シミ

炎症性色素沈着とは?ニキビがそのままシミに?主な原因と治療法は?

更新日:

flowers
子供の頃は虫刺されの後はすぐに綺麗になくなっていたのに、大人になってから治りにくいという方は多いのではないでしょうか?

場合によっては、虫さされの痕がなかなかなくならず、シミのようになってしまったこともあるのでは?

ここでは、虫さされやニキビ痕が沈着して起きる炎症性色素沈着について、原因と治し方を説明します。

炎症性色素沈着の原因と治す・消す方法

woman

炎症性色素沈着とは?

炎症性色素沈着とは、虫さされやニキビ痕、傷痕など炎症を起こした後に発生する色素沈着のことです。

とりわけ多いのが、ニキビを無理につぶした後にできるもので、赤みが引いた後に、茶色いシミとなります。

毛抜きやカミソリを使った後に、毛穴周辺に色がつくこともあります。

顔だけではなく、体にも表れます。

炎症性色素沈着の原因とは?

炎症性色素沈着は、傷などの炎症や肌への刺激によって、メラノサイトが活発化し、シミの原因となるメラニンを作ることによって起こるものです。

ターンオーバーの乱れなどによって、メラニンが排出されないと、茶色い沈着が起きます。

ニキビを潰す、虫刺されなどの強い刺激だけではなく、顔や体を洗う時に必要以上にゴシゴシと洗う、長時間肘をつくなどの日常的な刺激でも色素沈着を起こすことがあります。

また、炎症を起こした後に、紫外線を浴びることによって、より色素沈着が起こりやすくなります。

炎症性色素沈着のケア方法は?

シミ対策の基本は、紫外線を防ぐことです。

春から夏にかけての紫外線は非常に強く、曇っていても紫外線を浴びます。

UVカット効果の高い日焼け止めを常に塗るようにしましょう。

また、日焼け止めは一定の時間が経過すると効果がなくなりますので、強い日差しを受ける時などは特に何度も塗りなおすようにしましょう。

特に、ニキビを潰してしまった、潰れてしまった後は色素沈着が起こりやすくなります。

日焼け止めを塗ったり、まだ炎症が起きた状態の場合は、バンドエイド等で保護をするなどして、紫外線対策を行うようにしましょう。

通常は、時間の経過と共にメラニンは排出されますが、ターンオーバーが乱れていると、色素沈着を起こしたままの状態となります。

睡眠時間を十分確保すること、ストレスを溜めないようにするなど心掛け、ターンオーバーを正常に戻すようにしましょう。

出来てしまった炎症性色素沈着の治し方は?自分で治せるの?

ほとんどの炎症性色素沈着は、数か月程度で自然と治っていきます。

しかし、場合によってはそれ以上の時間が必要となることもありますし、治らない場合もあります。

次に、自分で改善するにはどうしたら良いのでしょうか?

自分で改善する場合には、肌のターンオーバーを促進するために効果のある、ビタミンC誘導体やL-システインを摂取するのが良いでしょう。

これらが配合された医薬品は、シミ用のサプリメントとして、薬局などで売られています。

ただし、場合によってはメラニンは肌の奥深くにまで達しているために、なかなか治らないこともあるでしょう。

自分で改善できない場合には、皮膚科を受診することがおすすめです。

皮膚科では、ハイドロキノンやトレチノインなど、より美白効果の高い薬を処方してくれます。

背中のニキビ痕やひじの黒ずみなど、広範囲の色素沈着の場合には、レーザーでの治療の方が早く治るでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、虫さされやニキビ痕などの炎症後に、色素沈着が起きてシミとなってしまう炎症性色素沈着について、その特徴と原因、治療法について説明しました。

通常は時間がかかっても、自然と治りますので、気にしなくて良い範囲の場合は紫外線ケアを行って、自然治癒を待つようにしましょう。

もし、なかなか治らない、目立つ場所や大きさである場合には、医薬品を飲むか、皮膚科で相談するようにしましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-シミ,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.