夏の行事 季節の行事 春の行事 秋の行事

お彼岸とお盆とはいつ?意味や由来の違いは?お墓参り以外に何する?

投稿日:

bukka
毎年8月に迎えるお盆とお彼岸、この二つの違いご存知でしょうか?

「親戚皆で集まり、先祖を敬う」「お墓参りする」ということはなんとなくわかります。

何気に過ごしている年中行事こそ、深い意味を知らなかったりしますよね。

ここでは、お盆とお彼岸について、それぞれの特徴をご紹介いたします。

お彼岸とお盆の意味や由来の違いやお墓参り・お供え物・食べ物

hakamairi

お盆の由来や意味

お盆は、旧暦(明治時代以前)は7月15日を中心に、13日に迎え火で16日に送り火としていました。

これが新暦になると、お盆の期間と農作業の繁忙期と重なってしまったためにひと月遅れの8月13日から16日に行う所が多くなりました。

現在、地域によってお盆の時期は少し違っています。

お盆の名称は、正式には『盂蘭盆』と言って、由来は古代インド語の一つのサンスクリット語の「ウランバナ」を漢字に当てはめたものとされています。

ウランバナは、「地獄の責め苦から救う」という意味があります。

釈迦の高弟の一人である目蓮は、神通力で、亡き母が餓鬼道の堕ち苦しんでいる姿を見ます。

そんな母をなんとかしたいと釈迦に尋ねると「7月15日に供養しなさい」と教えられます。

その通りに供養すると、目蓮の母は極楽道へと行くことができたという言い伝えです。

この供養の習わしが日本へと伝わり、日本古来の「先祖祭」や「精霊祭」、「霊魂祭」と融合し、お盆の習慣が普及したとされます。

お盆の過ごし方〜お墓参りや迎え火・送り火など〜

お盆の期間の過ごし方は、主に、このような流れになります。

お供え物や花、線香、ろうそく、お迎え提灯を用意し、仏壇から位牌を移動しておきます。

そして、霊供膳、仏具、花、きゅうりの馬やナスの牛をお供えします。

午前

「お迎えは早く、送りは遅く」と言われることから、できればお墓参りは午前中で済ませると良いでしょう。

夕方

祖先の霊を迎えるために盆提灯を灯火、家の玄関先や門の入り口で迎え火をたきます。

これは、先祖が迷わずに帰ってこれるようにという意味合いがあります。

14日と15日

お盆の期間中は灯明を絶やさず、家族と同じ食事を朝昼晩3回お供えします。

僧侶を招き、読経していただきます。

そして、親族や知人を招き会食したりもします。

16日

祖先の霊をお見送りするために、家の玄関先や門の入り口で送り火をたきます。

送り火をたくのは、帰る道を明るく照らすためです。

お彼岸の由来や意味

お彼岸は、春と秋の年二回、春分の日と秋分の日を中日として前後を含めた7日間の行事です。

お彼岸も、インドのサンスクリット語の『波羅蜜多』から由来しており、煩悩と迷いの世界である此岸にあるものが「六波羅蜜」の修行をすることで「悟りの世界」すなわち「彼岸」の境地へ到達できるというものです。

太陽が真東から上がって、真西に沈み、昼と夜の長さが同じになる春分と秋分を挟んだ前後3日の計7日間を彼岸と呼び、この期間に仏様の供養をすることで極楽浄土へ行くことができると考えられています。

お彼岸の過ごし方

春と秋のお彼岸の過ごし方は、基本的に同じです。

お墓参りに行き、先祖に挨拶をし、仏壇にはいつもより少し豪華なお供え物をします。

お寺によっては、彼岸会や施餓鬼という行事を行うこともあり、地域によって春祭りや秋祭りなどあります。

また、お彼岸のお墓参りには餡子のお餅と彼岸花を使用します。

御墓参りの手順は「お墓掃除」、「お供え」、「お参り」です。

落ち葉などを拾ったり、草を抜いたり、濡れ雑巾で墓石を綺麗に拭きます。

次に、お花や食べ物をお供えします。

秋のお彼岸には彼岸花を使うことが多いですが、季節の花でしたらどのようなものでも良いでしょう。

餡子餅は、春のお彼岸には「ぼた餅」を、秋のお彼岸には「おはぎ」をお供えします。

そして、線香に火を付けて手であおぎ、火を消してから線香立てへ納め、手を合わします。

お盆とお彼岸の違いのまとめ

お盆について、お彼岸についてそれぞれの由来や過ごし方を理解していただけましたでしょうか?

お盆とお彼岸の違いについてまとめてみました。

・お盆は先祖が里帰りする期間です。

・お盆は先祖が里帰りするので、ごちそうをたくさん用意しますがお彼岸はお盆ほど盛大にする必要がなく、お墓参りがメインになります。

・彼岸はあの世とこの世が近くなるといわれています。

・お盆には季節の野菜や果物を、お彼岸には、春はぼたもち、秋はおはぎをお供えします。

・お盆には菊の花、お彼岸には彼岸花、または季節のお花をお供えします。

まとめ

お盆とお彼岸について、由来や過ごし方をご紹介しましたが、初めて知ることも多いのではないでしょうか?

私自身、お盆やお彼岸の由来がインドのサンスクリット語からきていることなどを初めて知りました。

普段、昔から続く行事として何と無く過ごしていましたが、歴史や由来を把握することによって、また違う形でご先祖様を敬い感謝できるような気がします。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-夏の行事, 季節の行事, 春の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.