毛穴・角栓

角栓の酸化が原因の毛穴の黒ずみのケア!まずは洗顔とクレンジングの見直し!

更新日:

panda
毛穴の黒ずみは、とても目立ち、化粧でも隠しにくいので、とても厄介です。

そこで登場するのが毛穴パックなどの毛穴ケア用品ですが、らっきょうの皮むきで、次々と角栓が生成されますので、やってもあまり意味がない。

というわけで、この記事では、毛穴の黒ずみのもとである、毛穴の角栓がどうして次々と生成されるのかを説明し、それに洗顔やクレンジングが大きく寄与していることを説明していきます。

角栓の酸化による毛穴の黒ずみの原因とケア方法

woman

毛穴の開き・角栓生成の原理

pores
出典:資生堂、毛穴の皮膚特性を科学的に解明

毛穴開きとは、毛穴の出口である毛孔部を構成する角質細胞が膨らみを失い、痩せ細ることによって、毛穴の毛孔部が顕になった状態です。

意外ですが、毛穴がパカっと開いているわけではないのですね。

角質細胞が痩せ細るとは、角質層内に水分を保持するための脂質が十分量生成されていない状態であり、それにより膨らみを失い、萎縮、硬化しています。

当然、それらの細胞群は、スムーズな角質の排出を阻害する因子となります。

同時に、これらの細胞群は、脂質だけではなく、垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素も不足しているため、まとまった塊となって剥がれ落ちます。(肌の水分量が少ないとこの酵素の働きが弱まることも分かっています。)

肌が乾燥すると白く粉吹くような症状が見られるようになりますが、これはまさに、角質のまとまりが視認できる状態まで大きくなって剥がれた状態であるということです。

そして、肌の内部乾燥は皮脂の過剰分泌も促すため、これらの滞留した角質と皮脂が合わさることにより、角質が生成され、大きく、巨大化していき、空気に触れて酸化されると黒ずみとなって、ボツボツと目立つようになります。

その意味で毛穴の黒ずみとは、毛穴開きの最終形態と言えますね。

それを長い間放置すると、慢性化した毛穴の炎症から、毛穴に沿ったシミ、メラニン毛穴へと進行してしまいますので、早めの処置が重要です。

毛穴開き・黒ずみ・角栓の詰まりを改善するには?

毛穴詰まりとは、上で書いた通り、毛孔部が未熟な細胞群で構成されることによって、肌の代謝機能が低下し、排出が損なわれ、肌表面に滞留してしまうことで起こっています。

そのため、毛穴の開き・黒ずみ・角栓の詰まりを根本的に改善するためには、毛穴の毛孔部を構成する角質細胞を脂質や酵素を十分に含んだ細胞に生まれ変わらせることしかありません。

しかし、これはなにも毛穴トラブルに限ったことではなく、あらゆる肌トラブルを改善する方法であり、私達が目指すべき理想的な肌状態と言えます。

そんな肌の再生を図るために、まず見直してもらいたいのが、毎日行うスキンケアです。

特に、洗顔とクレンジングですね。

これらは、直接肌に触れることに加え、洗顔料・クレンジング料の成分によっては脱脂力が強かったりし、ターンオーバーの周期に容易に干渉してしまいます。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

洗顔

まず、洗顔は、一日に2回を限度にしましょう。

そして、具体的なやり方としては、泡を顔の上に乗せておくのは長くても30秒以内にし、ぬるま湯で行いましょう。

個人的には、泡をTゾーンに置き、それを全体に広げるだけで十分だと思います。

長い時間をかけたり、ゴシゴシと擦るような洗い方や熱いお湯は、どうしても角質が過剰に剥がれたり、肌内部の脂質を洗い流してしまい、肌内部の乾燥を招いてしまいます。

使う洗顔料は、ご自身のお気に入りのもの、使いたいものを使えば良いと思いますが、それが肌にマイナスとなる汚れ・皮脂のみを洗い流すものであるのかをしっかり成分などを勉強し、見極める必要があります。

少なくとも、皮膚常在菌のバランスを崩すようなもの(アクネ菌殺菌など)、角質を剥がしたりするもの(スクラブ・ピーリングなど)、皮脂を過剰に取り除くようなもの(強力な界面活性作用をもたらすもの)は避けるようにしましょう。

クレンジング

こちらも肌の乾燥を招く要因の一つです。

まず、クレンジングは、オイル・クリーム・ミルク・リキッドなどの種類があります。

ジェルは、リキッドタイプをジェル化しているだけで、シートタイプは、上のクレンジング料をシートに含ませているだけなので、基本的には、上記の4種ということになります。

そして、これらの違いは、油分の特性の強さと界面活性剤の量で、両者の関係は反比例にあります。

というのも、油分の特性が強いオイルやクリームタイプのものはメイクを溶け込ませる能力をそれ自体がもっているので、界面活性剤は水に洗い流す働きを持たせるだけで十分というわけです。

しかし、油分の性質が強すぎると脱脂力が強いだけでなく、肌に残存してしまうため、基本的にW洗顔が必要なものが多く、結果的に肌の乾燥を招いてしまいます。

特に鉱物油などの石油系のオイルを基材としているものは油分の特性が非常に強いため、脱脂力が強いと同時に肌への残存度合いも強く、W洗顔を強いられ、肌の内部乾燥を招くため、避けたほうが良いです。

