンセントを差し直し、その上で本体の電源ボタンが利くか確認します。

大丈夫だった場合は漏電ブレーカーが落ちていないか確認し、それも無事だった場合は部屋の照明の信号と干渉している場合がありますので、部屋の照明を切った状態でもう一度確認してみましょう。

ランプが点滅している

基本的に無事に作動している最中のランプは点灯しているものですが、点滅する場合があります。

最近のエアコンは自己メンテナンスの上、故障の可能性がある部分が存在するとランプの色や点滅回数などで簡単にお知らせしてくれるようになっています。

メーカーや品番によって違いますので、購入時の説明書やメーカーのホームページなどで確認してください。

排水が漏れている

排水ホースが破損しているかもしれません。

その場合は修理業者を呼びましょう。

排水ホースを確認してみて、大丈夫だった場合は室内気内部の結露によるものの可能性がありますので、その場合はフィルターを手入れしましょう。

電源を入れると漏電ブレーカーが落ちる

非常に危険ですので、早めに業者を呼んで点検してもらいましょう。

落ちたブレーカーの種類によっては、電力会社との契約内容を見直す必要があるかもしれません。

故障しにくくする方法

室内機の掃除

面倒ですが、室内機はフィルターだけでも年2回以上掃除をしましょう。

フィルターの目詰まりは風量が下がるほか、電力消費量が無駄に増えてしまう原因になります。

また、掃除をすることでメンテナンスをすることにもなり、故障部分があった場合軽微なうちに発見できます。

室外機の周囲を片付ける

室外機の周囲に物が多いと熱交換に支障が出ます。

オーバーヒートの可能性も上がります。

室外機の周囲は涼しく風通しのよい環境を保ちましょう。

室外機専用の日よけカバーを使用したり、室外機の設置場所を高い場所にしたりすることも効果があります。

部屋の広さに合ったエアコンを使用する

エアコンで冷やせる部屋の広さは決まっています。

設置した部屋の広さとエアコンの性能が合っているか確認しましょう。

また、部屋の階数や住人の数でも代わります。購入時には専門の販売員にアドバイスをもらいましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

皆様の部屋のエアコンの調子はいかがですか? 

故障は酷くなる前に直した方が、被害も修理費も軽くおさまるかもしれません。

エアコンが活躍する時期が近付いたら、簡単にチェックしてみましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.