毛穴・角栓

絶対にやってはいけない毛穴の角栓・黒ずみケア一覧〜抜く・押し出す・溶かす・吸引〜

更新日:

allium
本来はターンオーバーで自然と剥がれ落ちるはずの角栓が詰まってしまうと、毛穴が開いたり、酸化して黒ずんだり、すると毛穴がどうしても目立ってしまいますよね。

毛穴専用の化粧品や道具をたくさん見かけるほど、毛穴トラブルに悩んでいる人はたくさんおり、当然いろいろな方法を試したという方も多くいると思います。

しかし、その方法の多くは、一瞬だけキレイになるだけで、毛穴を根本からキレイにするという意味では、むしろ逆効果かもしれません。

それは、毛穴開き・角栓生成の原理を理解すれば当たり前のことです。

この記事では、角栓生成の原理に基づいて、様々な毛穴ケアの殆どが無意味であることを説明します。

正しいケア方法を学んで、毛穴レスな肌を目指しましょう。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

毛穴の黒ずみ・角栓ケアの正しい・間違った方法

woman

角栓はどうして大きくなる?

毛穴が開いたり、角栓が詰まっているという肌状態は、その毛穴部分に肌荒れ・炎症が起こり、そのような状態になっています。

そして、その根本的な原因は、皮脂です。

皮脂の主成分であるトリグリセリド(中性脂肪)を、皮膚常在菌であり、ニキビの原因菌とも言われるアクネ菌が自身の酵素により、不飽和脂肪酸へと分解します。

不飽和脂肪酸は、オメガ〜と言われ、主に身体を構成している細胞膜の成分になり、血中のコレステロールや中性脂肪の調節をするなど、アンチエイジング効果がある・健康に良いとよく言われますね。

しかし、不飽和脂肪酸のオレイン酸は、表皮細胞内をプラスの電荷に偏らせてしまう働きがあり、これがシグナルとなって免疫反応が起こり、炎症が起こります。

炎症が起こると、表皮細胞を増殖させ、その部分をカバーしようとしますが、急ピッチで生成された細胞は、脂質や酵素が不足した、菲薄化した細胞です。

この菲薄化した細胞が毛穴の出口である毛孔部の角質層を形成すると、正常な膨らみがないため、毛孔部が顕になり、開いて見えるという状態になります。

これが、毛穴開きの状態です。

毛穴開きとは、パカっと開いているわけではなく、炎症により毛穴の出口がすり鉢状構造=円錐状の凹みができ、そこに光が当たることで影ができ、開いて見えるという状態なのです。

そして、この菲薄化した細胞は、萎縮・硬化しているため、角質の排出を阻害し、なおかつ、肌内部の乾燥状態により、垢として剥がれ落ちる際の分解酵素の働きも弱まります。

加えて、これ以上の水分の蒸散を防ごうと、皮脂が過剰に分泌され、更に炎症が悪化し、どんどんと角質が毛穴内部に滞留するということになります。

これにより、毛穴がどんどん狭くなり、角栓が詰まり、皮脂が詰まって、最悪ニキビへとつながってしまうというわけです。

つまり、皮脂がまず第一に、ターンオーバーを促進させる要素として働いてしまっているということです。

顔の中心=皮脂腺が多く分布する、鼻や頬に毛穴トラブルが絶えないのはこれによります。

以上のようなことを踏まえた上で、様々な毛穴用品について見ていきましょう。

やってはダメ!間違った毛穴の詰まり・角栓ケアとは?

自己流の方法や、巷に出回っている方法の中には効果がないばかりか、逆効果になってしまうものもあります。

まずは、あなたがそのような間違ったケアをしていないか、確認しましょう。

毛穴パックで吸着させる

まずは、毛穴パック!

