スキンケア

顔のシミはターンオーバーの遅れで濃くなる?消す・薄くするには促進

更新日:

doodle
みなさんはシミとターンオーバーには深い関係性があることをご存知でしょうか。

シミができる原因の一つに「ターンオーバーの遅れ」があるのです。

なぜ、ターンオーバーが遅れるとシミができやすいのでしょうか。

今回は、ターンオーバーとシミとの関係性について、まとめていきます。

woman
【まとめ】シミ関連記事一覧

Contents1 シミ1.1 シミの原因1.2 シミの種類と対策1.3 目のクマ1.4 美白化粧品1.4.1 美白化粧品の成分 シミ シミの原因 ・色素細胞メラノサイトと紫外線〜メラニン生成メカニズ ...

続きを見る

ターンオーバーとシミの関係

woman

ターンオーバーの遅れでシミができやすくなる?

ターンオーバーとは、肌の角質細胞が一定のサイクルで生まれ変わることを指します。

この一定のサイクルの崩れ、遅れがでてしまうと、肌トラブルにつながります。

ターンオーバーの遅れる原因の一つに加齢が挙げられます。

ターンオーバーの平均的な周期が20代と40代とでは約30日、60代とでは約70日もの違いがあり、歳を重ねるにつれてサイクルが遅くなってしまいます。

これは、肌のターンオーバーのスタート地点である基底層に存在する、基底細胞(母細胞)自体が老化することに起因します。

そして、その老化というのは、紫外線による影響がとても大きいと言われています。

紫外線による光老化が肌老化の原因の80%を担うなどとよく言われますよね。

そして、ターンオーバーが遅くなると、代謝が悪くなるので、古い角質がそのまま肌に残り、お肌を清潔に保つことができません。

新しい細胞を作り出すことが難しくなるということです。

そうすると、日焼けや傷からの肌の回復が遅くなり、メラニンが沈着しやすくなりシミの原因になります。

もう一つの原因については、生活習慣が挙げられます。

生活習慣の中でも、最も肌のトラブルにつながる睡眠食事はとても重要です。

睡眠

睡眠中に分泌されるホルモンと関係があります。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、睡眠不足が続くと分泌量も減少してしまい、ターンオーバーのリズムが乱れます。

リズムが乱れることでお肌が乾燥しやすくなり、シミができやすい肌環境を構築しやすくなりますので注意が必要です。

偏った食生活

ダイエット、または朝時間がないなどの理由で朝食を抜く、お昼は気軽にコンビニの弁当で済ませる、インスタント食品、ジャンクフードばかり食べる方は要注意です。

健康な肌をキープするには、バランスの良い食事を心がけなければなりません。

栄養が不足がちの方のお肌は乾燥しやすく、また、脂っこいものや甘いものを摂りすぎは皮脂の分泌が過剰になりますので、ニキビなどの肌トラブルを起こしたりなどの悪影響を及ぼします。

また、毛穴のつまりが起こるので、新陳代謝がスムーズに行われず、ターンオーバーを遅らせてしまいます。

知っておきたい改善策

dogs
それでは、ターンオーバーの遅れによってできてしまうシミには、どういう対策をすれば改善されるのでしょうか。

具体的に見ていきましょう。

ピーリング

加齢とともに、ターンオーバーのリズムが遅くなってしまうためメラニンの排出が難しくなります。

そこで、ピーリングを行うことで、ターンオーバーのリズムを早め、メラニン色素の排出をスムーズにします。

しかし、ピーリングは角質を剥がす、言ってみれば荒療治です。

出来れば、自然に剥がれ落ちるのが一番ですので、使用の際は注意が必要です。

ビタミンC、Aは積極的に摂取

ビタミンCには紫外線を多く浴びる季節には特に取り入れたい栄養素です。

メラニン色素の沈着を抑える他、すでにできてしまったメラニン色素を還元し、シミをうすくする作用もあります。

ビタミンAに関しては、ターンオーバーを促進、また皮膚を強くする効果もあり健康的な美肌へと導いてくれます。

person
日焼け後の紫外線対策としてシミにならない効果大な食べ物・栄養素

日焼け対策には日焼け止めやサングラスといった直接紫外線を予防するほかに、食事から日焼け対策をすることで、より効果的に日焼けから身体を守ることができます。 今回は栄養面からの日焼け対策についてご紹介しま ...

続きを見る

十分な睡眠

睡眠を十分に取ることは美肌への第一歩。

睡眠不足、また昼と夜が逆転しているなど睡眠時間が乱れると、ターンオーバーの乱れにつながり新陳代謝機能が低下、肌荒れやシミになりやすい肌環境を作ってしまいます。

特に入眠直後の3時間一番深い睡眠と言われています。

健康的な美肌を保つには安定したターンオーバーサイクルを保つことですが、そのターンオーバーが活発化するのがこの入眠直後3時間です。

さらにさらに、成長ホルモンによる肌の新陳代謝がもっとも活発に行われる肌のゴールデンタイムとされる夜22時〜深夜2時と重なれば、なお良いですね。

しかし、このゴールデンタイム論は専門家の間でも様々な意見があり、時間を問わず、入眠直後の3時間の睡眠の質が重要であるという論が今では一般的のようです。

なので、睡眠2時間前には、スマホやテレビ、パソコンを控えるなど、脳を刺激させないことが、より質のよい睡眠をとる為にも重要なのですね。

食事の見直し

忙しくても、ダイエット中でも1日3食を心がけましょう。

栄養が足りていない体はお肌にも影響が出てしまい、乾燥肌の原因になります。

また、刺激物や甘いもの、ジャンクフードの摂り過ぎにも注意が必要です。

腸内環境が乱れるとターンオーバーも乱れ、お肌環境が悪くなります。

腸内環境とお肌との関係はよく言われることですよね。

まとめ

ターンオーバーの周期を安定させ、常に新しい細胞を作り出すことがシミを作らない肌環境の第一歩です。

生活習慣を見直して成長ホルモンの分泌を促し、美肌を目指しましょう!!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

記事下

記事下

-スキンケア,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.