未分類

日焼け止めで肌が白くなるのはなぜ?白くならない日焼け止めおすすめ3選

更新日:

beach
夏は日焼け止めがないと外出ができない!という方は多いのではないでしょうか。

特に多くの女性は美肌でありたいという願望も強いですよね。

そんな美肌の天敵である紫外線予防には、日焼け対策として日焼け止めは必要不可欠です。

しかし、日焼け止めを塗ったものの白浮きし、顔だけが白く目立ってしまいさらに肌がベタベタしてしまうことってありませんか?

そこで、日焼け止めを塗るとどうして白浮きしてしまうのか?

また、白浮きしない日焼け止めってあるの?などを踏まえて説明していきます。

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

紫外線 紫外線の種類と影響 ・紫外線UVA・UVB・UVCの波長の違いが生む肌への影響と対策! ・紫外線UVAの波長の長さがもたらす皮膚の真皮の老化とは?対策は? ・紫外線UVBは表皮細胞の遺伝子DN ...

続きを見る

白くなる日焼け止めと白くならない日焼け止めの違い

pool

日焼け止めが白浮きする原因〜紫外線散乱剤〜

日焼け止めは紫外線から肌を守る成分として、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が含まれています。

そして、白浮きしてしまう原因の一つが「紫外線散乱剤」です。

この成分は、無機酸化物の高い屈折率を利用し、お肌に及ぶ紫外線を散乱させることで防ぎます。

主な成分は、酸化チタン(チタンが酸化してできる白色の無機質粉)・酸化亜鉛(ミネラルの一種、亜鉛酸化物)といった無機質成分で、フェイスパウダーやファンデーションなどにも白色顔料として使用されています。

白色粉末であることから、配合量を増やせば増やすほど白浮きしやすくなってしまいます。

また、紫外線散乱剤は汗に弱いため、汗をかくと日焼け止めが落ちてしまい、塗り直しが必要になりますが、その何度も塗り直しているうちに厚塗りになってしまい白浮きが起きる、白色粉末が皮脂を吸着するため長時間の使用は肌が乾燥しやすくなる、という欠点もあります。

汗で落ちるということは紫外線をカットする力も弱いということになります。

そのほか、スキンケアが馴染んでいないということも原因かもしれません。

日焼け止めを使用する際、洗顔後のスキンケア用品がお肌に馴染んでおらず白くなってしまうことがあります。

馴染んでいない状態に、日焼け止めを塗るとお肌の表面に残っているスキンケアの成分と日焼け止めに含まれている成分とがぶつかり固まってしまい、白いカスが出てきて、お肌表面がボロボロになってしまうことも。

日焼け止めは乾燥の原因にもなりますので、使用する前にはきちんとスキンケア成分をお肌に馴染ませ、しっかり保湿してから日焼け止めを使用しましょう。

白浮きしやすい紫外線散乱剤が含まれる日焼け止めに対し、白浮きしにくい日焼け止めは紫外線吸収剤を使用した日焼け止めです。

白浮きしにくい日焼け止め〜紫外線吸収剤〜

紫外線吸収剤の特徴としては、紫外線を吸収できる成分(メトキシケイヒ酸オクチル・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル・パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシルなど)が使われています。

仕組みとしては、各成分には吸収しやすい紫外線の波長帯があり、それが照射されると分子がエネルギーを吸収し基底状態から励起状態という高エネルギー状態になりますが、そのエネルギーを熱として放出することで再び基底状態に戻るを繰り返すことで紫外線から肌を守ることができます。

この基底状態⇆励起状態を繰り返すと元々の物質に戻らなくなり、紫外線防御サイクルが回らなくなりますが、これがいわゆる日焼け止めが薄くなるという状態です。

その変質した有機化合物が肌へ影響を与え、肌荒れの原因の一つであるとされます。

紫外線吸収剤配合の日焼け止めはテクスチャーの自由度が高く、UVカット性能も高く、さらに白浮きしにくく使いやすいですが、変質した有機化合物や発熱の影響が肌への刺激になりやすいというデメリットがあります。

お肌の弱い方は肌荒れを起こしやすいですので、ご自身のお肌と良く相談をして異常が出たらすぐに使用を停止するようにしましょう。

紫外線散乱剤が白浮きしない日焼け止め!?