こちらが毛穴ケアで最もメジャーな方法ではないでしょうか。

毛穴がごっそりと抜け落ちた様子を見るのが好きな方もいるでしょう。

毛穴パックとは、その強い吸着力により、無理やり角質を引っ剥がす、角栓を引っこ抜くものです。

これはターンオーバーを促進させる因子であり、表皮細胞を増殖させ、肌の内部乾燥が皮脂の分泌を過剰にさせます。

毛穴パックとは、瞬間的な肌の見た目上の改善を演出するためのものでしかなく、根本的な解決には全くつながるものではありませんので、使っても意味ないです。

ピンセット・毛穴吸引器・スティックで引き抜く

角栓とは、元々、誰の肌にも存在しており、それが大きいか小さいかという違いです。

その角栓が何のために存在しているのかというと、毛穴から汚れや雑菌が入ってくるのを防ぎ、守る役割を担っています。

そして、角栓を除去すれば、そこにポッカリ穴が空きますので、炎症に繋がり、更に大きな角栓が再セットされる危険性すらあります。

取れそうな角栓だけに利用するという使い方はまだマシですが、そもそもこういうものは次から次へと引っこ抜きたくなるものですので、手を出さない事が懸命です。

圧迫してにゅるにゅるっと無理やり押し出す

皮脂の分泌が活発になる思春期など、一度はこの方法をしてしまった人は多いのではないでしょうか?

爪で押し出すと角栓がにゅるにゅるっと出てきて、ちょっとした快感かもしれません。

圧迫して毛細血管が切れて、血が出たり、炎症につながったりしますので、言うまでもないとは思いますが、この方法はやってはいけないケア方法です。

強力な洗浄力のクレンジングでゴシゴシ洗いすぎる

オイルクレンジングは過剰な皮脂をしっかりと取り除きたい人が好んで使うイメージがありますが、洗浄力が強いため、過剰にゴシゴシと長い時間をかけて洗うと、肌内部の脂質をも洗い流し、肌が乾燥します。

肌が乾燥すると、肌は皮脂を分泌して水分の蒸発を防ごうとするので、余計に皮脂の分泌を促してしまい、角栓を大きく育てることになります。

オイルクレンジングを利用する場合は、脱脂力の強い石油鉱物油系のミネラルオイルが主成分のものは使用を控えましょう。

ピーリング・酵素洗顔

ピーリングも酵素洗顔も角質を酵素などの力で溶かし出すものです。

気になるくすみ部分にのみ作用するのであればまだいいのかもしれませんが、泡を乗せた部分には一様に成分が働き、ターンオーバーを促進させるので、ターンオーバーを促進させることでメリットが得られるという人でなければ、使う価値はないです。

個人的に、こういうピーリングや酵素洗顔などのターンオーバーを促進させる系の洗顔料などは、素人がおいそれと手を出してよいものではないと思います。

ターンオーバーの周期が早い、若い年代の人が使う意味はなく、かえって逆効果だと思います。

woman
酵素洗顔は毛穴の角栓除去に効果ある?使い方は?毎日でもOK?

詰まってしまった角栓の除去には、角栓を分解する効果のある酵素洗顔が効果的だと言われています。 しかし、角質を取り除くということは、即ち、それはターンオーバーの促進を促し、同時に毛穴の開き・角栓生成をも ...

続きを見る

正しい毛穴の詰まり・角栓ケアの方法とは?

上に書いたものの殆どは、基本的に、ターンオーバーを促進させるものです。

それもそのはず、角栓は角質が主成分であり、殆どがタンパク質で、普通の洗顔料などでは落ちないので、ターンオーバーを促進させてしまうほどの洗浄力や、わかりやすく角質を剥がしたりするものでなければ取れないのです。

そして、炎症によるターンオーバーの促進が毛穴トラブルの根本原因であるにもかかわらず、さらなるターンオーバーの促進を助長してしまえば、毛穴トラブルが解決されるはずもありません。

