生活

オロナインパックの鼻と顔全体のやり方と効果!角栓とニキビ跡を治す方法!

更新日:

oronain
ネット上ではオロナインパックという、オロナイン軟膏と市販の毛穴パックを使って、角栓を取る毛穴ケアが話題になっています。

動画まであり、角栓が根こそぎとれる様子を見て、あれほどスッキリするのであれば、試してみたいと思う方もいるのではないでしょうか?

そんなわけでこの記事では、オロナインパックの毛穴の黒ずみ・角栓を除去するケアのやり方とその効果や肌への影響について、あれこれまとめていきます。

オロナインパックの鼻と顔全体のやり方と効果

woman

オロナインパックの基本的なやり方

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

まず、タオルを水で濡らし、40秒ほどレンジでチンして、蒸しタオルを作ります。

ほどよい温かさになったら、2〜3分、あったか蒸気でリラックスタイム〜♪

熱すぎたり、何度もやりすぎると肌が乾燥しますので、肌の状態を見ながら行なってください。

②:鼻 or 顔全体にオロナインを塗る

次に、鼻 or 顔全体にオロナインを薄く馴染ませるようにして塗ります。

マッサージしながらよく肌に馴染ませて下さい。

一通り塗ったら、10分ほど放置します。

③:洗顔

次に、洗顔で塗ったオロナインを落とします。

洗顔はよく泡立て、肌を擦らないようにして優しく洗いましょう。

この際、クレイ洗顔料などの角栓除去効果のある洗顔料を用いると、なお効果的です。

④:毛穴パックを貼る

次に、毛穴パックを貼ります。

これは、それぞれの毛穴パックのやり方を参照の上、行なって下さい。

なお、ティッシュを鼻に詰めて行うと、毛穴パックとの隙間が出来づらくなり、しっかりとパックが吸着されるそうです。

⑤:冷水で引き締め&保湿

RED B.A スムージングセラム

最後に、汚れをごっそり落とした毛穴を冷水と化粧品で引き締めます。

この際、毛穴を引き締める効果のある収れん化粧品を使うと、より一層毛穴を目立たなくさせることができます。

以上が、基本的な、オロナインパックのやり方です。

しかし、これは決して手を出してはいけないスキンケアです。

オロナインが肌の常在菌の生育環境を乱す

オロナインの効能は、主に殺菌・抗菌作用と保湿作用です。

殺菌・抗菌作用は、クロルヘキシジングルコン酸塩液とカチオン界面活性剤が、保湿作用は、グリセリンやオリーブ油、ワセリンといった油脂などの保湿成分が担います。

この保湿成分が角栓の脂質部分に作用し、汚れを浮かせることで、洗顔や毛穴パックで除去できる可能性が高まるということです。

しかし、塗った部分の肌には殺菌・抗菌作用がもたらされるため、その影響を受けた肌の常在菌は死滅します。

それがニキビの悪化してアクネ菌が増殖した部分に作用するのであれば、オロナインの使い方通りですが、健康な肌の部分にも同じように使用しては、その現在の肌の健康状態を害する危険性すらあります。

そもそも何でオロナインなのでしょうか?

角栓の脂質部分にオイル成分が作用することで角栓が落とせるのであれば、そもそも美容用オイルやクレンジングオイルを使用した後に、毛穴パックをするのでも効果はさほど変わらないと思うのですが。

オロナインを毛穴の目立つ部分に塗る意味が謎です。

塗るなら美容用に作られたオイルやクリームを塗りましょう。

しかし、その後に毛穴パックはやめた方が良いです。

毛穴パックは危険!

毛穴パックはケミカルピンセットとも呼ばれ、シート状のポリマーが水で溶解することで角栓を取り囲み、乾燥とともに硬化、シートを引っ張ることでその吸着力により角質が剥がれるというものです。

角栓は角質(タンパク質)がほとんどなので、普通の洗顔料では取れず、酵素洗顔やピーリング、オイルなどを作用させて溶かすか、ピンセットや角栓プッシャーなどで抜く・押し出すか、上に書いた毛穴パックで無理やり剥がすぐらいでしか取りようがないのです。

特に、普段から角栓を無理やり除去するような過度なスキンケアを行なっている人は、角栓の脂質部分の割合が少ない、角栓の硬化が起こっている可能性があります。

一般的に、角栓は、角質(70%)と脂質(30%)で構成されているとされますが、日頃から過度なスキンケアをしていると毛穴内部の慢性的なターンオーバーの亢進状態から表皮細胞が大量に生成されることで、角質の割合が増えてしまっている可能性があるのです。

こうなると、オイルが作用する余地がありませんので、オイルを使って角栓を取り除くケアをしても全然取れないとなってしまうのです。

これは、普段から過剰なスキンケアをすることで、ターンオーバーの周期に強く干渉してしまっていることが原因です。

そもそも、毛穴トラブルの主原因は、皮脂による炎症からターンオーバーの亢進状態が招かれることで起こります。

皮脂の分解生成物である高級脂肪酸が免疫系を活性化させ、炎症を起こし、それがターンオーバーの亢進状態を作り出すのです。

何よりもまず皮脂がターンオーバーを促進させる因子として働いており、その上で、過度なスキンケアをするので、さらにターンオーバーが促進され、表皮細胞が増殖するというループに陥っているのです。

毛穴トラブルを根本から治そうとするのであれば、まずは自らがターンオーバーの周期に干渉しないことがその第一歩です。

その上で、皮脂の分泌をコントロールする。

この2点を克服することで、慢性的な毛穴トラブルや肌荒れが改善されていくのです。

そもそもターンオーバーの周期は最短でも28日ほどかかるため、肌トラブルがすぐに治るようなことは普通に考えてもありえないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、インターネット上で話題になっているオロナインパックの効果とその危険性について説明しました。

噂に惑わされることなく、そもそも角栓はどのようなもので、どのようにケアするのが適切なのか、理由も含めて自分で確認することが大切です。

誤ったケアをして、より一層悪い状態にしてしまわないように気をつけましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-生活
-

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.