季節の行事 秋の行事

招き猫の発祥の歴史と由来とは?右手左手や色の違いの意味は?

投稿日:

cat
招き猫といえば?と聞かれて、連想することはなんですか?

「商売繁盛」や「金運アップ」などかと思います。

昔から、招き猫は縁起物と知られていますが、招き猫について、由来や手をあげている意味、招き猫の歴史は意外と知られていないことが多いです。

ここでは、招き猫について色んな角度からスポットを当ててみたいと思います!

招き猫の発祥の歴史や由来と手や色の違いの意味

cat

招き猫の発祥の歴史と由来

招き猫について言われているのは3つあり、彦根藩主:井伊直孝が豪徳寺の門前で手招きをする猫に誘われ、休息していたところ落雷の難を逃れたというのです。

落雷に会わずに済んだ井伊直孝は後日荒れていた豪徳寺を立て直すために多額の寄進をして豪徳寺は盛り返したというものがひとつめの伝承です。

もうひとつは、可愛がる愛猫の話です。

江戸の新吉原に猫好きの三浦屋の薄雲太夫(うすぐもだゆう)がいて、花魁道中にも愛猫を抱いて歩き、また寝床や厠までも一緒と、本当に可愛がっていましたが、後にそれが「薄雲は魔性の猫に魅入られた」と町中で噂になります。

ある時、その噂を聞いた三浦屋の主人が厠に入ろうとすると、薄雲の足元にいた愛猫の首を切り落としてしまいます。

しかし、はねられた愛猫の首は宙を舞い、厠に潜む大蛇を噛み殺し、薄雲を助けます。

愛猫の死を嘆き、悲しみに暮れる薄雲のため、贔屓客が長崎から取り寄せた伽羅の高価な香木で、猫の姿を掘らせて贈ったそうで、その猫人形の類似品が浅草あたりで販売され、招き猫人形となったという歴史もあります。

さらに三つめは、浅草今戸の今戸焼から、という説です。

安土桃山時代初頭の天生年間(1573〜1592年)、隅田川西岸の今戸地域で焼物に適した粘土が採取されたため、付近の人々は瓦や生活雑器を作るようになります。

江戸時代になり、徳川氏の江戸入府にともなって、愛知県三河から陶工が移住してきたことや江戸の賑わいにより今戸焼も繁盛し、元禄の頃には土人形も盛んにつくられていたようです。

招き猫の手や色の意味とは?

cat
招き猫は、一般的に片手を挙げていますよね。

この挙げている手に、実は意味があります。

左手だけ、右だけ、もしくは両手をあげているものなど色々あります。

また、色によっても意味が違ってくるようですので、ご紹介します。

左手を挙げている招き猫・・・雌猫で、千客万来・縁結びに効果があると言われています。

右手を挙げている招き猫・・・雄猫で、金運や幸運を招くと言われています。

両手を上げている招き猫・・・性別は不明、お客様と金運両方を招くと言われています。

手の高さ・・・耳より長いものは遠くの福や大きな福を招くと言われています。また、耳より短いものは近くの福や、ささやかな福を招くと言われています。

白・白三毛・・・清らかで、心を落ち着かせ福を招きます。

黒色・・・病を防ぎ、厄除けに効果があります。また、勝負運にも効果あり。

金・黄色・・・色の通り、金運を招きます。

銀色・・・長寿を招きます。

赤色・・・健康運に効果があります。

ピンク・・・色の通り、恋愛成就に効果あり。

緑色・・・学業成就・才能・能力開花。

青色・・・安全祈願。

両手を上げている招き猫は、千客万来と金運両方を招きたい願望から、欲張りすぎてお手上げになるという考え方があります。

「招き猫の日」ご存知ですか?

9月29日は、招き猫の日です。

9(くる)2(ふ)9(く)の語呂合わせにちなんで招き猫の日に制定され、福を招く猫へ、感謝の気持ちを表す記念の日です。

この招き猫の日に、伊勢ではおかげ横丁「くる福招き猫祭り」や、瀬戸の「招き猫まつりin瀬戸」などイベントも開催されています。

招き猫スポットに行ってみたい!

招き猫にはあらゆる福を運んできてくれるご利益があるようですので、招き猫スポットがあるなら行ってみたい!そう思った方へ招き猫スポットをご紹介します!

愛知県:とこなめ招き猫通り


愛知県常滑市、コンクリートの壁に並ぶのは猫!

陶芸職人39人により作成された「御利益陶製招き猫」や、「本物そっくり猫」、超特大サイズの「巨大招き猫」などがあります。

巨大招き猫は幅が6.3メートル、高さ3.2メートルと本当に大きい招き猫です!

とこなめ招き猫通り

東京都:招き猫の寺:豪徳寺


彦根藩主の井伊直孝が通りかかった寺の前で、猫の招きによってこの寺で休みを取ったことで落雷にあわずに済み、これを縁とし菩提寺となったと言われています。

数えきれない招き猫で埋めつくされている光景には驚きます。

招き猫の寺:豪徳寺

東京都:今戸神社


浅草からバス数分で到着する今戸神社は、東の招き猫発祥の地」と称し、観光情報などでもよく紹介されています。

大きな招き猫や、石なで猫が迎えてくれます。

また、『貧しかった老婆の夢枕に手放した愛猫があらわれ、「自身の姿を形にしたら福が訪れる」』といい、それを今戸焼の人形にしたら評判になったなんていう話もあるようですね。

今戸神社

まとめ

招き猫は福を呼ぶことはわかっていましたが、招き猫の日走りませんでした。

9(くる)2(ふ)9(く)の語呂合わせは本当にめでたい合わせ方で、つい招き猫が欲しくなりました。(笑)

招き猫の手の上げ方や色によって意味が違ってくるのはとても面白いですね。

今のあなたは何色の招き猫が欲しいですか?

私は猫が飼いたいです(笑)

ノルウェージャンフォレストキャットがかわいいなぁ〜。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.