毛穴・角栓

鼻の毛穴の黒ずみ原因は角栓の酸化?汚れを落とすおすすめ市販洗顔料&クレンジング!

更新日:

soap
毛穴の黒ずみはとても目立ち、化粧でも隠しにくいので、とても厄介です。

特に鼻の毛穴の黒ずみは、いちご鼻とも呼ばれ、お悩みの方は多いでしょう。

そんな毛穴が黒ずむ原因は、毛穴に詰まった白い角栓が酸化の影響で黒くなることで起こるとよく言われますが、実は酸化の影響だけではないようです。

というわけで、この記事では、毛穴の角栓の黒ずみについて、その原因と対策について、あれこれまとめていきます。

記事の最後におすすめの毛穴ケア用品をご紹介していますので、ぜひ参考になさって下さい。

毛穴の黒ずみの原因と改善方法

Woman

毛穴の黒ずみの原因

角栓の詰まりによる黒ずみ

一般的な毛穴の黒ずみは、主に毛穴に詰まった角栓が詰まっている状態で起こります。

角栓とは、毛穴内部の角質がターンオーバーの果てに剥がれ落ち、そこに注ぎ込まれる皮脂とが混ざることでできます。

その組成は、一般的に、角質(70%)・脂質(30%)と言われています。

毛穴の詰まりは、皮脂の分解生成物である不飽和脂肪酸や過度なスキンケアが毛穴の出口(毛孔部)を刺激し、それらが毛孔部のターンオーバーを促進に傾けることで角質の生成と排出のバランスが崩れ、滞留を招き、詰まりを起こします。

なので、毛穴トラブルを治すには、この乱れた周期を正常化させることが不可欠です。

この話はあとで詳しく話します。

肌の乾燥による毛穴の目立ち

乾燥した肌は細胞が萎縮・硬化しているので、肌のキメ=皮丘・皮溝の凹凸が平坦になって毛穴が露わになり、毛穴自体が目立ってしまいます。

毛穴の陥没

毛穴がクレーター状に陥没すると、それが影になり、黒ずんで見えてしまいます。

実は、毛穴開きの多くが毛穴の出口の陥没なのですが、これもあとで詳しく話します。

色素沈着による黒ずみ毛穴

毛穴の内部が黒いのではなく、毛穴に一致した黒ずみが見られる場合、それは色素沈着したメラニン毛穴です。

これは、加齢により代謝能力が落ちたことや、転写因子の異常でメラニンが大量に生成されてしまうなどの影響で肌に滞留してしまい、シミになってしまいます。

改善方法は、ターンオーバーを促したり、メラニン生成経路にそれぞれ働きかけるような美白成分を含んだ化粧品などの使用が一般的なケアです。

産毛による黒ずみ

毛穴は皮脂だけでなく毛の通り道でもあるため、その産毛が濃いと、その分毛穴も目立ってしまいます。

しかし、産毛ケアを自分でやるのは難しく、毛抜きなどでは炎症を起こし、一層毛穴を目立たせてしまう可能性もあります。

なので、サロンや美容皮膚科などで行ってもらうのが一番安全でしょう。

そして、この毛穴の産毛は、本来白いはずの角栓を黒色化させます。

毛穴に詰まった角栓が黒ずむ原因

panda

角栓の酸化&メラニン

よく言われるのが、この酸化による黒ずみで、空気に触れた白い角栓が酸化されて黒ずむのです。

他にも、上に書いたターンオーバーの亢進は、不飽和脂肪酸による炎症が引き起こすので、その影響により生成されたメラニンを含んだ角質が角栓になることで、それが黒ずむ原因のひとつであるとも言われています。

毛穴の産毛

実は、上の要素はそこまで問題ではなく、主原因はこの産毛だと言われています。

毛穴の角栓を調べてみると、角栓と脂質が年輪のように積み重なった中に大量の産毛が確認されるようです。

毛穴の黒ずみの正体は産毛と影!?資生堂研究員が解く毛穴問題

つまらない博士の、つまらないお話。

これが本来白いはずの角栓を黒ずんで見せるのだそうです。

上でも書いた通り、この毛穴の産毛の処理は素人が肌を傷つけずに行うのは難しいため、まずはそもそもの角栓を詰まらせないケアをするのが第一だと思います。

それでは、毛穴に角栓がどうして詰まってしまうのかを詳しく話していきます。

毛穴に角栓が詰まる原因

上でもちょろっと書きましたが、毛穴に角栓が詰まる原因は、毛穴内部のターンオーバーが乱れるためです。

具体的には、皮脂の分解生成物である不飽和脂肪酸がもたらす微弱な炎症や過度なスキンケアによる角質の過剰な除去などによりターンオーバーが促進へと傾き、表皮細胞の増殖が起こるためです。

これは正常な周期よりも短いため、セラミドやNMFなどの脂質が十分量生成されず、肌の内部乾燥状態を招きます。

すると、肌の水分量の低下が、垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素の働きを弱め、細胞単位ではなく、塊となって剥がれ落ちるようになります。

また、肌の内部乾燥は脂質の不足により水分を保持する能力が落ちたために起こっていますので、これ以上の水分の蒸散を防ぐため、肌表面に過剰に皮脂を分泌し、それがコーティングすることで防ぎますが、それが毛穴の毛孔部の炎症を悪化させます。

