紫外線・日焼け

日焼け止めパウダーのおすすめは?敏感肌に優しい人気の商品は?

更新日:

mode
パウダータイプの日焼け止めは、特に肌荒れしやすい人におすすめです。

メイクの仕上げやファンデーションの代わりになるものも多く販売されています。

紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤による日焼け止め効果を持つものが多いため、ケミカルフリーの表示のあるものがほとんどです。

通常2~3時間に一度塗り直す必要がある日焼け止めですが、パウダータイプですと塗り直しが非常に楽です。

汗や脂を簡単に取り去ってからポンポンと乗せるように付け直しましょう。

家で塗るのは乳液タイプやジェルタイプにして、塗り直し用にパウダータイプを使用するという方法も効率的です。

ベタつきが苦手な人にもうってつけです。

今回の記事では、日焼け止めパウダーの特徴・相性の良い・悪い肌質・オススメの日焼け止めについて、あれこれまとめていきたいと思います。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

パウダータイプの日焼け止め

powder

パウダータイプの日焼け止めの特徴

パウダータイプは、何と言っても、その手軽さです。

一般的なクリームタイプや乳液タイプの日焼け止めは、油分により、肌をコーティングする為、どうしてもベタツキ感が気になってしまいますが、このパウダータイプは皮脂に吸着させ、肌にのせる感じなので、付け心地がとても良いです。

これだけで使用するというよりも、他のものと併用して使っているという方が多いと思います。

化粧の上から塗れて、今ではパール成分を含んだものなど、メイクに役立つ要素が取り入れられたものまである為、化粧直しとしても十分使えます。

しかし、汗などで流れやすいので、使う環境が限られてくるでしょう。

パウダータイプに向いている肌質

パウダーですので、顔の皮脂にくっつくので、脂性肌の方にオススメです。

クレンジングが不要なものが多いので、そういう意味でも敏感肌の人にもオススメです。

また、選ぶ際には、香料着色料保存料アルコール鉱物油バラフェン界面活性剤などが配合されていないもの、ヒアルロン酸セラミドコラーゲンなどの保湿成分が含まれているものを選び、さらにさらに、洗顔などで簡単に落とせるものを選ぶと肌になお良いです。

逆に、乾燥肌の人は皮脂が吸着されてしまうので、あまり向かないでしょう。

ここで特に注意したいのが、脂性肌が肌内部の乾燥により生じている、インナードライ肌(乾燥性脂性肌)の方で、表面的にはパウダータイプの日焼け止めは使いやすく、適しているように見えますが、それは肌内部の乾燥を助長するものであり、全く適していませんので、脂性肌の方は自身の肌質が肌の乾燥からきていないのか確認しましょう。

また、皮脂に吸着するという点で、パウダータイプを使用する際は、普段のケアでしっかり保湿をすることにも意識しましょう。

環境に大きく左右されますが、このパウダータイプの日焼け止めのみでも十分紫外線対策効果はあるようです。

これのみで紫外線対策を行う場合は、こまめな塗り直しとムラができないように注意しましょう。

また、肌トラブルにつながらないよう、パフを清潔に保つこともとても重要なことです。

この他に、パウダータイプの日焼け止めは、テクスチャーによる違いもあります。

テクスチャの違い

パウダータイプは大きくルースパウダープレストパウダーに分けられます。

ルースパウダーは粉状のサラサラした状態で封入されており、プレストパウダーは本来粉状であるものを押し固めて封入したものを言います。

化粧品で「おしろい」と言った場合は、メイク後の仕上げ粉のことを言うので、どちらのことも指します。

ルースパウダーはふわっとした仕上がりになり、ムラができにくいため、雑に塗ってもキレイになりますが持ち運びに向きません。

プレストパウダーはしっかりと肌に付きやすく持ち運びやすいので化粧直しに最適ですが、丁寧に塗らないとムラになりやすいため、一度に取る量に注意が要ります。

この記事では、テクスチャがどちらであるか表記しています。

用途に合わせてテクスチャを選ぶのをおすすめします。

以上のことを考えて、自身の肌に合う最適な日焼け止めを選んで下さい。

それでは、この記事でも具体的に日焼け止めの商品を見ていきましょう。

参考にしてみて下さい。

日常使いにおすすめの商品

MTメタトロン MT プロテクトUV ルースパウダー 20g

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF10・PA+とUVカット効果は弱めですが、人気のルースパウダーです。

