生活

紙幣発行の歴史と価値一覧!裏表の人物などのデザインの種類や意味!

更新日:

money
毎日、千円札など紙幣を目にする機会が多いですが、日本紙幣のデザインの由来と価値について、個々に描かれているものは何なんだろうと疑問に思ったことなどはありませんか?

また、紙幣は肖像などが変わるとともに、デザインを損なうことなく偽造技術も発達していきました。

それは紙幣に独特の表情を見せています。

この記事では、紙幣のデザインと価値について、調査した結果を解説します。

紙幣のデザインと価値

money

千円紙幣のデザインの意味

昭和20年8月17日~昭和21年に発行された千円紙幣【甲号券】

1000yen
1000yen

<概要>
第二次世界大戦後のインフレ恐慌のときに流通した紙幣です。
新円に切り替わる前で当時の最高額紙幣でした。
現在の紙幣に換算すると約50万円に相当します。
日本武尊の千円は流通量が少なく、現物はほとんど残っていませんので、とても価値が高いです。

<デザインの意味>
:日本武尊(古事記に登場する人物)と、建部神社(日本武尊をご祭神として祀る神社)
:彩紋(幾何学的模様)

昭和25年~昭和40年に発行された千円紙幣【B号券】

1000yen
1000yen

<概要>
聖徳太子の千円紙幣【B号券】はインフレ抑制効果が弱かったA号券にかわり、当時要望が多かった高額紙幣として発行されました。
また日本紙幣の記番号に初めて、アルファベットと数字が使われました。※「A123456B」や「AB123456C」など。

<デザインの意味>
:聖徳太子(飛鳥時代の政治家)
:法隆寺夢殿(聖徳太子一族の住まいがあった場所)

昭和38年~昭和61年に発行された千円紙幣【C号券】

1000yen
1000yen

<概要>
聖徳太子の千円紙幣(B号券)で偽造が多発したため、新たに偽造防止を施した伊藤博文の千円紙幣(C号券)が発行されました。

<デザインの意味>
:伊藤博文(幕末の尊王攘夷に参加し、最初の内閣総理大臣になった人物)
:日本銀行

紙幣の透かしは伊藤博文の横顔になっています。

記番号が一巡したため、黒色から青色に変更されました。

昭和59年~平成19年に発行された千円紙幣【D号券】

1000yen
1000yen

<概要>
D号千円紙幣から肖像が採用され”夏目漱石”が選ばれました。

<デザインの意味>
:夏目漱石(小説家。代表作は「吾輩は猫である」など)
:タンチョウ(日本の鳥でツル)

夏目漱石の千円(D号券)はB千円とC千円とくらべ、紙幣の長辺が14mm短くなっています。

記番号は青色→褐色→暗緑色に変更されました。

平成16年~に発行された千円紙幣【E号券】

1000yen
1000yen

<概要>
野口英世の千円紙幣(E号券)は、今まで日本銀行券の肖像として選ばなかった”科学者”を採用しました。
野口英世は黄熱病の研究者として、学校の教科書にも登場するほどとても有名です。
またE号千円紙幣から偽造防止の技術が多く取り入れられました。

<デザインの意味>
:野口英世
:逆さ富士(本栖湖からの富士山の眺め)と桜

<偽造防止技術>
・パールインクは紙幣の左右両端に配置
・左下の潜像模様に重ねて「千円」の文字
・すき入れバーパターンは1本

二千円紙幣のデザインの意味

2000yen
2000yen

<概要>
第26回沖縄サミットと西暦2000年(ミレニアム)をきっかけに発行された紙幣です。
記念紙幣と思われますが、通常紙幣です。
二千円紙幣の発行直後は珍しさから話題になりましたが、その後の流通は低調になりました。
現在製造は中止されています。
戦後初の"1"と"5"以外の通貨で、最新の偽造防止技術が多数採用されました。

<デザインの意味>
:守礼門(沖縄県那覇市の旧首里城大手にある門)
:源氏物語絵巻第38帖「鈴虫」、人物は紫式部、光源氏、冷泉院(れいぜんいん)

<偽造防止技術>
・潜像模様:表の左下部に額面金額”2000”、裏面には「NIPPON」。
・パールインク:券の左右両端に配置。

二千円紙幣の裏面には源氏物語絵巻の「鈴虫の巻」の詞書が、デザインの都合上で上半分だけ書かれています。

五千円紙幣のデザインの意味

昭和32年~昭和61年に発行された五千円紙幣【C号券】

5000yen
5000yen

<概要>
昭和32年に発行された五千円紙幣はとても高額でした。
なぜなら当時の大学初任給が1万3000円、現在の紙幣価値で計算すると初任給は78,000円になります。
当時の五千円紙幣は現在の価値でだいたい30,000円程ですから、確かに高額ですね。
そんな五千円紙幣でしたが、高度経済成長期とともに流通量は増えていったのでした。

<デザインの意味>
・表:聖徳太子(飛鳥時代の政治家)
・裏:日本銀行

聖徳太子の肖像は1万円と同じですが、世に出たのは五千円紙幣が先でした。

昭和59年~平成19年に発行された五千円紙幣【D号券】

5000yen
5000yen

<概要>
D号五千円紙幣から文化人の新渡戸稲造が採用されました。
肖像は養女の結婚式に出席した際の写真を基にしたそうです。
肖像とすかしで髪の分け方が違います。
本栖湖の湖面に富士山が逆さに描かれてますが、これは岡田紅陽の「湖畔の春」という写真を基にして描かれたそうです。
E号千円紙幣にも使われています。