このようなことが複合的に起こることで、毛穴内部はどんどん閉塞していき、いずれ角栓となって毛穴を塞ぐと、酸素と触れ合う機会を失ったアクネ菌がCAMP因子(Christie-Atkinson-MunchーPeterson factor)という毒素を産生するようになり、今度はこれに対する免疫反応から、連鎖的な炎症反応が起こり、跡に残る炎症性のニキビへとつながってしまうのです。

不飽和脂肪酸やニキビなどの慢性的な炎症がメラニン毛穴の原因の一つでもあります。

また、このような脂質が不足した菲薄化した細胞群が毛穴の毛孔部を構成すると、毛穴の構造がすり鉢状=円錐状に変質します。

pores
出典:資生堂、毛穴の皮膚特性を科学的に解明

つまり、毛穴開きとは、皮脂量が多いことや産毛が濃いなどの遺伝的な毛穴自体の開きに加え、毛穴の出口の構造がすり鉢状に変質する事でより一層目立った状態なのです。

むしろ、前者の影響は少なく、後者により毛穴が目立っているということも十分考えられるのです。

このすり鉢毛穴は頬で目立ちやすく、毛穴の黒ずみは鼻で目立ちやすいです。

なぜ、毛穴の構造がこのようなすり鉢状=円錐状になるのかについて、詳しいことはわかっていないようですが、その原因が皮脂の分解生成物である不飽和脂肪酸によるターンオーバーの亢進状態であることが、資生堂の研究で明らかになりました。

つまり、毛穴開きや黒ずみ・角栓の詰まりを治そうと思ったら、皮脂を含めた毛穴の毛孔部を刺激する因子を徹底的に排除することでターンオーバーを正常化させるしかないのです。

刺激によって表皮細胞が大量に生成されてしまうのですから、それ自体を少なくさせるケアをしなければ角栓自体も小さくならないという、考えてみれば至って普通のことです。

また、慢性化した毛穴の炎症やニキビによる色素沈着から、毛穴に沿ったシミ(当然普通のシミも)、メラニン毛穴へと進行してしまいますので、早めの処置が重要です。

毛穴開き・黒ずみ・角栓の詰まりの改善方法

毛穴開きや角栓の詰まりとは、上で書いた通り、毛孔部が未熟な細胞群で構成されることによって起こっています。

そのため、毛穴の開き・黒ずみ・角栓の詰まりを根本的に改善するためには、毛穴の毛孔部を構成する角質細胞を脂質や酵素を十分に含んだ細胞に生まれ変わらせることしかありません。

つまり、毛穴内部のターンオーバーの正常化です。

しかし、これはなにも毛穴トラブルに限ったことではなく、あらゆる肌トラブルを改善する方法であり、角質層に脂質を十分に含んだ細胞を並ばせることが私達が目指すべき理想的な肌状態と言えます。

そのためには、ターンオーバーを乱す原因となる刺激を徹底的に排除して行けば良いのです。

そんな肌の再生を図るために、まず見直してもらいたいのが、毎日行うスキンケアです。

特に、洗顔とクレンジングですね。

これらは、直接肌に触れることに加え、洗顔料・クレンジング料の成分によっては脱脂力が強かったりすると、ターンオーバーの周期に容易に干渉してしまいます。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

洗顔

まず、洗顔は、一日に2回を限度にしましょう。

そして、具体的なやり方としては、泡を顔の上に乗せておくのは長くても30秒以内にし、体温より少し低いぐらいのぬるま湯で行いましょう。

個人的には、泡をTゾーンに置き、それを全体に広げるだけで十分だと思います。

長い時間をかけたり、ゴシゴシと擦るような洗い方や熱いお湯は、どうしても角質が過剰に剥がれたり、肌内部の脂質を洗い流してしまい、肌が乾燥してしまいます。

肌の水分保持の97%が角質層内の脂質ですので、それを洗い流すことは乾燥に直結するので、いかにこれらの脂質を守る・生み出すかが重要であり、足りないならば絶対に補わなくてはいけない成分です。

使う洗顔料は、ご自身のお気に入りのもの、使いたいものを使えば良いと思いますが、それが肌にマイナスとなる汚れ・皮脂のみを洗い流すものであるのかをしっかり成分などを勉強し、見極める必要があります。

特に、皮膚常在菌のバランスを崩すようなもの(アクネ菌殺菌など)、角質を剥がしたりするもの(スクラブ・ピーリングなど)、皮脂を過剰に取り除くようなもの(強力な界面活性作用をもたらすもの)を使用する場合は注意しましょう。

クレンジング

こちらも肌の乾燥を招く要因の一つです。

まず、クレンジングは、オイル・クリーム・ミルク・リキッドなどの種類があります。

ジェルは、リキッドタイプをジェル化しているだけで、シートタイプは、上のクレンジング料をシートに含ませているだけなので、基本的には、上記の4種ということになります。

そして、これらの違いは、油分の特性の強さと界面活性剤の量で、両者の関係は反比例にあります。

というのも、油分の特性が強いオイルやクリームタイプのものはメイクを溶け込ませる能力をそれ自体がもっているので、界面活性剤は水に洗い流す働きを持たせるだけで十分というわけです。

しかし、油分の性質が強すぎると脱脂力が強いだけでなく、肌に残存してしまうため、それを洗い流す為の界面活性剤の量も増えてしまうのです。

そして、基本的にW洗顔が必要なものが多く、結果的に肌の乾燥を招いてしまいます。

特に鉱物油などの石油系のオイルを基材としているものは油分の特性が非常に強いため、脱脂力が強いと同時に肌への残存度合いも強く、W洗顔を強いられ、肌の内部乾燥を招くため、避けたほうが良いです。

