季節の行事 秋の行事

ハロウィンの本場アメリカの過ごし方は?日本のハロウィンはおかしい?

投稿日:

halloween
秋の一大イベントにもなり、日本でも盛り上がりを見せるハロウィン。

近くなるに連れ、まちはハロウィン仕様になっていきますね。

見るだけで楽しい気分になりますが、なぜ日本でもこのような盛り上がり見せているのでしょうか?

そして、本場のハロウィンはどのような盛り上がりを見せているのでしょうか?

この記事では、海外と日本のハロウィンの違いについて、あれこれお話しします。

本場アメリカのハロウィンの過ごし方は?日本との違いは?

halloween

ハロウィンとはどのようなイベント?由来や意味は?

本場外国のハロウィンは、実りの秋に行われる祭りから、収穫をお祝いします。

また、ケルト民族にとっての一年の終わりである10月31日の大晦日、死者の世界とこの世が繋がり、霊が身近な人の元にやってくると考えられています。

死者の世界からは、悪霊もついてくると言われているため、お化けや魔女の仮装をする人も多いです。

魔女やお化けの仮装にも、「こうした悪い霊に連れて行かれないように」という意味合いがあるようです。

そして、ハロウィン起源のケルト人の国のアイルランドは、10月最後の週の月曜日が祝日となっており、この祝日に続く週は、全ての学校が休みになります。

<ハロウィンをお祝いする国>

・アメリカ・イギリス・アイルランド・ニュージーランド・カナダ

本場アメリカのハロウィン!何するの?

アメリカでは大きなイベントの一つです。

ハロウィンが近づくにつれ、スーパーマーケットなどにはたくさんのハロウィングッズが並びます。

仮装グッズやお菓子だけでなく、ペーパー類や石鹸類までもがハロウィン仕様になるなど大賑わいを見せます。

そんなアメリカのハロウィンは、どういうことをするのかというと?

①:かぼちゃを買いに行きます。

halloween
自らジャック・オー・ランタンを作り、玄関に飾ります。

普通のかぼちゃではなく、オレンジ色のかぼちゃです。

種類としては、ペポカボチャやプッチーニあたりでしょうか。

いろんな表情をしたジャック・オー・ランタンが並びます。

②:ハロウィンデコレーションをします。

halloween
かぼちゃの飾りで家の庭を賑やかにします。

かぼちゃだけではなく、魔女のオブジェや骸骨、コウモリなど不気味なものを飾ることが多いです!

それぞれのお家で工夫され、お菓子をもらいにくる子供達を迎えます。

③:どういった仮装にするか考える

halloween
定番は魔女やジェイソン、ハリーポッターやウォーリー、ディズニーものやウケを狙ったものなど豊富にあります。

去年とはまた違う仮装を用意して、その年その年で楽しみます!

④:キャンディーやチョコを用意

halloween
『トリック・オア・トリート!』と近所を回る子供達がきますので、お菓子は必ず用意します。

たくさんの子供達に渡せるように、小さいサイズのお菓子を準備して置くことが多いようです。

日本ではなかなかここまでは行っていない地域が多いですね。

⑤:大人のパーティー

coffee
ハロウィンパーティーを開催するところが多いようです。

アイルランドでは、『バームブラック』というケーキを食べる習慣があります。

このケーキは、フルーツケーキでケーキの中には指輪やコインなどを入れておきます。

そして、指輪が出てきた人は結婚が近い、コインが出た人はお金持ちになると言われています。

びっくりなのが、会社によっては仮装して出勤するよう言われるところもあるようです。

日本では、仮装したまま出勤はなかなかないことですね。

一方、日本のハロウィンは?

本場のハロウィンはケルト文化により生まれた行事ですが、日本で行われるハロウィンは、『娯楽』と言って良いでしょう。

仮装に関しても、アニメや漫画、映画のキャラクターが多く見られ、本場での仮装のような不気味なものは少ないように見受けられます。

娯楽と考えられていますので、学校が休みになるなどはありません。

また、ハロウィンにはこれを食べる!と言った料理などもありませんね。

まとめ

本場外国でのハロウィンは、とても盛大に開かれ待ち遠しい行事のようですね。

各家庭のお家の庭に飾られたハロウィン飾りを一度は生で見てみたいものです!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.