紫外線・日焼け

日焼け止めで顔に肌荒れ・ブツブツ・ニキビができる・悪化する原因

更新日:

vw-camper
日焼け止めを使用する時期になると肌が荒れやすくなりませんか? 

または、日焼け止めを変えたら肌が荒れた肌がかぶれたシミやシワが増えた……etcなどなど、トラブルがあらわれることがあります。

日焼け止めで肌が荒れることがあるのはなぜなのでしょうか?

その原因と対策についてお伝えします。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

日焼け止めによる肌荒れの原因と対策

woman

肌荒れの原因

紫外線吸収剤が入っている

紫外線カット効果の高い日焼け止めには、大抵紫外線吸収剤が使用されています。

紫外線を防止する成分には主に紫外線吸収剤紫外線散乱剤の二つがあり、それぞれ

紫外線吸収剤:紫外線を吸収し熱エネルギーに変換する。そのため肌が乾燥しやすくダメージが大きい。透明なので白浮きしにくい。

紫外線散乱剤:紫外線を反射することで肌に紫外線が届かないようにする。肌への刺激が少ないが白浮きしやすい。

と、メリットデメリットも持ち合わせています。

肌が赤い乾燥しているヒリヒリするなどの症状がある場合、この紫外線吸収剤の刺激のせいかもしれません。

日焼け止めを落とし切れていない

日焼け止めはきちんと落とさないと肌への負担になります。

毛穴に日焼け止めが詰まったまま放置すると、そこに溜まった汚れで肌が荒れたり、皮脂詰まりからニキビができやすくなります。

日焼け止めがきちんと塗られていない

きちんと塗られていないと日焼け止めの効果のある範囲にムラができ、紫外線による刺激を受ける部分とそうでない部分が生じてしまいます。

当然、塗られていない部分は紫外線の刺激を強く受け、赤く熱を持ったりそこだけ日焼けしてしまったりひどく乾燥してしまったりします。

敏感肌である

そもそも敏感肌である。ということですが、そういう人はおそらく日焼け止めを塗る前から自覚症状があるのではないかと思われます。

日焼け止めは皮膚への刺激が強いものが多いので、敏感肌対策としてしっかりスキンケアや保湿をして敏感肌用の化粧品を使っていたとしても、その日焼け止めひとつで肌がボロボロに……なんてこともあり得ます。

その敏感肌状態は肌の乾燥が引き起こしている事が多いです。

そして、その肌の乾燥状態は肌のターンオーバーの乱れが原因で、セラミドNMF(天然保湿因子)が十分量生成されていないことから肌表面から水分が出ていってしまうことで引き起こされていることが多いです。

角質層の水分保水能力を高めることがとても重要です。

なので、ターンオーバーという肌の新陳代謝機能を正常化するケアをしましょう。

日焼け止めのテクスチャーと肌質の相性が悪い

クリームタイプの日焼け止めは油分が多いですから、脂性肌には向きませんし、パウダータイプの日焼け止めは皮脂に吸着させて肌に付着させますから、乾燥肌には向きません。

また、紫外線散乱剤を多用した日焼け止めは、基本的に、剥がれやすく、落ちやすいですが、それは粒子を皮脂に吸着させているからであり、その為、これも乾燥肌の方にはあまり向きません。

このように、肌質によって、向き不向きがあります。

この肌質との相性は、脂性肌であれば油分の多いものは避けたり、乾燥肌であれば皮脂を吸着するようなものを避ければいいのだと、一見単純そうに見えますが、自分の肌質を誤解している事があるので意外と複雑なのです。

例えば、肌内部が乾燥していて、その乾燥状態が肌表面の皮脂の分泌を促している場合、パウダータイプのような日焼け止めは肌内部の乾燥状態を助長することになりますので、一見肌質にあっているように見えますが、実は不適切なのです。

日焼け止めで肌荒れを起こす人は、自分の肌質を誤解しているということも考えられますので、普段のケアを通じて、自分の肌をよく観察するようにしましょう。

model
肌質改善のためにはまず現在の肌質を知ろう!簡単肌質診断法!

