どろあわわ PC記事上

どろあわわ

紫外線・日焼け

日焼け止めで肌が白くなる原因は?白くならない日焼け止めのおすすめ

投稿日:

beach
日焼け止めを塗ると、白浮きしてしまい肌が白くなってしまう事ってありますよね。

白くなるのが気になって日焼け止めを塗りたくないな。と思う方も多いかと思います。

では、なぜ白浮きするのか?

それは、日焼け止めに使われる成分にあります。

日焼け止めにも、「クリーム、スプレー、ジェル」といった色々なタイプのものがあります。

特に、クリームタイプのものを使うと白浮きしてしまうことが多いと思います。

この日焼け止めを塗ると白浮きしてしまう原因の多くは、「紫外線錯乱剤」という成分が原因だと言われています。

紫外線散乱剤という成分は、紫外線を跳ね返してくれるため紫外線をカットするのに必要な成分です。

この成分は肌に優しいと言われているので、敏感肌の方が使用するのに向いている日焼け止めです。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

白くなる日焼け止めと白くならない日焼け止めの違い

pool

白浮きする日焼け止めとは?

どのような日焼け止めを使うと白浮きするのか?

それは、「紫外線錯乱剤」を使用した日焼け止めです。

この紫外線散乱剤に含まれる、「酸化チタン」や「酸化亜鉛」などの白色顔料成分のためです。

これらはファンデーションにも使われている成分です。

それと逆に白浮きしない日焼け止めは、「紫外線吸収剤」を使われている日焼け止めは白浮きしないのが特徴です。

この「紫外線錯乱剤」を使用している日焼け止めは、「紫外線吸収剤」を使用している日焼け止めより、紫外線をカットする力が弱いと言われています。

なぜかというと、紫外線錯乱剤でのUVカットヴェールは汗に弱く、汗をかくとすぐに取れてしまうということです。

すぐに取れてしまうので、1日の間に何度塗り直さないと日焼け止めとしての意味がないということです。

汗をかいて日焼け止めが落ちるといっても、塗った部分全てが落ちるわけではないので、何度も塗り直しているうちに厚塗りになる部分が出てきて更に白浮きする原因になるというわけです。

ここまで聞くと、「じゃあ、紫外線錯乱剤を使っていないものを選べばいいのか?」と思いますよね。

そうではありません。

「紫外線吸収剤」のメリット・デメリット

この紫外線吸収剤のメリットは、UVカットの力も強く白浮きもしないので、白浮きしないということです。

デメリットは、肌への負担が大きいということです。

肌をくすませたり、肌を乾燥させてしまうということです。

つまり、白浮きをする「紫外線錯乱剤」を使用しているのは、紫外線吸収剤の日焼け止めと比べると、肌に優しい成分を使っているということになるのです。

ドラッグストアなどに売っている日焼け止めは、紫外線錯乱剤をナノ化しているものが多いので、白浮きせず、塗った心地も良く作られています。

ですが、ナノ化されているということは肌に紫外線錯乱剤が吸収されやすくなってしまうので、塗った心地は良くても肌への負担は変わらないと言われています。

こういったことから、本当に肌に優しい日焼け止めを選ぶ際には、ナノ化をせずに「紫外線錯乱剤」をアミノ酸などでコーティングし、白浮きしない日焼け止めをおすすめします。

肌に優しく、敏感肌の方も使える、白浮きしない日焼け止めのおすすめ!

私が使った日焼け止めの中で白浮きせず、使い心地がよかった日焼け止めを紹介します!

アルマード・オーディUVミルクN

〜アマゾン〜
〜楽天〜

卵殻膜を使って作られている、アルマードの日焼け止めは美容液使用なので、塗心地が軽いです。

そして、SPE50+/PA++++と値がとても高いので、強い紫外線から肌を守ってくれます。

紫外線吸収剤を使っておらず、色味もついていないため1日中つけていても白浮きしませんでした。

塗心地が軽く、さらっとしているので、日焼け止め特有のベタつきもなく日焼け止めをつけていることを忘れるほどです。

美容液使用なので、美容成分もたくさん入っています。

紫外線を浴びた肌に必要な成分【ヒナギク花エキス・オウゴン根エキス・カンゾウ根エキス・ナツメ果実エキス・セイヨウナシ果汁醗酵液・ビフィズス菌培養溶解質】が入っています。

更に、加水分解コラーゲン・ヒアルロン酸なども配合されています。

紫外線対策と共に、肌に必要な栄養も摂れるので一石二鳥の商品です♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

紫外線吸収剤が肌に悪いということで、ノンケミカルの日焼け止めを使用しても、今度は白浮きが気になるという方は、今回の記事を参考にしてみて下さい。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

Contents1 紫外線1.1 紫外線の種類と影響1.2 紫外線の強さ2 日焼け2.1 日焼けの種類2.2 日焼け止め2.2.1 日焼け止めの使い方2.2.2 日焼け止めの数値2.2.3 日焼け止め ...

続きを見る

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,
-,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.