どろあわわ PC記事上

どろあわわ

メンズスキンケア

男性が日焼け止めを塗るのはキモい?男性用おすすめ日焼け止めは?

更新日:

books
「紫外線対策をするのは女性だけ」と思われがちで、男性がつけていたらキモイと言われてしまいそうですが、キモイと言われようが、女性も男性も肌質は多少違えど、紫外線による肌への影響は同じですから、日焼け・紫外線対策をしないと、将来シミ・シワだらけの肌になってしまいます。

よって、男性も日焼け対策は必要で、それは当然のことです。

それではもう少し詳しく、話していきましょう。

男性の紫外線対策とおすすめの日焼け止め

man

男性も紫外線対策をしたほうがいい?

日に焼けた健康的な肌の男性は男らしくていい!と、日焼け止めを塗らずに日焼けをする人も多いですが、紫外線を浴びすぎると皮膚の皮剥けや皮膚ガンを引き起こしてしまいます。

それに、男性のお肌は女性より日焼けしやすいことを知っていましたか?

男性は、毎日の髭剃りにより皮膚が傷ついている、また、女性より皮脂量は多いが水分量は少なくお肌が乾燥している傾向にあります。

日頃からきちんと保湿をしているなら良いのですが、保湿もせず乾燥した肌のまま紫外線を浴びることで「シミ」や「しわ」の原因になります。

また、男性は(男性にも化粧をする人はいますが)女性と違い化粧をしないため、お肌に直接日差しを浴びますので紫外線対策はしっかりとやった方が良いでしょう。

太陽による日焼けじゃなく、日焼けサロンならいいの?

日焼けサロンの紫外線は皮膚に安全と思っている方もいると思いますが、それは間違いです。

日焼けサロンではお肌に炎症を起こすUVB波と赤外線がある程度カットされているUVA波を使用しますので、太陽の紫外線と比較すると日焼けサロンでの日焼けの方が皮膚へのダメージは少ないです。

とはいえ、日焼けサロンの紫外線にもお肌が炎症を起こすUVB波は含まれています。

発がん性の恐れがあることもわかっていますので、太陽による紫外線も日焼けサロンの紫外線も皮膚へのダメージは大いにあるといえます。

紫外線対策に日焼け止めを利用しましょう

どの日焼け止めを使っていいかわからない。という男性に、オススメの日焼け止めをご紹介します。

男性用の日焼け止めは女性用と比べ、汗で落ちにくい・さっぱりしているのが特徴です。

ニベアメン UVプロテクターSPF50

〜アマゾン〜
〜楽天〜

ベタつかず、さらっとした使い心地で男性には人気の高い日焼け止めです。

また、男性の肌のテカリを抑制してくれます。

メンズビオレ 浸透化粧水UVミルキータイプ

〜アマゾン〜

乳液のような化粧水で、化粧水がそのままUVカットの役割を果たしてくれる日焼け止めです。

無香料でサラサラとしたつけ心地で男性には使いやすいでしょう。

化粧水だからと塗りっぱなしにはせず、帰宅後は必ず洗顔を。

キュレル UVローションSPF50

〜アマゾン〜
〜楽天〜

植物由来の消炎剤配合で、乾燥肌や敏感肌の男性にオススメの日焼け止めローションです。

みずみずしく軽い使い心地、赤ちゃんのデリケートなお肌にも使えます。

ZIGEN UVクリームジェル

こちらの日焼け止めは男性の肌向けに開発した商品です。

SPF21・PA++と少し弱めで、塗り直し・塗りムラに注意する必要がありますが、日常生活の紫線対策としては十分な強さです。

紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)・パラフェン・シリコン・鉱物油・香料・着色料を使用しておらず、お風呂で簡単にオフできるので、日焼け止めがもたらすお肌への負担を最小限に抑えることができます。

紫外線対策のいろいろ

1)なるべく紫外線を素肌に当てない

外出する際は、日焼け止めをきちんと全身に塗りましょう。

お肌は季節関係なく一年を通して紫外線を浴びますので、夏場だけに限らず、一年中日焼け止めを使いましょう。

服装は、長袖長ズボンが理想です。

夏場など蒸し暑い時期には素材や色で工夫しましょう。

涼しさを実感できる麻生地や綿は日差しを通してしまう恐れがありますので、黒系を身につけるのも効果的です。

また、目からも紫外線は入ります。

サングラスをかけることで紫外線の侵入を阻止しましょう。

2)食事で紫外線対策

紫外線を浴びたことにより増える「活性酸素」は、シミの原因となりますので、この活性酸素からお肌を守るために、抗酸化物質の多く含まれるビタミンAやビタミンC、ビタミンE、また、ポリフェノールを多く含んだ食品を摂取することも紫外線対策になります。

毎日の食事に取り入れてみたはいかがでしょうか。

◉ビタミンA(活性酸素の害から細胞を保護)
 ・ほうれん草・小松菜・人参

◉ビタミンC(お肌のサポート・透明感のあるお肌へ)
 ・パセリ・赤ピーマン・いちご・レモン・アセロラ・キウイ

◉ビタミンE(アンチエイジング効果)
 ・うなぎ・ナッツ・青魚・たらこ・卵・木綿豆腐

日焼けをしてしまった場合はアフターケアを

日焼け予防をしていたが万全じゃなかった、日焼けをした後に後悔している。という人もアフターケアがとても大切だということを覚えておいてください。

お肌がヒリヒリしている場合には、水で湿らせたタオルで体をクールダウンします。

体内の水分も不足している恐れがありますので、十分に水分補給をしてください。

また、赤みがひどい場合には赤みが少し落ち着いたあたりで化粧水や乳液で保湿をしましょう。

このとき使用するケア化粧品はビタミンC誘導体配合の物が良いでしょう。

ビタミンC誘導体は、紫外線を浴びることで生成される活性酸素を除去する働きを持っています。

まとめ

男性は女性よりも、紫外線を気にするべきだということがわかったと思います。

体の外、また中からも日焼け対策を行い、何歳になってもシミ・シワのない若々しい、きれいな肌でいられるよう、毎日の生活で工夫していきましょう。
 
それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-メンズスキンケア,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.