<デザインの意味>
:太平洋、新渡戸稲造(教育家。日米親善に尽力した人物)
:逆さ富士(本栖湖の湖面に富士山が逆さに)

D号五千円紙幣のデザインは”左側にすかし、中央に漢数字で額面、右側に肖像”となっていますが、後のE号五千円で額面と透かしの位置が入れ替わり、D号のデザインは最後となりました。

記番号の色は黒色→褐色に変更されました。

平成16年~に発行された五千円紙幣【E号券】

5000yen
5000yen

<概要>
日本銀行券の表面の肖像に、初めて女性が描かれました。
偽造防止技術には二千円券に使われたものが多く採用されました。

<デザインの意味>
:樋口一葉(日本初の女流作家。たけくらべが有名。)
:尾形光琳の「燕子花図」

<偽造防止技術>
・すき入れバーパターンは2本。
・ホログラム:サクラ像と日銀のロゴと「5000」の文字。
・特殊発光インキ:肖像画(樋口一葉)の顔の部分も少しだけ光る。

記番号の色は黒色→褐色に変更されました。

一万円紙幣のデザインの意味

昭和33年~昭和61年に発行された一万円紙幣【C号券】

10000yen
10000yen

<概要>
戦後初の1万円として発行されましたが高額過ぎました。
なぜなら昭和33年の大学初任給が1万3000円で、現在の紙幣価値で計算すると初任給は78,000円です。
当時の1万円紙幣は現在の価値でだいたい60,000円ですから、確かに高額ですね。
そんな1万円でしたが、やがて高度経済成長に伴い、流通量が増えていきました。

<デザインの意味>
:聖徳太子(飛鳥時代の政治家)
:鳳凰

昭和59年~平成19年に発行された一万円紙幣【D号券】

10000yen
10000yen

<概要>
D号1万円紙幣から肖像に文化人が採用されることになり、福沢諭吉が選ばれました。

<デザインの意味>
:福澤諭吉(教育家で思想家。学問のすゝめは有名。)
:雉(きじ)

記番号は黒色→褐色に変更されました。

平成16年~に発行された一万円紙幣【E号券】

10000yen
10000yen

<概要>
E号一万円紙幣の肖像はD号からそのまま使われました。
偽造防止技術には二千円券に使われたものが多く採用されました。

<デザインの意味>
:福澤諭吉
:平等院の鳳凰像

<偽造防止技術>
・すき入れバーパターンは3本。
・ホログラム:サクラ像と日銀のロゴと「10000」の文字。
・紫外線インキ:表面の印章および地紋の一部をブラックライトを照らすと、表面の印章がオレンジ色に、地紋の一部が黄緑色に変化。

記番号は黒色→褐色に変更されました。

偽造防止に関すること

紙幣のデザインの一部ともいえる偽造防止処理はE号券から多く採用されました。

主な偽造防止技術を以下にまとめておきます。

パールインキ:お札を傾けると、余白にピンク色の光沢が見える。
すき入れバーパターン:肖像画の向かって右側に”すかし”が入ってる。
超細密画線・マイクロ文字:コピー機では再現できない文字(細い線や点)
特殊発光インキ:紫外線にあてると文字が光る印字。裏の"NIPPON"など。
深凹版印刷:額面と肖像の図柄が盛り上がって印刷されている。
ホログラム:角度を変えると、色や模様が変化して見える。
潜像模様:お札を傾けると、額面(裏面は”NIPPON”)が見える。
識別マーク:指で触るとザラザラする。目の不自由な人が認識できるように。
・表面と裏面に「ニ」「ホ」「ン」(日本)の文字がシークレットマークとして入っている。

紙幣の価値について

お札に関しては、硬貨と違い、流通量が多いので、基本的に価値はありません。

しかし、例外的に、日本武尊の千円紙幣はレアです。

当時の流通量はわずかで現存数は少ないものですので、自宅にあれば非常に価値が高いです。

他に価値があるのは、記番号の並びがゾロ目や切りの良い数字だったり、対称的な並びや123456などの階段並びや000001などの一桁などだと価値が上がるようです。

同時にアルファベットの数字が揃っているものは更に価値が上がるそうです。

A555555Aみたいなやつですね。

他にもエラー紙幣も価値が高いです。

これは、印刷ミスが出回ってしまったもので、表の印刷が裏にも印刷がされていたり、印刷がズレていたりなどです。

しかし、上に書いたものは全て、ピン札などのきれいな状態のものが前提ですので、状態が悪ければそこまでの価値は出ないようです。

特に、良番・珍盤ものは状態が悪いと価値がガクッと落ちるようです。

でも、これからお札を目にする時は、このような部分に注目してみて下さい。

思いがけない価値のものがあるかもしれないですよ(^^)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

紙幣のデザインからわかったことは、肖像の対象者が権力者から文化人へ変わっていく過程と、偽造防止の努力が紙幣のデザインから見てとれました。

お手持ちの紙幣などを見ながら、今日書いた偽造防止技術などを確認してみて下さい。

また、紙幣について興味がわいたら造幣局に行ってみましょう。

それと、紙幣を使う際は、しっかりと記番号を確認し、レア紙幣を捨てないようにしましょう。

エラー紙幣についても調べてみると面白いですよ!!

500yen
硬貨発行の歴史と価値一覧!素材・材質や裏表の花などデザインの意味

最近では電子マネーの普及で段々と使う機会が減ってしまっていますが、今回は現行硬貨だけではなく、過去の硬貨にまで遡り、それぞれのデザインの意味や価値について、あれこれまとめていきたいと思います。 調べて ...

続きを見る

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-生活
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.