どろあわわ PC記事上

どろあわわ

紫外線・日焼け

日焼け後に皮がむけるのはなぜ?跡・まだらにならないケア方法!

更新日:

sea
炎天下でのレジャーなど、長時間強い紫外線に肌がさらされると、当然、日焼けを起こします。

そして、日焼け止めなどを塗っていないと、その症状は深刻で、日焼けの夜は寝られないほどの痛みに苦しめられます。

痛みは、日焼け後24時間がピークで、その後、肌は段々と黒くなり、最終的に皮が剥け、通常の肌状態に戻ります。

しかし、日焼けをするとどうして皮がむけるのでしょうか?

今回の記事では、日焼け後になぜ皮がむけるのか、また、跡に残らない・まだらにならない正しいアフターケアについて、あれこれまとめていきたいと思います。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

日焼け後の皮むけの仕組みとまだらにならないケア方法

woman

日焼けとは?

hiyake
出典:環境省「紫外線環境保険マニュアル」

まず、日焼けについて簡単に説明しましょう。

日焼けは、日本語では”日焼け”と1種類で括られていますが、本当は2種類あり、サンタンサンバーンです。

サンバーンは呼んで字の如く、太陽(サン)による火傷(バーン)です。

つまり、紫外線により軽度のやけどを起こした状態です。

そして、それが落ち着くと、今度は肌が段々と黒くなっていきます。

それがもう一つのサンタンと呼ばれる日焼けです。

そして、最終的に、肌の表面で垢となって代謝されることにより、通常の肌の状態に戻ります。

これが簡単な日焼けの一連の流れです。

皮がむける期間は?

hiyake
出典:環境省「紫外線環境保険マニュアル」

日焼けしてから早い場合だと2~3日後から剥け始め、2週間から1ヶ月ほど続きます。

というのも、メラニンが肌の基底層に存在し、それが肌の角化で表層に上ってくるまでに時間がかかることにより、このような時間差での日焼けの違いが起こります。

すぐに肌の黒くなる人は、表皮層内のユーメラニン量が多く、それがUVAにより、酸化の影響を受け、黒色化することで、肌が黒くなっています。

これは肌の紫外線防御能力が高く、それが正常に働いていることを意味していますので、悪いことではありません。

つまり、肌の皮むけは、肌のターンオーバーにより死んだ肌の細胞が垢となって排出され、新しい皮膚に生まれ変わるまで続きます。

それでは、なぜ、日焼けで皮がむけるのかを説明していきましょう。

なぜ皮がむける?

なぜ皮がむけるのかを説明するには、もう少し突っ込んで、日焼けについて説明しなければなりません。

皮膚組織というのは、表皮層真皮層皮下組織の3層構造をしており、日焼けは一番外側の表皮層で起こります。

そして、この表皮層というのは、ターンオーバーが行われる場所でもあります。

この表皮層は、基底層有棘層顆粒層角質層の4層構造をしており、基底層の基底細胞が細胞分裂をし、それが分化・成熟しながら肌の表層へと押し出され、最終的に垢となって排出される一連がターンオーバーとなります。

そして、この基底層の基底細胞や細胞分裂により分化したケラチノサイトの細胞核(DNA)は、UVBの波長帯に吸収極大を持ちます

その為、すでにあるメラニンの防御能力以上の紫外線が照射されると、それらの細胞核(DNA)が紫外線を吸収し、ダメージを受けてしまいます。

しかし、DNAには、構造の変質を修復するプログラムが備わっており、細胞修復が可能であれば、自己修復がなされます。

その自己修復の過程で、炎症を引き起こす遺伝子が反応し、炎症誘発因子を放出、それにより基底層のすぐ下にある真皮層の毛細血管への血流量が増加し、赤くなり、痛みが生じるサンバーンが発現するのです。

しかし、紫外線により細胞自体が死滅してしまったり、自己修復ができないほどのダメージを追うと、アポトーシスされ、細胞死が誘導されます。

そして、これらの細胞核を失った細胞は機能しませんので、もはやゴミです。

当然、肌の保湿に重要な成分であるNMF(天然保湿因子)やセラミドの生成にも関与しないです。

日焼け後の肌は敏感であるとか、保湿が重要などとよく言われますが、それはこれらの保湿因子の生成が不十分になるため、肌のバリア機能が破綻した乾燥・敏感肌状態が続くからなのです。

そして、この細胞核を失った水分を含まないカラカラの状態の細胞が肌表面に現れることが、所謂、皮がむけるということなのです。

皮がむけ始めたら、自分では剥がさず、自然にむけるのを待ちましょう。

というのも先程も申しました通り、日焼け後の肌は敏感状態ですから、無理に剥がして刺激を与えると炎症を起こしたりするので、まだらになってしまったりするととても汚く見えてはしまいますが、自分が紫外線対策を怠った証拠でもあるので、反省し、通常の肌状態に戻るまで保湿と紫外線対策を徹底しましょう。

まとめ

というわけで、日焼け後に皮がむける仕組みについてでした。

皮がむけるのは、死んだ細胞が肌の表面に出てくることだったのですね。

そして、その細胞が肌表面に上がってくる時間差によるムラ=肌の紫外線に対するダメージの大きさのムラ=皮むけのムラとなります。

肌がダメージを負ってしまった以上、私達ができることは、熱をもった患部を出来るだけ早く冷やし炎症を抑えること、乾燥肌に保湿をすること、弱った肌に刺激を与えないことぐらいなので、その後生じる皮むけにムラができることはある程度しょうがない、どうしようもないことなのです。

それを汚いからと言って、無理やりはがすと、今度は一生モノのシミ・跡になってしまったりしますので、注意して下さい。

この日焼けの仕組みを通じ、どうして乾燥・敏感肌状態が出来るのかも少しは分かって頂けたと思いますので、乾燥・敏感肌状態を作らないためにも、まずは、肌のターンオーバーを正常化させることが重要です。

もちろん、日焼け対策も万全に!!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.