毛穴・角栓

酵素洗顔の効果と使い方!角栓除去におすすめ市販パウダーは?頻度は毎日でもOK?

更新日:

wild-flowers
詰まってしまった角栓や肥厚化した角質による肌のくすみには、タンパク質を分解する効果のある酵素洗顔が効果的だと言われています。

しかし、角質を取り除くということは、即ち、ターンオーバーの促進を促してしまうため、それが本当に自身にとってプラスになるのか、よく考えた上で使用しないと痛い目を見ます。

そうならないためにも、酵素洗顔のことはもちろん、角栓の詰まる原因や角質が肌に滞留する原因についてもしっかりと知っておきましょう。

この記事では、酵素洗顔の効果や使い方はもちろん、毛穴の黒ずみ・角栓の詰まりや角質の滞留による肥厚化の原因などについて、あれこれまとめていきます。

最後に、評判の高い、人気の酵素洗顔料などもご紹介していますので、参考にしてみてください。

vintage
【まとめ】毛穴・角栓記事一覧

Contents1 毛穴・角栓1.1 毛穴1.2 角栓1.3 毛穴・角栓ケア 毛穴・角栓 毛穴 ・ポツポツ気になる毛穴開きの種類と開かせる原因は?改善方法は? ・皮脂の過剰分泌による毛穴開きは超厄介! ...

続きを見る

酵素洗顔での肌のくすみや毛穴の黒ずみ・角栓除去のやり方と効果

woman

酵素洗顔とは?

角栓は見た目からなんとなく皮脂で出来ているように思えますが、皮脂と古い角質などが混ざったもので、70%がタンパク質で出来ており、皮脂は残りの30%のみです。

そして、通常の洗顔では皮脂汚れは落とせても、タンパク質が主成分である角栓まではなかなか落とすことができません。

なので、通常の洗顔料で落とそうと思ったら、ゴシゴシと擦るなどの物理的な力をプラスして加えてやらなければ取れません。

これは皆さんも経験的に分かると思います。

その角栓を除去する方法は大きく分けて3種類存在し、角質部分に作用させるケア、脂質部分に作用させるケア、物理的に除去するケアで、今回紹介する酵素洗顔は、タンパク分解酵素の働きにより、角質部分に作用させることで、分解・除去するというものです。

角質層のケラチンはアミノ酸同士がペプチド結合した重合体ですが、その結合に酵素が作用し、加水分解を引き起こすことで離脱するという仕組みです。

では、酵素洗顔に用いられる主な成分とその特徴を見てみましょう。

酵素洗顔の成分〜タンパク質分解酵素・皮脂分解酵素〜

papaya
酵素洗顔料に含まれる酵素は2種類で、タンパク質を分解するプロテアーゼ、皮脂を分解する酵素はリパーゼなどです。

パパイン酵素

パパイン酵素はパパイヤに含まれる成分です。

特にこのパパイン酵素は、まだ若い、青々としたパパイヤに多く存在し、成熟したものにはほとんど含まれないそうです。

パパイン酵素は、不要な細胞のみに選択的に働きかけ、健康な肌には作用しないという嘘みたいな嬉しい特徴があるそうです。

ブロメライン

酢豚にはパイナップルを入れることがありますが、あれはパイナップルに含まれる酵素が豚肉を柔らかくしてくれる効果があるからです。

そして、ブロメラインはパイナップルに含まれる酵素です。

なお、パイナップルを食べると口の中がピリピリしますが、それはこの酵素の影響によるものです。

海洋複合酵素

深海から抽出した天然酵素もあります。

この海洋複合酵素(マリンプロテインエキストラクト)は、たんぱく質の分解に加えて、血流を促進させ、新陳代謝を高める効果がありますので、エイジングケアが気になる人にもお勧めです。

