スキンケア

加水分解コラーゲンと水溶性コラーゲンの効果とアレルギーの危険は?

更新日:

roses
肌のハリを保つために、重要とされる美容成分、コラーゲン。私達はコラーゲン配合を謳う化粧水を多く目にしますが、種類があり、それによって得られる効果も異なることをご存知ですか?

ここでは、近年のコラーゲン配合化粧水の成分としてよく目にする、水溶性コラーゲンと、加水分解コラーゲンを取り上げます。

化粧水に含まれるコラーゲンについて、正しい知識を身に着けて、自分が必要とする化粧水を選べるようにしましょう。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンについて

woman

水溶性コラーゲンとは?その効果は?

コラーゲンは元々水に溶けにくいという性質を持っているため、そのままの状態では化粧水に配合するのに向きません。

そこで、コラーゲンが本来持つらせん構造を残したまま水溶液に溶かし、化粧水に配合しやすくしたものが、水溶性コラーゲンです。

この水溶性コラーゲンは、動物性コラーゲンに比べて、匂いや脂肪分が少なく吸収しやすく感染症のリスクが低く安全性が高いとされている海洋性コラーゲンが一般的には用いられています。

海洋性コラーゲンは、魚の皮うろこ等を原料とするコラーゲンです。

海洋性コラーゲンの分子量は約10万と、分子量が約30万の動物性コラーゲンと比較すると低分子になりますが、肌の角質層にまで浸透させるためには、分子量が500以下であることが必要とされているため、角質層にまで届かせることはできません。

ただし、肌表面にとどまって潤いを与え、保湿する効果は期待できますので、肌表面を保湿することだけを目的とするのであれば、水溶性コラーゲン配合の化粧水で十分です。

加水分解コラーゲンとは?その効果は?

一方で、加水分解コラーゲンとは、肌に浸透しやすくするために、酵素等を使って分解し、分子量を低くしたコラーゲンのことです。

分子量が500以下低分子コラーゲンであれば、肌につけた際に、角質層まで浸透し、内側からしっかりと肌を保湿し、ハリを保つことができます。

そのため、より一層潤いを与え、保湿する効果を求めるのであれば、加水分解された低分子のコラーゲンが配合された化粧水を選ぶ必要があります。

なお、加水分解コラーゲンと聞くと、2010年に加水分解コムギが配合された化粧品によって、コムギアレルギーを発症したというニュースがありましたので、危ないものという認識を持つ方もいるかもしれません。

加水分解は、きちんとされていれば、アミノ酸ペプチドというアレルギーを引き起こさない成分になりますが、万一分解前のたんぱく質が残ってしまっていると、その残ったたんぱく質がアレルギーを引き起こしてしまう可能性があります。

信頼できるメーカーを選ぶと共に、アレルギー体質の方はあらかじめ配合成分を確認し、場合によっては医療機関に相談するようにしましょう。

まとめ

コラーゲン配合の化粧水といっても、実は含まれているコラーゲンによって、得られる効果が異なります。

自分が求める効果にあわせて、適切な化粧水を選択する必要があります。

また、アレルギーを持つ方は注意が必要な場合があります。

正しい知識を身に着けて、ハリのある肌を目指しましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

記事下

記事下

-スキンケア,
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.