毛穴・角栓

鼻の毛穴の黒ずみは皮脂を抑える&優しいスキンケアだけで治る?

更新日:

rose
鼻の毛穴の角栓の詰まりは見た目も目立ち、すぐにでも治したいものです。

しかしこれが厄介で、角栓を取っても取っても次々とニョキニョキ生えてきて、キリがありません。

そもそもなぜ、毛穴に角質が溜まって角栓が出来てしまうのでしょうか。

この記事では、鼻の毛穴の角栓の原因と治すためにはどうしたら良いのかなどについてまとめていきます

鼻の毛穴の角栓の詰まりの原因と治す方法

woman

鼻に毛穴の角栓が詰まる原因とは?

顔の中心には皮脂腺が多く分布しているため、皮脂が過剰になりがちです。

時間が経つとTゾーンのテカリが気になるという人も多いのではないでしょうか。

そして、この皮脂には、角栓の素となる角質を過剰生成させる働きがあります。

皮脂とターンオーバー

皮脂の主成分はトリグリセリドで、アクネ菌の酵素により、オレイン酸などの不飽和脂肪酸に分解されます。

そして、この高級脂肪酸の働きにより、免疫系を活性化させ、連鎖的な炎症反応を引き起こさせます。

この皮脂による炎症がターンオーバーを促進させることで、角質の過剰増殖を生むのです。

そして、正常よりも短い周期での細胞生成は、セラミドやNMFなどの脂質や分解酵素の不足した細胞を次々と生み出させることになります。

通常、表皮の基底層から細胞分裂が起こり、どんどん外側へと細胞が成熟・分化しながら上へ上へと押し出されて行き、一番外側の角質層に到達する前に脱核が起こり、細胞内にセラミドやNMFなどの素となる物質が放出されることで、角質層に水分を保持する機能が付加されるのですが、この短い周期で生まれた細胞が形成する角質層にはまだ細胞核が残存した状態のものが散見される、つまり、水分を保持する能力が欠如しているのです。

つまり、ターンオーバーの亢進状態が肌の内部乾燥を招くのです。

肌の内部乾燥が起こると、角質層を構成する細胞に水分が保持されていないため、萎縮・硬化しており、これが角質を毛穴の外に排出することを阻害します。

また、角質層の水分量の低下により、角質細胞と角質間細胞脂質の間の結合を解く分解酵素の働きが弱まり、細胞単位ではなく、ダマとなった塊となって剥がれ落ちるようになります。

これにより、排出と滞留のバランスが逆転し、毛穴内部に角質が滞留するようになります。

通常、角質層は、角質細胞と角質幹細胞脂質とがレンガのように積み重なることで、水分の蒸散を防いでいます。

これがいわゆる、肌のバリア機能というやつです。

しかし、上のような正常なターンオーバーの周期ではない細胞郡は、緻密なレンガ構造にならず、隙間の多い構造となり、その隙間から水分が蒸散します。

それを防ぐために、肌の表面に皮脂を過剰に分泌することでコーティングし、これ以上の肌内部から水分が出ていくのを防ぎます。

しかし、この皮脂の過剰分泌が肌の炎症を悪化させます。

以上により、毛穴内部には角質が滞留し、そこに注ぎ込まれる皮脂とで毛穴内部はどんどん狭くなり、いずれ角栓となり毛穴に蓋をしてしまい、蓋がされると酸素と触れ合う機会を失ったアクネ菌がCAMP因子という毒素を産生するようになり、今度はこれに対する免疫反応からの連鎖的な炎症反応により、ニキビへとつながっていくのです。

つまり、何よりもまず皮脂がターンオーバーを促進させる因子として働いているということです。

これにより、皮脂の分泌の多い鼻や頬などのTゾーンには毛穴トラブルなどが絶えないというわけです。

しかし、ターンオーバーを促進させてしまう原因は、普段行うスキンケアが招いてしまうケースもとても多いです。

ターンオーバーを促進させるスキンケア

これは間違いなく、洗顔とクレンジングです。

というのも、直接手や洗浄料が触れるため、容易にターンオーバーの周期に干渉してしまうのです。

汚れを落とすとは、水では落ちない油性の汚れを落とすことですが、肌表面の油分だけでなく、肌内部の油分までも洗顔とクレンジングで洗い流してしまうのです。

これにより肌内部が乾燥し、皮脂が過剰に分泌されるという悪循環に陥るのです。

洗顔やクレンジングは毎日行うスキンケアで、慣れで行なっている部分が多いかと思いますが、これらは肌に最も負担をかけるスキンケアでもあります。

もし、肌荒れが治らなかったり、毛穴トラブルでお悩みの方は、改めて一から学びなおすつもりで、洗顔とクレンジングを徹底的に見直すことが、肌トラブルを解決する第一歩だと思います。

皮脂の分泌をコントロール

皮脂がターンオーバーを促進させる因子としてまず働いていますので、その量をコントロールすることが重要です。

皮脂の分泌を制御するのは主にホルモンです。

男性ホルモンのテストステロン(特にジヒドロテストステロン)は、皮脂を過剰に分泌させる他、表皮細胞の増殖を促します。

女性ホルモンのプロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれ、生理前に過剰に分泌されることでホルモンバランスが乱れ、皮脂過剰や肌荒れをしやすくなります。

また、対ストレスホルモンであるグルココルチコイドも皮脂過剰の他、男性ホルモンを過剰にさせます。

皮脂が過剰である体質の人は、これらのホルモンのバランスが崩れている可能性があります。

そして、ホルモンの分泌を過剰にさせているのは、体質だけではなく、個人の癖みたいな部分もあると思いますので、それぞれ思い当たる節がないか自身を探ってみて下さい。

肌質改善とは、そのレベルでシビアに行わなければ改善されるものではないと思います。

他にも、高糖質食は脂質の吸収を助け、高脂質食は言わずもがなです。

まとめ

というわけで、毛穴の角栓の詰まりの原因と対策についての内容でした。

まず皮脂がターンオーバーを促進させる因子であるということ。

これは自身の免疫反応なので、人それぞれ、それに対する反応の度合いというものに個人差があると思います。

こればっかりは、多少目をつぶらなければいけない要素だと思います。

しかし、ターンオーバーを促進させてしまうこと=ターンオーバーの周期に干渉してしまうことは、誰でも防げることです。

普段のスキンケアでは、無理やり角質を剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さないこと、この2点が極めて重要です。

ご自身のスキンケアが以上の2点に引っかかっていないかどうか、確かめてみて下さい。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.