どろあわわ PC記事上

どろあわわ

メンズスキンケア

男性と女性の肌の違いとは?男性が注意すべきスキンケアと肌トラブル

更新日:

wood
清潔感のある男性は、周囲にとても爽やかな印象を与えるので、ビジネスシーンでも好印象。

女性だけでなく、男性も毎日お肌のお手入れは欠かさずしていきたいものです。

ここでは、お肌について知っていただくために、男性の皮脂量と水分量についてお話しします。

男性と女性の肌の違いとスキンケアの注意点

man

意外と少ない?男性肌の水分量

男性のお肌は女性よりテカリが気になることが多い印象があるかと思います。

女性は化粧で皮脂を抑えるなど、毎日のケアにより、皮脂やテカリを抑えるなど工夫をしていますが、それだけではなく男女では、そもそも皮脂量や水分量に差があります。

男性は元々男性ホルモンの働きにより、実際に女性より皮脂分泌量が3倍多く、その反面、水分量は女性の半分しかありません。

皮脂で肌の表面は潤って見えますが、そうではなく、水分が少ないために皮脂の分泌によるベタつき感があるのです。

男性と女性、そもそも皮膚のつくりが違う?

男性肌と女性肌の違いを比較してみましょう。

<女性肌> 

・皮膚の厚みが薄い ・きめ細かい ・外的刺激に弱い 

・コラーゲン量が少ない ・大きなシワができやすい

・月経による肌の変化が起きやすい ・毎日の化粧によりお肌の傷み

<男性肌>

・皮膚が厚い ・外的刺激に強い ・コラーゲンが女性より多い

・シワができにくい ・皮脂量が多い ・水分量が女性の半分

・髭剃りによる肌の傷み ・女性に比べ紫外線を浴びやすく光老化が進む

このように、女性と男性とではお肌の質が全く違いますので、男性が女性用のスキンケア化粧品を使用するなどした場合には、肌トラブルを招くこともあり、かえって逆効果になりますので、気をつけましょう。

肌トラブル

男性肌の水分量は女性の半分と言われ、乾燥肌になりやすく、季節関係なく一年を通して乾燥肌に悩まされるという人も少なくありません。

皮膚の角質に水分が不足していると乾燥してしまいますが、この乾燥を防ぐために皮脂の過剰分泌が起こり、皮脂が多くなってしまいます。

また、毎日の日課となっている、「髭剃り」にも原因があります。

表皮の角質層や皮脂を、髭を剃ることによって剃り落としてしまうため、知らず知らずにお肌に傷をつけることが乾燥肌へとつながってしまうこともあります。

普段気をつけることは?

それでは、普段どのようなことに気をつければお肌トラブルを避けられるのでしょうか?

洗顔方法

男性肌はできるだけ皮脂を落とさず洗顔することが重要となっており、30度から35度程度のぬるま湯を使用し、洗顔料はよく泡だて、ゴシゴシ洗いは避け優しく。

何回も洗顔するのはお肌によくありませんので、1日2回朝と夜のみで行いましょう。

洗顔後はしっかりと保湿をすることで乾燥を防ぎます。

皮脂の除去

皮脂によるテカテカのお肌は見た目も気になります。

きちんとお手入れしたいのがTゾーンと言われる額部分。特に皮脂の分泌が多い場所です。

あぶらとり紙を使用して皮脂の除去を行う方も多いでしょうか。

実は、あぶらとり紙などでの皮脂の除去は、皮脂の取りすぎとなるため、使いすぎに注意が必要です。

皮脂を取れば取るほど「皮脂が不足している」と思い、過剰に分泌されてしまいます。

皮脂はお肌を雑菌から守る働きしますが、皮脂の過剰分泌が起こることで毛穴詰まりを起こし、かえってニキビの原因となってしまいます。

皮脂の除去を行う際には、ティッシュで行うと皮脂の取りすぎを防ぎ、ほどよい量の皮脂が残り過剰分泌の防止につながります。

まとめ

男性と女性とでは、お肌の質や皮脂量、水分量が異なります。

お肌がべたべたと脂っぽく感じていても、それは十分な水分があるからではなく、お肌の乾燥による皮脂の過剰分泌ですので、注意して自分のお肌の状態に目を向けることが大切です。

お肌トラブルにつながることのないよう、皮脂の取り過ぎにも気をつけましょう。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-メンズスキンケア,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.