紫外線・日焼け

日焼け止めBBクリーム・CCクリームの敏感肌に優しいおすすめ!

更新日:

sweet
クリームタイプの日焼け止めは肌への密着度が高く、使い心地のよいものが多いです。

更に、しっとりしたテクスチャで崩れにくいため、化粧下地としても使用できるものにはクリームタイプのものが多いです。

紫外線吸収剤フリー、ノンケミカル、美容液配合のものや小さな子供や敏感肌の方に使用できるものも充実しており、自分の肌に合うものが見つかりやすいでしょう。

今回の記事では、クリームタイプの日焼け止めの特徴・相性の良い・悪い肌質・オススメの日焼け止めについて、あれこれまとめていきたいと思います。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

クリームタイプの日焼け止め

ice-cream

クリームタイプの日焼け止めの特徴

クリームタイプの日焼け止めは、最も一般的な所謂、日焼け止めと呼ばれたらこれと乳液タイプを指すのではないでしょうか。

肌に馴染みやすい保湿力も高い汗で流れにくいといった特徴があり、また、化粧下地にも利用でき、その上からすぐにファンデーションを塗れるので、朝の忙しい時に一手間省けて楽チンなのも、人気の理由でしょう。

しかし、その密着性の高さが原因となり、肌トラブルを起こしやすいです。

また、伸びがあまり良くないので、塗りムラができやすく、その影響から白浮きもし易いです。

伸びがあまり良くないという点では、コスパもあまり高くありませんね。

また、クリームタイプ特有のベタツキ感が苦手だという人もいるでしょう。

それでは、どのような肌質の方に向いているのか、具体的に見ていきましょう。

クリームタイプに向いている肌質

まず、保湿効果が高いので、乾燥肌の人に向いています。

これに加えて、ヒアルロン酸セラミドの保湿有効成分が含まれたものを選ぶとなお良いですね。

先程も申しました通り、クリームタイプは密着性が高いですから、脂性肌の人には向きません。

脂性肌の方でなくても、夏場は皮脂の分泌が多くなるため、これの影響と日焼け止めのダブルパンチで、毛穴をつまらせ、肌荒れを引き起こしやすいので、注意が必要です。

また、乾燥肌で敏感肌の人は、日焼け止めの成分自体も肌に悪いですが、その後のクレンジングで肌を悪くしてしまいます。

クリームタイプは、その密着性の高さが仇となり、落とすのが大変なものも多く、強いクレンジング剤などを使い、肌に触れる機会(刺激)が多くなるため、どうしても肌荒れにつながってしまうのです。

敏感肌の方は、日焼け止めを落とすことまでよく考えて、日焼け止めを選ばなくてはいけません。

以上のことがクリアーできる人は、クリームタイプはとても使いやすいでしょう。

しかし、そのような方でも肌への負担を最小限に留めるため、SPF・PAがあまり高くないものを選び、それを一日に1〜2回塗り治すような使い方をしましょう。

また、香料着色料保存料アルコール鉱物油バラフェン界面活性剤などが配合されていないもの、ヒアルロン酸セラミドコラーゲンなどの保湿成分が含まれているものを選び、さらにさらに、洗顔などで簡単に落とせるものを選ぶと肌になお良いです。

以上のことを考えて、自身の肌に合う最適な日焼け止めを選んで下さい。

それでは、具体的に、敏感肌向けの日焼け止めを中心とした商品を見ていきましょう。

参考にしてみて下さい。

肌にやさしいおすすめ商品

2E(ドウ-エ) 日焼け止め(ノンケミカル)

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF45・PA++++と強力なUV効果を持ちながら、紫外線吸収剤不使用のノンケミカル商品で、「皮膚科医に薦められた。」「敏感肌ですが肌に合います!!」などの口コミ・評判もすこぶるよろしい日焼け止めです。

しかし、紫外線散乱剤が使われているため、白浮きが気になるという声が目につきました。

紫外線散乱剤の主成分は酸化チタン・酸化亜鉛で、これらの粒子の色が白い為、どうしても白くなってしまうのですね。

そこが気にならないのであれば、とても良い日焼け止めだと思いますよ!!

エーデルワイスUVプロテクト

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF38・PA++と強力なUV効果を持ち、紫外線吸収剤、合成保存料、合成香料、鉱物油不使用の天然由来成分100%のお肌に優しい日焼け止めです。

さらに、石鹸で洗い流せるので、敏感肌の方にはとても助かりますね。

クレンジングで肌を悪くしてしまうケースが多いので、これは嬉しい要素ですね。

キュレル UVエッセンス SPF30

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF30・PA+++の普段使いであれば充分すぎるほどのUV効果を持ち、紫外線吸収剤はもちろん、香料・着色料・アルコール不使用と赤ちゃんにも使用できるほど、お肌にとても優しい日焼け止めです。