最初に書いた、皮脂による炎症作用、これはどんな人の肌でも起こっていることなので、どうしようもありません。

しかし、自らがこれに加担してしまうようなことは絶対に避けましょう。

言い換えれば、自らの手でターンオーバーの周期に干渉してしまうことをできる限りしないということです。

これが正しい毛穴の詰まり・角栓ケアの根幹です。

何よりもまず見直したほうが良いことが以下の3つです。

1.生活習慣の改善

角栓は本来ターンオーバーで自然に剥がれ落ちるため、特別なケアをする必要はありません。

そのため、ターンオーバーを乱れさせる原因となる、ストレスや睡眠不足、栄養バランスの崩れた食事などを見直し、ターンオーバーを正常化させることをまずは心がけましょう。

肌トラブルが起こると、どうしても肌のケアのみに注力しがちですが、体の内面をケアすることの方が全体的に得られる恩恵は大きいと思われます。

2.正しい洗顔

肌が脂っぽくてべたつくと、しっかりと脂を落とそうとしてしまいますが、乾燥が皮脂の過剰分泌に繋がるため、優しい洗顔を心掛けましょう。

そもそも、その脂性肌は肌の内部乾燥が招いているものかもしれません。

洗顔で肌内部の脂質を洗い流すことにより生じる肌の内部乾燥を防ぐためにも、洗顔は短時間!肌にマイナスとなる汚れのみを落とす!ことを意識しましょう。

そもそも、洗顔については毎日朝晩に洗顔料を使ってしっかりと行う必要はありません。

筆者の同僚の男性で、以前仕事で美容部員の人と話をしたことがある人がいるのですが、肌が綺麗ですが、どんな洗顔料を使っているのですか?と聞かれ、水ですと答え、びっくりされたという話があります。

女性はメイクをするのでさすがに水だけでは汚れを落としきれませんが、本来はそのくらい肌に刺激を与えない方が綺麗な肌に繋がります。

洗顔料を使う時には、肌への負担を抑えるために、水を含ませ、ふわふわに泡立てた洗顔料で優しく洗うようにしましょう。

そして、洗顔料は水やぬるま湯でしっかりと落としきるようにしましょう。

もちろん、洗浄成分などにも十分な配慮が必要です。

洗顔後は、角質層のバリア形成を後押しするような、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含んだ化粧品で保湿することも大切です。

乾燥肌・敏感肌の方は、角質層の角質間細胞脂質の主成分であるセラミドが高濃度配合されたものがおすすめです。

3.クレンジング剤の成分に注意する!

上でも書いた通り、鉱物油系のクレンジングオイルは、脱脂力が強く、同時に肌への残留度合いも高く、どうしても使用後にそこそこの洗浄力をもつ洗顔料での洗顔を強いられるので、毎日使っていたら肌内部の脂質が簡単に出ていってしまいます。

まず、今お使いのクレンジング料の洗浄力が本当に自分のするメイクに適しているのかを考え直してみましょう。

クレンジング料は、肌への負担がとても大きいですので、使われる成分についてしっかりと勉強し、メイクの油分をしっかり落とし、なおかつ肌内部の脂質を溶け出させないようなものを選ぶようにしましょう。

おすすめ洗顔料

肌の最低限の汚れのみを洗い流してくれるアミノ酸塩型、カルボン酸塩型の界面活性剤の洗顔料を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

ミノン スキンソープ(80g)

こちらはドラッグストアでも買える、敏感肌の味方ミノンから出てるアミノ酸塩型の弱酸性の固形石鹸です。

洗浄力は低め=肌に優しいので、乾燥肌・敏感肌の方にはおすすめです。

お近くのドラッグストアにおいてありますので、チェックしてみて下さい。

ミノン公式

ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュ フォーム(泡タイプ)