突然ですが、自分の肌質をどのぐらい理解していますか? これを勘違いすると、普段使っている化粧水などの効果が最大限発揮されなくなり、むしろ逆効果になっている可能性もあります。 本日は、自分の肌質を知る簡 ...

続きを見る

日焼け止めによる肌荒れの対策

紫外線吸収剤を使用していないものを選ぶ

紫外線吸収剤不使用」「紫外線吸収剤フリー」などの表記があるものを選びましょう。

その場合、紫外線防止には紫外線散乱剤が使用されており、一般的には白浮きしやすいのですが、最近では紫外線散乱剤を使用していながら白浮きしにくく作られている製品もあります。

また、紫外線吸収剤の作用は化学反応によるものなので「ケミカルフリー」「ノンケミカル」の表記があるものも紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めということになります。

使用目的に合ったものを選ぶ

強い日差しを浴びる時間がそう何時間も続くわけではないのに、焼きたくないからとPA値やSPF値の高い日焼け止めを使用していませんか?

PA値+++以上SPF値50以上などの日焼け止めは、終日外にいたり、強い紫外線を浴び続けるときを想定して作られた日焼け止めです。

そもそも、SPF50のような日焼け止め剤が必要になるシチュエーションは、日本には存在しないと言われており、また、SPF30以上では、その紫外線遮蔽効果に対して差がないともされています。

また、日焼け止めは、汗や皮脂、それを拭き取ったときなどの摩擦などで薄まり、ムラができてしまうため、2〜3時間に一度塗り直すことが推奨されています。

そのようなことを考慮すると、高くてもPA値++程度、SPF値30前後の日焼け止めでも日常生活では十分すぎますし、しっかり塗れていれば、効果が足りず焼けてしまうようなこともありません。

一般的に、効果の高い日焼け止めは落としにくいものが多く、肌荒れに繋がりやすいので、普段使い用の日焼け止めを見直してみましょう。

ムラなく塗る

日焼け止めは、当たり前ですが塗ったところが焼けず、塗られていないところは焼けます。

顔に塗るときは5点置きなどムラのできにくい方法で塗り、耳の後ろや首の後ろ、忘れやすい指先や関節の裏までしっかり塗りましょう。

一般的に顔に塗るときの日焼け止めの量は「500円玉大」とされています。

手に出してみると意外と量が多く感じるのですが、ムラなく塗るためにはそれぐらい必要になるということです。

KOSEの動画がありましたので、参考にしてみて下さい。

きちんと落とす

きちんと落としているつもりでも落とし切れていないかもしれません。

お湯で落とせるものや石鹸・洗顔料で落とせるものを使用した場合でも、化粧を施した場合はクレンジング剤を使用してきっちり落とした方がよいでしょう。

クレンジング剤の中で一番落とす力が強いのはオイルタイプです。

然程ゴシゴシと擦らずとも簡単に落とせますので、ちゃんと落としたい人はオイルタイプを選ぶのがよいでしょう。

しかし、皮膚刺激も強いものですので、肌が弱い人はクレンジング石鹸やミルクタイプなどの刺激の弱いものを使って、根気強く日焼け止めを落としましょう。

スキンケアを怠らない

日焼け止めは乾燥しやすくなるので、日頃の保湿を普段以上にしっかり行ってください。

肌が炎症を起こしている場合は薬を塗ってください。

日焼けしてしまった部分はまず冷やしましょう。

スキンケアの際に収れん化粧水を使用すると、日焼けで荒れてしまった肌を整えてくれます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

紫外線は肌に悪影響を与えますが、それをブロックするための日焼け止めも種類によって、また使い方によって肌に悪影響を与えます。

正しく使用し、正しく紫外線対策をしていきましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.