さらにさらに、角質層のセラミドの働きを促進させる成分やユーカリエキス、アスナロエキスなどの潤い成分を配合し、保湿の面にも十分配慮されています。

ママバター UVケアクリーム

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF25・PA++と、あまりUV効果の高くない商品ですが、少しのお出かけには十分な効果を持ちます。

何より、シリコン不使用・紫外線吸収剤不使用と肌への刺激を極限まで抑えた処方で、更にシアバターが配合されており保湿もできる優れものです。

石鹸で簡単に落とせるのも魅力です。

口コミでは敏感肌かつ乾燥肌の方からの評価が高いようで、「全く刺激を感じない」「肌が弱っているときでも使用できる」という声が上がっています。

パックスナチュロン UVクリーム/h4>

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF15・PA++で、少々の外出には十分です。

紫外線吸収剤・合成界面活性剤を使っておらず、シアバターとカミツレエキスを配合した肌に優しい処方です。

石鹸で落とせるため、赤ちゃんや子供にも使用できます。

特に肌が敏感な方に人気があり、化粧下地として使用すると「マットでさらさらになる」と高評価です。

価格も抑えめなのが嬉しいですね。

BBクリーム・CCクリームタイプのおすすめ商品

多機能CCクリーム【ペネロピムーン エバーピンク 欲ばりサンスクリーンα】

SPF50+・PA++++の最強のUV効果でありながらノンケミカルであるという嬉しいCCクリームです。

これ一つで、美容液・カラーコントロール・毛穴カバー・化粧下地・コンシーラー・最強のUVカットという機能がある他に、日焼け止めでは珍しいブルーライトや大気汚染にも配慮されており、これ一つで8役を兼ねる、嬉しい機能をこれでもかと詰め込んだ商品です。

ヴァントルテ ミネラルCCクリーム

こちらもSPF50+・PA++++で、ノンケミカルです。

さらに、香料・着色料・石油系界面活性剤・鉱物油・タルク・シリコン・パラフェン・アルコール不使用、さらにさらに、エーデルワイスエキス・オウゴン根エキス・アロエベラ葉エキス・カミツレ花エキス・セージ葉エキス・ビルベリー葉エキスの6種の植物エキスとローズヒップオイル・マカダミアナッツオイル・バボバブ種子油の3種の植物オイルが紫外線・ブルーライト・環境ストレスからの乾燥・ダメージから肌を守り、これに加えて、石鹸で落とせると合って、最強のUV効果を持ちながら、肌への影響を最小限に抑え、化粧下地・毛穴カバー・カラーコントロール・美容液の役割を兼ね備えた日焼け止めです。

2018年4月発売の商品のため、口コミは少ないですが、ヴァントルテの化粧品を使用している人からの評価は高いので、お使いの方は試してみてはいかがでしょうか?

LANOA ミネラルCCクリーム

SPF50・PA++++のUV効果の非常に高いCCクリームです。

長時間の外出にも安心です。

かつ紫外線吸収剤フリーで肌に負担がかかりにくく、夏場に使用することを想定して皮脂吸着パウダーが配合されているため、テカリや化粧下地として使用した場合の皮脂崩れを防ぎます。

更に、海藻エキスや果実エキスがふんだんに使用されており、美容液効果も期待できます。

口コミでは「肌トラブルが一切ない」「しっとりするがべたつかない」「汚くヨレたり崩れたりしない」と評判です。

長時間使用する人からの評価が高いようです。

ラウディ BB&CCクリーム

SPF35・PA+++とUV効果が非常に高いとは言えませんが、この商品の長所は日焼け止め効果、美容液効果、ベースメイクとしての効果を一度に持つことです。

つまり、これ一つでクリーム、美容液、乳液、コンシーラー、メイク下地、ファンデーション、日焼け止めの効果を果たします。コラーゲン・セラミドに始まりシラン・ダマスクローズ・ビルベリー・ソメイヨシノ・プルーンなどといった天然美容液成分が配合されておりかつ無香料、無鉱物油、紫外線吸収剤フリーと肌にやさしい処方となっています。

口コミでは「伸びがいいのでコスパがよい」「しっとりしていて、乾燥肌なのに冬場も使える」と高評価です。

ウォータープルーフタイプのおすすめ商品

ノブ UVシールドEX

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF50+・PA++++と、絶対に焼きたくない人や長時間の外出、炎天下での作業を行う人向けの日焼け止めです。

全身に使用できます。

紫外線吸収剤フリーかつ石鹸で落とすことができるため、小さなお子様に使用しているという方も多いようです。

石鹸で落とせるのに皮脂や汗に強いウォータープルーフという特徴が特に評価されており、「肌にスーッと馴染む」「汗に負けない」「カサカサしない」との口コミが多く見られます。

