季節の行事 秋の行事

ハロウィン発祥の歴史!由来や意味とは?日本にはいつから定着した?

投稿日:

halloween
最近は、日本でもハロウィン(Halloween)になると、街中に仮装した人々で溢れとても賑やかですね。

毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

ハロウィンといえば、子供達が仮装をし、ご近所さん宅を回り、「トリックオアトリート!」と言ってお菓子をもらうということがイベントとして知れ渡っていますが、ハロウィンの由来や起源、その行事としての意味を知っていますか?

この記事では、ハロウィンについてのあれこれを説明していきます。

ハロウィンの由来や起源とは?日本にはいつから定着した?

halloween

そもそもハロウィン(Halloween)とは?

ハロウィンとは、11月1日、カトリックの諸聖人の日の前夜である10月31日に行われるお祭りのことで、もとはアイルランドやスコットランドから始まったと言われています。

この祭りは、古代ケルト人が行っていたと言われており、『秋の収穫を祝い、悪霊など悪いものを追い出す』という宗教的な意味合いがありました。

しかし、現在は宗教的な意味合いがだんだんと薄れてきており、また、アメリカ合衆国で民間行事として定着しています。

ハロウィン(Halloween)の起源や由来

古代ケルト人は、11月1日を新年としており、大晦日の10月31日には、死者の魂が家族に会いに来ると考えられ、この魂と一緒に悪霊も来ると信じられていました。

この悪霊は、こどもをさらったり家畜や農作物にも悪さをすると言われていたため、悪霊を驚かすことで追い払おうという思いつきで仮面を被ったり(仮装)、焚き火を焚いたりしました。

その後、ケルト人はキリスト教のカトリック系民族に新緑されてしまいます。

しかし、ケルト人の風習は消えることなくキリスト教に取り入れられました。

キリスト教の11月1日は、All Hallo’s Day(諸聖者の日の前)と言われており、全ての聖人と殉教者を記念する祝日となっています。

この前夜の10月31日はAll Hallo’s Even(諸聖者の日の前夜)と呼び、これから『Halloween』や『Hallowe‘en』と略されたのがハロウィンの語源です。

しかし、キリスト教と直接関係性はないようで、キリスト教の教えの深いアメリカ人が、日付を関連付けて広めたひとつの行事であり、宗教的な意味合いは全く無いようです

日本とハロウィン

日本では、1970年代にキディランド原宿店がハロウィン関連のグッズを取り扱いました。

それから、1983年にキディランドが販売促進のために原宿表参道で開催したハロウィンイベント、『ハローハローウィンパンプキンパレード』。

こちらは、日本で初めて行ったハロウィンイベントだといわれています。

第一回は、だいたい100人程度の人々が仮装し賑わったようですが、参加者は日本人より外国人が多かったようです。

それから大幅に広くハロウィンが知れ渡るようになったきっかけは1997年東京ディズニーランドが、2002年にはユニバーサルスタジオジャパンが、ハロウィンイベントを開催したことです。

日本の有名テーマパークが開催しただけあって、今までハロウィンを知らなかった人たちにも浸透していったのでしょう。

ハロウィン(Halloween):元はご先祖様に感謝する日

先ほど述べたとおり、ケルト人はハロウィン(10月31日)を大晦日としていました。

そこから、もともとは、『一年を振り返り、ご先祖様に感謝をする日』であったと考えられています。

そこに、収穫祭が加わり、一気にお祭り感が出てきたのでしょう。

そこからアメリカへと伝わり、商業的なイベントへと変化していったと考えられます。

そして、アメリカから日本へと伝わった今では、収穫など関係なく子供はご近所を周り、お菓子をもらう。

大人は仮装をして賑やかにパーティーを繰り広げるようになっていますね。

まとめ

年に一度のハロウィン、心待ちにしている人も多くいるのではないでしょうか?

古代ケルトから伝わっている行事ということや、キリスト教に直接的な関係はない事など、今年のハロウィンパーティーにひとつ知識をお披露目してはいかがでしょうか。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.