趣味

紙の本と電子書籍のメリットとデメリット!紙の本は消えてしまう?

更新日:

tea-time
電子書籍が普及している現在では、紙書籍を買う人が年々減っていると耳にします。

電子書籍は携帯電話やタブレットがあれば読むことができますので、紙書籍に比べると荷物にならないというメリットがあります。

一方で、「本は紙書籍でないと本らしくない」という声も聞こえます。

では、紙書籍と電子書籍それぞれのメリットとデメリットを踏まえてお話ししていきます。

電子書籍と紙書籍のメリット・デメリット

tablet

紙書籍のメリット

books

手に取った時の重量感「本らしさ」

本を選び、本棚から取り出す時の重量感は紙書籍でしか味わえないものです。

装丁が楽しめる

ふらっと書店に立ち寄った時に、なんとなく装丁が自分好みでつい買ってしまったという経験をしたことがあるかと思います。

装丁が美しい本は豊富にあり目で楽しめるメリットがあります。

紙質が違うのでページをめくるたびに質感が楽しめる

電子書籍では味わえない、1ページ1ページとページをめくるたびに指に感じる紙の触感。

これは本の醍醐味と言えます。

貸し借りができる

おすすめしたいと思った本がある時、紙書籍は気軽に貸し借りができます。

古書店での楽しみ方

紙書籍は読み終わった後、古書店に買い取ってもらい、また新たな人に渡っていくというロマンがあります。

「前の持ち主はどんな人だったのかな?」「どんな気持ちでこの本を読んでいただろう?」などと思い馳せたりすることも。

歴史が感じられる

紙書籍は、昔に出版された本も多少の傷や痛みは付きますが、手元に残り本の歴史が消えることはありません。

脳が刺激される

紙の匂いや重量感が刺激となり、脳の働きが活発になることも明らかになっています。

勉強は紙書籍で行うことで覚えやすいと言われています。 

紙書籍のデメリット

books

気軽さがない

紙書籍を購入したい場合、書店もしく通販などでの購入になりますので、今すぐ読みたい!と思っても、すぐに手に入らないデメリットがあります。

置き場所

本が好きな人の部屋は本で溢れかえっていることが多いですよね。

本棚もいっぱいで入りきらず至る所に置かれる本たち。

置き場所が必要になることは困る点です。

重量感

鞄に何冊も本を持ち歩く時、かなりの重量感です。

成長期の子供たちには身長の成長への妨げになりかねません。

値段

単行本一冊1500円ほどしますので高い!と感じてしまう人もいるでしょう。

そんな時は、古本屋さんでは半分の値段やそれ以下で購入することもできますので、利用すると良いでしょう。

電子書籍のメリット

kindle

読みやすさ

スマホやタブレット一つで読みたい本をダウンロードすれば、読むことができます。

身軽さ

スマホやタブレットは、紙書籍と比べるとだいぶ軽量ですので、持ち運びが楽ですので、子供やお年寄りの方でも持ち運びラクラクです。

置き場所に困らない

タブレットやスマホ内のアプリでデータとして補完ができるため、置き場所の心配がありません、ものを持ちたくないという人にオススメです。

漢字や単語をすぐに調べられる

読書中に、読めない漢字や意味のわからない単語が出た場合、すぐに検索をかけて調べることができるため読書が進みやすいですね。

場所の明るさを気にしない

紙書籍は暗いところですとライトが必要になりますが、電子書先は暗くても読めるので便利です。(しかし、視力低下になる恐れがあります)

多ジャンルを一気に選べる

漫画や小説、雑誌など読みたいものを一気に検索できる便利さは電子書籍の良いシステムです。

電子書籍のデメリット

tablet

貸し借りができない

せっかく面白い作品を読んだのに、知り合いと貸し借りができないのはとても残念ですね。

データは複製などはできませんので注意が必要です。

本の感触が感じられない

紙書籍のような触感はありませんので、ページをめくるときに感じる紙の感触がないのはちょっと寂しいですね。

充電残量や容量

タブレットやスマホを利用して読書をすることで、充電の残量や容量の心配をしなければならなくなり、安心して読書ができないということも。

自分のものにならない

ダウンロードしたデータは読む権利を買うようなもので、実質的には自分のものになったという感覚はありません。

せっかくお金を払って購入したも作品も、サービスの終了などで読めなくなることもあります。

スマホで読める電子書籍サイト

ebookjapan
楽天マガジン
紀伊国屋書店
honto

まとめ

個人的には紙書籍派です。

理由としては、手元に残ること、1ページ1ページ紙をめくる事で本を読んでいる実感があるからです。

また、購入するために書店へ出向き本を選ぶことで、今までに知らなかった本に出会える、またそれぞれの本屋さんのこだわっている部分が目に見えて面白い発見があります。

しかし、電子書籍の「いろんなジャンルを一気にチェックできる」という点はとても良いシステムですよね。

これまで紙書籍しか興味がなかったのですが、それぞれの良い点を必要に応じて利用していけたら良いと思います。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事下

記事下

-趣味

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.