季節の行事 秋の行事

十三夜とはいつ?読み方や意味は?満月にはならない?片見月とは?

投稿日:

moon
みなさんは十三夜を知っていますか?

中秋の名月(十五夜)なら知っているけど十三夜は・・・という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、この十三夜は、十五夜と並ぶほど美しい月であったとされます。

この記事では、十三夜の由来や意味、十五夜との違いやお供え物などなど、十三夜についてをあれこれご紹介します。

十三夜の読み方や意味・お供え物や食べ物

juusanya

十三夜はいつ?読み方や意味は?

まず、今年の十三夜は10月21日で、読み方は普通に「じゅうさんや」です。

そして、十三夜とは、十五夜(旧暦8月15日)の一ヶ月後の、旧暦9月13日(新暦10月13日)にあり、十五夜の次にお月様が綺麗だと、昔から大切にされてきた風習です。

月の形としては、満月より少し欠けていますが、1年の中で空気が澄んでいる日で、月がとても綺麗に見えるというわけです。

満月に次いで美しいお月様と言われ、中秋の名月を「前の月」、十三夜を「後の月」と呼んだり、両方の月を合わせ、「二夜の月」と言ったりもしました。

また、十三夜は、日本固有の風習で、延喜19年(919年)に宇多天皇が十五夜の宴に加え、その後にまた、お月見を行なったことが始まりと言われています。

ちなみに、この十三夜の時期は、稲作の収穫を終える地域が多く、収穫祭として栗と豆の収穫祭の意味合いもあって『栗名月』、『豆名月』とも言われます。

十三夜は満月になることはない?

十五夜は満月と重なることがありますが、十三夜が満月になることはありません。

というのも、新月から満月を迎えるまでの日数は最短でも13.8日かかり、新月が1日の午前0時ピッタリに訪れたとしても、満月になるのは少なくとも13日と19.2時間後である14日の午後の夜7時頃であり、十三夜と満月は重なることはありません。

片見月は縁起が悪い?

片見月とは、中秋の名月にだけお月見をし、十三夜はお月見をしない、片方だけしかお祝いしないことを言います。

これは、江戸の遊里が発祥と言われており、江戸の遊里、吉原で『十五夜に遊んだならば、十三夜にも遊びに来なければ縁起が悪い』と言ったことが有力説で、要は客寄せのような言い方でしょうか。

十三夜には来ず、十五夜だけにしか遊びにいかないと片見月で縁起が悪いよとお客さんに言い、十三夜にも遊びに来させるということですね。
 

お供え物や食べ物は?

十五夜にはお団子や野菜、ススキなどたくさんのお供え物をしますが、十三夜にもお供え物はするのでしょうか?

答えはイエスです。

十三夜にはお団子やその時期に収穫する栗、豆、野菜、そしてススキをお供えします。

お団子は、米粉を使用した白くて丸い形容です。

この形容は、収穫、健康、幸せを表していると言われています。

数は、十三夜なので13個お供えします。

並べ方は、下に9個、上に4個というように並べます。

ススキは、神様の依り代と考えられており、稲穂が実る前のこの時期に稲穂に似たススキをお供えするようです。

また、魔除けとしても効果がありますね。

十五夜との違いは?

十五夜と、十三夜との違いはこのようになっています。

・十五夜は中国から伝わった風習で十三夜は日本固有の風習。

・十五夜の夜空は雲に隠れることが多いが、十三夜は晴れることが多い。

・お供え物の団子の数が、十五夜は15個、十三夜は13個。

・十五夜の月は満月(じゃないこともあります)、十三夜は欠けている。

・十五夜は芋名月とも言われ、十三夜は栗名月、豆名月と言われる。

十三夜に関連のある作品

十三夜という作品を書いた小説家がいます。

「樋口一葉」です。

樋口一葉の「十三夜」という作品は、明治時代を生きた女性を描いたもので、内容はあまり明るくはありません。

明治時代ならではの、男尊女卑の時代の女性の悲しさや庶民の貧しさを描いているとも捉えられます。

この、「十三夜」を書いた時、樋口一葉は23歳。

哀愁漂う作品なだけに、びっくりです。

十三夜の涼しい月夜に、十三夜を読みふけるのもまた良いかもしれませんね。

そのほか、「十三夜」という題名で曲を出しているのが島倉千代子さんや桜ふみ子さん、Coccoさんや鈴木雅之さん、谷村新司さんなど多数いらっしゃいますね♪

まとめ

十三夜について、知識が豊富になったのではないでしょうか?

十五夜との違いもありますが、有名な十五夜だけでなく、十三夜もぜひお月様を見上げて日頃の感謝を込め、みなさんでお月見するのもいいですね!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.