シミ

消える顔のシミの種類と肌のシミを消す食べ物・化粧品・治療方法は?

更新日:

flower
シミの原因は強い紫外線を受けていることが原因と思われる方は多いと思いますが、紫外線だけではありません。

遺伝によるものやホルモンバランスの乱れなど、シミができる原因はたくさんあります。

消せる可能性のあるシミはどのようなものか、その特徴と方法について考えてみましょう。

woman
【まとめ】シミ関連記事一覧

Contents1 シミ1.1 シミの原因1.2 シミの種類と対策1.3 目のクマ1.4 美白化粧品1.4.1 美白化粧品の成分 シミ シミの原因 ・色素細胞メラノサイトと紫外線〜メラニン生成メカニズ ...

続きを見る

消せる可能性のあるシミ

little-girl

1)自力で消せるシミの種類

①:老人性色素斑

シミの中で最も多いタイプで、紫外線の影響を強く受けてできてしまうシミです。

ごく初期のうっすらとしたシミのみ、美白化粧品で消せることが多いです。

②:炎症性色素沈着

ニキビ跡や傷跡で茶色くシミになって残ってしまったものです。

ムダ毛を毛抜きで抜いていると毛穴の周りが炎症を起こし黒くなるのもこのタイプです。

美白化粧品が有効とされており、ビタミンC誘導体のタイプがオススメです。

③:肝斑

女性ホルモンのバランスが崩れた時に頬骨あたりに左右対称でできるシミです。

更年期の方に多く見られます。

美白化粧品とピーリング、内服薬の併用でより効果がみられます。

2)自分でケアする方法とは

①:美白化粧品を使用

「美白成分」を含む化粧品を選ぶことが重要になります。

化粧品のパッケージに「ホワイト」と記載されていたり、中身が白色だったりと、見た目だけで選ぶのは避け、成分表示をきちんと確認するようにしましょう。

<美白成分の種類>

ビタミンC誘導体:リン酸型ビタミンCなど、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたものです。ビタミンC誘導体は保湿力が低いため、敏感肌の方は多少の刺激を感じることがありますので要注意です。

アルブチン:苔桃から抽出された成分で、濃度が濃いと肌に刺激になります。シミの元になるメラニンの活性化を阻害するため美白効果が期待されます。

トラネキサム酸:抗プラスミン(メラノサイト(色素細胞)の阻害)作用をもつ成分で肝斑の発生抑制、改善に重要な役割を持つ成分です。

ハイドロキノン:ハイドロキノンはイチゴやブルーベリーなどに含まれている天然成分で、シミの原因となるメラニンの生成抑制、そのメラニン色素を作るメラサイトを減少させシミを薄くすることができます。

プラセンタ:プラセンタにはお肌の新陳代謝を整え色素の排出を促す作用があります。

②:シミに効く食べ物

 シミ予防に大事なことはUVケアだけでなく食生活も気をつけたいものです。

お肌に良いと言われる栄養素をうまく食事に取り入れて、シミの排出や防止を心がけましょう。

<積極的に摂りたい栄養素>

シミを薄くする効果のあるビタミンC・・・ブロッコリー、菜の花、ピーマン、ゴーヤ、キウイ、イチゴ。トマト

シミの蓄積を抑えるビタミンA・・・ほうれん草、人参、小松菜、かぼちゃ、にら、うなぎ

栄養素を集中摂取、オススメレシピ

◉菜の花とうなぎのマスタード和え◉

<材料>
→菜の花100g、蒲焼きうなぎ50g、醤油小さじ1、粒マスタード大さじ1/2、マヨネーズ1/2

<作り方>
①:菜の花は塩(分量外)を加えた熱湯で2分茹で、水気を絞り、半分に切って醤油を混ぜます。

②:うなぎは2cmに切ります。

③:①にマスタードとマヨネーズを絡め、うなぎを加えたら出来上がりです。

◉ブロッコリーとトマトのおひたし◉

<材料>
→ブロッコリー100g、トマト1個
→(A)水 大さじ1、酢大さじ1、砂糖大さじ1、塩小さじ1/2、生姜のすりおろし1/2かけ分

<作り方>
①:ブロッコリーは小房に分け、塩(分量外)を加えた熱湯で1分茹で、ザルにとって素早く冷まします。

②:トマトはヘタを取って8mm幅に切る。

③:①と②の水気を切り、盛り合わせAをかけて出来上がりです。

③:サプリメント

体内からシミを解消するため、サプリメントで栄養素を補うことはシミをなくすために効果的な方法と言えます。

老人性色素斑肝斑炎症性色素沈着はセルフケアでシミ解消ができる、もしくは薄くできる種類のシミですので、シミに効果的な成分の入ったサプリメントを選び服用してみるのも良いでしょう。

<効果が期待できる配合成分3選>

ビタミンC:メラニンの過剰生成を抑制、肌に沈着した黒色メラニンお無色化が期待されます。

L-システイン:シミの元となるメラニン色素の生成を抑え体外への排出を促す作用があります。

ビタミンB2:皮膚のターンオーバー促進と血液循環の改善、シミの排出効果があります。

まとめ

肌にできてしまったシミでも、消せることがあります。

日頃、生活の中で食生活に気をつける、美白成分の入った化粧品を見極め使用してみる、不足がちなお肌への栄養成分をサプリメントで補うなど、シミを減らすまたは薄くすることは可能な場合もあるのです。

このようなことを、紫外線対策と並行し、シミをなくすよう努めましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

woman
【まとめ】シミ関連記事一覧

Contents1 シミ1.1 シミの原因1.2 シミの種類と対策1.3 目のクマ1.4 美白化粧品1.4.1 美白化粧品の成分 シミ シミの原因 ・色素細胞メラノサイトと紫外線〜メラニン生成メカニズ ...

続きを見る

記事下

記事下

-シミ,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.