スーパーサンシールドEX SPF50+・PA++++

〜アマゾン〜
〜楽天〜

こちらもSPF50+・PA++++の最強です。

無香料・無鉱物油・紫外線吸収剤不使用・ノンアルコールで、ウォータープルーフタイプでありながら、乾燥・敏感肌で肌荒れにお悩みの方たちにも好評を得ている商品です。

一歩上のアンチエイジングケア

【POLA】日中クリーム・日ヤケ止めクリーム B.Aプロテクター

1500万件を超える膨大な肌データを元に、日本人女性の肌を研究し、その研究を商品開発に活かし、絶大な信頼を得ているPOLAが送る最高峰ラインナップと称される「B.A」シリーズで、日焼け止めとエイジングケアの両方の機能を兼ね備え、多数のベストコスメ受賞している人気商品です。

この日焼け止めの特徴は、肌に影響を与える紫外線はもちろん、それだけでなく近赤外線をも防いでくれるということが、ます一つ目の特徴です。

最近の研究では、その紫外線よりも更に波長の長い近赤外線も肌に悪影響を及ぼすことが明らかになりつつあります。

波長が長いため、UVA以上に肌の深層へと潜り込んで、肌の奥から肌の老化を引き起こさせてしまいます。

また、これらの光が肌に照射されると、肌の水分量が低下し、肌の乾燥を引き起こします。

それら全てのお悩みを一気に解消してくれるのが、このB.Aプロテクターです。

具体的には、希少黄金繭から独自の製法によって抽出した、POLA独自の保湿成分「ゴールデンLP」が肌のみずみずしさを保ちます。

これはPOLAの他のエイジングケア商品にも使われている成分で、ふっくらとしたハリ感をサポートします。

さらに肌の保湿に一役買っているのが、ジェルとクリームとのハイブリッドタイプだということです。

紫外線カット成分のクリームとジェルが混ざるとジェルの構造が変化し、上手くまとまらないのですが、それを紫外線カット成分の周りをジェルと相性が良い成分でコーティングすることにより、上手く調和し、紫外線カット効果とみずみずしさの両方を干渉せず、肌表面で最大限機能させることに成功しているのです。

そして、そのジェルの性能も併せ持つため、普通のクリームタイプのものにある伸びの悪さが改善され、非常に伸びが良く、その意味でコスパも良いです。

全顔使用で約3ヶ月、顔・デコルテ使用で約2ヶ月分だそうです。

口コミとしては、POLAの最高峰ブランドということで、評判はハンパないです。

値段が高い、毎日つけるには匂いがキツイというものはありましたが、口コミもそのほとんどがプラス評価のものばかりでした。

値段が高いという方も使い心地の良さから、B.Aプロテクターに戻ってきてしまったという方も多かったです。

しかし、クリームタイプということで、脂性肌の人の口コミが少なかった印象があります。

ですが、少ないレビューのそのほとんどが高評価だったので、脂性肌だからダメということでもないみたいですね。

値段は高いですが、その使いやすさ、効果は本物です。

本格的にアンチエイジングケアをしたいという方におすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

紫外線吸収剤フリーのものや美容液成分が配合されたものが多く、肌の弱い人や乾燥肌の人にも安心して使えるものが多いことがクリームタイプの日焼け止めの魅力です。

今日書いた記事も参考にしていただいて、自分に合った日焼け止めが見つけましょう。

他の種類の日焼け止めについてはこちらをご覧ください。

woman
化粧下地代わりになる日焼け止め乳液の敏感肌に優しいおすすめ!

乳液タイプの日焼け止めは流通量が多く、色々な種類のものが販売されています。 敏感肌の方にも使えるものもありますが、特にウォータープルーフのものやUVカット効果が高いもの、体にも使いやすいものが多いのが ...

続きを見る

aloe-vera
日焼け止めジェルのおすすめは?敏感肌に優しい人気の商品は?

ジェルタイプの日焼け止めはみずみずしいテクスチャーが最大の特徴です。 日焼け止めには独特の被膜感やベタつきがあるので、そういったものが苦手な人におすすめです。 また、透明で伸びがよいものが多いので、化 ...

続きを見る

embroidery
日焼け止めスプレーのおすすめは?敏感肌に優しい人気の商品は?

スプレータイプの日焼け止めは、手軽に使用できるほか、塗り直しが簡単、髪にも使用できるということから、近年人気の日焼け止めです。 しかし、注意すべき点も多く、スプレータイプの日焼け止めの場合、他の塗るタ ...

続きを見る

また、日焼け止めは汗や皮脂、それを拭き取ったりする影響で村ができてしまうため、2〜3時間に一度は塗り直しをすることが推奨されています。

ちょうど紫外線が強まる、お昼休憩の時などに、塗り直すのがいいですね!!

日焼け止めの塗り方などについては、コチラの記事も参考にしてみて下さい。

surf
日焼け止めの顔・体への正しい塗り方・塗る順番・塗り直し・落とし方

紫外線が強くなると、その対策として日焼け止めを塗ることが多くなります。 しかし、その日焼け止めは、しっかり塗れていないと、部分日焼けをおこし、それがシミやシワなどの肌老化の原因となります。 紫外線によ ...

続きを見る

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.