しかし、鉱物油以外にも、オイルには様々な種類が存在し、水との親和性・酸化安定性が高いものも存在するため、その基材として使われているオイル成分が特に重要なようですので、選ぶ際はオイルの質にも注目してみて下さい。

オイルクレンジング=悪というわけではないようです。

次に、リキッドやミルクタイプなどの油分の少ないものに関しては、それ自体にはメイク料を水に溶け込ませる能力に乏しく、それを界面活性剤の力に頼るため、オイルほどの洗浄力を持たすためにはその分界面活性剤の量も多くなってしまいます。

W洗顔が不要なものが多いですが、界面活性剤の量が多いとこちらも脱脂力が強すぎて、結果的に肌の乾燥を招いてしまいます。

薄めのメイクの人であれば、そこまで慎重に選ぶ必要はありませんが、しっかり目のメイクをしているのであれば、それなりに洗浄力が強いものが必要になりますので、使うクレンジング料を精査しなければなりません。

使うクレンジング料は、基本的に、こちらもご自身のお気に入りのもの、使いたいものを使えば良いと思いますが、メイクの油分のみを取り除くようなものであるのか、しっかりと成分などを勉強し、見極める必要があります。

くれぐれも、しっかり落ちる!というような文言だけで選ぶことは避けましょう。

角栓除去は意味ない?むしろ危険?

毛穴に詰まった角栓の除去も肌を傷つけるものが多いです。

そして、注目していただきたいのが、毛穴トラブルの多くがターンオーバーの亢進により起こっているということです。

そして、角栓除去も多くがターンオーバーを促進させるものです。

毛穴パックを例に取れば、剥がすタイプの毛穴パックはケミカルピンセットと呼ばれ、シートがピンセットの取っ手、シート状のポリマーがピンセットの先の役割を担い、ポリマーが水で溶解することで角栓を包み、乾燥と共に硬化して、シートを引っ張ると剥がれるという仕組みです。

しかし、剥がした部分は当然角層が薄くなりますから、紫外線などの外部刺激に弱くなります。

これは肌の防御能の破綻を意味しますので、その部分を補うように表皮細胞の増殖=ターンオーバーの促進が起こるのです。

角栓を除去してもその多くがターンオーバーを促進に傾けるものであるため、むしろ角栓の生成を助長することになります。

角質が大量に生成されることに対してケアをしなければならないのに、むしろ自らがそれに加担するようなケアになってしまうため、普通に考えて治るはずがないのです。

なので、ターンオーバーの周期に強く干渉してしまうような角栓ケアは、今だけ綺麗になればいいという人以外は絶対に手を出さないようにし、角栓を除去する場合は、ターンオーバーの周期に強く干渉しないということを基準に選び、行うようにしましょう。

皮脂の分泌を抑えるには?

皮脂の分泌を司るのはホルモンで、特に男性ホルモンです。

男性ホルモンのテストステロンは、皮脂腺に存在する1型5αリアクターぜにより還元され、ジヒドロテストステロンが生成され、コイツが皮脂腺を刺激してトリグリセリドの産生量を増加させます。

また、ストレス社会と言われる現代では、ストレスを感じ常に緊張状態という人も少なくないでしょう。

緊張状態だと、交感神経が活発になり、対ストレスホルモンが分泌されますが、その際に副腎由来の男性ホルモン(アンドロゲン)が副産物として分泌されます。

男性ホルモンは皮脂だけでなく、表皮細胞の増殖を促すとも言われています。

また、女性の場合は、生理前の黄体期にプロゲステロンが過剰になり、これは男性ホルモンに似た性質を持ち、相対的に男性ホルモンが過剰になることで、皮脂の分泌が過剰になります。

これらの性ホルモンは、思春期から成人(女性では20歳代、男性では20~40歳代)にかけて多く、その後は加齢とともに減少していくという特徴がありますが、生まれつき男性ホルモン量が多いと、皮脂の分泌量が多いことがあります。

また、食生活や睡眠不足も皮脂の過剰分泌の大きな原因です。

というのも、皮脂の構成成分の半分以上がトリグリセリド(中性脂肪)で、それは血中のものが利用されるため、脂肪や糖質の多い食べ物を多く摂取する生活を送っている人は皮脂量が増えてしまいます。

また、睡眠もとても大切で、睡眠中、特に入眠3時間は美肌には欠かせない成長ホルモンが多く分泌されることから、睡眠をきちんと取らない人の肌は細胞の回復が遅くなり、肌荒れや毛穴が目立ちやすくなってしまいます。

以上のようなことが主な皮脂の分泌を過剰にするものです。

脂性肌の方は、まずは肌由来の脂性肌を改善するために、肌の内部乾燥を改善しましょう。

おすすめ洗顔料

アミノ酸塩型、カルボン酸塩型のアニオン界面活性剤の洗顔料を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

ミノン スキンソープ(80g)

こちらはドラッグストアでも買える、敏感肌の味方『ミノン』から出ているアミノ酸塩型の弱酸性の固形石鹸です。

洗浄力は低め=肌に優しいので、乾燥肌・敏感肌の方にはおすすめです。

自分はこの固形石鹸を愛用しています。

というのも、洗顔の前にクレンジングでマッサージをするので、クレンジングの油分にも皮脂汚れを吸着させる能力がありますし、マッサージの摩擦の影響を考え、洗顔ではなるべく肌に負担をかけたくないということで、肌に非常に優しいこの石鹸を選びました。

ドラッグストアで手軽に買えるのも高ポイントです!