上記のいずれも、天然由来とはいえ、アレルギーを引き起こす可能性がありますので、アレルギー体質の方は避ける方が賢明です。

使う際は、しっかりとパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

リパーゼ

リパーゼは全ての生物に存在し、多くの場合は脂質の代謝に関与しています。

皮脂分解酵素で、皮脂の主成分であるトリグリセリドのエステル結合に作用、加水分解を引き起こして、脂肪酸とグリセロールに分解する働きがあります。

以上が酵素洗顔料に含まれる主な酵素になります。

酵素洗顔の効果

Woman

肌のくすみ・ごわつきの解消

年齢を重ねると代謝が落ち、肌の乾燥やくすみが目立ってきます。

これは、基底層細胞の細胞分裂能力が落ちることで表皮細胞が生成されづらくなり、それに応じてセラミドやNMFなどの脂質の生成量も落ちるため、水分を保持する能力が落ち、肌の水分量も落ちてしまうのです。

いわゆる、ターンオーバーが遅くなるというやつですね。

そして、肌内部の水分量が低下すると、垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素の働きを弱め、また、加齢により酵素活性自体も低下してしまうため、角質が肥厚化してしまうのです。

このため、年齢を重ねた肌は、表皮が薄くなり(細胞分裂能力の低下)、角質が肥厚化(分解酵素の能力低下)が起こることで、肌の乾燥とくすみが目立つようになるのです。

簡単に言うと、肌が薄くなって、いつまでも角質がひっついているという状態です。

なので、外からセラミドなどを補い水分量を増加させることで酵素の働きを復活させることがまず重要です。

乾燥した肌は細胞が萎縮・硬化していますので、肌のキメ=皮丘・皮溝の凹凸が平坦になり、それにより毛穴が露わになることでより一層目立ちますので、角質層の水分量を増加させることはあらゆる点で極めて重要なことなのです。

一方、加齢により酵素自体の活性が低下していることで角質肥厚を起こしている場合、自らが角質を剥がすというケアも必要になりますが、それに有効なものの一つが酵素洗顔です。

ターンオーバーを促進させることで、肌内部に滞留したメラニンを排出させる働きもあり、美白効果も見込めます。

毛穴の黒ずみ・角栓の除去

上に紹介したタンパク質・皮脂分解酵素の働きで、毛穴に詰まった汚れや角栓も除去できます。

毛穴詰まりを解消することで、ニキビの予防にもなります。

化粧水などの浸透力UP

無駄な厚みが薄くなることで化粧品の成分をしっかりと肌に届けることができます。

正しい酵素洗顔の使い方

towel

酵素洗顔のやり方

手を清潔にし、お湯は体温よりも少し低いぐらいの温度に調節します。

顔を軽く濡らし、泡立てネットを使い逆さにしても落ちないほどのモコモコのきめ細かい泡を作り、それをTゾーンからのせ、全体に広げます。

泡を肌にのせておく時間は長くても30秒以内を厳守しましょう。

あまり長すぎると、肌内部の脂質を洗い流してしまい、それは肌の乾燥に直結します。

また、ゴシゴシ擦るのも厳禁です。

ゴシゴシ擦れば酵素洗顔でなくても角質は取れるので、酵素洗顔を使用する意味が全くなくなってしまいます。

最後に、すすぎ残しがないように洗い流しておしまいです。

なお、洗顔後は皮脂が取り除かれた状態ですので、すぐに保湿をしましょう。

なお、角質が薄くなった状態は外部刺激に敏感ですので、紫外線対策は万全にしましょう。

使う頻度は?毎日でもOK?

酵素洗顔を行う頻度は、1週間に1回程度、夜に行うことを目安にしましょう。

最初に酵素洗顔をしてから経過を見て、1週間後はまだそれほど気にならないようであれば、頻度はもう少し落とした方が安全です。

この肌の状態を自分で観察しながら使用するというのがとても重要です。

肌質や使うものによって、適切な頻度は異なりますので、それぞれ注意しながら使用して下さい。

どうして酵素洗顔料はパウダー状のものが多いの?

