どろあわわ PC記事上

どろあわわ

趣味

本のジャンルの分類一覧!文芸とは?自己啓発はどのジャンル?

投稿日:

golden
「本」には様々な種類とジャンルがありますね。

絵本や小説、漫画や雑誌など幅広くあります。

そして、小説にしても「恋愛」や「ミステリー」、「歴史」など沢山のジャンルに分けられます。

あなたいくつ知っていますか?

本のジャンルの分類一覧

books

「本」のジャンル分類

どんな内容の本があるでしょうか?

児童書や文芸書など、ひとまとまりの名称だけではどのような本があるのかわかりづらい時があります。

それぞれの本のジャンルとどのような本があるのかをまとめてみました。

知っていると書店などで役に立つかと思います。

児童・・・絵本、図鑑、学習漫画、ゲーム攻略本、知育、読み物、遊べる絵本(仕掛け絵本)、紙芝居、日本創作読み物、児童文庫など。

文芸・・・タレントエッセイ、タレント写真集、テレビ関連、女性向けエッセイ、戦記、文芸エッセイ、ノンフィクション、時代小説、日本ミステリー、SF、ホラー、現代文学、海外ミステリー、日本幻想文学、海外文学、詩、短歌、俳句、川柳日本古典文学など。

社会・・・自己啓発、ビジネス仕事術、営業、マーケティング、流通、商店経営、転職、マナー、経営戦略、経営学、生産管理、人事労働管理、労働法実務、財務管理、簿記・経理実務、会計学、監査論、税金、税理士、FP、株式投資、金融、経済思想、経済学、憲法、民  法、会社法、マスコミ、宅建、教員採用試験など。

語学・・・英会話、TOEIC、TOEFL、ビジネス英会話、日本語教育、旅行会話、諸外国語、漢検、通訳・翻訳関連、日本語教育、緩和・国語辞典、和英・英和辞典など。

芸術・・・映画エッセイ、日本映画・海外映画関連、グラフィックデザイン、デザイン論、演劇、戯曲、バレエ、ミュージカル関連、工芸、陶芸、水彩画、水墨画、書道、ペン字、イラスト画集、日本画集、日本絵画・海外絵画など。

人文・・・日本思想、社会学、心理学、特別支援教育、保育、本古代史・近代史、民俗学など。

理工・・・電気、通信、機械、土木関連、測量、建築関連、農業関連、食品学、生物学、昆虫、生化学、獣医学、畜産関連、脳科学、力学、量子力学、進化論、森林関連、物理、科学、自然地理学、エネルギー、環境など。

医学・・・リハビリ関連、診断学、救急、外科学、小児科学、ないか、呼吸器、消化器、基礎医学、基礎看護、感染症関連、臨床看護、薬学、精神医学、歯科学、福祉施設関連、障害者福祉、東洋医学、病院管理など。

実用・・・車・バイク関連、スポーツ関連、冠婚葬祭、ペット関連、出産・育児関連、健康、将棋・囲碁、手品、パズル、ダイエット関連、編み物、インテリア、着物・着付け、華道、茶道、菓子・パン関連、調理師試験関連、PC関連など。

雑誌・・・婦人誌、健康誌、料理誌、ビジネス誌、男性誌、国内ガイド・海外ガイド、カルチャー誌、ライフスタイル誌、ホビー誌、スポーツ誌、国内紀行、音楽誌、TV・芸能誌・映画史など。

このように「本」には沢山の種類がジャンル分けされています。

これからの読書に参考にしていただけたらと思います。

あなたはどのジャンルの小説が好きですか?

次に、多くの人に読まれている、「小説」についてまとめてみました。

あなたが普段よく読む小説はどのジャンルですか?

恋愛

・レインツリーの国(有川浩)
・僕は明日昨日の君とデートする(七月隆文)
・マチネの終わりに(平野啓一郎)など。

ミステリー・サスペンス

・ハサミ男(珠能雅之)
・葉桜の季節に君を想うということ(歌野晶午)
・告白(湊かなえ)など。

ノンフィクション

・そうか、もう君はいないのか(城山三郎)
・奇跡のリンゴー「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録(石川拓治)
・1リットルの涙(木藤亜也)など。

青春・友情

・砂漠(伊坂幸太郎)
・グミチョコレートパイン(大槻ケンジ)
・DIVE!!(森絵都)など。

実用

・ファーストラブ(島本理生)
・かみさまは小学%年生(すみれ)
・旦那さんはアスペルガー(野波ツナ・宮尾益知)など。

エッセイ

・そして生活はつづく(星野源)
・時をかけるゆとり(朝井リョウ)
・大泉エッセイー僕が綴った16年(大泉洋)など。

SF・ファンタジー

・時をかける少女(筒井康隆)
・スカイ・クロラ(森博嗣)
・銀河英雄伝説(田中芳樹)など。

歴史・時代

・蝉しぐれ(藤沢周平)
・鬼平犯科帳(池波正太郎)
・ぼんくら(宮部みゆき)など。

詩・短歌・俳句

・君になりたい(穂村弘)
・ノスタルジアの箱(六月菜摘)
・夜空はいつでも最高密度の青色だ(最果タヒ)など。

まとめ

どうですか?

こうしてみてみると、あなたの本の好みがわかると思います。

読んだことのないジャンルも読んでみたくなりませんか?

好きなジャンルに偏りがちになりやすいですが、興味のある作品から初体験してみてください。

いまよりきっと世界が広がりますよ!!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-趣味

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.