季節の行事 秋の行事

紅葉狩りとは?もみじとかえでの見た目の違いと名前の由来は?

投稿日:

autumn
秋は紅葉が見頃で、色鮮やかな光景に心癒されますよね。

紅葉を見物することを『紅葉狩り』といいますが、なぜ「狩る」という言葉が使われているのか知っていますか?

そして、人の目を引く色鮮やかな色彩はどのような仕組みで色づくのでしょうか?

毎年何気に見物していた紅葉には、実は疑問がいっぱいです。

この記事では、紅葉狩りの由来と紅葉の原理、もみじとかえでの違いについて、まとめていきます。

紅葉狩りの由来と紅葉の原理・もみじとかえでの違い

river-wharfe

紅葉狩り、なぜ「狩る」?

漢字だけを見ると、「何をどう狩るのだろう?」と思う人もいるのではないでしょうか。

この「狩り」は、普段使われている「ぶどう狩り」や「キノコ狩り」などの狩りとは違うもので、紅葉を「見物する」という意味で使われます。

なぜ「狩る」と使われるようになったかというと、いろんな説がありますが、『昔の貴族に狩りをしないものが現れ、自然を愛でる事を狩りにたとえた』や、『紅葉した木の枝を折り、葉を手の平に乗せて鑑賞をした』というものです。

1つ目の『昔の貴族に狩りをしないものが現れ、自然を愛でる事を狩りにたとえた』に関しては、綺麗な紅葉は自分の足で歩き、山へ行かなければ見ることができませんが、昔の貴族にとって、自分の足で歩くことは下品とされていたため、狩りに例えた言葉遊びを語源としたようです。

もう一つの、『紅葉した木の枝を折り、葉を手の平に乗せて鑑賞をした』については、平安時代の貴族たちは、この紅葉狩りの言葉通り、紅葉を採集し鑑賞していたようですね。

「狩り」には、景色を眺めることを、景色を手に入れるという意味合いで捉えるようです。

紅葉の色はどうしてつくの?

紅葉は色とりどりで鮮やかで目を惹かれますが、この色はどのようにしてつくのでしょうか。

紅葉を含めて、葉の色が変わる樹のほとんどが落葉樹という種類となります。

この落葉樹は、秋の終わりに葉が落ち、冬を越し、春に再び葉が生えてきます。

葉を落とす過程で葉の中の色素に変化があるため、目に見えて色が変わるのです。

葉が緑の理由は、葉に含まれるクロロフィルという色素に関係があります。

葉緑素とも言われこの色素は緑色をしており、光をエネルギーとして使うことができます。

植物は水と二酸化炭素から炭水化物を作り出し(光合成といいます)、この光合成にもエネルギーが必要で、そのエネルギーは葉緑素が光を浴びて補給しています。

春と夏には葉の中に葉緑素が豊富に含まれているため、葉が緑色なのです。

では、その葉が緑から赤に変わる理由はどうでしょうか。

葉を落とす時が来ると、葉と枝の間に壁ができます。

この壁ができるせいで水や養分の行き来がなくなってしまい、葉の中に残った葉緑素はどんどん破壊されていき、その破壊された葉緑体と同じく葉の中に残っている糖分がくっつき、アントシアニンという赤い色素になり紅葉となります。

また、赤色だけではなく、黄色の紅葉も見かけますよね?

この黄色に変化する仕組みには、黄色の色素であるカロチノイドが関係しています。

葉を緑色に見せるクロロフィルが老化するとアミノ酸へと分解され、緑色が消えてカロチノイドの黄色が目立ってくるというものです。

このように、各色の色素が関係していますが、どういった条件があれば紅葉が綺麗に色付くのでしょうか。

 <紅葉が綺麗に色付く条件>

 ①昼と夜に寒暖差があること・・・夜、気温が高いと日中に作り出した糖分を使って活動するため、鮮やかな赤になりにくくなります。

 ②日中の天気が良い・・・赤い色素となる糖分は光合成によって作られるため、日中天気の良いことが必要とされます。

 ③適量な水分がある・・・乾燥しすぎると紅葉する前に枯れてしまい、鮮やかな色になりません。

もみじとかえでの違い?

maple
もみじもかえでも、両方「カエデ科カエデ属」の植物で、植物分類上は、区別されません。

しかし、語源に関しては違いがありますのでお話しします。

もみじは、ベニバナなど染料を揉み出す「もみづ」からきているようです。

染料を染み出すように草木が色づいた様を「もみぢ」と呼ぶようになり、かえでの中でも特に目立って色を変えるものを「紅葉(もみじ)」と言うようになったようです。

かえでについては、葉の形がカエルの手に似ていることから「蛙手(かえるで)」から「かへるで」、「かえで」と変化したとされています。

ちなみに、園芸の世界では葉の切れ込みが多く、深いものを紅葉と呼び、切れ込みの浅いものをかえでと呼んでいます。

また、盆栽の世界では葉の形が小さく切れ込みが深い、そして秋の紅葉に真っ赤になるものを紅葉と呼び、葉の切れ込みが浅くて形の大きいものをかえでと呼んでいます。

葉の形や切れこみで区別するとは、面白いですよね。

あと、カナダの国旗がかえでですね!

まとめ

もみじの色の変化は、クロロフィルやカロチノイドなどの色素に関係があることを初めて知り、また、もみじとかえでの違いについても、葉の大きさや切れ込みで変わる些細な違いで、これまでよりもっと気にかけて見てみようと思わせられますよね!

今年の秋はぜひ一味違う紅葉狩りを楽しんでください!!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.