カルボン酸塩型のラウレス-6カルボン酸Na、アミノ酸塩型のラウロイルグルタミン酸Naをベースにした泡で出てくるフェイス&ボディーウォッシュです。

また、アラントインも配合されているため、抗炎症作用もあり、毛穴の炎症と皮脂の過剰分泌を防ぐという点でとても優秀です。

ロート公式

ココイルボディソープ

もはや有名すぎるココイルのカルボン酸とアミノ酸系の原料で仕上げたボディーソープ。

これはボディーソープですが、おんなじ肌ですので、洗顔にもボディーにも利用して下さい。

ココイル公式

肌のバリア機能構築をサポートするセラミド化粧品

普段のスキンケアでは、角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さない事が重要です。

それに加え、細胞間脂質の主成分であるセラミドを外から補給することで、肌のバリア機能構築をサポートしてくれます。

乾燥肌・敏感肌の方には特におすすめです。

小林製薬 ヒフミド

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

小林製薬のヒフミドは、ヒト型セラミドを高濃度に4%も配合した、乾燥肌・敏感肌の方にピッタリな商品です。

しかし、セラミドは原価が高いので、トライアルセットでお試しになってからの方が間違いないと思います。

なお、公式からの定期購入だと少しお得です。

小林製薬〜ヒフミド〜

ロゼット オウンセラベーシックケア3点セット

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

ロゼットのオウンセラは、own(自分の)セラミドということで、質の高い天然セラミドにこだわっています。

天然セラミドとは、天然由来であり、人の持つセラミドに近いため、肌なじみがよく、角層の隙間を満たすようになめらかに肌を整え、乾燥や外部刺激から肌を守るバリア機能構築をサポートしてくれます。

ロゼット公式

クラウンセルクリーム

〜公式〜
通常
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

こちらも人の肌に存在するセラミドを外側から補給することにより、肌のバリア機能を構築をサポートしてくれます。

他にもヒアルロン酸、γ−リノレン酸が肌のコンディションを整えるように働きかけてくれます。

セラミドは年齢を重ねるに連れ、減少していきますので、加齢により乾燥が気になる方や、乾燥肌・敏感肌の方には、セラミド配合化粧品は特におすすめしたいです。

クラウニング・シーズ公式

ETVOSモイスチャーライン

〜公式〜
(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

こちらも割と評判の良いセラミド配合化粧品です。

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』

保湿に大切な「ヒト型セラミド」、タイトジャンクションの形成を促す「POs-Ca」を配合。

お肌の内側の水分蒸発を防ぐことで、もっちりとうるおう肌に導きます。

気になる方は、まずトライアルセットをお試し下さい。

こちらも、公式からの定期購入だと少しお得です。

ETVOS公式

VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

〜公式〜
VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

セラミド1・セラミド2・セラミド3・セラミド6Ⅱという4つのヒト型セラミドを配合した、VINTORTEのボタニカルモイストスキンケアシリーズです。

「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」を配合することで保湿の働きを補い、潤いを与えるアプローチでバリア機能の働きや肌内部の水分量をサポートします。

また、VINTORTEのミネラルファンデーションなどでもおなじみ、石油系界面活性剤・パラベン・シリコン・紫外線吸収剤・タルク・鉱物油・合成香料・合成着色料・エタノールなどの肌に負担のかかる成分が使用されていないのも、嬉しいポイントです。

※「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」はトライアルセットの全商品に配合されています。

VINTORTE公式

ノブⅢ トライアルセット

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

ノブⅢシリーズの特徴としては、皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質の成分である、スクワラン・アミノ酸・セラミド3を外側から補うことにより、肌のバリア機能をサポートするというものです。

また、セラミドの構造を人間の肌のものに近づけることにより、その親和性から浸透力がアップしています。

臨床皮膚医学に基づいて考えたノブの、肌あれ・乾燥が気になる敏感肌のためのスキンケア商品です。

ノブⅢ公式

毛穴の黒ずみ・角栓に効果的なクレイ洗顔料

黒ずみ・角栓の詰まりなどの毛穴トラブルは、常にニキビになってしまう危険性をはらんでいます。

それを防ぐためには、皮脂の分泌をコントロールすること、毛穴を綺麗に保つ=毛穴を詰まらせない、この2点が重要です。

そこで、毛穴の汚れを適度に除去するのに有効なクレイ洗顔をご紹介します。

なお、黒ずみ・角栓を落とすのは、ゴシゴシ擦ることでではなく、蒸しタオルや入浴などで毛穴を開かせることにより、洗顔やクレンジングの際に落としやすくする環境を生むという程度に留め、毎日少しずつ綺麗にしていくことを心がけましょう。