いやむしろ、ドラッグストアにあったから買ったと言っても過言ではありません。

このケアに変えてから肌の調子はかなりいい感じです♪

なお、使用する場合、泡立ちが悪いので泡立てネット必須です!

自分のやり方は、夜に蒸しタオル〜クレンジングマッサージ後(→風呂)、モコモコ泡をTゾーンから顔全体に広げ、10秒放置。(皮脂を泡に吸着させるイメージ!)

顔は一切擦らず、そのまま洗い流しておしまいです。

これがかなり良かったので、ボディーウォッシュもミノンを使ってます!笑

同じ固形石鹸で薬用ソープverもありますが、そっちは洗浄力高めなので、個人的には上で紹介したノーマルverがおすすめです。

他のミノンの商品もお肌に優しいものばかりで、お近くのドラッグストアに置いてあるので、チェックしてみて下さい。

なお、クレンジングはアテニアのスキンクリア クレンズ オイルを使ってます。

濃いメイクの方にはメイク落ちが微妙という声もありますが、概ね高評価のクレンジングですので、参考にしてみてください。

ミノン公式

ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュ フォーム(泡タイプ)

カルボン酸塩型のラウレス-6カルボン酸Na、アミノ酸塩型のラウロイルグルタミン酸Naをベースにした泡で出てくるフェイス&ボディーウォッシュです。

また、アラントインも配合されているため、抗炎症作用もあり、毛穴の炎症と皮脂の過剰分泌の予防という観点から、とても優秀です。

洗浄力もある程度欲しいという方は、カルボン酸塩型の洗顔料がおすすめです。

ロート公式

おすすめのセラミド配合化粧品

普段のスキンケアでは、角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さない事が重要です。

それに加え、細胞間脂質の主成分であるセラミドを外から補給することで、肌のバリア機能構築をサポートしてくれます。

乾燥肌・敏感肌の方には特におすすめです。

1.小林製薬 ヒフミド

小林製薬のヒフミド(エッセンスクリーム)は、ヒト型セラミドを高濃度に4%も配合した、乾燥肌・敏感肌の方にピッタリな商品です。

セラミドは人間の肌の角質層の角質細胞の間に存在する脂質で、この細胞間脂質が肌内部の保湿能力の80%ほどを担うとされ、そのセラミドの不足や洗い流してしまうことは、まさに肌の乾燥へと直結します。

なので、普段のスキンケアではその肌内部の脂質をいかに洗い流さないかが重要ですが、乾燥肌の人の中には、このセラミドやNMFが十分量生成されないという遺伝子的な異常があるケースがあります。

特にそのような体質の方は、外側からセラミドを補うことで、肌のバリア機能構築をサポートするセラミドが高濃度配合された化粧品の使用をおすすめします。

<商品内容>

〜【ヒフミド】お試し花柄トートバッグセット〜

・ヒフミドトライアルセット

①:マイルドクレンジング(メイク落とし) <10g>

②:ソープ(洗顔ソープ) <13g>

③:エッセンスローション(保湿化粧水) <20mL>

④:エッセンスクリーム(保湿クリーム) <4g>

⑤:UVプロテクトベース(日焼け止め・化粧下地) <0.5g×5包>

・花柄トートバッグ

980円 or 1500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【ヒフミドトライアルセット】詳細はこちら

〜【ヒフミド】チャレンジセット〜

・エッセンスローション(保湿化粧水)120ml 通常3,240円(税込)※
​​​​​​​
・ヒフミドトライアルセット

980円 or 1500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【ヒフミドトライアルセット】詳細はこちら

2.アヤナス ローション コンセントレート

【アイテム訴求・「ヒト型ナノセラミド」配合・美容液】アヤナストライアルセット

POLAの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から、大ヒット・敏感肌用エイジングケアシリーズ「ayanasu(アヤナス)」のご紹介です。

人体が持つセラミドと全く同じ構造のヒト型セラミドを、通常の1/20のナノサイズにしてカプセル化することで、通常のセラミドの4倍もの浸透力を達成。

肌に浸透するとそのカプセルがほぐれ、1つ1つのセラミドが乱れたセラミド配列にぴったりと適合し、保湿効果をサポートします。

<商品内容>

・濃密美容液 ローション(20ml)

・ 糖化ケア美容液 (10g)

・ハリアップクリーム (9g)

・目元用アイクリーム (1回分)

1480円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

【アイテム訴求・化粧水】アヤナストライアルセット

老けて見える気がする…そんな貴方へ<<アヤナス>>トライアルセット2,700円→送料無料1,480円

3.メディプラスゲル

メディプラスゲル敏感肌

通常のスキンケアで、化粧水からクリームまでしっかり塗っていると、平均80回肌を擦ることになります。

肌への摩擦は、角質を剥がすことでターンオーバーの促進を招いたり、毎日行うという意味では、メラノサイトへの微弱な刺激の蓄積が、将来シミを生む可能性もあります。

そんな肌への刺激に対し、このメディプラスゲルは、なんと66種の美容成分配合で、化粧水・乳液・美容液・クリームの1本4役、時短しながら肌への栄養もしっかりと補給できるオールインワンジェルです。

<商品内容>

・メディプラスゲル(150ml:約2ヶ月分)

・サンプルセット(内容は変更の可能性あり)