ラメ入りのきめ細かいパウダーで顔の凹凸を埋め、メイクが長持ちします。

美容成分として、カルノシンが配合されています。

色はピンク、ルーセント、オークルの三色で、自分に合ったものを探しやすいです。

口コミでは「付け心地がよい」「陶器のような肌になる」「よく馴染む」と評判です。

UVカット効果が気になる人はUVカット効果の高いBBクリームやCCクリームの上から使用しているようです。

雪肌精 粉雪パウダー

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF20・PA++の、きめ細やかなルースパウダーです。

粉雪クリスタルパウダー」によって、肌に透明感と艶感を演出します。

和漢植物エキスが配合されているため、肌が乾燥しにくくテカりにくくなります。

カバー力はないが自然な仕上がりになると評判です。

ノーメイクで使用している方、ファンデーションの仕上げに使用している方など使い方は様々ですが、おおむね共通するのは「自然に明るい肌に見せてくれる」という意見です。

大き目のブラシでふわっと乗せるのがおすすめです。

ノア ホワイト&モイスチュア BBミネラルプレストパウダー UV

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF26・PA++のプレストパウダーです。

BBミネラルパウダーということで、肌を守りつつファンデーション要らずの補正効果があります。

色はナチュラルとルーセントの二色展開です。

口コミでは「さらさらなのに乾燥しない」「肌に透明感が出る」「石鹸で落とせる」など高評価で、特に価格が安いのに期待以上のはたらきをするところが評価されており、「名品」との呼び声の高い商品です。

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF26・PA++です。

メイク好きなら知らぬ者のないプレストパウダーです。

2014年から現在まで@cosmeのベストコスメアワード・ベストパウダー部門で2位よりも順位が下がったことがありません。

その名前の通りマシュマロのような質感の肌になれるところが人気のポイントです。

カラーバリエーションはML(マットライトオークル)、MB(マットベージュオークル)、MO(マットオークル)、MP(マットピンクオークル)の四色です。

サラサラになる」「毛穴が目立たなくなる」「テカらなくなる」と高評価の口コミが大量に寄せられており、その価格の安さから色んな方に愛されている商品です。

UV効果の高いおすすめ商品

ドクターシーラボ エンリッチリフトUVパウダーEX50+

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF50+・PA++++のルースパウダーです。

2018年にリニューアルされました。

紫外線だけでなくブルーライトや近赤外線やチリ・ホコリなどの外的刺激もカットします。

ドクターシーラボらしく、徹底的に肌によい処方がされており、無香料・無合成着色料・無鉱物油・パラベンフリー・ケミカルフリーかつ配合された三種のコラーゲンが肌にハリを与えます。

メイクの上から使うことを想定したパウダーで、使用すると「肌が明るく見える」ほか、「付け心地がさらっとしている」と評判です。

ヴァントルテ ミネラルUVパウダー

こちらもSPF50+・PA++++のルースパウダーです。

紫外線吸収剤・香料・着色料・石油系界面活性剤・鉱物油・タルク・シリコン・パラフェン・アルコール不使用。

さらに、天然ミネラル成分と保湿力の高いピュアシルクを配合しているため、長時間肌はしっとり潤い、美肌をキープします。

さらにさらに、石鹸で落とせるので、肌への負担も最小限に留めることができます。

ベースメイクの仕上げとして使うときれいな仕上がりになり、「これでUVカットも最強なの?」との評判の声多数でした。

マイナス評価としては、付け心地が軽やかな分、「カバー力がない」と言った声や、そのことから「本当に紫外線防げてるの?」という声が多かったです。

あと、ファンデが濃いからこちらにしたのに、それでもまだ濃いという声もチラホラ。

しかし、天然素材100%で、肌に優しく、それでいて紫外線カット力最強のものはなかなかないと思うので、是非参考になさってみて下さい。

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF50+・PA++++のルースパウダーです。

ノンケミカル・ノンアルコール・パラベンフリー・旧指定成分無添加・界面活性剤不使用・無鉱物油かつ、ヒアルロン酸・ビタミンC配合と、肌にいいことづくしのパウダーです。