酵素は水に触れることで活性化するため、あえてそのような状態になっています。

ピーリングとの違いは?

グリコール酸やサリチル酸などを用いたピーリングも角質を除去するのに用いられるケア方法ですが、酵素洗顔はそれよりもマイルドです。

以上が、基本的な酵素洗顔料の説明になります。

まず、酵素洗顔を使用する上での大前提として、ターンオーバーの促進がメリットになるということです。

その意味で、ターンオーバーが正常である、若い人が使ってもあまり恩恵を得られない可能性が高いです。

若い人が酵素洗顔料の使用により得られる効果として求めるものは、角質を剥がすことで毛穴を綺麗にし、それによりニキビの予防にもなると言ったところでしょう。

しかし、皆さんに知っておいてほしいことが、何度もお話している通り、その角質を剥がすことがターンオーバーの促進を招いてしまうということです。

ニキビは毛穴が詰まる事で起こるので、その大元である、毛穴の開き・角栓の生成の原理を見ていきましょう。

毛穴開き・角栓生成の原理

turn-over

毛穴開きや黒ずみ・角栓は、毛穴の出口(毛孔部)のターンオーバーが乱れる事で毛穴の構造が変質してしまった結果、そのような状態になっています。

その毛穴内部のターンオーバーを乱す原因は、主に皮脂です。

毛穴開きの原因

皮脂の主成分であるトリグリセリドが皮膚常在菌であるアクネ菌のリパーゼによりオレイン酸などの不飽和脂肪酸へと分解され、この不飽和脂肪酸が免疫系を間接的に活性化させてしまう働きがあり、それにより連鎖的な炎症反応=肌荒れを起こすのです。

その炎症反応が表皮細胞の増殖=角化異常を招き、これらの正常な周期を欠いたターンオーバーにより生成された細胞群が毛穴の出口の角質層を構成すると、毛穴の構造がすり鉢状=円錐状になります。

pores
出典:資生堂、毛穴の皮膚特性を科学的に解明

この状態が、いわゆる、毛穴開きの状態です。

つまり、毛穴開きとは、遺伝的に皮脂量や産毛の影響で開くだけではなく、毛穴の出口がラッパ状の構造になることでより一層開いて見えるという状態なのです。

なぜ、角化異常が起こると毛穴の構造がすり鉢状になるのかは、未だにわかっていないようです。

しかし、その原因が皮脂の分解生成物である高級脂肪酸が有力であることが、資生堂の研究で明らかになりました。

というわけで、これが毛穴が開くまでで、上のすり鉢毛穴は頬に目立つことが多いです。

毛穴の黒ずみ・角栓が詰まる原因

次に、角栓生成についてですが、上に書いた毛孔部の角質層の細胞は、本来失っているはずの細胞核が残存した状態のものが散見されます。

これはとても悪い状態で、というのも、通常、基底層から細胞分裂が起こり、それが有棘層→顆粒層→角質層というように上層に押し上げられると同時に細胞は分化・成熟していき、角質層の手前でアポトーシス(脱核)が行われ、その直前にセラミドやNMFなどの脂質の素となる成分を放出するのですが、細胞核が残存しているということはそれが行われていないということですから、角質層に水分を保持する能力が付加されていないということになります。

さらに、細胞核が残存していると細胞が不揃いになるため隙間の多い構造となり、その隙間から水分が蒸散し、肌の内部乾燥状態が引き起こされているということです。

すると、細胞自体が萎縮・硬化しているため、それ自体が角質のスムーズな排出を阻害し、また、肌内部の水分量の低下は、角質細胞と角質細胞間脂質の間の結合(デスモソーム )を分解するタンパク分解酵素の働きを弱めます。

