シミ

美白化粧品に含まれる成分がシミを消す・薄くする効果を解説!

更新日:

flower
お肌は、紫外線を受けることによりメラニンを作りますが、これは肌中の細胞を守るための機能で本来は正常な働きですが、年齢とともにメラニンの生成が過剰になり、基底細胞の老化から、肌の代謝機能も落ち、メラニン色素をうまく排出できなくなり、シミができてしまします。

一度お肌にできてしまったシミは簡単には解消できませんので、シミを作らないよう、またはできてしまったシミを進行させないよう抑制するために美白成分が必要となってきます。

そんなわけでこの記事では、シミを薄くする・消す効果のある美白化粧品に含まれる有効成分と効能について、まとめていきたいと思います。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

美白化粧品の成分と作用

woman

メラニンはどうしてできる?

紫外線は細胞を破壊する有害物質です。

シミの原因となるメラニン色素は、紫外線から肌を守るために生成されます。

メラニンは、この有害な紫外線からお肌を守る役割を持っており、メラニンが上手く働かなければ日光障害悪性腫瘍など健康に悪影響を及ぼすため、メラニンは生成されるのです。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

メラニンの働き

メラニンは、表皮の基底層にあるメラノサイトにより生成されます。

メラノサイトは紫外線を受けるとメラニンを作り出し、メラニン色素を含む表皮細胞で肌細胞が紫外線の刺激を受けないようにするためです。

その結果、紫外線によるDNAの破壊皮膚ガンの発生を未然に防ぐことができます。

美容成分の作用

メラニンを作る指令が出されます。

紫外線が表皮細胞に当たると、肌の内部を守ろうとして表皮細胞から「エンドセリン」などの情報伝達物質が分泌されます。

これらの物質がシミの元となるメラノサイトに「メラニンを作りなさい!」と指示を出します。

そこで、美白成分がどのように作用するのか、まとめてみました。

情報伝達の抑制

角質細胞が外的刺激を受けた際にそれを保護するため、メラニンの生成指令が出ます。

この指令をメラノサイトに伝えるエンドセリンという情報伝達物質がありますが、エンドセリンの働きを抑制する美白成分はこちらです。

カモミラET

厚生労働省にその効果を認められた美白成分で、紫外線を浴びた際、メラニンを作れという指令を出す物質、エンドセリンの働きを阻止し、シミを防ぐ作用のある成分です。

また、できてしまったシミの改善効果やターンオーバーを促す作用もあります。

cup
美白成分カモミラET(カミツレエキス)のシミへの効果と副作用

美白化粧品には、美白効果のある色んな成分が配合されています。 その中の「カモミラET」とは、どのような成分なのかを説明します。 美白成分「カモミラET」 美白成分カモミラET(カミツレエキス)とは? ...

続きを見る

トラネキサム酸

メラニン生成の指令を阻止、抗炎症・抗アレルギー作用や肝斑の改善作用があります。

woman
トラネキサム酸の内服薬・市販化粧品の美白・シミへの効果と副作用

美白の有効成分のひとつ、「トラネキサム酸」とはどのような成分なのでしょうか。 この記事では、トラネキサム酸の内服・化粧品での美白・シミへの効果と副作用の違いについてお話しします。 美白成分トラネキサム ...

続きを見る

チロシナーゼの活性と合成作用の抑制

肌が紫外線を浴びると活性酵素が表皮に発生しメラノサイトへ情報伝達物質が送られてしまった結果、活性化するのがチロシナーゼです。

チロシナーゼの活性化と合成を抑制する美白成分はこちら。

ルシノール

チロシナーゼの働きを抑制しメラニンの生成を阻止することで、それによってターンオーバーの周期も安定させます。

ここで、ルシノールの重要ポイントとして、チロシナーゼがチロシンと結合する前にルシノールと結合、それによってチロシナーゼとチロシンの結合を阻止してメラニンの生成を妨げるという働きを持っていることです。

winter
美白成分ルシノール配合化粧水・美容液の美白・シミへの効果と副作用

美白に効果があるとされている「ルシノール」とは、お肌にどのような効果をもたらすのでしょうか? この記事では、ルシノールの特徴や効果、副作用のほかに、おすすめ美白化粧品もお伝えします。 美白成分ルシノー ...

続きを見る

リノール酸

メラニンの元となるチロシナーゼ酵素の働きを抑制しメラニン生成を防ぐ効果があり、特に肝斑への効果が期待されます。

olive
美白成分リノール酸・リノール酸S化粧品のシミへの効果と副作用

美白化粧品に配合されている「リノール酸」とは、どのようなもので、どのような効果を持っているのでしょうか? この記事では、リノール酸・リノール酸Sの特徴や効果、副作用の他に、おすすめの化粧品についてもご ...

続きを見る

アルブチン

メラニンの生成を抑えてくれ、シミ予防に効果的です。メラニンの黒色化を抑えてくれる働きと、お肌の色調を明るく見せる効果があります。

dahlias
美白成分アルブチンのシミへの効果と副作用!おすすめの化粧品は?

化粧品の成分表示でもよく見かける「アルブチン」がどのような成分かご存知でしょうか? この記事では、その「アルブチン」について、特徴や効果、副作用の他にも、おすすめの化粧品などもご紹介します。 アルブチ ...

続きを見る

エラグ酸

チロシナーゼという酵素が活発化し、メラニンの元であるチロシンを黒色メラニンに変えてしまいます。

エラグ酸は、このチロシナーゼ中の銅イオンを排除することで活性化を抑制し、チロシナーゼの働きを阻止、シミやくすみを防いでくれる働きを持っています。

また、優れた抗酸化作用も持っていますので肌の老化防止にも効果があります。

fruit
美白成分エラグ酸配合化粧水・美容液のシミへの効果と副作用

美白成分の一つ「エラグ酸」、一度は聞いたことがあると思いますが、私たちのお肌にどのような効果、副作用があるのでしょうか。 この記事では、エラグ酸の特徴と効果、副作用のほかに、おすすめの化粧品やエラグ酸 ...

