毛穴・角栓

頬のたるみ毛穴を改善するケア&化粧品!おすすめ市販化粧水・美容液

更新日:

hyacinth
みなさんは、「たるみ毛穴」というものをご存知でしょうか?

毛穴の皮脂詰まりで悩む10代の頃とは違い、20代後半ごろから悩み出す人が多くなるのがたるみ毛穴。

どのようなものなのか、その原因と改善方法をお話しします。

たるみ毛穴の原因と改善方法

woman

たるみ毛穴の見分け方

毛穴の広がり方と、発生する箇所によってたるみ毛穴かどうか見分けることができます。

開き毛穴の発生しやすい箇所は、皮脂の過剰分泌のしやすいTゾーンに対し、たるみ毛穴の発生しやすい箇所としては、小鼻の脇〜頬周辺。

毛穴の広がり方としては、普通の毛穴は丸く広がるのに対し、たるみ毛穴の場合はしずく型。

縦に細く広がる傾向にあります。

たるみ毛穴は、その箇所を引っ張る、また、仰向けになると目立たなくなることも特徴の一つです。

お肌のたるみ・たるみ毛穴の原因とは?

skin

では、なぜこのようなたるみ毛穴ができてしまうのでしょうか?

お肌のたるむ原因とともに、たるみ毛穴の原因についてお話しします。

加齢によるコラーゲンなどの減少

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の三層に分かれています。

真皮は肌のハリ・弾力を司る部分で、コラーゲンやエラスチンなどの線維状タンパク質が乾燥重量の70%を占め、その間の湿潤液としてのヒアルロン酸やプルテオグリカンなどの基質、それらを生み出す線維芽細胞により構成されており、線維状タンパク質が線維芽細胞の酵素で分解され、新たに生成されるまで約2〜6年かかると言われ、その回復とシワの生成のバランスが逆転することで肌表面に現れるのがシワやたるみなです。

表皮のターンオーバーは早くても30日ほどで、それでもニキビなどの色素沈着を治すのにそこそこ日数がかかるのに、最低でもそれの24倍遅い真皮のターンオーバーは、若い人でも真皮に及ぶ傷は治りませんし、ましてや代謝能力が落ちたことでシワやたるみとなって肌表面に現れているのに、それを歳を重ねた人がどれだけ治すのが困難なことかがお分かりいただけるでしょう。

そして、その皮膚のたるみにより毛穴は下へと引っ張られ、細長いしずく型の「たるみ毛穴」になってしまいます。

また、毛穴周辺の柔らかいコラーゲンが減少することで、毛穴を閉じる力が落ちていることも毛穴を目立たせる原因の一つです。

真皮の基本的な改善方法としては、線維芽細胞を活性化させ、繊維状タンパク質の産生を促すようなものです。

美容成分では、レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシン(ニコチン酸アミド)、プラセンタなどが、線維芽細胞を活性化させてコラーゲン産生を促すと言われるものですので、気になる人はケアに取り入れてみると良いでしょう。

たるみ毛穴は、表皮由来の毛穴トラブルと真皮の劣化の複合型ですので、表皮の毛穴トラブルを改善すれば目立ちにくくすることが十分可能ですので、使う化粧品もどのどちらにも効果があるようなものを使用するのが良いと思います。

食習慣・生活習慣

栄養が足りていないと単純に肌への栄養が不足しますし、さらに生活習慣の乱れはホルモンバランスの乱れに繋がり、皮脂を過剰にさせたり、血流を悪くさせます。

体にとってマイナスであることが肌にも現れるだけですので、肌だけではなく、体の内側のケアの方をむしろ重要視するべきだと思います。

紫外線

紫外線は肌のシワやたるみなどの肌老化の主原因です。

紫外線を浴びることにより、真皮に到達してしまい、お肌のハリや弾力の元となるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す源となる細胞自体を萎縮・劣化させてしまい、お肌のたるみに繋がります。

特に真皮に影響を与えるUVAは、日焼けなどの症状として現れづらいため、ケアを怠る人が多いですが、UVAは年間を通じてその量があまり変化せず、高いままなので、そのダメージは確実に蓄積しています。

紫外線対策は夏場だけでなく、年間を通して万全にしましょう。

皮下組織・表情筋の衰え

真皮の老化だけでなく、表情筋の衰えや皮下脂肪の増加でも肌はたるみます。

それが原因でたるんでいる場合は、表情筋トレーニングなどで改善させることができるでしょう。

肌のたるみ・たるみ毛穴を改善したい

english-bulldog
では、お肌のたるみとたるみ毛穴を改善するにはどうしたら良いのでしょうか?

