毛穴・角栓

毛穴の白いニュルニュルは放って置くと黒いブツブツに!キレイにするには?

投稿日:

rose
お風呂上がりにふと鏡を覗くと、ニョキッと白いニュルニュルが生えている。

このようなことは誰しも経験があるかと思いますが、その白いニュルニュルは放って置くと、黒いブツブツへと進化を遂げ、私達のお鼻をイチゴにします。

この白いニュルニュルや黒いブツブツは角栓といい、どんな肌質の方にも存在するものです。

そこで、目立つ人と目立たない人との肌の違いとはどのようなものなのでしょうか?

この記事では、角栓がどのようにして生成され、その原因から改善方法をまとめていきたいと思います。

毛穴の白いニュルニュル・黒いブツブツの原因と改善方法

woman

白いニュルニュルと黒いブツブツの正体とは?

毛穴から顔を出している、白いニュルニュルや黒いブツブツは、角栓といいます。

その名の通り、毛穴に蓋(栓)をすることから角栓と、そのまんまですね。

先程、どんな肌質の方にも存在すると言いましたが、この角栓は、毛穴内部に細菌などの外敵が侵入するのを防ぎ、毛穴から皮脂が出ていくことはあっても、基本的に毛穴内部に侵入することは角栓により妨げられているということです。

そして、この角栓は、表皮細胞が脱核した角質と皮脂により構成されています。

しかし、どうして大きく目立つ人と小さい毛穴レスな人がいるのでしょうか?

角栓生成の原理〜皮脂の過剰分泌と角質の滞留〜

角栓とは、皮脂により引き起こされる角質の滞留で起こります。

つまり、皮脂が角質の排出を阻害する環境を構築する因子として働いているということです。

皮脂は、その主成分がトリグリセリド(中性脂肪)で、それをニキビの原因菌と言われるアクネ菌が自身の酵素により、不飽和脂肪酸に分解します。

不飽和脂肪酸の中で、オリーブオイルなどにも含まれるオレイン酸は、肌の炎症を引き起こす原因として働きます。

つまり、毛穴内部では、炎症=肌荒れが起こっているのです。

肌荒れが起こると、そこをカバーするように、新たな細胞が作られます。

普段よりも急ピッチで作られる肌細胞は、早熟で、十分な脂質などを含んであらず、痩せ細った細胞です。

これらの細胞群で毛穴の出口が構成されると下のような状態になります。

pores
出典:資生堂、毛穴の皮膚特性を科学的に解明

やせ細り、膨らみを失った細胞で構成されることにより、毛穴の出口(毛孔部)が顕になった状態です。

この状態がいわゆる毛穴開きの状態になります。

毛穴開きとは、パカっと開いているわけではないのですね。

そして、これらの細胞には脂質が不足しているため、水分を保持する力がありませんので、肌内部は乾燥状態になります。

そうすると、過剰に皮脂が分泌され、皮脂による保湿が強化されます。

これがさらなる肌の炎症=肌荒れを悪化させます。

萎縮・硬化し、痩せ細った細胞はスムーズな角質の排出を阻害し、角質の生成と排出のバランスが崩れ、毛穴内部に滞留するようになります。

すると、毛穴はどんどん狭くなり、角栓ができて塞がれると、今度はアクネ菌が毒素を産生するようになり、それによる連鎖的な炎症反応からニキビへとつながっていきます。

つまり、毛穴詰まり・角栓とは、毛穴を構成する細胞が肌荒れ=炎症により、過剰に生成されることで起こり、その根本的な原因が皮脂であるということです。

皮脂腺が集中している顔の中心に毛穴トラブルが絶えないのも納得ですね。

角栓の詰まり・黒ずみの改善方法は?

皮脂がまずターンオーバーを促進させる因子であるということですから、皮脂を過剰分泌させないということがとても重要です。

皮脂の過剰分泌は、上に書いた肌の内部乾燥が招くので、自身がターンオーバーを促進させてはいけないことです。

洗顔やクレンジングは、直接肌に触れるので、擦ったり、強い洗浄力のものなどを使用すると、簡単にセラミドなどの貴重な脂質が洗い流されてしまいます。

毛穴トラブルにお悩みの方は、お使いの洗顔料やクレンジング料、そして、そのやり方が本当に最低限の汚れ・皮脂を落とすだけのものであるのかを徹底的に見直すことが必要です。

そして、上にも書きましたが、皮脂の主成分はトリグリセリド=中性脂肪なので、食事も大きく関係しています。

高糖質・高脂質食は、血中の脂質の量を増加させますので、食生活には注意が必要です。

もちろん、運動や睡眠などの生活習慣は言うまでもありません。

つまり、普段のスキンケアでは、脂質を洗い流さないこと、角質を無理にはがさないこと、を心がけ、体の内と外から栄養を補給することで、菲薄化した肌細胞をふっくらとしたものに再生させるのです。

そうすれば、自然と肌トラブルは消えるはずです。

まとめ

というわけで、白いニュルニュルと黒いブツブツの原因とケア方法についての内容でした。

皮脂は肌を弱酸性に保ったり、外的刺激から守ったりする働きがある一方で、分泌が過剰であったり、免疫反応が敏感であると炎症を起こすので、とても厄介ですね。

くれぐれも角質を剥がすような毛穴ケア用品には手を出さないようにしてほしいです。

原理を考えれば、それが意味のないことだとわかるはずです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.