冬の行事 国民の祝日 季節の行事

天皇誕生日どうなる?2019年はない?明治大正昭和歴代はいつ?

更新日:

koukyo
天皇誕生日とは、その言葉のとおり「天皇陛下の誕生日を祝う日」です。

ふと気になったのは天皇誕生日を祝う習慣はいつからあったのかです。

祝日なのにハッピーマンデーが適用にならないのも疑問です。

この記事では、天皇誕生日の由来から明治・大正・・昭和歴代の天皇誕生日の変遷、2019年にはないのはどうしてか、今後どうなるかについて、まとめていきたいと思います。

天皇誕生日についてのあれこれ

koukyo

天皇誕生日とは

天皇誕生日は日本の国民の祝日の一つで、日本の国家の日でもあります。

天皇誕生日は、国民の祝日に関する法律によれば、「天皇の誕生日を祝う。」ことを趣旨としています。

ちなみに昭和23年までは、天皇誕生日を天長節(てんちょうせつ)と呼んでいました。

天皇誕生日の由来~昭和より以前からあったの~

その歴史は太古までさかのぼります。

遠い昔、天長節が確認されているのは宝亀6年(775年)の光仁天皇の時代です。

臣下は天皇の好物の酒を献上し、宴を楽しんだそうです。

祝日としての天長節

明治2年には各国公使を延遼館に招き酒と食べ物を振舞ったそうです。(※延遼館とは日本初の西洋風石造建築物)

天長節が国家の祝日として定められたのは明治6年です。

その後、即位した天皇の誕生日にあわせて天長節が行われるようになりました

戦後から天皇誕生日に

第二次世界大戦後の昭和23年に祝日法が制定されて、昭和24年以降は天皇誕生日国民の祝日として定められました。

当時の世論調査で国民が望む祝日として1位が新年。

2位は天皇陛下のお生まれになった日だったそうです。

戦後まもない調査だったこともあり、まだ天皇制が国民に色濃く残った調査結果のように感じますね。

平成天皇の誕生日は退位後「祝日」になるの

昭和天皇が崩御されたとき祝日法改正により「みどりの日」となり、国民の祝日として残されました。

平成天皇が退位された後、政府の意向によると、退位後の12月23日は、今のところ当面の間は平日にする方向だそうです。

しかし、こればっかりは国民の動向次第でしょうね。

ちなみに皇太子殿下が新天皇に即位された場合、皇太子殿下の誕生日2月23日が天皇誕生日に変更されます。

以下に、明治以降の天皇誕生日の変遷をまとめておきます。

明治天皇(11/3)→明治節→文化の日
大正天皇(8/31)→特になし
昭和天皇(4/29)→みどりの日→昭和の日
平成天皇(12/23)→???

なぜ、大正天皇の誕生日が残っていないのかが不思議に思うかもしれませんが、その背景には、大正天皇は病弱で、公務の殆どを皇太子が務めていたということで、政治的に力を持っておらず、その分、国民との結びつきも希薄になってしまい、それが原因で国民からも祝日として残そうという声があまりなかったからだそうです。

また、体調があまり良くないということで、夏場の暑い日を避け、10月31日に天長節を祝っていたそうです。

さらに、文化の日を明治節に戻そうかという話も出ているそうです。

2019年は天皇誕生日がない!?

誕生日が12月23日の天皇陛下が19年4月30日に退位し、2月23日の皇太子さまが同年5月1日に新天皇に即位するため、2019年は天皇誕生日がありません。

そして、その翌年の2020年からは2月23日が天皇誕生日ということになります。

天皇誕生日にハッピーマンデーが適用されない理由

ハッピーマンデー制度とは祝日を月曜日に移動して、土日祝と三連休にするものです。

勤労感謝の日と同じく天皇誕生日もハッピーマンデー制度から外れています。

これは考えてみればわかります。

天皇誕生日は「天皇陛下のお誕生日」ですから、ハッピーマンデーで祝日を動かしてしまうと天皇誕生日の意味をなしませんし、他の祝日もそれぞれ祝日の意味を考えれば当然のことですよね。

<ハッピーマンデー適用外の祝日>

成人の日(1月の第2月曜日)
建国記念の日(2月11日)
春分の日(3月21日ごろ)
昭和の日(4月29日)
憲法記念日(5月3日)
みどりの日(5月4日)
こどもの日(5月5日)
海の日(7月の第3月曜日)
敬老の日(9月の第3月曜日)
秋分の日(9月23日ごろ)
体育の日(10月の第2月曜日)
文化の日(11月3日)
勤労感謝の日(11月23日)
天皇誕生日(12月23日)
●はハッピーマンデー適用

天皇誕生日のイベント

天皇陛下のお誕生日を祝うので、イベントというより行事という言葉がふさわしいです。

やはり、皇居の一般参賀が一番注目されます。

地方でも天長祭が行われている神社があります。

一般参賀

一般参賀とは一般の人が皇居内で天皇皇后両陛下および皇族の方々に祝意を表す行事です。

新年と天皇誕生日に行われます。

これは陛下がベランダから手を振るシーンをニュースで見たことがあるはずです。

皇居の場所に近い方は参られてはいかがでしょうか。

天長祭

天長祭とは天皇陛下のお誕生日に合わせて行われるお祭りで、神社の恒例祭の年間行事に組み込まれています。

天皇陛下のお誕生日に際し、謹んでお祝いするとともに陛下の長寿と益々のご健康を祈るお祭りなのです。

天長祭は護国神社や厳島神社や伊勢神宮などで行われています。

興味があったらお参りしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

祝日としての天皇誕生日は明治からでしたが、お祝いでの形は太古からありました。

天皇が代替わりされるたびに天皇誕生日も変わるので興味深いですね。

12月23日は平成の日にでもなるんでしょうかね?

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 国民の祝日, 季節の行事
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.