季節の行事 秋の行事

お月見とは?2018年はいつ?月うさぎの由来やなぜ餅つき?

投稿日:

astronomy
秋といえばお月見ですが、皆さんは毎年、お月見はしていますか?

空気が澄んで、お月様が綺麗に見える十五夜や十三夜には夜空を見上げて楽しむ、秋の醍醐味です。

十五夜や、十三夜は知っているけど十日夜って何だろう?と思っている方も多いでしょうか。

お月見と関係があるの?何をする行事?

また、月うさぎの伝承なんかについてもご紹介いたします。

お月見(十五夜・十三夜・十日夜)と月うさぎの言い伝え

moon-rabbit

お月見〜十五夜・十三夜・十日夜の由来や意味〜

お月見とは、十五夜と十三夜、また十日夜のことを言います。

十五夜は、(旧暦八月十五日)1年で一番月が綺麗に見える日で、中秋の名月とも言われます。

夏の作物の収穫がほぼ終わり、稲刈りをする期間までの手が空いている時期に稲の豊作を祈ります。

「お月様を愛おしみ、秋の収穫の時期に神様へ恵の感謝をする」、また、「物事の結実」や「祖先との繋がり」に感謝し祈ることが十五夜です。

ちなみに、今年の十五夜は9月24日です。

full-moon-1
中秋の名月(十五夜)とはいつ?満月ではない方が多い?食べ物は?

夏の暑さが少し和らぎ、吹く風が秋らしくなってきました。 夏の終わりが近づくとなんだか切ない気持ちになる私ですが、秋の一大イベントとして十五夜は毎年楽しみにしています。 ちなみに、今年の十五夜は、9月2 ...

続きを見る

十三夜と言いますと(旧暦九月十三日)、1年のうちに二番目に月が綺麗な日とされており、月が一番綺麗に見える十五夜の一ヶ月後です。

それで、十五夜を「前の月」と言い、十三夜は「後の月」と言われます。

十三夜の時期には豆や栗が多く収穫されるため、「栗名月」や、「豆名月」とも言われます。

ちなみに、十五夜は中国から伝わった風習ですが、十三夜は日本固有の風習です。

ちなみに、今年の十三夜は10月21日です。

juusanya
十三夜とはいつ?読み方や意味は?満月にはならない?片見月とは?

みなさんは十三夜を知っていますか? 中秋の名月(十五夜)なら知っているけど十三夜は・・・という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、この十三夜は、十五夜と並ぶほど美しい月であったとされま ...

続きを見る

そして、十五夜、十三夜の他に「十日夜」というものがあります。

読み方は、「とおかんや」です。

これは、旧暦十月十日に行われる行事で、『稲刈りを終え、田の神が山へ帰っていくのを見送る行事』とされています。

刈り上げ十日とも言われており、稲刈りはこの日までに終わらせねばならないと考えられていました。

十五夜と十三夜のお供え物は、お団子や旬の野菜、果物、ススキなどですが、十日夜のお供え物はその年の収穫を感謝し、翌年の豊穣への祈りを込め、餅やぼた餅をお供えします。

また、稲刈り後の藁を束ね、藁づとや藁鉄砲を作り大人数で各家庭を訪れ、地面を叩きながら唱え言をするという行事になっています。

十日夜は、十五夜や十三夜のように、お月見がメインというわけではないということがわかりますね。

ちなみに、今年の十日夜は11月17日です。

いろんな月の呼称

ここでは、お月見にちなんで、季節や風情を表現する月の色々な呼び名についてご紹介いたします。

気象・天候による月の呼称

雨月:雨の夜の月のことで、十五夜が雨で見えない状況にも使います。

薄月:薄い雲のかかった月のことを言います。

無月:十五夜が曇り空で月が全く見えない状況のことを言います。

季節・季語

春月:春は、空気中の水分が増し、月が潤んだように見えます。

夏月:月の光が地上を白く照らしている様子が涼しく感じられますが、夏は夜が明けるのが早く月の照らす時間は短く、夏の月には儚さを感じます。

秋月:十五夜や十三夜という風習があるように一年のうちで、月がとても綺麗に見えます。

冬月:突き刺すような寒さのある冬には、月も冷たさがあり、冴えて寒々しい印象があります。

おぼろ月:かすんだ光の淡い月のことです。

時間によって見える月

たそがれ月:黄昏時の時間に見える月です。

残月:夜が開けた空に残っている月のことです。

暁月:暁の空に残っている月のことです。

月にはうさぎがいる?月うさぎの言い伝えとは?

rabbit
幼少期、よく「月にはうさぎがいる」と聞かされた記憶があります。

そして、月を見上げると、本当に月にうさぎがいるように見えたりと、なんとも不思議ですが、この月うさぎのお話はどのようにして言い伝えられていたのでしょうか?

元はインドの昔話

『昔、あるところにうさぎとキツネとサルがいました。ある日、3匹は疲れ果てて食べ物を乞う老人に出会います。3匹はこの老人のために食べ物を集めます。サルは木の実、キツネは魚、ウサギは一生懸命頑張っても、一つも食べ物を集めることができませんでした。そこで悩んだウサギは「私を食べてください」と、火の中へ飛び込み、自分の身を老人に捧げます。この老人は実はお願いがあるのです、3匹の行いを試そうとした帝釈天という神だったのです。帝釈天はこのウサギを哀れみ、月の中、蘇らせ皆のお手本にした。』という話から、月にはうさぎがいると言い伝えとなったのです。

月うさぎが餅をついているのはなぜ?

先ほどご紹介したインドのお話から、月に登ったウサギは老人に食べ物を渡すことができなかったために、老人にあげるため餅をついていると言われています。

お月見の行事が収穫祭であることから、「お米の豊作に感謝しましょう」という気持ちが込められ、うさぎが餅つきをしている影に見えると言われています。

しかし、これは国が変われば、見え方もそれぞれのようです。

世界での月の見え方

日本・韓国・・・餅つきうさぎ

中国・・・薬をついているうさぎ

アメリカ・・・女性の綺麗な横顔

北ヨーロッパ・・・読書しているおばあさん

南ヨーロッパ・・・大きなハサミを持つカニ

東ヨーロッパ・・・横向きの女性

モンゴル・・・犬の形に見える

ドイツ・・・薪を担いでいる男性

アラビア・・・吠えるライオン

世界の国々によって、月の見え方が違うのは面白いですね。

満月を見かけた時には、世界の月の見え方を思い出して見て見るとまた面白いかもしれませんね。

まとめ

十五夜や十三夜はお月様メインですが、十日夜は月ではなく、田の神を見送る行事だということがわかりました。

どの時代も、豊作を願い感謝する気持ちは変わらないのですね。

月兎の言い伝えは、うさぎのやり方に感動しました。

これからみる月がこれまでと変わって見えると思います。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.