①:メディプラスゲル (3g×2)

②:クレンジングオイル (3ml)

③:オイルクリームソープ (10g)

④:洗顔泡立てネット

2996円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

メディプラスゲル保湿

【メディプラスゲル】詳細はこちら

4.VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

セラミド1・セラミド2・セラミド3・セラミド6Ⅱという4つのヒト型セラミドを配合した、VINTORTEのボタニカルモイストスキンケアシリーズです。

「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」を配合することで保湿の働きを補い、潤いを与えるアプローチでバリア機能の働きや肌内部の水分量をサポートします。

また、VINTORTEのミネラルファンデーションなどでもおなじみ、石油系界面活性剤・パラベン・シリコン・紫外線吸収剤・タルク・鉱物油・合成香料・合成着色料・エタノールなどの肌に負担のかかる成分が使用されていないのも、嬉しいポイントです。

※「ボタニカルウォーター」「植物幹細胞」「ヒト型セラミド」はトライアルセットの全商品に配合されています。

<商品内容>

・ボタニカルモイストクレンジングミルク クレンジング (25g)

・ボタニカルモイストウォッシュ 洗顔フォーム (20g)

・ボタニカルモイストローション 保湿化粧水 (20ml)

・ボタニカルモイストセラム 保湿美容液 (5ml)

・ボタニカルモイストクリーム 保湿クリーム (5g)

1900円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

【VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ】詳細はこちら

5.ETVOSモイスチャーライン

(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット

こちらも評判の良いセラミド配合化粧品です。

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』

保湿に大切な「ヒト型セラミド」、タイトジャンクションの形成を促す「POs-Ca」を配合。

お肌の内側の水分蒸発を防ぐことで、もっちりとうるおう肌に導きます。

<商品内容>

・クリアソープバー 洗顔石鹸 (10g)

・モイスチャライジングローション 化粧水 (30ml)

・モイスチャライジングセラム 保湿美容液 (10ml)

・モイスチャライジングクリーム 保湿クリーム (5g)

1900円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット

【ETVOSモイスチャーライン】詳細はこちら

6.ノブⅢ トライアルセット

ノブⅢシリーズの特徴としては、皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質の成分である、スクワラン・アミノ酸・セラミド3を外側から補うことにより、肌のバリア機能をサポートするというものです。

また、セラミドの構造を人間の肌のものに近づけることにより、その親和性から浸透力がアップしています。

臨床皮膚医学に基づいて考えたノブの、肌あれ・乾燥が気になる敏感肌のためのスキンケア商品です。

<商品内容>

・メイク落とし (15g)

・洗顔料 (15g)

・化粧水 しっとりタイプ (20ml)

・乳液 (8ml)

・保湿クリーム (4g)

・化粧水 さっぱりタイプ (2ml)

・化粧水 白濁とろみタイプ (2ml)

・保湿美容液 (0.8g)

1500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【ノブlll トライアルセット】詳細はこちら

7.米肌トライアルセット

最後にご紹介しますのは、セラミドを外から補うのではなく、「ライスパワーNo.11」の働きでセラミドの産出を促し、肌内部のセラミドを増やすという画期的なアイテムです。

補給するのではなく、自ら作り出すのをサポートしてくれるのですね!

他にも、「大豆発酵エキス」が肌表面の潤いを閉じ込め、「ビフィズス発酵エキス」が角層細胞の保湿力をサポートします。

<商品内容>

・肌潤石鹸 (15g)

・肌潤化粧水 (15ml)

・肌潤改善 エッセンス (12ml)

・肌潤クリーム (10g)

・肌潤化粧水マスク (1枚)

1389円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



潤いを創りだし取り込むから、毛穴、もう悩まない。「米肌~まいはだ~」

毛穴の黒ずみ・角栓に効果的なクレイ洗顔料

黒ずみ・角栓の詰まりなどの毛穴トラブルは、常にニキビになってしまう危険性をはらんでいます。

それを防ぐためには、皮脂の分泌をコントロールすること、毛穴を綺麗に保つ=毛穴を詰まらせない、この2点が重要です。

個人的には肌に優しい洗顔料とセラミドを高濃度配合した化粧品を使用することを強く勧めますが、洗顔料は人によって合う合わないがありますので、毛穴の汚れを適度に除去するのに評判の高いクレイ洗顔もご紹介します。

なお、黒ずみ・角栓を落とすのは、ゴシゴシ擦ることでではなく、蒸しタオルや入浴などで毛穴を開かせることにより、洗顔やクレンジングの際に落としやすくする環境を生むという程度に留め、毎日少しずつ綺麗にしていくことを心がけましょう。

1.b.glen クレイウォッシュ

天然のクレイ「モンモリロナイト」を使用し、古い角質や皮脂など、最低限の汚れのみを吸着して落とし、肌に優しくスッキリと洗い上げます。

また、5種類の美容成分が贅沢に配合されたゲルのようなテクスチャーは、年齢を重ねた肌だけでなく、大人のニキビ肌にも最適です。

こちらは弱酸性に調整されていますので、特にお肌に優しい商品です。

また、泡の立たない、面白い洗顔料です。

この毛穴トライアルだけで、毛穴が改善したという声も多いので、ビーグレンに興味がある方は、まずはトライアルをどうぞ。

<商品内容>

・クレイウォッシュ (15g)

・QuSomeローション (20mL)

・Cセラム (5mL)

・QuSomeモイスチャーゲルクリーム (7g)