これにより、角質細胞は細胞単位ではなく、まとまった塊となって剥がれ落ちます。

他にも肌の内部乾燥状態が皮脂の過剰分泌を促すなどの影響が複合的に絡み合うことで、角質の排出と生成のバランスが崩れ、角質が毛穴内部に滞留するようになります。

すると、毛穴内部はどんどん狭くなり、そこに注ぎ込まれる皮脂とが混ざり、いずれ角栓となって毛穴を塞ぐと、嫌気性のアクネ菌がCAMP因子という毒素を産生するようになり、今度はそれに対して免疫系が活性化し、連鎖的な炎症反応から赤ニキビ以降の跡に残るほどの強い炎症性のニキビに悪化してしまうのです。

これが角栓生成のザックリとした原理です。

わかりやすいように、毛穴開きと角栓生成を別に書きましたが、これらは同時進行的に起こります。

角栓の詰まりによる黒ずみは鼻に目立ちやすく、いちご鼻がこれです。

以上を簡単にまとめると、毛穴トラブルの多くが毛穴内部のターンオーバーの亢進状態により引き起こされ、その原因は皮脂、特にその分解生成物である高級脂肪酸だということです。

なので、毛穴トラブルを治すためには、毛穴内部のターンオーバーの正常化が不可欠であり、それに対してケアをしなければ角質が大量に生成される状態が改善されないので、角質は取るだけではあまり意味がないのです。

そして、若い人の多くが皮脂が過剰であることで毛穴トラブルは引き起こされており、それを除去することは皮脂の分泌抑制には全く繋がらず、むしろ過剰な洗浄力が肌の内部乾燥を引き起こし、より皮脂の分泌を過剰にさせかねないケアであるという意味で、若い人が使う意味が治すという点ではあまりないのです。

綺麗になればそれでいいというのであれば話は別ですが。

そのため、酵素洗顔で角質を除去する際にはターンオーバーの促進が引き起こされることを頭に入れながら行なってほしいのです。

酵素洗顔と毛穴トラブル

酵素洗顔はそこまで角栓を除去する能力が高いわけではありませんが、それは取るために行なっていますので、取れなければ取ろうとするのは容易に考えられます。

しかし、ただでさえ洗浄力が強い酵素洗顔を長時間、強い摩擦を与えながら行えば、その分角栓は取れるかもしれませんが、同時にそれはターンオーバーの周期に強く干渉することにもなります。

その除去自体が新たな角栓の生成を助長してしまうのです。

また、酵素洗顔は自分で行うため、使う人の腕によりデメリットの部分を上手に扱えなければその部分ばかりが肥大化し、結果的に得られるメリットは小さくなり、使わない方が良かったという残念な結果になってしまうことも少なくありません。

酵素洗顔のような角質に直接作用させるような黒ずみ・角栓の除去は、使う人の腕次第で毒にも薬にもなるので、使用する場合は気を付けて下さい。

最後に、評判の高い、人気の酵素洗顔料やセラミド配合化粧品、毛穴ケア用品をご紹介しますので、参考にしてみてください。

市販のおすすめ酵素洗顔パウダー

1:スイサイ 洗顔パウダー ビューティクリアパウダーウォッシュ

タンパク分解酵素プロテアーゼと皮脂分解酵素リパーゼの2種類の酵素とアミノ酸系洗浄成分が、毛穴の黒ずみ汚れ・角栓・ザラつき・古い角質を除去し、肌本来の透明感のあるつるつるすべすべ肌に洗い上げる酵素洗顔パウダーです。

2:Obagi オバジC 酵素洗顔パウダー

皮脂の分泌を抑える毛穴トラブル改善に有効なビタミンC配合の酵素洗顔パウダーです。

うるおいを守りながら毛穴の黒ずみ・角栓詰まり・ザラつきをしっかり除去する、人気の酵素洗顔料です。

3:リフターナ クリアウォッシュパウダー

パパイン・リパーゼ、2種類の酵素が毛穴の黒ずみ・角栓のに詰まりをすっきり除去!

