紫外線・日焼け

赤ちゃんへの日焼け止めはいつから必要?肌に優しい日焼け止めとは?

更新日:

shells
赤ちゃんにはどのような日焼け度止めを選べば良いのでしょうか?

紫外線の強い時期になると、気になるのが赤ちゃんの日焼けです。

赤ちゃんの肌は、大人に比べて皮膚が薄くデリケートです。

日焼けがひどくなると、ヤケドのような症状や水ぶくれになるおそれもあります。

また最近の研究では、赤ちゃんの頃に紫外線を浴びすぎると将来シワやシミが増える原因になったり、免疫低下や皮膚がんリスクの増大といった重大な影響も出ることがわかっています。

大切な赤ちゃんの肌を守るために、適切な日焼け止めを選ぶポイントをご紹介します。

赤ちゃんへの日焼け止めはいつから必要?注意点は?

little-girl

日焼け止めはいつから使える?必要?

日焼け止めによっては新生児から使えるものもありますが、一般的には生後2~3ヶ月を過ぎたころからの使用がおすすめです。

それより月齢が低いうちは、日焼けをするほど長時間の外出は控えたり、午前中や夕方など紫外線の少ない時間帯を選んで外出するようにしましょう。

日焼け止めのパッケージ裏などに使用可能な月齢が書かれていることが多いので、しっかり確認してから使いましょう。

日焼け止め選びで気を付けること

ベビー用と書かれているか

日焼け止めには様々な種類がありますが、必ず「ベビー用」と書かれているものを選びましょう。

「子供用」と書かれている日焼け止めでも、赤ちゃんにとっては肌の負担になる成分が含まれている場合があります。

成分を確認する

日焼け止めの中には、赤ちゃんの肌には負担が大きいものが含まれている場合があります。

合成界面活性剤、合成ポリマー、防腐剤、窒素化合物、リン酸化合物などは毒性のある成分です。

大人であれば少々含まれていても問題ありませんが、赤ちゃんには好ましくない成分です。

また、紫外線吸収剤という成分が使われていないかも確認しましょう。

紫外線吸収剤は、その名の通り紫外線を吸収してくれるため、肌に紫外線が届くのを防ぐ効果があります。

使用感がサラっとしていて水分に強いという特性があるため、レジャー用などの日焼け止めによく使われています。

しかし紫外線吸収剤は刺激が強く、大人でも敏感肌の人は肌荒れを起こすことがあります。

ただでさえデリケートな赤ちゃんの肌には控えたい成分です。

紫外線吸収剤が使われていない日焼け止めは「ノンケミカル」と表示されていますので、日焼け止めを選ぶ参考にしましょう。

また、なるべく無添加・無香料、アルコールフリー、オーガニックと記載された赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めを選ぶようにしましょう。

日焼け止めの強さを確認する

日焼け止めの効果の強さをあらわすSPFやPA。

SPFやPAの数値が高いほど、日焼け防止効果が高いといえます。

赤ちゃん用の日焼け止めには肌の刺激を考えて、これらの数値が低いものを選ぶようにしましょう。

通常のお出かけであればSPF15~20、PA++程度、レジャーシーンであればSPF20~40、PA+++程度の日焼け止めが目安です。

肌に合うかどうかを確認する

赤ちゃんの肌はとても敏感です。

そのため、成分を確認して無添加やオーガニックの日焼け止めを選んでも、製品によっては赤ちゃんの肌に合わないことがあります。

顔や体全体に塗る前に、必ずパッチテストをして日焼け止めが肌に合うかどうか確認しましょう。

赤ちゃんへのパッチテストは以下のような手順でおこないます。

二の腕や太ももなど、赤ちゃんの肌の柔らかい部分に日焼け止めを10円玉程の大きさに塗ります。

24時間おきに肌の様子をみます。

2日過ぎても赤みなどの異常が出なければ、肌がより敏感な顔や首などにも塗り、ふたたび様子をみます。

パッチテストの途中でも、赤みやかぶれなどの症状が出たときはすぐに使用を中止して、日焼け止めを塗った個所をしっかり洗い流してください。

まとめ

日焼け止めは、赤ちゃんの肌を有害な紫外線から守ってくれる大切なものです。

こうした点に気を付けて、赤ちゃんの肌に合った日焼け止めを選びましょう。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-紫外線・日焼け,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.