しかし、鉱物油以外にも、オイルには様々な種類が存在し、水との親和性・酸化安定性が高いものも存在するため、その基材として使われているオイル成分が特に重要なようですので、選ぶ際は成分に特に注目してみて下さい。

オイルクレンジング=悪というわけではないようです。

次に、リキッドやミルクタイプなどの油分の少ないものに関しては、それ自体にはメイク料を水に溶け込ませる能力に乏しく、それを界面活性剤の力に頼るため、界面活性剤の量が多いです。

W洗顔が不要なものが多いですが、界面活性剤の量が多いとこちらも脱脂力が強すぎて、結果的に肌の乾燥を招いてしまいます。

薄めのメイクの人であれば、そこまで慎重に選ぶ必要はありませんが、しっかり目のメイクをしているのであれば、それなりに洗浄力が強いものが必要になりますので、使うクレンジング料を精査しなければなりません。

使うクレンジング料は、基本的に、こちらもご自身のお気に入りのもの、使いたいものを使えば良いと思いますが、メイクの油分のみを取り除くようなものであるのか、しっかりと成分などを勉強し、見極める必要があります。

くれぐれも、しっかり落ちる!というような文言だけで選ぶことは避けましょう。

毛穴の黒ずみ・角栓の除去は意味無し!

毛穴の角栓の酸化による黒ずみの原因は、最初に書いた通り、ターンオーバーの促進による細胞の菲薄化です。

なので、毛穴パックなどで無理やり角質を引っ剥がすようなケアは、ターンオーバーを促進させる因子であり、その意味で百害あって一利なしです。

酵素洗顔やピーリングなども角質を剥がすものですので、素人がおいそれと手を出してよいものとは言えません。

おすすめ洗顔料

肌の最低限の汚れのみを洗い流してくれるアミノ酸塩型、カルボン酸塩型の界面活性剤の洗顔料を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

ミノン スキンソープ(80g)

〜アマゾン〜
〜楽天〜
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミノン スキンソープ(80g)【MINON(ミノン)】
価格:648円(税込、送料別) (2018/9/7時点)

こちらはドラッグストアでも買える、敏感肌の味方ミノンから出てるアミノ酸塩型の弱酸性の固形石鹸です。

洗浄力は低め=肌に優しいので、乾燥肌・敏感肌の方にはおすすめです。

お近くのドラッグストアにおいてありますので、チェックしてみて下さい。

ミノン公式

ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュ フォーム(泡タイプ)

〜アマゾン〜
〜楽天〜

カルボン酸塩型のラウレス-6カルボン酸Na、アミノ酸塩型のラウロイルグルタミン酸Naをベースにした泡で出てくるフェイス&ボディーウォッシュです。

また、アラントインも配合されているため、抗炎症作用もあり、毛穴の炎症と皮脂の過剰分泌を防ぐという点でとても優秀です。

ロート公式

ココイルボディソープ

〜アマゾン〜
〜楽天〜
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ココイルボディソープ1000ml詰め替えパック
価格:3780円(税込、送料別) (2018/9/8時点)

もはや有名すぎるココイルのカルボン酸とアミノ酸系の原料で仕上げたボディーソープ。

これはボディーソープですが、おんなじ肌ですので、洗顔にもボディーにも利用して下さい。

ココイル公式

肌のバリア機能構築をサポートするセラミド化粧品

普段のスキンケアでは、角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さない事が重要です。

それに加え、細胞間脂質の主成分であるセラミドを外から補給することで、肌のバリア機能構築をサポートしてくれます。

乾燥肌・敏感肌の方には特におすすめです。

小林製薬 ヒフミド

〜公式〜
〜アマゾン〜
〜楽天〜

小林製薬のヒフミドは、セラミドを高濃度に配合しており、乾燥肌・敏感肌の方にピッタリです。

しかし、セラミドは原価が高いので、トライアルセットでお試しになってからの方が間違いないと思います。

なお、公式からの定期購入だと少しお得です。

小林製薬〜ヒフミド〜

ETVOSモイスチャーライン

〜公式〜
〜アマゾン〜
〜楽天〜

こちらも割と評判の良いセラミド配合化粧品です。

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』

保湿に大切な「ヒト型セラミド」、タイトジャンクションの形成を促す「POs-Ca」を配合。

お肌の内側の水分蒸発を防ぐことで、もっちりとうるおう肌に導きます。

気になる方は、まずトライアルセットをお試し下さい。

こちらも、公式からの定期購入だと少しお得です。

ETVOS公式

まとめ

というわけで、黒ずみの原因とターンオーバーに強く干渉してしまう、洗顔とクレンジングに気をつけましょう!という記事でした。

洗顔やクレンジングは毎日行うスキンケアで、自分もそうですが、慣れでやっている部分が多いかと思います。

しかし、本来は、肌にマイナスとなる汚れのみを取り除くという重要な意義があるのですが、毎日行っているにも関わらず、それを文字通りただ行っている作業に過ぎないため、全然上達しないのです。

気にかけるとすれば、自分は男なので、泡で洗うのと保湿ぐらいですかね。

何度も言いますが、洗顔やクレンジングは、肌のターンオーバーに容易に干渉してしまう要素であるため、1から見直し、その基本的なことを極め、肌細胞を再生させましょう。

それが毛穴トラブルを改善する何よりも近道だと私は思います。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.