さらに、皮脂吸着成分の黒炭が余分な皮脂もしっかり吸着!

毛穴汚れを落とし、アーチチョーク葉エキスが毛穴を引き締め、透明感のあるつるつるお肌へと導きます。

敏感肌に優しい毎日使えるおすすめ酵素洗顔!

1:アルファピニ28 コーラルクリア パウダーウォッシュ

コーラルクリアパウダーウォッシュは、パパイン酵素&サンゴ末配合の99%天然由来の肌に優しい洗顔料です。

パパイン酵素がメラニンを含む角質を分解して落とし、肌を柔らかくし、天然サンゴが余分な皮脂や毛穴汚れを吸着除去!

石油系界面活性剤・着色料・合成香料・ポリマー・シリコン・鉱物油が含まれておらず、低刺激の敏感肌の方にも優しい処方です。

敏感肌でも朝晩毎日使用できる評判の高い酵素洗顔料です。

<商品内容>

・コーラルクリアパウダーウォッシュ (40g:朝晩使用で約2ヶ月分)

2400円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【コーラルクリアパウダーウォッシュ】詳細はこちら

2:持田製薬 コラージュ洗顔パウダー

VOCEコスメランキング洗顔料部門に1位に選ばれた、低刺激・無香料・無色素で敏感肌に優しい、毎日使える酵素洗顔料で、肌のゴワつき・ガサつき・くすみをなくして、透明感のあるつるつるを実感!

不要な角質を除去することで、その後の化粧水や美容成分の浸透率もアップし、もっちり肌へ!

1回辺り約43円で、たっぷり約40回分お試しになれます♪

<商品内容>

・コラージュ洗顔パウダー (40g)

・泡立てネット

1728円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



敏感な肌を考えた酵素洗顔/コラージュ洗顔パウダー

おすすめのセラミド配合化粧品

上でも説明した通り、肌内部の水分量の低下が角質肥厚を引き起こしますので、そのような肌トラブルでお悩みの方は水分を保持する能力を高めるセラミド配合化粧品を使用することがとても有効です。

いえ、角質層に十分な水分が満たされることが美肌の絶対条件なので、万人にオススメの美容成分です。

1.小林製薬 ヒフミド

小林製薬のヒフミド(エッセンスクリーム)は、ヒト型セラミドを高濃度に4%も配合した、乾燥肌・敏感肌の方にピッタリな商品です。

セラミドは人間の肌の角質層の角質細胞の間に存在する脂質で、この細胞間脂質が肌内部の保湿能力の80%ほどを担うとされ、そのセラミドの不足や洗い流してしまうことは、まさに肌の乾燥へと直結します。

なので、普段のスキンケアではその肌内部の脂質をいかに洗い流さないかが重要ですが、乾燥肌の人の中には、このセラミドやNMFが十分量生成されないという遺伝子的な異常があるケースがあります。

特にそのような体質の方は、外側からセラミドを補うことで、肌のバリア機能構築をサポートするセラミドが高濃度配合された化粧品の使用をおすすめします。

<商品内容>

〜【ヒフミド】お試し花柄トートバッグセット〜

・ヒフミドトライアルセット

①:マイルドクレンジング(メイク落とし) <10g>

②:ソープ(洗顔ソープ) <13g>

③:エッセンスローション(保湿化粧水) <20mL>

④:エッセンスクリーム(保湿クリーム) <4g>

⑤:UVプロテクトベース(日焼け止め・化粧下地) <0.5g×5包>

・花柄トートバッグ

980円 or 1500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【ヒフミドトライアルセット】詳細はこちら

〜【ヒフミド】チャレンジセット〜

・エッセンスローション(保湿化粧水)120ml 通常3,240円(税込)※
​​​​​​​
・ヒフミドトライアルセット

980円 or 1500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【ヒフミドトライアルセット】詳細はこちら