b.glen クレイウォッシュ

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

天然のクレイ「モンモリロナイト」を使用し、古い角質や皮脂など、最低限の汚れのみを吸着して落とし、肌にやさしくスッキリと洗い上げます。

また、5種類の美容成分が贅沢に配合されたゲルのようなテクスチャーは、年齢を重ねた肌だけでなく、大人のニキビ肌にも最適です。

こちらは弱酸性に調整されていますので、お肌に優しい商品です。

また、泡の立たない、面白い洗顔料です。

なお、上のトライアルはQuSomeローションもお試しになれるので、ビーグレンに興味がある方は、まずはトライアルをどうぞ。

b.glen公式

どろあわわ

〜公式〜
どろあわわ
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

「どろあわわ」は、3種の泥(マリンシルト・ベントナイト・タラクラクレイ)が汚れを吸着し、米麹エキスや米ぬか発酵エキスが肌をほぐし、海洋性コラーゲンやヒアルロン酸、投入発酵エキスなどの保湿成分で肌を潤し、濃密泡で優しくかつしっかりと汚れを落とします。

しかし、弱アルカリ性の石鹸ですので、使用する際は泡を肌に乗せておくのは長くても25秒にしましょう。

普段は優しい洗顔料を使い、汚れが溜まってきたらこれを使うというような使い方が良いかもしれません。

どろあわわ公式

くろあわわ

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

さきほどご紹介しました『どろあわわ』に炭をプラスし、毛穴に詰まった余分な皮脂も古い角質もWの黒パワーとすっきりマンナン粒で汚れを落とすことを追及した洗顔料です。

洗浄力がアップしていますので、こちらこそ毎日ではなく、汚れを落としたいという日に使うのをおすすめします。

くろあわわ公式

然 -しかり- よかせっけん

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

無添加・無香料・無着色 火山灰生まれの然(しかり)よかせっけんです。

こちらも評判の高い泥系先顔料ですが、こちらも弱アルカリ性ですので毎日の使用は控え、汚れを落としたいときにのみ使用することをおすすめします。

よかせっけん公式

毛穴開きの人に効果的な化粧水・美容液

個人的なおすすめは、肌に優しい洗顔料を使い、セラミドがある程度の濃度配合したものをお使いすることを推しますが、毛穴ケア化粧品で評判の良いものもご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

b-glen QuSomeローション

〜公式〜
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

美白型ビタミンC誘導体、保湿型ビタミンC誘導体を配合です。

メラニン生成を抑え、ニキビ跡の炎症や赤みを暖和してくれます。

浸透テクノロジーによって潤いを保ちながら日中や就寝時にもニキビ跡のダメージをケアし、繰り返すニキビを断ち切ります。

ノンアルコール、パラベンフリーですので、敏感肌の方にもオススメです。

上のトライアルはクレイウォッシュもお試しになれるので、ビーグレンに興味がある方は、まずはトライアルをどうぞ。

b.glen公式

毛穴専用美容液【ソワン】

〜公式〜
ソワン

メラニン毛穴やたるみ毛穴の原因には、メラニンの過剰生成やコラーゲンやエラスチンなどの膠原線維の劣化を引き起こす、紫外線による影響が大きいです。

この美容液のアーティチョーク葉エキスに含まれるシナロピクリンは、メラノサイトの増殖によるメラニンの生成や炎症からの色素沈着、そして、膠原線維の劣化による肌弾力の低下を促進させる、転写因子NF−Kb(エヌエフ・カッパ・ビー)の働きを抑制させる効果があります。

また、ビタミンC誘導体が皮脂分泌のバランスを整え、コラーゲンの生成を促します。

他にもプラセンタエキスが代謝をサポートし、年齢を重ね、気になり始めた毛穴を目立たなくさせていきます。

BIRAI公式

ETVOS 進化型ビタミンC誘導体配合化粧品

〜公式〜
(ETVOS)バランシングライン
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

大人ニキビや吹き出物が気になる方、キメの乱れやたるみが気になる方、お肌の色くすみが気になる方、シミそばかすが気になる方におすすめの進化型ビタミンC誘導体の「VCエチル」配合の化粧水とゆらぎがちな肌をなめらかに整える部分用ジェルです。

