シミ

肝斑とはどんなシミ?主な原因と皮膚科での治療法は?自分で治せる?

更新日:

marriage
30代以降になると、鏡を見た時にCゾーンに出来たシミが気になり始める方もいるでしょう。

ここでは、シミの種類の1つである、肝斑(かんぱん)について、その原因と治し方について説明します。

vintage
【まとめ】毛穴・角栓記事一覧

Contents1 毛穴・角栓1.1 毛穴1.2 角栓1.3 毛穴・角栓ケア 毛穴・角栓 毛穴 ・ポツポツ気になる毛穴開きの種類と開かせる原因は?改善方法は? ・皮脂の過剰分泌による毛穴開きは超厄介! ...

続きを見る

肝斑の原因と治療法

woman

そもそも肝斑とは?

実は、シミと言っても種類は1つではありません。

肝斑はシミの1種で、30~40代の人に多く起こるもので、残念ながら治しにくいと呼ばれるシミです。

肝斑の特徴としては、顔の頬骨のあたりに左右対称にできることです。

また、輪郭がはっきりとせず、もやもやとした薄茶色をしているのも特徴です。

肝斑は30~40代にかけて増えやすいと言われているため、この年代に入ってからシミが増えたと思う方は肝斑である可能性が高いです。

ただし、その他のシミでも偶然左右対称になることもありますので、正確な判断をするためには皮膚科医に相談するようにしましょう。

肝斑ができる原因とは?

肝斑を含むすべてのシミは紫外線により、肌の奥にあるメラノサイトがメラニンという色素を作り出すことが原因です。

肝斑の場合は、それに加えて、女性ホルモンの影響があると言われています。

というのも、肝斑は妊娠や経口避妊薬の服用と関係があると言われていますし、女性ホルモンが乱れやすい30~40代にかけて起こることが多く、60代には発症しないもしくは薄くなるためです。

過度のストレスにより、女性ホルモンは乱れやすくなりますので、ストレスも原因となります。

肝斑のケア方法は?

肝斑をケアする際には、まずはその原因となる要因を減らすことが重要です。

紫外線を予防する

肝斑といってもシミの一種ですので、紫外線を予防することが大切です。

外出するときはもちろん、ゴミ出しや洗濯などちょっとした時にも紫外線による影響を受けないように、UVカット効果の高い日焼け止めを塗るようにしましょう。

妊娠中や経口避妊薬の服用中には、肝斑が出来やすいとされていますので、このような場合にはいつも以上に気をつけて、日傘やサングラス、帽子なども併用するようにしましょう。

ホルモンバランスを整える

睡眠不足や過度なストレスやホルモンバランスを崩す原因となります。

十分な睡眠をとるのと同時に、お風呂にゆっくり浸かったり、適度に運動をしたり、アロマでリラックスするなど、毎日のストレスを解消できるような習慣を取り入れると良いでしょう。

なお、大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの一種、エストロゲンに似た作用を起こすことが知られていますので、豆乳や納豆などの大豆を意識的に摂取することで、女性ホルモンの乱れを整えやすくなります。

出来てしまった肝斑の治し方は?自分で治せるの?

シミの治療法には様々ありますが、肝斑の場合は内服薬を服用することによって、症状が緩和することが明らかになっています。

具体的には、トラネキサム酸というアミノ酸の内服薬を1~2か月程度内服することによって、薄くすることができます。

トラネキサム酸はメラノサイトを活性化する因子と呼ばれているプラスミンを抑止する効果があり、それによりメラニンの発生を抑えるという作用をします。

トラネキサム酸は皮膚科にて処方して貰う方法の他、OTC薬品として薬局で買うこともできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、シミの一種である肝斑について、その特徴と原因、治し方について説明をしました。

シミは方法によってはよりシミを濃くしてしまうこともありますので、正しい対処法で、シミに悩まされない日を過ごしたいですね。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

vintage
【まとめ】毛穴・角栓記事一覧

Contents1 毛穴・角栓1.1 毛穴1.2 角栓1.3 毛穴・角栓ケア 毛穴・角栓 毛穴 ・ポツポツ気になる毛穴開きの種類と開かせる原因は?改善方法は? ・皮脂の過剰分泌による毛穴開きは超厄介! ...

続きを見る

記事下

記事下

-シミ,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.