2.アヤナス ローション コンセントレート

【アイテム訴求・「ヒト型ナノセラミド」配合・美容液】アヤナストライアルセット

POLAの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から、大ヒット・敏感肌用エイジングケアシリーズ「ayanasu(アヤナス)」のご紹介です。

人体が持つセラミドと全く同じ構造のヒト型セラミドを、通常の1/20のナノサイズにしてカプセル化することで、通常のセラミドの4倍もの浸透力を達成。

肌に浸透するとそのカプセルがほぐれ、1つ1つのセラミドが乱れたセラミド配列にぴったりと適合し、保湿効果をサポートします。

<商品内容>

・濃密美容液 ローション(20ml)

・ 糖化ケア美容液 (10g)

・ハリアップクリーム (9g)

・目元用アイクリーム (1回分)

1480円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

【アイテム訴求・化粧水】アヤナストライアルセット

老けて見える気がする…そんな貴方へ<<アヤナス>>トライアルセット2,700円→送料無料1,480円

3.メディプラスゲル

メディプラスゲル敏感肌

通常のスキンケアで、化粧水からクリームまでしっかり塗っていると、平均80回肌を擦ることになります。

肌への摩擦は、角質を剥がすことでターンオーバーの促進を招いたり、毎日行うという意味では、メラノサイトへの微弱な刺激の蓄積が、将来シミを生む可能性もあります。

そんな肌への刺激に対し、このメディプラスゲルは、なんと66種の美容成分配合で、化粧水・乳液・美容液・クリームの1本4役、時短しながら肌への栄養もしっかりと補給できるオールインワンジェルです。

<商品内容>

・メディプラスゲル(150ml:約2ヶ月分)

・サンプルセット(内容は変更の可能性あり)

①:メディプラスゲル (3g×2)

②:クレンジングオイル (3ml)

③:オイルクリームソープ (10g)

④:洗顔泡立てネット

2996円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

メディプラスゲル保湿

【メディプラスゲル】詳細はこちら

4.VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

セラミド1・セラミド2・セラミド3・セラミド6Ⅱという4つのヒト型セラミドを配合した、VINTORTEのボタニカルモイストスキンケアシリーズです。

「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」を配合することで保湿の働きを補い、潤いを与えるアプローチでバリア機能の働きや肌内部の水分量をサポートします。

また、VINTORTEのミネラルファンデーションなどでもおなじみ、石油系界面活性剤・パラベン・シリコン・紫外線吸収剤・タルク・鉱物油・合成香料・合成着色料・エタノールなどの肌に負担のかかる成分が使用されていないのも、嬉しいポイントです。

※「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」はトライアルセットの全商品に配合されています。

<商品内容>

・ボタニカルモイストクレンジングミルク クレンジング (25g)

・ボタニカルモイストウォッシュ 洗顔フォーム (20g)

・ボタニカルモイストローション 保湿化粧水 (20ml)

・ボタニカルモイストセラム 保湿美容液 (5ml)

・ボタニカルモイストクリーム 保湿クリーム (5g)

1900円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

【VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ】詳細はこちら

5.ETVOSモイスチャーライン

(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット

こちらも評判の良いセラミド配合化粧品です。

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』

保湿に大切な「ヒト型セラミド」、タイトジャンクションの形成を促す「POs-Ca」を配合。

お肌の内側の水分蒸発を防ぐことで、もっちりとうるおう肌に導きます。

<商品内容>

・クリアソープバー 洗顔石鹸 (10g)

・モイスチャライジングローション 化粧水 (30ml)

・モイスチャライジングセラム 保湿美容液 (10ml)

・モイスチャライジングクリーム 保湿クリーム (5g)

1900円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット

【ETVOSモイスチャーライン】詳細はこちら

6.ノブⅢ トライアルセット

ノブⅢシリーズの特徴としては、皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質の成分である、スクワラン・アミノ酸・セラミド3を外側から補うことにより、肌のバリア機能をサポートするというものです。

