シミ

目の下の赤クマの原因と治し方!効果的な改善方法・解消法は?

更新日:

kuma
顔の印象を大きく左右してしまう目の下のクマ。

ここでは、目の下が赤く見えてしまう赤クマの原因とケア方法を説明します。

赤クマの原因と治し方

bear

赤クマの原因とは?

赤クマは、眼輪筋と呼ばれる目の下にある筋肉が押し出されて皮膚から透けて赤く見えてしまっている状態です。

眼輪筋が押し出されている理由は、主に2つあります。

1つは、血流が悪く、うっ血した状態になっていることで、もう1つが眼球を支えているロックウッド靭帯の衰えにより、眼球を包む眼窩脂肪が前に押し出されていることです。

つまり、色の見え方は異なるものの、原因としては、青クマもしくは黒クマと同じということになります。

赤クマの解決法とは?

赤クマの原因は、青クマと同様の血行不良か黒クマと同様の加齢によるたるみが原因になります。

そのため、青クマと黒クマと同じ方法を取り入れることで解消することが可能です。

血流を改善する

血行不良により、皮膚の下の筋肉が赤く透けて見えてしまっている場合には、まずは血流を改善させましょう。

ホットアイマスクをつけて、目の周りを温める方法の他、アイクリームを使ったマッサージも効果的です。

マッサージを行う場合には、摩擦を強くしすぎると、色素沈着による茶くまを起こしてしまう可能性がありますので、優しくおこなうようにしましょう。

肌にハリを与える

黒クマと同様に、加齢によるたるみが原因の場合には、根本的な解決には、クリニックにて原因となっている脂肪を取り除く以外に効果的な方法はありません。

そのため、深刻な状態の場合には、クリニックにて受診をすることがおすすめですが、セルフケアでは、たるみを抑えるために、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された化粧品を用いて、アイケアをすることがおすすめです。

赤クマの予防法とは?

woman
血行不良か筋肉の衰え、もしくはその両方が原因となっている赤クマの予防方法としては、血流を改善させ、目の疲れを取ることがおすすめです。

目を酷使する時間を抑えるようにする

仕事でパソコンを長時間使うような生活をしている場合には、通勤の電車の中でもスマホを見ることで、常に目を酷使している状態にしないように気をつけましょう。

特に、集中してしまうと、瞬きの数が減り、ドライアイなどの別の病気を引き起こしかねません。

パソコンを使いすぎた時には、電車の中や休日には遠くを見るようにする、目を閉じるようにする、などの目の疲れを取るような方法を取るようにしましょう。

どうしてもスマホを見る必要がある場合には、顔から離す、目薬をさす、ブルーライトのカット機能がついたメガネを使う、などの方法を取り、目への負担を可能な限り抑えるようにしましょう。

全身の血流を改善させる

全身の血流を良くすることで、目の周りの血流の改善にも効果があります。

そのため、適度な運動を行って筋肉を動かしたり、湯船につかって、体を温めるなどで生活習慣を少しでも変えるようにしましょう。

特に、肩や首などの目の近くの筋肉や血流の懲りや目の疲れにも繋がりやすいため、パソコン作業中には首や肩を動かすなどの簡単なストレッチを取り入れるようにするのがおすすめです。

なお、インターネット上で話題になった下記の肩こり解消体操は簡単なのにすぐに効果が実感できるため、とてもおすすめです。

目元美容液を使用する

以下の化粧品がクマの解消におすすめの商品です。

ATTENIR アイ エクストラ セラム

ATTENIRのアイ エクストラ セラムは、加齢による目元のシワやたるみに着目し、ハリを与える成分を配合した、目元専用のエイジングケアクリームです。

目の下のくぼみの原因の一つと言われる老廃物の排出促進に働きかける効果もありますし、目元の他の悩みも一度に解決してくれる効果があります。

<商品内容>

・アイ エクストラ セラム 15g(約120回分)

・エイジングケアラインドレスリフト 14日間セット
(フェイシャルソープ・ローション・デイエマルジョン・ナイトクリーム)

・目もとのツボがわかる特製シート

※¥3,291(税込)(送料無料)≪通常¥4,791(税込)¥1,500もおトク!

3291円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



目もとの悩みに1本で立ち向かう「アテニア アイ エクストラ セラム」

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、赤クマの対処法と予防法を説明しました。

クマが出来てしまうと、気持ちが落ち込みますが、クマの解決を行うと、その他の肌や健康面でも良い効果があります。

クマを解消すると同時に、体の調子も整えるようにしましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-シミ,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.