毎日の生活で予防できることも多いので、意識して行ってみましょう。

紫外線対策

紫外線を浴びることで肌の弾力やハリの元になるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す細胞(線維芽細胞)にダメージを与えてしまわないよう、帽子やサングラス、UVカットのある化粧品を使用し、しっかりUVケアをしましょう。

しっかり保湿

お肌が乾燥すると肌水分が不足し、表皮に乾燥小じわをつくり、それが慢性化することで真皮にまでシワが刻まれてしまいます。

そして、表皮の乾燥状態は肌のバリア機能低下を意味しますので、それにより肌トラブルを招きやすくなり、炎症が悪化し、それが真皮にまで及べば組織が破壊され、クレーターやケロイド隆起、それだけでなく肌のたるみ、しわにつながってしまう可能性が高まります。

そのため、表皮にたっぷり水分を含んだ状態を保つことは極めて重要です。

特に年齢を重ねると皮脂の分泌量も代謝も落ちますので、、保湿力の高い化粧品を使用するようにしましょう。

バランスの良い食生活・生活習慣

甘いものばかり、脂っこいものばかりと、食が偏ると線維芽細胞にうまく栄養が行き渡らず、お肌のハリが失われます。

アンチエイジングに良いたんぱく質、ビタミンやミネラル、アミノ酸や大豆製品を多く含む食品を摂り入れるようにしましょう。

また、柔らかいものばかり食べず、かみごたえのあるものも食べることで咀嚼回数を多くし、表情筋が鍛えられます。

生活習慣を改善することでホルモンバランスを整えることも重要です。

〜たるみ改善に効果的な食べ物〜

→納豆・鶏肉の皮・きゅうり・玉ねぎ・豆腐・緑黄色野菜・果物・ヨーグルト・玄米など

肌のために良質な睡眠をとる

美肌と睡眠は深い関係があります。

寝る前のパソコンやスマホは避け、読書や音楽を聴くなどしてリラックスしましょう。

睡眠をしっかりとることで成長ホルモンの分泌量が増え、お肌の再生力が高まり美肌効果がありますので、たるみ毛穴だけでなく、あらゆる肌トラブルの改善につながります。

特に、入眠3時間の質の向上を意識しましょう。

頰の筋トレ

「あーおーえーいーうーえーおー」と、思い切り笑顔で一語一語口角を上げる気持ちで口を動かし、表情筋を鍛えます。

そうすることで、たるみとたるみ毛穴に効果的です。

動画なども参考にしてみて下さい。

保湿重視のケア

肌のたるみは表皮+真皮の毛穴トラブルの複合型です。

表皮が乾燥している場合、セラミドを外から補うことで、肌のバリア機能構築をサポートし、さらにキメが整うことで毛穴を目立ちにくくさせることができます。

表皮の水分量を高めることがスキンケアの基本の“き”ですので、意識するようにしましょう。

1.小林製薬 ヒフミド

小林製薬のヒフミド(エッセンスクリーム)は、ヒト型セラミドを高濃度に4%も配合した、乾燥肌・敏感肌の方にピッタリな商品です。

セラミドは人間の肌の角質層の角質細胞の間に存在する脂質で、この細胞間脂質が肌内部の保湿能力の80%ほどを担うとされ、そのセラミドの不足や洗い流してしまうことは、まさに肌の乾燥へと直結します。

なので、普段のスキンケアではその肌内部の脂質をいかに洗い流さないかが重要ですが、乾燥肌の人の中には、このセラミドやNMFが十分量生成されないという遺伝子的な異常があるケースがあります。

特にそのような体質の方は、外側から肌のバリア機能構築をサポートするセラミドが高濃度配合された化粧品の使用をおすすめします。

<商品内容>

〜【ヒフミド】お試し花柄トートバッグセット〜

・ヒフミドトライアルセット

①:マイルドクレンジング(メイク落とし) <10g>

②:ソープ(洗顔ソープ) <13g>

③:エッセンスローション(保湿化粧水) <20mL>

④:エッセンスクリーム(保湿クリーム) <4g>

⑤:UVプロテクトベース(日焼け止め・化粧下地) <0.5g×5包>

・花柄トートバッグ

980円 or 1500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【ヒフミドトライアルセット】詳細はこちら

〜【ヒフミド】チャレンジセット〜

・エッセンスローション(保湿化粧水)120ml 通常3,240円(税込)※
​​​​​​​
・ヒフミドトライアルセット

980円 or 1500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【ヒフミドトライアルセット】詳細はこちら

2.メディプラスゲル

メディプラスゲル敏感肌

通常のスキンケアで、化粧水からクリームまでしっかり塗っていると、平均80回肌を擦ることになります。

肌への摩擦は、角質を剥がすことでターンオーバーの促進を招いたり、毎日行うという意味では、メラノサイトへの微弱な刺激の蓄積が、将来シミを生む可能性もあります。

そんな肌への刺激に対し、このメディプラスゲルは、なんと66種の美容成分配合で、化粧水・乳液・美容液・クリームの1本4役、時短しながら肌への栄養もしっかりと補給できるオールインワンジェルです。