1800円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

毛穴

【クレイウォッシュ】詳細はこちら

2.どろあわわ

どろあわわ

「どろあわわ」は、3種の泥(マリンシルト・ベントナイト・タラクラクレイ)が汚れを吸着し、米麹エキスや米ぬか発酵エキスが肌をほぐし、海洋性コラーゲンやヒアルロン酸、投入発酵エキスなどの保湿成分で肌を潤し、濃密泡で優しくかつしっかりと汚れを落とします。

しかし、弱アルカリ性の石鹸ですので、使用する際は泡を肌に乗せておくのは長くても25秒にしましょう。

普段は優しい洗顔料を使い、汚れが溜まってきたらこれを使うというような使い方が良いかもしれません。

定期6ヶ月コースの場合、毎月20%オフと、お得にお買い求めいただけます。

<商品内容>

・新どろあわわ(110g:30回分)

・初回は泡立てネット付き

※定期6ヶ月コースは最低6回以上の縛り有り

1980円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

どろあわわ

【どろあわわ】詳細はこちら

3.くろあわわ

くろあわわ

さきほどご紹介しました『どろあわわ』に炭をプラスし、毛穴に詰まった余分な皮脂も古い角質もWの黒パワーとすっきりマンナン粒で汚れを落とすことを追及した洗顔料です。

洗浄力がアップしていますので、こちらこそ毎日ではなく、汚れを落としたいという日に使うのをおすすめします。

<商品内容>

・新くろあわわ(110g:30回分)

・初回は泡立てネット付き

※2019年1月4日まで1000円オフキャンペーン中!!

1480円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

くろあわわ

【くろあわわ】詳細はこちら

4.然 -しかり- よかせっけん

無添加・無香料・無着色 火山灰生まれの然(しかり)よかせっけんです。

こちらも評判の高い泥系先顔料ですが、こちらも弱アルカリ性ですので毎日の使用は控え、汚れを落としたいときにのみ使用することをおすすめします。

なお、どろあわわは洗浄力が高く、肌が強い&脂性肌の人に適しておりますが、このよかせっけんはどろあわわより若干洗浄力がマイルドな分、幅広い肌質でご使用になれるようです。

<商品内容>

・よかせっけん(88g)

・泡立てネット付き

※定期コースに縛りは有りません!

1705円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【然 -しかり- よかせっけん】詳細はこちら

毛穴の黒ずみ・角栓ケアに使えるクレンジング

角栓は、角質(70%)と脂質(30%)で構成され、このどちらに作用させるかで、さまざまな毛穴ケアが存在します。

その中で、オイルやクレンジングの油分を脂質に作用されることで、汚れを溶かし出すというケア方法が、比較的、肌を傷つけずにできるのでおすすめです。

しかし、美容オイルなどのピュアオイルをそのまま肌に塗るのは、特に皮脂の過剰であるTゾーンに塗るのは、ニキビなどの肌荒れや毛穴トラブルを悪化させる危険性があるので、水でも流しやすいクレンジングがおすすめです。

なので、毛穴の黒ずみ・角栓ケアに使える評判のクレンジングをご紹介します。

1.アテニア スキンクリア クレンズ オイル

アテニアのスキンクリア クレンズ オイルは、オイルクレンジングなので、毛穴の黒ずみ・角栓の除去に効果的なのは言うまでもありませんが、肌のくすみ(肌ステイン)を落とすことで美白効果も見込めます。

肌ステインとは、紫外線や外的ストレスにより過剰に生成される活性酸素が角質のタンパク質に付着することで起こる、肌の黄ばみです。

美白ケアをしても肌のくすみ・明るみが改善しないという方は、実は肌ステインの蓄積によるものかもしれません。

そして、その肌ステインを除去&予防するのが、ロックローズオイルとイモーテルオイルです。

具体的には、ロックローズオイルが肌ステインを緩めて切り離す除去効果、イモーテルオイルが活性酸素にアプローチし、肌ステインの発生を防ぐ予防効果をもたらします。

他にも、アルガンオイルが毛穴の汚れ・角栓・過剰な皮脂を除去し、バオバブオイルがクレンジングで失われがちな肌の水分をしっかりキープします。

また、レモングラスやベルガモットをベースにブレンドしたアロマの香りがクレンジングをしながら癒されると評判です!

そんな、アテニアのスキンクリア クレンズ オイルが、公式からの購入で、スキンクリア クレンズ オイル 175ml(たっぷり2ヶ月分)にプラスして、人気商品「ドレスリフト ローション」のミニボトル30ml(14日分)がセットになり、送料も無料でかなりお得です!

<商品内容>

・スキンクリア クレンズ オイル <アロマタイプ>(175ml:約2ヶ月分)

・ドレスリフト ローション」のミニボトル(30ml:14日分)

1836円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【スキンクリア クレンズ オイル】詳細はこちら

2.ファンケル マイルドクレンジングオイル

マイルドクレンジングオイル

4秒に一本売れている!売り上げ7200本突破!使用感満足度91%!

と、最強のクレンジングオイルとの呼び声の高い、ファンケルのマイルドクレンジングオイルです。

防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など、肌にとってマイナスとなる添加物を使用しないのは、ファンケルのこだわりでもあります。

メイク・ざらつき・毛穴づまりを肌に負担をかけずに落とし、なおかつクレンジングオイルで失いがちな肌の潤いもキープし、乾燥小じわを防ぎます。

マツエクにも使えるのも嬉しいポイントです!