また、セラミドの構造を人間の肌のものに近づけることにより、その親和性から浸透力がアップしています。

臨床皮膚医学に基づいて考えたノブの、肌あれ・乾燥が気になる敏感肌のためのスキンケア商品です。

<商品内容>

・メイク落とし (15g)

・洗顔料 (15g)

・化粧水 しっとりタイプ (20ml)

・乳液 (8ml)

・保湿クリーム (4g)

・化粧水 さっぱりタイプ (2ml)

・化粧水 白濁とろみタイプ (2ml)

・保湿美容液 (0.8g)

1500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【ノブlll トライアルセット】詳細はこちら

7.米肌トライアルセット

最後にご紹介しますのは、セラミドを外から補うのではなく、「ライスパワーNo.11」の働きでセラミドの産出を促し、肌内部のセラミドを増やすという画期的なアイテムです。

補給するのではなく、自ら作り出すのをサポートしてくれるのですね!

他にも、「大豆発酵エキス」が肌表面の潤いを閉じ込め、「ビフィズス発酵エキス」が角層細胞の保湿力をサポートします。

<商品内容>

・肌潤石鹸 (15g)

・肌潤化粧水 (15ml)

・肌潤改善 エッセンス (12ml)

・肌潤クリーム (10g)

・肌潤化粧水マスク (1枚)

1389円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



潤いを創りだし取り込むから、毛穴、もう悩まない。「米肌~まいはだ~」

b-glen ビーグレン 毛穴トライアルセット

毛穴ケア用品で非常に評判が高く、おすすめなのがビーグレンです。

ビーグレンは、独自の浸透テクノロジー『QuSome』を施し、肌トラブルを解決へと導く、米国発の先端サイエンスコスメです。

この毛穴トライアルセットでは、b-glenの化粧品の①クレイウォッシュ (15g)・②QuSomeローション (20mL)・③Cセラム (5mL)・④QuSomeモイスチャーゲルクリーム (7g)がお試しになれ、それぞれ①落とす→②整える→③引き締める→④閉じ込める役割とそれら一連の毛穴改善プログラムを1週間分体験できます。

それでは次に、それぞれどのようなものなのか、役割と効果をひとつひとつ具体的に見ていきましょう。

①:b.glen クレイウォッシュ

STEP①:落とす!役割を担うのが、このクレイウォッシュです。

毛穴の直径のなんと1/2000の大きさの天然クレイ「モンモリロナイト」を使用。

プラスに帯電した毛穴の汚れや古い角質、酸化した余分な皮脂などをマイナスに帯電した超微粒子の泥が磁石のように引き寄せて落とす吸着洗顔で、大切なうるおいと必要な皮脂はしっかり残して洗い上げます。

また、5種類の美容成分が贅沢に配合されたゲルのようなやわらかいテクスチャーは、年齢を重ねた肌だけでなく、大人のニキビ肌にも最適です。

こちらは肌と同じ弱酸性に調整されていますので、泥系洗顔料特有の洗顔後のツッパリ感を感じないのが個人的には超プラスポイントです♪

また、泡の立たない点も使ってみたい心をくすぐります!笑

②:b.glen QuSomeローション

STEP②:整える!役割を担うのが、このQuSomeローションです。

具体的には、スキンケア成分の通り道であり、同時に見た目部分にも大きく関わる「角層」の状態を整えます。

この「角層」の状態を整えることで、見た目を美しく保ち、後から使用するビーグレン製品やお使いの美容液などとの相乗効果で、スキンケア全体の効果を格段に高めます。

主要成分は、2種類の植物エキス(フカスセラツスエキス・アッケシソウエキス)と人の体に存在するEGF(上皮成長因子)様合成ペプチドで、それらはセラミドやNMFなどの脂質の合成や代謝機能を活性化させる働きがあり、角質層のバリア機能構築をサポートします。

