毛穴・角栓

鼻の毛穴の角栓を抜くピンセットでの抜き方のコツとその後のケア!

更新日:

tweezers
毛穴開きや角栓の詰まり、黒ずみなど毛穴トラブルでお悩みの方は跡を絶ちません。

特にTゾーンは何もしなくても皮脂が過剰に分泌されるので、鼻や頬の辺りには毛穴トラブルが絶えません。

その鼻にできた気になるブツブツをピンセットや毛抜きでつまんで抜くケアを、誰しも一度はやったことがあるかと思います。

大きいのが抜けると気持ちいい!単純に抜くのが楽しい!という人や、逆に肌荒れを起こし、悪化してしまった⤵︎という方もいるかもしれません。

この記事では、鼻の毛穴の角栓取りにピンセットの使用方法や、それが肌へ与える影響などを考えていきたいと思います。

鼻の毛穴の角栓取りにピンセットで抜く抜き方と肌への影響

woman

ピンセットを使った毛穴の角栓の取り方とケア方法

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

まず、水で濡らしたタオルを40秒ほどレンジでチンし、蒸しタオルを作ります。

程よい温かさになったら、2〜3分、ポカポカ蒸気でリラックス〜♪

温熱効果は毛穴を開かさせるだけでなく、新陳代謝を活発にしたり、顔のむくみやくすみ、クマ、眼精疲労の改善にも期待できます。

熱すぎると肌が乾燥しますので、注意!

②:美容オイルやクレンジングオイルでマッサージ

次に、角栓が気になる部分にオイルを塗り、馴染んだら優しくマッサージをします。

全部を一度に除去しようとせず、取れるものだけを取ることが重要です。

③:洗顔

オイルはティッシュやキッチンペーパーなどで軽く拭き取ってから洗顔をします。

洗顔はモコモコの泡でゴシゴシ擦らず優しく洗いましょう。

クレンジング自体にも皮脂を吸着させる力がありますので、洗顔料に強い洗浄力は不要ですが、使ったオイルの肌への吸着が強いと、その分洗浄力が必要になります。

乾燥肌の人は、それが残ったとしてもメリットになりますが、脂性肌の人はニキビなどにつながる確率が高まってしまうので、使うものには注意しましょう。

また、蒸しタオル〜オイル〜洗顔の一連で毛穴汚れを落とすことを意識することがとても重要で、どれか一つで落とそうとすると、どうしても肌へ大きな負担となってしまいます。

④:保湿

洗顔後はなるべく時間をおかずに保湿をします。

というのも、洗顔後は皮脂が除去された状態ですので、何もしないでいると肌内部からすぐに水分が出て行ってしまいます。

それを防ぐために、保湿はなるべく早くしましょう。

とりあえず、一通りのケアが終わった後に、もう少しで取れそうな、ピョロっとしたものをピンセットを使って除去します。

ポイントとしては、肌にピンセットの先が触れないでも取れるものだけを取るということです。

というわけで、以上が、一般的な角栓除去方法です。

ぶっちゃけ、ピンセットを使うタイミングはいつでもよく、気になったらピンセットを使って抜けばいいだけなのですが、今回は一般的なオイル・クレンジングを利用した毛穴除去方法と絡めて説明をしました。

では、このピンセットを使ったケア方法は、果たして毛穴トラブル改善に効果があるのでしょうか?

ピンセットを使った角栓除去の効果と影響

角栓とは、角質(70%)と脂質(30%)で構成され、美容オイルやクレンジングなどでのケアは、この脂質にオイル成分が作用することで、汚れを浮かせ、角栓が取れる可能性が大きくなるわけです。

一方、ピンセットを使った除去は、そんなのは御構い無しに、物理的に除去するケアです。

ここで、角栓の役割とは、毛穴に蓋をすることで、汚れや細菌などの侵入を阻害=外部刺激から肌を守る働きにより、炎症などが起こらないようになっているのです。

毛穴の数は大人から子供までその数に差はほとんどなく、それが開いているか、何かが詰まっているかで、目立つかどうかの違いを生んでいるのです。

毛穴レスと言われるような肌の綺麗な方でも自分と同じか、逆に多いというケースもあるのです。

そして、その角栓にピンセットを使用すると、当然、それ自体が肌を傷つけてしまうケースもあり、あらゆる点で、肌の炎症を起こしやすくなります。

その炎症や角栓の過剰な除去が表皮を肥厚化させ、角栓の生成を助長します。

つまり、角栓除去は、やり方を間違えれば、自らが角栓の生成を助長させてしまうものでもあるのです。

なので、ピンセットを角栓除去に使用する場合は、不要な角栓のみに使用し、ピンセットの先が肌に触れないようにして、シビアに使用しなければなりません。

むしろ、ピンセットの使用は、肌に触れないことがメリットとなるような使い方、その場合のみに使用するのが良いと思います。

くれぐれも、何でもかんでもピンセットでつまんで抜くような使い方は危険ですのでやめましょう。

まとめ

というわけで、鼻の毛穴の角栓除去にピンセットを使える状況は実はあまりない!という内容の記事でした。

こういうものは次から次へと抜きたくなるものですので、最初からこの手のものには手を出さないほうが良いかもしれないですね。

角栓除去全般に言えることですが、角栓を掃除した時のにゅるにゅるがある種快感になってしまい、次々とやっちゃう中毒性が本当にタチが悪い(笑)

なので、ピンセットは、そのような気持ちをグッと堪えられる人だけが使用するようにしましょう。

というか、そういう人でなければデメリットばかりが肥大化して、ほとんどプラスの恩恵は得られないと思われます。

使う場合には今日書いたことを良く考えてから使用するようにしましょう。

万が一、ぽっかり穴が開いてしまった場合は、肌に刺激となるようなことは避け、清潔に保ち、あまり触らないようにしましょう。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,
-

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.