毛穴を治す前に、ニキビをどうにかしたいという方におすすめです。

ETVOSの化粧品に興味がある方は、まずはトライアルでお試しになってみてはいかがでしょうか。

ETVOS公式

ファンケル モイストリファイン 化粧液・乳液

〜公式〜
アクティブコンディショニング ベーシック
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

7秒に1本売れている!売上げ本数累計410万本のアクティブコンディショニングシリーズを新しくした、肌内部の乾燥=インナードライに着目した大人気化粧液&乳液の実感キットです。(※2016年7月末までのアクティブコンディショニングシリーズ化粧液、乳液の売上本数合算)

毛穴トラブルの悪循環を招く、インナードライ肌のケアに着目しているのがこの商品。

モイストチャージコラーゲンが潤いを与えてなめらかな肌を保ちます。

また、アクティブセラミドが肌の潤いを守る細胞間脂質の不足分だけでなく、細胞間脂質の素までも補い、潤いに満たされた美しい角層へと導きます。

これらの内側・外側からのWアプローチにより、インナードライを改善し、肌のバリア機能構築をサポートします。

防腐剤や香料無添加ですので、それぞれの肌タイプの人にも使えます。

ファンケル公式

ナリス ネイチャーコンク 薬用クリアローション

お手頃価格での毛穴ケアであれば、ネイチャーコンクの薬用クリアローションがお勧めです。

この化粧水はふき取り化粧水ですが、余分な角質を取り除くだけでなく、保湿効果も高いものです。

また、代謝を整える月見草油も配合されています。

ナリスアップ公式

RED B.A スムージングセラム

〜公式〜
RED B.A スムージングセラム
〜Amazon・楽天市場・Yahooショッピング〜

最後にご紹介しますのは、毛穴を引き締める収れん効果のある美容液です。

紫外線やストレス、加齢などの影響により、毛穴周辺の柔らかいコラーゲンが減少し、それにより毛穴が開いたままの状態になってしまいます。

そんな肌の毛穴を目立たなくさせるのが、このRED B.A スムージングセラムです。

シュワッと弾ける泡が肌を持ち上げ、毛穴をキュッと引き締め、肌表面では水分をしっかり取り込み、潤った肌を長続きさせます。

また、ポーラオリジナル保湿成分「S-BAリキッドE」が、ストレスによる肌へのダメージをケアし、引き締まったハリ感と弾力感をサポートします。

SPF20・PA++なので、美容液・乳液・UVカットの1品3役の大人の毛穴をケアする泡の美容液です。

毛穴の詰まりは綺麗になったけど、毛穴開きが目立って気になる!という方におすすめです。

ポーラ公式

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、一般的にやりがちな誤った角栓のケアと正しい角栓のケアを紹介しました。

ターンオーバーは、日頃のスキンケアにより、角質を剥がしたり、傷つけたり、肌内部の脂質を洗い流してしまうようなことで、簡単に促進に傾いてしまいます。

当然、日頃の生活習慣や食生活、ストレス、睡眠なども影響し、乱れます。

まずは誤ったケアを早くやめて、正しいケアを行うことで、ターンオーバーを正常化させましょう。

やりすぎないことと同時に、やらなさすぎないことが美肌への近道です。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

vintage
【まとめ】毛穴・角栓記事一覧

Contents1 毛穴・角栓1.1 毛穴1.2 角栓1.3 毛穴・角栓ケア 毛穴・角栓 毛穴 ・ポツポツ気になる毛穴開きの種類と開かせる原因は?改善方法は? ・皮脂の過剰分泌による毛穴開きは超厄介! ...

続きを見る

記事下

記事下

-毛穴・角栓,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.