セミマットタイプとツヤタイプが選べます。

特にツヤタイプを使用した方から「肌がくすまなくなった」と評判です。

肌のトーンが均一になってきれいに見えるようです。

また、パッケージが小さいため、ルースパウダーながらお直し用に持ち歩けるという声も上がっています。

トランシーノ 薬用UVパウダー

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF50+・PA++++のプレストパウダーです。

強力なUVカット効果を持ちながら、スキンケア効果で肌に透明感を与えるほか、パウダータイプでは珍しいウォータープルーフ処方となっていますので、化粧崩れがしにくいです。「薬用」の通り、薬用の肌荒れ防止成分が配合されており、肌のうるおいを逃がさず、くすみケアもできます。

色味が明るいため、仕上がりがパッと明るく透明感があると評判です。

簡単に塗り直しができるものを探してたどり着いた方が多いのですが、実際に使用すると塗り直しをしなくても崩れにくく、崩れたとしても崩れ方が汚くないので長時間の使用も耐えられると高評価です。

ドラッグストアで買えるのも魅力です。

ポイントマジックPRO プレストパウダー UV

〜アマゾン〜
〜楽天〜

SPF50+・PA++++の、紹介したものの中では、とてもお求めやすい価格のプレストパウダーです。

ブライトベージュ、ミディアムベージュ、ナチュラルベージュの三色展開がされています。

テカリや崩れを防ぐほか、毛穴カバー力が特に優秀なパウダーです。

安く、ドラッグストアやバラエティショップなどで販売されており、手に入れやすいため、口コミは他の商品よりも多く寄せられています。

そのどれもおおむね高評価で、「カバー力が優秀」「さらさらなのに重ねてもごわつかない」「小さいし鏡が付いているのでお直しに最適」といった声が上がっています。

乾燥肌の方も安心して使用できているようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

パウダータイプの日焼け止めは特にお直しの際の手間を考慮して買い求める人が多く、「塗りやすく」「塗っただけでさらさらになる」と簡単に塗りなおせてきれいになることから、日ごろ忙しい社会人の方などにおすすめです。

カラーバリエーションにルーセントタイプがあるものは肌に色が付かないので、肌色のものは化粧っぽくて抵抗感のあるという男性にもおすすめできます。

他の種類の日焼け止めについてはこちらをご覧ください。

ice-cream
日焼け止めBBクリーム・CCクリームの敏感肌に優しいおすすめ!

クリームタイプの日焼け止めは肌への密着度が高く、使い心地のよいものが多いです。 更に、しっとりしたテクスチャで崩れにくいため、化粧下地としても使用できるものにはクリームタイプのものが多いです。 紫外線 ...

続きを見る

woman
化粧下地代わりになる日焼け止め乳液の敏感肌に優しいおすすめ!

乳液タイプの日焼け止めは流通量が多く、色々な種類のものが販売されています。 敏感肌の方にも使えるものもありますが、特にウォータープルーフのものやUVカット効果が高いもの、体にも使いやすいものが多いのが ...

続きを見る

aloe-vera
日焼け止めジェルのおすすめは?敏感肌に優しい人気の商品は?

ジェルタイプの日焼け止めはみずみずしいテクスチャーが最大の特徴です。 日焼け止めには独特の被膜感やベタつきがあるので、そういったものが苦手な人におすすめです。 また、透明で伸びがよいものが多いので、化 ...

続きを見る

embroidery
日焼け止めスプレーのおすすめは?敏感肌に優しい人気の商品は?

スプレータイプの日焼け止めは、手軽に使用できるほか、塗り直しが簡単、髪にも使用できるということから、近年人気の日焼け止めです。 しかし、注意すべき点も多く、スプレータイプの日焼け止めの場合、他の塗るタ ...

続きを見る

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.