スキンケア

美白・美肌になる化粧水効果を高める正しい付け方・パッティング方法

更新日:

cosmetic-oil
皆さんは普段スキンケアの際、どのようにして化粧水を付けていますか? 

手で付けてハンドプレスを行う方、コットンで念入りにパッティングする方、洗顔後の水分の残るうちにクリームだけを付ける方など、さまざまだと思います。

この記事では、化粧水の付け方について調査してみた結果をまとめました。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

正しい化粧水の付け方

drops-of-water

なぜ化粧水を付けるのか?

主に、皮膚に水分を補給するのが目的です。

肌が乾燥するとバリア機能が失われ、ターンオーバーが乱れて新陳代謝が不十分になります。

この結果、色素沈着を起こしたり、シミやくすみがひどくなります。

化粧水はその対策のようなものと考えて下さい。

また、一般的に、そのように肌に水分を補給する目的で使用する化粧水を、他の収れん化粧水や拭き取り化粧水、導入化粧水などと区別して「柔軟化粧水」と呼ぶことがあります。

乾燥した皮膚は硬質化していきますので、それを防ぐために肌を柔らかくする化粧水という意味合いがあります。

手で付ける? コットンで付ける?

どうやって付けるのかに迷って調べた時、手で付けるのがよいという情報とコットンで付けるのがよいという情報どちらも入ってきて、余計に混乱した方も多いのではないでしょうか。

それは、どちらの方法にも一長一短があるためです。

ここでご紹介しますので、自分に合っていると思える方を採用してみてください。

手で付けるメリット・デメリット

手で付けるとコットンで付けるよりずっと肌への刺激は少なく済みます。

さらに、化粧水が手で温まるため浸透力がグンと上がります。

しかし、化粧水が手にも浸透してしまうため、肌に化粧水を浸透させるのに、コットンよりも多い量が必要になります。

更に、手には凹凸があるため、肌全体に均一に付かず、どうしてもムラになります。

肌が弱い人敏感肌の人ゆらぎ肌の人に向いています。

化粧水が多く必要になるので、安くたくさん使えるものを用意するといいでしょう。

コットンで付けるメリット・デメリット

コットンは凹凸が少ないため、肌全体に均一に化粧水が付けやすいです。

口元や小鼻のキワなどの部分にも化粧水を浸透させることができます。

また、コットンは清潔なので細菌の心配がありません。

更に、コットンを使用すると肌に浸透させるために必要な化粧水の量が少なく済みます。

しかし、正しくパッティングを行わないと肌への刺激になります。

コットンの種類によってはコットンが毛羽立ってしまい、顔に繊維がくっつきます。

ニキビができていて汚れに敏感な肌の人や、高価で一度に必要な量が少ない化粧水を使用する時に向いています。

間違った化粧水の付け方

ゴシゴシと強く叩いたり擦っている

パッティングは強く叩くことではありませんし、擦り込んでも化粧水はより浸透しやすくなったりはしません。

むしろ肌ダメージが増加して、荒れやすくなる原因になりますのでやめましょう。

パッティング後に肌が赤くなる人は要注意です。

古い化粧水を使っている

開封から半年以上経過した化粧水は使用しないようにしましょう。

保存料が入っていても、半年以上経過すると成分が変質して肌に合わなくなることがあります。

量を守らない

化粧水のパッケージに量の指定がある場合はその量を守りましょう。

その量で使用した場合に、一番効果があるように作られています。

過度にパッティングしている

100回以上パッティングすると化粧水がぐんぐん浸透する」などの情報がありますが、やめておいた方がいいものです。

敏感肌の方など皮膚が薄い方は、毛細血管が傷ついて赤ら顔原因になります。

正しい化粧水の付け方

手で付ける場合

①:適量の化粧水の半分から三分の一程度の量を手に取り、両手で温める

②:手のひらを使って顔全体に化粧水を延ばしていく
→乾燥しやすいUゾーン(顎~頬)から脂っぽくなりやすいTゾーン(額~鼻)の順番で付けます。細かい部分は指先を使いましょう。

③:適量の残りの化粧水を手に取り、細かい部分や乾燥しやすい部分に重ね付けをする
→目元、小鼻やUゾーンがおすすめです。

④:全体に馴染んだらハンドプレスをする
→両手で顔全体を包んで10秒ほどプレスします。丁寧に行うとより一層化粧水の効果がアップします。

コットンで付ける場合

①:コットンに適量の化粧水をつける
→適量が分からない場合は、コットンの裏側が濡れる程度を目安にしてください。

②:顔の中心から外側に向かって押し付けるように化粧水を浸透させる
→化粧水を塗布したあと、コットンに化粧水を足してコットンパックしてもOKです。

③:ハンドプレスをする
→手で付ける場合と同じです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

スキンケアに欠かせない化粧水ですが、正しく付けることで、より効果的にスキンケアをすることができます。

逆に、スキンケアをしているのに肌荒れが解消されない……という人も、正しい化粧水の付け方を参考に、今までのやり方を見直してみてはいかがでしょうか。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

記事下

記事下

-スキンケア,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.