シミ

ビタミンC誘導体市販化粧水・美容液はニキビ・毛穴・シミに効果大!

更新日:

lemon
化粧品成分に良く配合されている「ビタミンC誘導体」ですが、この成分にはどのような特徴があるのでしょうか?

この記事では、ビタミンC誘導体の種類や、ニキビやシミなどのお肌にもたらす影響とはどのようなものかをお話しします。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

ビタミンC誘導体のニキビ・シミへの効果と副作用

woman

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは、リン酸型ビタミンCなど、ビタミンCをお肌に吸収しやすい形に変えたもので、わかりやすく言うと、ビタミンCに含まれるLーアスコルビン酸の効果を活かしたまま、少しだけ形を変えて、ビタミンC安定性吸収性をよりよく、改良したものです。

抗酸化作用もあり、アンチエイチングやニキビの炎症を抑える効果があります。

ビタミンC誘導体の特性

水溶性ビタミンC誘導体

水に溶けやすい特性があります。

短期間で吸収されるため、即効性が高く、さらっとした使用感です。

エイジングケア化粧水や美白化粧水などに配合されています。

ニキビや毛穴の肌トラブルをコントロールしたい人に適しています。

また、表皮で作用するため、ターンオーバーを促進してくれる成分です。

水溶性ビタミンC誘導体には、以下の種類があります。

<水溶性ビタミンC誘導体の種類>

リン酸アスコルビルMgマグネシウム
→クリーム、化粧水などに配合。濃度が高くなると沈殿がおきます。

リン酸アスコルビン酸ナトリウム
→リン酸アスコルビルMgマグネシウムより効果は弱いが、濃度を濃く配合できるので使いやすいです。

水溶性の欠点としては、このようなものが挙げられます。

・持続性が短い。

・紫外線に弱い。

・濃度が濃いと刺激を感じたり、乾燥することがある。

・肌の奥の真皮までは浸透しない。 

脂溶性ビタミンC誘導体

ビタミンCを人の角質層のもともとある皮脂成分を融合させることにより、肌に浸透しやすくしたものです。

持続性・保湿性両方あり、高濃度でも刺激は少なく、安定性にも優れています。

水溶性ビタミンC誘導体より、角質層への吸収が優れており、クリームやジェルタイプの化粧品に配合されます。

<脂溶性ビタミンC誘導体の種類>

テトラへキシルデカン酸アスコルビル
→クリームなどの油分を含む化粧品に配合されます。

パルミチン酸アスコルビル
→脂肪酸の一つである、パルミチン酸とビタミンCを融合。皮膚内の酵素により、ビタミンCとパルミチン酸に分解されます。

脂溶性の欠点としては、このようなものが挙げられます。

・水様性ビタミンC誘導体と比べ、即効性がない。

・油との融合のため、皮脂コントロールが弱い。

・ベタつきのある使用感。

ビタミンC誘導体 × 肌質別化粧品の選び方

乾燥肌や、混合肌、敏感肌などビタミンC誘導体がどうお肌に効果があるのか、それぞれの肌質別に見てみましょう。

①:敏感肌(乾燥肌)

外部の刺激を受けやすい敏感肌は、乾燥肌も含め肌のバリア機能が正常に働きにくく、肌トラブルが起こりやすいのです。

おすすめは、低刺激で浸透率の高い化粧品です。

無添加は刺激が少ないので敏感肌タイプの人には適しています。

また、乾燥肌の人は保湿性が高く、高浸透型の化粧品を選ぶと良いでしょう。

保湿効果もあり、コラーゲンも促進効果も。

肌の内側からプルプルお肌に導きます。

②:皮脂が多いオイリー肌

肌の表面に皮脂が浮きやすく、ニキビや毛穴汚れ、つまり、テカリなどの症状でお悩みの方には、内部からしっかりと潤いを与え、肌のバリア機能を高めてくれるビタミンC誘導体配合粧品を使うことをおすすめします。

ニキビや毛穴トラブルにとても効果を発揮し、その結果、皮脂コントロールが安定し、オイリー肌の改善に繋がります。

オイリー肌は、洗浄力の強いスキンケアが望ましいとよく思われがちですが、それは逆効果です。

皮脂を取りすぎると余計に皮脂が分泌されてしまい、オイリー肌が悪化しますので注意が必要です。

③:混合肌

顔の場所により肌質のタイプが異なる混合肌の人には、皮脂の正常化に特化したビタミンC誘導体配合の化粧品がオススメです。

ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を正常化へと導き、毛穴トラブルやニキビを抑制してくれます。

乾燥する場所には、内側から潤いを与えます。

そして、潤いをキープするコラーゲンを作る効果もあります。

混合肌のケアは難しいと思われがちですが、きちんと使い分けることで改善できます。

シミや美白にも効果的!

