毛穴・角栓

鼻パックで毛穴の角栓を全部綺麗に除去するやり方とパック後のケア

更新日:

strawberries
鼻に詰まった角栓が酸化により黒ずんだ状態はいちご鼻と、かわいいイチゴに例えられます。

そんないちご鼻のケアとして、様々なものが存在しますが、いちご鼻の原因を知れば、角質を無理やり除去するものはどれも無意味で効果のないものであるとしっかり理解できると思います。

この記事はその中で毛穴パックについて、それによるケアがどれだけ逆効果であるか、毛穴開き・角栓の生成原理に基づいて説明していきます。

いちご鼻の原因と毛穴パックの効果

woman

いちご鼻を毛穴シートパックで綺麗にするやり方

①:蒸しタオルや入浴で毛穴を開かせる

タオルを水で濡らし、40秒ほどレンジでチンし、程よい温かさになったら、2〜3分、ポカポカ蒸気でリラックス♪

これにより、毛穴が開き、角栓が取れやすくなります。

なお、熱すぎると肌が乾燥しますので、注意して下さい。

入浴するのも効果的♪

②:鼻を濡らして毛穴パックを貼り付ける

しっかりとパックが肌に吸着するよう、使用する前に鼻全体を濡らします。

パックが吸着しないと効果半減ですので、しっかりとパックが鼻に密着するようにしましょう。

そして、所定の時間を置き、パックをゆっくりと剥がします。

パックに角栓が吸着されていれば、毛穴パック大成功です。

③:冷水と保湿で毛穴の引き締め

RED B.A スムージングセラム

次に、汚れがごっそり取れてポッカリ空いた毛穴を引き締めるために、水でキュッと引き締めます。

そして、時間を置かずに、すぐさま保湿をしましょう。

収れん効果のある化粧水を使うと効果抜群!!

④:保湿クリームなどで蓋をする

通常

最後に、保湿クリームなどで、肌内部から水分が出ていかないように蓋をしましょう。

これにより、肌内部に水分をしっかりと閉じ込める事ができます。

以上が、基本的な、毛穴パックのやり方です。

しかし、この角質を無理矢理剥がす系のケアには絶対に手を出してはいけません。

その理由は、毛穴開き・角栓生成のメカニズムを知れば、誰でも理解できることと思います。

いちご鼻の原因〜毛穴開き・角栓生成の原理〜

毛穴開き・角栓の生成は毛穴周辺の肌の炎症からスタートします。

毛穴トラブルを起こしている毛穴をよく見ると、毛穴に一致した赤い炎症が確認できると思います。

そして、これに大きく寄与しているのが、皮脂です。

皮脂の主成分である中性脂肪は、皮膚常在菌により、オレイン酸などの遊離脂肪酸に分解されます。

そして、このオレイン酸はカルシウムイオンを表皮細胞内に誘導させ、プラスの電荷に偏らせる働きがあり、その結果、その状態がシグナルとなり、サイトカインなどの炎症を引き起こす物質を放出させます。

これにより炎症性細胞が次々と駆けつけ、炎症反応が起こります。

すると、表皮細胞を増殖してその部分をカバーしようとします。

この細胞生成の亢進状態は、不完全な細胞を生成することになります。

具体的には、セラミドやMNFなどの脂質や酵素が不足し、脱核しているはずの核が残存する不全角化の状態です。

このような細胞は萎縮・硬化しているため、角質の排出を阻害します。

また、角質層内に水分を保持する力がないため、肌内部は乾燥し、さらなる皮脂の過剰分泌を招き、炎症を悪化させます。

また、垢として剥がれる際に働く分解酵素の働きも、水分量が低いと弱まります。

以上のことから角質は滞留し、そこに注ぎ込まれる皮脂と合わさることでどんどん毛穴は狭まり、角栓が生成され、完全に塞いでしまうとアクネ菌が酸素に触れる機会を失うため、毒素を出し、それに対する免疫反応から連鎖的な炎症を招き、ニキビへとつながってしまいます。

つまり、皮脂がとても厄介な働きをし、皮脂腺が多く分布する顔の中心付近には毛穴トラブルが絶えないということです。

では、その部分に毛穴パックをするとどうなるでしょうか?

毛穴パックは百害あって一利なし!

まず、毛穴パックとは、その吸着力により角質を無理やり剥がすことで、キレイにするというものです。

それもそのはず、角質はその主成分がタンパク質なので、普通の洗顔料では落ちません。

なので、洗浄力が強いものや角質を剥がすようなもので半ば強引に取り除こうとしなければ、取れないのです。

しかし、そのようなものはどれも、ターンオーバーを促進させる因子です。

上に書いたように、皮脂による炎症がターンオーバーを促進させることで、毛穴開きや角栓が詰まる状況を招いているのに、それにむしろ加担するようなケアで毛穴トラブルが治るはずがありません。

毛穴開きや角栓・黒ずみなどの毛穴トラブルは、炎症を起こした肌荒れであり、それを招いている肌細胞を再生することでしか根本的に治すことは不可能なのです。

もし毛穴パックを使用するのであれば、剥がすタイプではなく、保湿重視のシートタイプや塗って洗い流すだけのタイプのものを使いましょう。

泥は吸着力が強いので、肌に汚れが溜まったときのスペシャルケアとして使用しましょう。

使いすぎると肌内部が乾燥し、皮脂の分泌が過剰になりますので、注意して下さい。

では、毛穴トラブルを治すために、普段のスキンケアでどのような点に気をつければよいのでしょうか。

まずは洗顔とクレンジングを再考せよ!

基本的な食生活や生活習慣、運動、睡眠などは言うまでもありませんが、毎日行うスキンケアの中で、まず洗顔とクレンジングを見直してもらいたいと思います。

これらは毎日行うケアで、慣れで行っている部分が大きいかと思います。

しかし、これらは直接手や洗浄成分が肌に触れるため、ターンオーバーに容易に干渉してしまうので、肌トラブルにお悩みの方は、そのやり方や洗浄成分にまで徹底的にこだわって選び、行いましょう。

角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さないこと、この2点を守るだけでも毛穴トラブルは改善されていくはずです。

まとめ

というわけで、毛穴パックは百害あって一利なしという内容の記事でした。

毛穴パックに限らず、ターンオーバーを促進させるようなものは、それが今の肌状態を招いているので、やっても意味ないか悪化するだけです。

ピーリングや酵素洗顔なども、ターンオーバーを促進させることでメリットが得られるという人以外は手を出さないほうが良いです。

また、肌のターンオーバーは最短でも28日程かかり、肌細胞を再生させるのにはそこそこ時間がかかりますので、直ぐに結果を求めずに、気長に少しずつ治していきましょう。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,
-

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.