これらの厳選した美容成分を包み込んだ超微小の複合成分「QuSomeアクティベートコンプレックス」が、非常に長い時間、角層のすみずみまでうるおいを維持させます。

③:Cセラム

STEP③:引き締める!役割を担うのが、このCセラムです。

Cセラムという名称からも分かるように、高濃度ビタミンCを配合した美容液です。

ビタミンCには、メラニン生成に関わるチロシナーゼという酵素の活性を抑える働きがあり、それによりメラニン生成を防ぎ、他にも、ユーメラニン(黒色メラニン)をフェオメラニン(赤褐色)に還元する働きもあります。

また、抗酸化作用により、活性酸素の働きを抑えます。

他にも、皮脂の分泌を抑制したり、コラーゲン生成をサポートするなど、アンチエイジングという点では、欠かせない栄養素です。

ビタミンCは、毛穴トラブルにももってこいの栄養素で、毛穴トラブルの主原因である皮脂の分泌を抑制することで、肌の炎症・表皮細胞の増殖を抑制し、毛穴開きや黒ずみ・角栓の生成を抑える、また、コラーゲン生成をサポートする、これらの効果により開いた毛穴をキュッと引き締めます。

というように、あらゆる肌コンディション改善には是非とも取り入れたい美容成分ビタミンCを高濃度(7.5%)で配合した美容液Cセラムは、超微小カプセルに包み込まれたピュアビタミンCがつけた瞬間からほのかな温感を伴い吸い込まれるようにして角質層のすみずみへ引き込まれていき、皮脂バランスを整えながら、肌の内側から輝くような明るさを引き出し、キメの細かい、すこやかな肌へと導くのです。

④:b.glen QuSomeモイスチャーゲルクリーム

最後のSTEP④:閉じ込める!役割を担うのが、このQuSomeモイスチャーゲルクリームです。

肌の潤いとは、皮脂と汗が混ざった皮脂膜が肌表面をコーティングする蓋の役割と、角質層のセラミドなどの脂質が角質細胞内の水分をサンドイッチして保持する役割とで保たれています。

そんな、肌に本来備わる「自ら水分を生み出す力と、蓄える力」の根本にアプローチするのがこのQuSomeモイスチャーゲルクリームです。

具体的には、アクアタイド、アリスチンなどのペプチドが肌を健康に保つ&水分を保持する力を高め、コラーゲンとヒアルロンさんが肌表面で皮脂膜の役割を後押しします。

これらの4種類の美容成分を含む独自の複合成分「QuSomeハイドレーションコンプレックス」が積極的に角層のすみずみまで入り込み、乾きのスパイラルからの脱却をサポートし、うるおい不足でこわばっていた肌に、肌本来の柔らかさを呼び覚まします

以上が毛穴トライアルセットの中身でした。

ライン使いはなかなか厳しいと思いますので、トライアルを使用してみて、気に入ったものだけを使用してみるというのが失敗が少なくて良いのではないでしょうか?

また、トライアルセットは、毛穴トライアルを含めた全8種類が用意されていますので、ご自身のお悩みに合わせたものをお選び下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、酵素洗顔の正しいやり方と成分や効果などを紹介しました。

洗顔料にも合う・合わないがありますので、自分の肌質にあわせて適切な洗顔料を選ぶと同時に、洗顔頻度も考慮し、肌へのダメージを抑えることを心掛けましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

vintage
【まとめ】毛穴・角栓記事一覧

Contents1 毛穴・角栓1.1 毛穴1.2 角栓1.3 毛穴・角栓ケア 毛穴・角栓 毛穴 ・ポツポツ気になる毛穴開きの種類と開かせる原因は?改善方法は? ・皮脂の過剰分泌による毛穴開きは超厄介! ...

続きを見る

記事下

記事下

-毛穴・角栓,
-

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.