ビタミンC誘導体は、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制してくれる作用があるほか、ターンオーバーを一定のリズムを保つ効果があります。

シミの気になる箇所を中心に、ある程度濃度の高いビタミンC誘導体配合の化粧品をしっかり馴染ませるように使用すると効果的です。

また、ビタミンC誘導体はお肌をワントーン明るくする作用もあります。

ターンオーバーの周期により、1〜3ヶ月ほどの期間は必要となりますが、水溶性と脂溶性両方配合されている化粧品の使用でお肌が明るくなる美肌効果があります。

ビタミンC誘導体配合の化粧品

美白成分ビタミンC誘導体配合の化粧品をいくつかご紹介します。

素肌しずく ぷるっとしずく化粧水(ビタミンC誘導体化粧水)

保湿型と浸透型の2種類のビタミンC誘導体と12種の美肌対策成分で、毛穴をケアし、透明感のある素肌へ導く化粧水。

これひとつで美容液効果も兼ねます。

プチプラながら、優秀な化粧水です。

別バージョンのプラセンタのやつもなかなか良いみたいですので、一緒に検討してみて下さい。

素肌しずく公式

QuSomeローション(ビーグレン)

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング〜

美白型ビタミンC誘導体、保湿型ビタミンC誘導体を配合です。

メラニン生成を抑え、ニキビ跡の炎症や赤みを暖和してくれます。

浸透テクノロジーによって潤いを保ちながら日中や就寝時にもニキビ跡のダメージをケアし、繰り返すニキビを断ち切ります。

ノンアルコール、パラベンフリーですので、敏感肌の方にもオススメです。

なお、ビーグレンの化粧品に興味があるという人の中で、少し高いので悩んでいるという方がいたら、上の化粧品などが入ったトライアルセットがありますので、ご自身の肌が求めるものをチョイスして、試してみるのもよいかと思います。

b.glen公式

ドクターケイ ケイカクテルVローション

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング〜

ケイカクテルVローションは12種類ものビタミンをぎゅぎゅっと配合。

サラサラとしたテクスチャーからは想像もできないほどの心地良い保湿感かつ、みずみずしいフレッシュな使い心地で肌にしみこむようになじみます

まるで肌のマルチビタミン、サプリメントのような化粧水で、内側からあふれるようなハリ感は重ねれば重ねるほど高まります。

何となく調子が悪い「しぼみ肌」をビタミンで満たして素肌力の底上げを。

トクターケイ公式

ETVOS 進化型ビタミンC誘導体配合化粧品

〜公式〜
(ETVOS)バランシングライン
〜Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング〜

大人ニキビや吹き出物が気になる方、キメの乱れやたるみが気になる方、お肌の色くすみが気になる方、シミそばかすが気になる方におすすめの進化型ビタミンC誘導体の「VCエチル」配合の化粧水とゆらぎがちな肌をなめらかに整える部分用ジェルです。

ETVOSの化粧品に興味がある方は、まずはトライアルでお試しになってみてはいかがでしょうか。

ETVOS公式

ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX

角質まで浸透するビタミンCがお肌のキメを整え、ターンオーバーのリズムを保つことで柔らかく、ハリのあるお肌へと導きます。

大人ニキビに有効です。

肌を整える成分に、フローレン・ツバキ葉エキス。

保湿成分に3種のヒアルロン酸・コラーゲンが配合されています。

なお、定期購入の場合は公式の方がお得です。

ドクターシーラボ公式

ファンケル ホワイトニング化粧水II

〜公式〜
無添加ホワイトニング
〜Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング〜

メラニンの生成を抑制し、肌のくすみやシミソバカスを防ぎます。

有効成分に、ビタミンC誘導体・ヤグルマギクエキス・白ぶどう発酵エキス・メラのブライト配合です。

肌にストレスを与えないよう、防腐剤や香料、石油系界面活性剤を使用していない無添加化粧品ですので、お肌の弱い方にもオススメです。

ファンケル公式

まとめ

ビタミンC誘導体とひとことで言っても、それぞれの肌質によって使い分けることが大切です。

間違った使い方をすると、悪化させてしまいますので注意しましょう。

また、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使用するとともに、日頃の紫外線対策もしっかり行うことでより美肌効果が得られます。

化粧品だけに頼らず、並行しもセルフケアを忘れずに行いましょう!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

woman
【まとめ】シミ関連記事一覧

Contents1 シミ1.1 シミの原因1.2 シミの種類と対策1.3 目のクマ1.4 美白化粧品1.4.1 美白化粧品の成分 シミ シミの原因 ・色素細胞メラノサイトと紫外線〜メラニン生成メカニズ ...

続きを見る

記事下

記事下

-シミ,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.