Sun screen

粒子のナノ化

ドラッグストアなどに売っている最近の日焼け止めは、紫外線錯乱剤をナノ化しているものが多いので、白浮きせず、塗った心地も良く作られています。

ナノ化は表面積が増えるという点で紫外線散乱・反射作用、透明性において大きな恩恵がありますが、粒子のナノ化により、肌表面の隙間を透過できるようになり、それが肌内部に蓄積することによる影響が危惧されており、塗った心地は良くても肌への負担は変わらないと言われています。

現状、研究があまり進んでおらず、肌への影響についてはクエスチョンマークで、ナノ化の記載も特に義務付けられてはいません。

また、紫外線散乱剤の光触媒効果による活性酸素の発生の問題もあるので、表面をコーティング処理しているものも最近は多いですね。

日焼け止めを選ぶ際にはそのようなことにも注目して選ぶようにするとハズレを引くことが少なくなると思われます。

最後に、白浮きしにくい、おすすめの日焼け止めをご紹介します。

肌に優しい!敏感肌でも使える!白浮きしない日焼け止めのおすすめ!

summer

アルマード・オーディUVミルクN

公式

Amazon・楽天・Yahoo!

私が使った日焼け止めの中で白浮きせず、使い心地がよかった日焼け止めを紹介します!

卵殻膜を使って作られている、アルマードの日焼け止めは美容液使用なので、塗心地が軽いです。

そして、SPE50+/PA++++と値がとても高いので、強い紫外線から肌を守ってくれます。

紫外線吸収剤を使っておらず、色味もついていないため1日中つけていても白浮きしませんでした。

塗心地が軽く、さらっとしているので、日焼け止め特有のベタつきもなく日焼け止めをつけていることを忘れるほどです。

美容液使用なので、美容成分もたくさん入っています。

紫外線を浴びた肌に必要な成分【ヒナギク花エキス・オウゴン根エキス・カンゾウ根エキス・ナツメ果実エキス・セイヨウナシ果汁醗酵液・ビフィズス菌培養溶解質】が入っています。

更に、加水分解コラーゲン・ヒアルロン酸なども配合されています。

紫外線対策と共に、肌に必要な栄養も摂れるので一石二鳥の商品です♪

パーフェクトポーション アウトドアサンスクリーン

1歳のお子様から使用できます。

伸びもよく、合成保存料やナノ化された成分原料もありません。

ウォータープルーフで汗にも強く白浮きしにくいのが特徴です。

NOV UVローションEX

敏感肌の方に好まれるNOVシリーズの日焼け止めです。

敏感肌を紫外線からガードし、肌馴染みも良く白浮きしにくいのが特徴です。

無香料、無着色、低刺激。化粧下地としても使用できます。

どうしても白浮きしてしまう人へのアドバイス

質感が柔らかくて伸びの良いものを選びましょう。

伸びが良いものは顔だけでなく首筋からデコルテまで塗ることができますので白浮きが目立ちにくくなります。

ファンデーションは明るさをワントーン落としてみましょう。

そうすることで、首の色とお顔の色が自然にぼかすことができ、白浮きを予防できます。

まとめ

白浮きしやすい紫外線散乱剤の日焼け止めと、白浮きしにくい紫外線吸収剤の日焼け止め、結局どっちがいいとは一概には言えません。

白浮きだけに着目する方は紫外線吸収剤配合の日焼け止めを使用すると良いでしょう。

また、お肌への負担を減らしたいという方は紫外線散乱剤配合の日焼け止めを使用するというように、ご自身の目的と重視すべきことを踏まえて日焼け止めを選んでみてはいかがでしょうか。

今では数え切れないほどの日焼け止めがありますので、そんなところも日焼け止め選びの楽しい(?)ところかもしれませんね。

上記でも述べたデメリットにも注意しながら使用することをお勧めします。

陽射しが気になるこの夏、強敵ともなる紫外線をうまくガードして美肌を保ち、夏を楽しみましょう!

alligator
【まとめ】紫外線・日焼け記事一覧

紫外線 紫外線の種類と影響 ・紫外線UVA・UVB・UVCの波長の違いが生む肌への影響と対策! ・紫外線UVAの波長の長さがもたらす皮膚の真皮の老化とは?対策は? ・紫外線UVBは表皮細胞の遺伝子DN ...

続きを見る

記事下

記事下

-未分類
-,

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.