続きを見る

油溶性甘草エキス(クラブリジン酸など)

チロシナーゼの活性化抑制と減少作用があります。

また、抗菌作用と活性酵素除去作用もあります。

rose
美白成分油溶性天草エキス配合化粧品・美容液のシミへの効果と副作用

「油溶性甘草エキス」という美白成分を知っていますか? 約4000年も前から炎症を抑制する作用があると、生薬として用いられてきた、とても優れた成分です。 様々な化粧品に配合されていますが、どのような効果 ...

続きを見る

コウジ酸

シミやそばかすとなる原因のメラニン生成を作り出す酵素のチロシナーゼを抑制してくれる働きがあります。

このチロシナーゼは銅イオンがなければ働くことができない仕組みとなっていますが、コウジ酸はチロシナーゼから銅イオンを排除し働きを阻止してくれる作用を持っています。

woman
コウジ酸配合化粧品クリーム・美容液の美白・シミへの効果と副作用

近頃よくお酒や食品などにも使用される「麹(こうじ)」ですが、実は美白化粧品にも配合されているのです。 どのような成分なのでしょうか? この記事では、コウジ酸の特徴や効果、副作用のほかに、おすすめの化粧 ...

続きを見る

マグノリグナン

チロシナーゼの成長自体を抑制し、チロシナーゼの量を減らす働きを持っています。

早期でのシミ予防ができる成分です。(軽度〜中度程度のシミにより効果的)

このことから、シミ全般、ニキビ跡の黒ずみに効果があるとされています。

woman
美白成分マグノリグナン配合化粧品・美容液のシミへの効果と副作用

数ある美白成分の中でも人気のある「マグノリグナン」という成分の効果や副作用、オススメ化粧品についてお話しします。 美白成分マグノリグナンの美白・シミへの効果と副作用 美白成分マグノリグナンとは? マグ ...

続きを見る

プラセンタ

シミの発生を防ぎ、メラニン色素の元となるチロシナーゼを阻止、メラニン生成を抑制する働きがあります。

また、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、活性ペプチド、SODを含みますので、活性酸素の過剰発生を抑制、くすみやシワの改善、大人ニキビの原因となる毛穴つまりの予防にもなります。

woman
プラセンタ原液・美容液・化粧水の美白・シミへの効果と成分の副作用

美白成分のひとつとして認定されている、プラセンタ。 そもそもプラセンタとはなんで、どのような美白効果があるのでしょうか? この記事では、プラセンタの種類や効果、副作用のほかに、おすすめの化粧品について ...

続きを見る

4MSK

チロシナーゼの活性化を抑制し、新しくできるシミを予防できる効果があります。

また、メラニンの排出を促し、黒化してしまったメラニンを排出させ、今あるシミの改善に効果があります。

woman
美白成分4MSK配合化粧水・美容液の美白・シミへの効果と副作用

シミに効果があると言われる「4MSK」とは、どのような特徴があるのでしょうか? この記事では、「4MSK」の特徴や効果、副作用のほかに、おすすめの化粧品についても含めてお話しします。 美白成分4MSK ...

続きを見る

ビタミンC誘導体

チロシナーゼの活性・合成抑制、メラニンの還元作用があります。

3つの作用を兼ね備えているのは珍しく、また、メラニンの還元ができるのはこのビタミンC誘導体のみです。

woman
ビタミンC誘導体市販化粧水・美容液はニキビ・毛穴・シミに効果大!

化粧品成分に良く配合されている「ビタミンC誘導体」ですが、この成分にはどのような特徴があるのでしょうか? この記事では、ビタミンC誘導体の種類や、ニキビやシミなどのお肌にもたらす影響とはどのようなもの ...

続きを見る

メラニンの表皮細胞への移送を阻止

ニコチン酸アミド

メラノサイトで生成されたメラニンを表皮へ移送されるのを抑制する働きがあります。(メラニン抑制移送)

woman
美白成分ニコチン酸アミド配合化粧品の美白・シミへの効果と副作用

美白成分の一つ、「ニコチン酸アミド」とは、一体どのような成分なのでしょうか? この記事では、ニコチン酸アミドの特徴と効果、副作用のほかに、おすすめの化粧品についてもご紹介します。 美白成分ニコチン酸ア ...

続きを見る

メラニンの排出

エナジーシグナル AMP

できてしまったメラニンの排出促進と、メラニン色素が表皮に居座らないよう肌を整えます。

woman
エナジーシグナルAMP配合美容液の美白・シミへの効果と副作用

数ある美白成分の中の、エナジーシグナルAMPについて、特徴や効果、副作用などについてお話しします。 そのほかにも、おすすめの化粧品についてもご紹介します。 美白成分エナジーシグナルAMPの美白・シミへ ...

続きを見る

まとめ

メラニン色素が生成される過程を理解すると、シミの蓄積後の対策、シミ予防をきちんと行うことできます。

日頃から、ストレスを溜めない、食事の偏りをなくす、UVケアをしっかり行う、睡眠をきちんととるなど毎日の生活にも健康的な肌を作るために心がけましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

woman
【まとめ】シミ関連記事一覧

Contents1 シミ1.1 シミの原因1.2 シミの種類と対策1.3 目のクマ1.4 美白化粧品1.4.1 美白化粧品の成分 シミ シミの原因 ・色素細胞メラノサイトと紫外線〜メラニン生成メカニズ ...

続きを見る

記事下

記事下

-シミ,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.