是非とも、メイク・ざらつき・毛穴づまりの三段落ち!を実際に自ら体感してみて下さい!

<商品内容>

・マイルドクレンジングオイル トライアルボトル (60ml:約1ヶ月分)

500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

マイルドクレンジングオイル

【ファンケル マイルドクレンジングオイル 】詳細はこちら

3.DUO ザ クレンジングバーム クリア

DUO(デュオ) ザ クレンジングバーム クリア

DUO ザ クレンジングバーム クリアは、毛穴の黒ずみ・角栓の詰まりをケアしながら潤いを与えるクレンジングで、最近人気急上昇中のクレンジングバームです。

固形状のバームが肌に乗せると体温でトロリと溶け、肌になじみ、24種類の植物エキスの他、ナノコラーゲン、ナノセラミド、ナノヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など、メイクを落とすと同時に毛穴ケアを行い、さらにお肌に透明感やハリを与えることで、肌本来の力を呼び覚まし、使うほどに年齢を重ねた肌が磨かれていきます。

W洗顔不要で、肌への負担が減らせるのもプラスポイントですね♪

<商品内容>

・DUO ザ クレンジングバーム クリア (90g:約1ヶ月分)

※定期購入はなんと初回半額の1,800円!

1800円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

DUO(デュオ) ザ クレンジングバーム クリア

【DUO ザ クレンジングバーム クリア】詳細はこちら

4.リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、なんと美容液成分99.3%とほぼ美容液成分でできているクレンジングです。

この美容液成分とプニプニの感触がたまらないと評判のこんにゃくスクラブが、メイクと毛穴汚れをすっきり落とします。

こちらもW洗顔不要で、肌への負担が少ないです。

初回購入特典として、1個買うともう1個プレゼント!でたっぷり2か月分と、初回はかなりお得になっております!

<商品内容>

・モイストゲルクレンジング (150g×2:約2ヶ月分)

※初回限定特典として、もう一本プレゼント!

3076円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

【リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング】詳細はこちら

5.フルリ クリアゲルクレンズ

マギー起用バナー

美容皮膚科クリニック・エステサロンより誕生した毛穴ケアに最適なドクターコスメとして、使用者のなんと93.6%が「毛穴の変化を感じた」と回答するなど、非常に高い効果を得られるプロも納得のクレンジングです。

「本当に綺麗になる為には、毎日のホームケアを変えるしかない」 そんな思いで開発した『フルリゲルクレンズ』は、お肌のことを徹底的に考え、ノンオイル、ノンアルコールはもちろんのこと、ゲルの粘性を利用することで汚れを吸着しやすい仕様になっています。

<商品内容>

・クリアゲルクレンズ (150g)

2000円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

マギー起用バナー

【クリアゲルクレンズ】詳細はこちら

6.HALENAハレナ ホットクレンジングジェル

300x250_★SP

こちらは、ベビースキンケアNO.1ブランドALOBABYと共同開発により生まれた、100%天然由来の、赤ちゃんにも使えるほど肌に優しい、敏感肌の方でも安心のクレンジングです。

“温感×Wクレンジング処方”で納得の毛穴洗浄力であり、なおかつ、美容液成分99%配合、使うほどにうるおいに満ちた透明肌へ導き、しっかり汚れを落としながらも、しっかり肌を潤します。

さらに、香料・合成色素・鉱物油・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・エタノール・パラベン・シリコン・フェノキシエタノール無添加。

W洗顔不要!まつげエクステOK!と、肌への負担を最小限に抑えながら毛穴ケアができます。

<商品内容>

・オーガニックホットクレンジングジェル (170g:約1.5ヶ月分)

初回限定70%OFFの980円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

300x250_★SP

赤ちゃんにも使える優しさ【HALENA オーガニックホットクレンジングジェル】

7.maNara ホットクレンジングゲル

ホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲルは、なんと91.3%が美容液成分!

その美容成分がメイクや古い角質、毛穴の溜まった汚れを浮かせ、それを温感作用のあるゲルが吸着させることで、きちんと落とす&潤いを守るというクレンジング本来の肌への負担を最小限に抑えます。

また、ダブル洗顔不要で手間いらず、洗いすぎによる肌の乾燥も防げる優れもの。

一度使ったらやめられない!と、毛穴トラブルや乾燥肌で悩む女性の間で密かなブームとなってます。

<商品内容>

・ホットクレンジングゲル (200g:約2ヶ月分)

・スキンケアサンプル6点セット

2990円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

ホットクレンジングゲル

【maNara ホットクレンジングゲル】詳細はこちら

b-glen ビーグレン 毛穴トライアルセット

毛穴ケア用品で非常に評判が高く、おすすめなのがビーグレンです。

ビーグレンは、独自の浸透テクノロジー『QuSome』を施し、肌トラブルを解決へと導く、米国発の先端サイエンスコスメです。

この毛穴トライアルセットでは、b-glenの化粧品の①クレイウォッシュ (15g)・②QuSomeローション (20mL)・③Cセラム (5mL)・④QuSomeモイスチャーゲルクリーム (7g)がお試しになれ、それぞれ①落とす→②整える→③引き締める→④閉じ込める役割とそれら一連の毛穴改善プログラムを1週間分体験できます。

