毛穴・角栓

オロナインパックは角栓・毛穴ケアに効果ある?やり方は?毎日でもOK?

更新日:

oronain
ネット上ではオロナインパックという、オロナイン軟膏と市販の毛穴パックを使って、角栓を取る毛穴ケアが話題になっています。

動画まであり、角栓が根こそぎとれる様子を見て、あれほどスッキリするのであれば、試してみたいと思う方もいるのではないでしょうか?

この記事では、オロナインパックの効果とその危険性について説明します。

woman
【まとめ】スキンケア記事一覧

Contents1 スキンケア1.1 スキンケアの基本1.2 肌のターンオーバー1.3 肌のバリア機能1.4 保湿成分1.4.1 コラーゲン1.4.2 ヒアルロン酸1.5 肌老化 スキンケア スキンケ ...

続きを見る

オロナインパックの効果の裏に潜む危険性

woman

オロナインパックとは?効果は?

そもそもオロナインパックとはどのようなものでしょうか?

決して推奨しませんが、やり方について説明します。

まず、素肌にオロナインを鼻に塗ります。

10分ほど放置した後、オロナインを取り、市販の毛穴パックを通常と同じように使うだけです。

この方法を使うと、オロナインが古い角質や角栓を柔らかくしてくれるため、毛穴パックを単体で使う時と比較して、角栓が根こそぎ取れると話題になっています。

吹き出物や切り傷の家庭治療薬として、どの家にも1つは存在しているであろうオロナインですので、それを使って手軽に角栓がごっそりとれるなんて魅力的ですよね。

でも、とても危険です。

オロナインパックは危険なの?

そもそも、毛穴パック単体でも肌への負担が大きく、推奨されるものではありません。

では、オロナインはどうなのでしょうか?

オロナインは炎症を抑えることなどを目的とし、クロルヘキシジングルコン酸塩液という殺菌成分を含む医薬品です。

私も鼻に痛い吹き出物が出来た時にはオロナインにお世話になりますが、早く治るのは、痛い炎症を起こす菌を殺す効果があるからなのですね。

見た目がどことなく、美容クリームなどに似ているので、肌に優しいようなイメージがありますが、殺菌成分が含まれていることを忘れてはなりません。

その殺菌成分を含む軟膏を、炎症を起こすような悪い菌のいない肌に塗布するとどうなるのでしょうか。

私達の肌には常在菌といういわば菌が存在していて、その菌によって雑菌などから肌を守ってくれています。

たとえば、顔には10種類程度の常在菌がいて、そのうちの1つ、美肌菌とも称される表皮ブドウ球菌は皮脂や汗などを餌にして肌の保湿成分であるグリセリンなどを生成したり、肌を弱酸性に保ったり、吹き出物や食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌の増殖を防ぐなどの重要な働きをしてくれています。

オロナインの殺菌成分は、そのようないわゆる良い菌も含めて菌を殺してしまいますので、本来の肌に必要な菌がいなくなることになります。

悪玉菌が増殖した状態では、それでも炎症を抑えるために必要ですが、健康な肌に塗ってしまうとどうなるかは想像がつきますよね?

そもそも医薬品には必ず注意書きがあり、本来の用途以外の方法での使用を禁止しています。

医薬品の注意書きを守らず、インターネット上の根拠のない噂に惑わされて、自ら肌トラブルを引き起こさないように気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、インターネット上で話題になっているオロナインパックの効果とその危険性について説明しました。

噂に惑わされることなく、そもそも角栓はどのようなもので、どのようにケアするのが適切なのか、理由も含めて自分で確認することが大切です。

誤ったケアをして、より一層悪い状態にしてしまわないように気をつけましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

vintage
【まとめ】毛穴・角栓記事一覧

Contents1 毛穴・角栓1.1 毛穴1.2 角栓1.3 毛穴・角栓ケア 毛穴・角栓 毛穴 ・ポツポツ気になる毛穴開きの種類と開かせる原因は?改善方法は? ・皮脂の過剰分泌による毛穴開きは超厄介! ...

続きを見る

記事下

記事下

-毛穴・角栓,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.