スキンケア 健康

コラーゲンの肌の効果と簡単に多く摂取できる食品に吸収を高める成分

更新日:

rose
お肌に潤いとハリを与える成分といえば、コラーゲンがあります。

コラーゲンは皮膚の他に、骨や軟骨など体内の多くの部位に分布しているため、コラーゲンを効果的に摂取できれば、肌にハリが出ると同時に、体もより健康的になることができます。

そんなメリットの多い、コラーゲン。

この記事では、コラーゲンの効果と。それを多く含み、摂取する際に効果的な食品や更にその吸収力を高める成分、避けた方がよい成分などを学びましょう。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

コラーゲン摂取の効果と方法

girl

コラーゲン摂取の効果は?

コラーゲンとはたんぱく質の一種であり、軟骨皮膚角膜など体内の多くの部位に分布し、人の体を構成する重要な成分ですが、25歳をピークに加齢と共に体内から減少していきます。

コラーゲンと聞くと真っ先に肌のハリを思い浮かべると思いますが、加齢と共に軟骨がすり減るため、医療現場では膝の痛みの緩和などにも用いられています。

コラーゲンは、女性のみならず男性にとっても大切な成分なのです。

コラーゲンの摂取方法は、皮膚から取り込む経皮摂取と口から取り込む経口摂取の2つがあります。

肌にハリを与えるためには、なるべくその両方から摂取し、得られる効果を最大限にしたいところです。

普段の食生活を少し意識するだけで、体の内側から肌や膝の健康状態が保てるのであれば、それが一番望ましいですよね。

コラーゲンを含む食品とは?

コラーゲンは、肉や魚に多く含まれる成分です。

豚や鶏の煮物を作った際に、ゼラチンのような煮こごりが出来ている時がありますが、あれはコラーゲンが熱により変性したゼラチンです。

コラーゲンの1日の摂取目安量は、およそ5,000mg~10,000mgと言われています。

次に、コラーゲンの含有量が非常に高い食材は、フカヒレ、ウナギの蒲焼き、鱧などで、それぞれ100gあたりの含有量はおよそ9,920mg5,530mg3,560mg(皮つきの場合)ですが、いわゆる高級食材ばかりだと思うのは私だけでしょうか。

上記のような食べ物を多く摂取できれば一番ですが、もう少し身近な食材の中にもコラーゲンの含有量が高いものがあります。

いずれも100gあたりの含有量を表しています。

<肉類>

牛スジ 4,980mg

鶏軟骨(胸) 4,000mg

豚白モツ 3,080mg

鶏砂肝 2,320mg

鶏手羽元 1,990mg

<魚類>

しらす干し 1,920mg

サケ(皮あり) 2,410mg

サンマ(皮あり) 1,820mg

ブリ(皮あり) 1,620mg

サワラ(皮あり) 1,280mg

参考:平成23年 20代から50代日本人女性における食事由来コラーゲン摂取推定量の特徴

魚は皮と身の間にコラーゲンが多く含まれるため、皮も一緒に摂取したいですね。

また、ブリやサンマなどの青魚オメガ3系の脂肪酸の含有量も多く、生活習慣病の多くの原因である血液認知症うつ病に繋がる、その他、などの健康維持に大きく貢献する優秀な食材ですので、積極的に食事に取り入れると良いでしょう。

コラーゲンの効果的な摂取方法とは?

コラーゲンを効果的に摂取するには、コラーゲンを多く含む食品を取るのと同時に、その吸収生成を助けてくれる食材も食事に取り入れることが大切です。

コラーゲンの吸収生成を助けてくれる栄養素として知られているのはビタミンCトリプトファンです。

ビタミンCはフルーツなどに多く含まれ、その抗酸化作用が広く知られていますが、コラーゲンを安定化させる働きも持ちます。

トリプトファンは乳製品やバナナなどに多く含まれる必須アミノ酸で、幸福ホルモンと呼ばれるセロトニン睡眠ホルモンであるメラトニンの原料となるため、うつ病不眠症に効果があるとして知られています。

コラーゲンはアミノ酸の一種ですが、必須アミノ酸のうち、トリプトファンを含んでいません。

そのため、トリプトファンを一緒に摂取することで、効率的にコラーゲンを生成することができます。

逆に、避けた方が良い食品もあります。

健康志向の昨今において、控えるように言われている、脂肪糖分です。

脂肪分が多いと、抗酸化が進んでしまい、肌の老化に繋がります。

糖分はコラーゲンを糖化させることに繋がります。

コラーゲンが糖化すると、コラーゲンが固くなり、弾力性が失われてしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

先程申しました通り、コラーゲンの1日の摂取目安量は、およそ5,000mg~10,000mgと言われていますが、日本人の平均摂取量はわずか1,900mg。

コラーゲンを多く含む食材、コラーゲンの生成を助ける食材はいずれも他の効果も高く、積極的に摂取することが推奨される食材です。

意識して食事に取り入れると共に、最近はコラーゲンペプチドなどのサプリメントも多く出回っています。

必要なコラーゲンを毎日摂取し、いつまでも若々しい肌や健康な体を保てるようにしましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

記事下

記事下

-スキンケア, 健康,
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.