それでは次に、それぞれどのようなものなのか、役割と効果をひとつひとつ具体的に見ていきましょう。

①:b.glen クレイウォッシュ

STEP①:落とす!役割を担うのが、このクレイウォッシュです。

毛穴の直径のなんと1/2000の大きさの天然クレイ「モンモリロナイト」を使用。

プラスに帯電した毛穴の汚れや古い角質、酸化した余分な皮脂などをマイナスに帯電した超微粒子の泥が磁石のように引き寄せて落とす吸着洗顔で、大切なうるおいと必要な皮脂はしっかり残して洗い上げます。

また、5種類の美容成分が贅沢に配合されたゲルのようなやわらかいテクスチャーは、年齢を重ねた肌だけでなく、大人のニキビ肌にも最適です。

こちらは肌と同じ弱酸性に調整されていますので、泥系洗顔料特有の洗顔後のツッパリ感を感じないのが個人的には超プラスポイントです♪

また、泡の立たない点も使ってみたい心をくすぐります!笑

②:b.glen QuSomeローション

STEP②:整える!役割を担うのが、このQuSomeローションです。

具体的には、スキンケア成分の通り道であり、同時に見た目部分にも大きく関わる「角層」の状態を整えます。

この「角層」の状態を整えることで、見た目を美しく保ち、後から使用するビーグレン製品やお使いの美容液などとの相乗効果で、スキンケア全体の効果を格段に高めます。

主要成分は、2種類の植物エキス(フカスセラツスエキス・アッケシソウエキス)と人の体に存在するEGF(上皮成長因子)様合成ペプチドで、それらはセラミドやNMFなどの脂質の合成や代謝機能を活性化させる働きがあり、角質層のバリア機能構築をサポートします。

これらの厳選した美容成分を包み込んだ超微小の複合成分「QuSomeアクティベートコンプレックス」が、非常に長い時間、角層のすみずみまでうるおいを維持させます。

③:Cセラム

STEP③:引き締める!役割を担うのが、このCセラムです。

Cセラムという名称からも分かるように、高濃度ビタミンCを配合した美容液です。

ビタミンCには、メラニン生成に関わるチロシナーゼという酵素の活性を抑える働きがあり、それによりメラニン生成を防ぎ、他にも、ユーメラニン(黒色メラニン)をフェオメラニン(赤褐色)に還元する働きもあります。

また、抗酸化作用により、活性酸素の働きを抑えます。

他にも、皮脂の分泌を抑制したり、コラーゲン生成をサポートするなど、アンチエイジングという点では、欠かせない栄養素です。

ビタミンCは、毛穴トラブルにももってこいの栄養素で、毛穴トラブルの主原因である皮脂の分泌を抑制することで、肌の炎症・表皮細胞の増殖を抑制し、毛穴開きや黒ずみ・角栓の生成を抑える、また、コラーゲン生成をサポートする、これらの効果により開いた毛穴をキュッと引き締めます。

というように、あらゆる肌コンディション改善には是非とも取り入れたい美容成分ビタミンCを高濃度(7.5%)で配合した美容液Cセラムは、超微小カプセルに包み込まれたピュアビタミンCがつけた瞬間からほのかな温感を伴い吸い込まれるようにして角質層のすみずみへ引き込まれていき、皮脂バランスを整えながら、肌の内側から輝くような明るさを引き出し、キメの細かい、すこやかな肌へと導くのです。

④:b.glen QuSomeモイスチャーゲルクリーム

最後のSTEP④:閉じ込める!役割を担うのが、このQuSomeモイスチャーゲルクリームです。

肌の潤いとは、皮脂と汗が混ざった皮脂膜が肌表面をコーティングする蓋の役割と、角質層のセラミドなどの脂質が角質細胞内の水分をサンドイッチして保持する役割とで保たれています。

そんな、肌に本来備わる「自ら水分を生み出す力と、蓄える力」の根本にアプローチするのがこのQuSomeモイスチャーゲルクリームです。

具体的には、アクアタイド、アリスチンなどのペプチドが肌を健康に保つ&水分を保持する力を高め、コラーゲンとヒアルロンさんが肌表面で皮脂膜の役割を後押しします。

これらの4種類の美容成分を含む独自の複合成分「QuSomeハイドレーションコンプレックス」が積極的に角層のすみずみまで入り込み、乾きのスパイラルからの脱却をサポートし、うるおい不足でこわばっていた肌に、肌本来の柔らかさを呼び覚まします

以上が毛穴トライアルセットの中身でした。

ライン使いはなかなか厳しいと思いますので、トライアルを使用してみて、気に入ったものだけを使用してみるというのが失敗が少なくて良いのではないでしょうか?

また、トライアルセットは、毛穴トライアルを含めた全8種類が用意されていますので、ご自身のお悩みに合わせたものをお選び下さい。

まとめ

というわけで、黒ずみの原因とターンオーバーに強く干渉してしまう、洗顔とクレンジングに気をつけましょう!という記事でした。

洗顔やクレンジングは毎日行うスキンケアで、自分もそうですが、慣れでやっている部分が多いかと思います。

しかし、本来は、肌にマイナスとなる汚れのみを取り除くという重要な意義があるのですが、毎日行っているにも関わらず、それを文字通りただ行っている作業に過ぎないため、全然上達しないのです。

気にかけるとすれば、自分は男なので、泡で洗うのと保湿ぐらいですかね。

何度も言いますが、洗顔やクレンジングは、肌のターンオーバーに容易に干渉してしまう要素であるため、1から見直し、その基本的なことを極め、肌細胞を再生させましょう。

それが毛穴トラブルを改善する何よりも近道だと私は思います。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,
-

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.