<商品内容>

・メディプラスゲル(150ml:約2ヶ月分)

・サンプルセット(内容は変更の可能性あり)

①:メディプラスゲル (3g×2)

②:クレンジングオイル (3ml)

③:オイルクリームソープ (10g)

④:洗顔泡立てネット

2996円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

メディプラスゲル保湿

【メディプラスゲル】詳細はこちら

3.VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

セラミド1・セラミド2・セラミド3・セラミド6Ⅱという4つのヒト型セラミドを配合した、VINTORTEのボタニカルモイストスキンケアシリーズです。

「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」を配合することで保湿の働きを補い、潤いを与えるアプローチでバリア機能の働きや肌内部の水分量をサポートします。

また、VINTORTEのミネラルファンデーションなどでもおなじみ、石油系界面活性剤・パラベン・シリコン・紫外線吸収剤・タルク・鉱物油・合成香料・合成着色料・エタノールなどの肌に負担のかかる成分が使用されていないのも、嬉しいポイントです。

※「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」はトライアルセットの全商品に配合されています。

<商品内容>

・ボタニカルモイストクレンジングミルク クレンジング (25g)

・ボタニカルモイストウォッシュ 洗顔フォーム (20g)

・ボタニカルモイストローション 保湿化粧水 (20ml)

・ボタニカルモイストセラム 保湿美容液 (5ml)

・ボタニカルモイストクリーム 保湿クリーム (5g)

1900円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

【VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ】詳細はこちら

4.ETVOSモイスチャーライン

(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット

こちらも評判の良いセラミド配合化粧品です。

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』

保湿に大切な「ヒト型セラミド」、タイトジャンクションの形成を促す「POs-Ca」を配合。

お肌の内側の水分蒸発を防ぐことで、もっちりとうるおう肌に導きます。

<商品内容>

・クリアソープバー 洗顔石鹸 (10g)

・モイスチャライジングローション 化粧水 (30ml)

・モイスチャライジングセラム 保湿美容液 (10ml)

・モイスチャライジングクリーム 保湿クリーム (5g)

1900円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット

【ETVOSモイスチャーライン】詳細はこちら

5.クラウンセルクリーム

通常

こちらも人の肌に存在するセラミドを外側から補給することにより、肌のバリア機能を構築をサポートしてくれます。

他にもヒアルロン酸、γ−リノレン酸が肌のコンディションを整えるように働きかけてくれます。

セラミドは年齢を重ねるに連れ、減少していきますので、加齢により乾燥が気になる方や、乾燥肌・敏感肌の方には、セラミド配合化粧品は特におすすめしたいです。

<商品内容>

・クラウンセルクリーム (60g:約1ヶ月分)

1080円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

通常

【クラウンセルクリーム】詳細はこちら

6.ノブⅢ トライアルセット

ノブⅢシリーズの特徴としては、皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質の成分である、スクワラン・アミノ酸・セラミド3を外側から補うことにより、肌のバリア機能をサポートするというものです。

また、セラミドの構造を人間の肌のものに近づけることにより、その親和性から浸透力がアップしています。

臨床皮膚医学に基づいて考えたノブの、肌あれ・乾燥が気になる敏感肌のためのスキンケア商品です。

<商品内容>

・メイク落とし (15g)

・洗顔料 (15g)

・化粧水 しっとりタイプ (20ml)

・乳液 (8ml)

・保湿クリーム (4g)

・化粧水 さっぱりタイプ (2ml)

・化粧水 白濁とろみタイプ (2ml)

・保湿美容液 (0.8g)

1500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【ノブlll トライアルセット】詳細はこちら

7.ロゼット オウンセラベーシックケア3点セット

ロゼットのオウンセラは、own(自分の)セラミドということで、質の高い天然セラミドにこだわっています。

天然セラミドとは、天然由来であり、人の持つセラミドに近いため肌なじみがよく、角層の隙間を満たすようになめらかに肌を整え、乾燥や外部刺激から肌を守るバリア機能構築をサポートしてくれます。

<商品内容>

・バランシングミルク 乳液 (15ml)

・アクアトリートメント 化粧液 (15ml)

・リペアフィルム 保湿クリーム (5g)

1080円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【オウンセラ ベーシックケア3点セット】詳細はこちら

まとめ

たるみ毛穴は、お肌のたるみによって発生してしまいますが、肌のたるみだけではなく、肌自体の毛穴開きと複合的に絡み合い、目立つようになりますので、肌の真皮層の老化を抑える紫外線対策などを前提に、ターンオーバーを正常化、肌のバリア機能を構築するようなケアをするようにするのが良いでしょう。

真皮層にまで及んだ傷やシワ、たるみは、美容医療などにかからないと改善が難しくなりますので、それを予防することがとても重要です。

毎日の生活の中で、意識しながらたるみのない、ハリのあるお肌を目指しましょう!!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,
-

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.