冬の行事 季節の行事

師走の意味や語源は?読み方には別名・異名が多々ある?主な行事は?

投稿日:

painted
年末によく使われる「師走」という言葉、普段から使っているかと思いますが、師走とはどのような意味があるのか知っていますか?

なんとなく使っているが、ちゃんとした意味は知らない!という方のために、師走についてご紹介します。

師走の意味や語源と様々な異名や主な行事など

wolf

師走の意味や語源

師走(しわす・しはす)とは、元は旧暦12月を指す言葉ですが、新暦でも12月の別名として認知されています。

期間は、12月下旬から2月上旬で二十四節気だと冬至から立春あたりまでとなります。

語源は、いろんな諸説があります。

師(僧)が走る

日本では、昔から年末にはお寺のお坊さんを自宅に呼び、お経を唱えてもらう風習があります。

そのため、年末はお坊さんが忙しく東西を行ったり来たりするために「師が馳せる」から、師走になったとされています。

当て字

日本書紀、または万葉集には十二月(十有二月)をしわすと詠んでいたとされる記述が残っています。

そのため、当て字ではないかという説があります。

年果つ

12月は1年の終わりの月であることから、四季が終わる、また、年が終わるという意味から「年果つ(としかつ)が変化、としかつ→としはす→しはす→しわすとなったと言われます。

師走には別名がある?異名など

 師走(12月)の異名、異称をご紹介します。

臘月(ろうげつ)・・・臘(ろう)は、年の瀬(12月)という意味があります。

季冬(きとう)・・・冬の末、晩冬のことです。「季」は式の終わりを意味します。

極月(ごくげつ)・・・年の極まる月という意味があります。

窮陰(きゅういん)・・・陰暦12月の異名で、天気が晴れ晴れしない陰気な雰囲気が究極という意味です。

晩冬(ばんとう)・・・冬の終わり頃、冬の末で陰暦12月。

限り月(かぎりづき)・・・12月異称で、一年の最後の月の意味があります。限りのつき、また果ての月。

梅初月(うめはつづき)・・・陰暦12月の異名で、梅が咲き始める頃の月です。

苦寒(くかん)・・・寒さに苦しむ、貧困に苦しむという意味があり、陰暦12月の異名です。

暮れ古月・暮古月(くれこつき)・・・陰暦12月の名称です。「暮れ」が一年の終わりのようなイメージです。

丑月(ちゅうげつ)・・・陰暦12月に異名、丑の月。古代中国では冬至を含む月に北斗七星の取っ手の先がましての来た方角をさすために、この月を十二支の最初の子月(しげつ)とし、以降12月は丑月(ちゅうげつ)としたと言われます。

雪月(ゆきづき)・・・陰暦12月の異名です。

師走といえば大掃除?

年末が近づくと大掃除しますよね?

なぜ、忙しい時期なのに、さらに大掃除までしなくてはならないのでしょうか。

実は12月に行う大掃除って意味があるのです。

理由は平安時代まで遡ります。

平安時代には、囲炉裏で炊いた薪から出る煤を払うために、宮中で行われたことが始まりとされており、江戸時代には、幕府が12月13日の煤納めの日とし、江戸城の大掃除を行うようになったと言われます。

汚れた場所を綺麗にするだけではなく、新年に神様を迎えるために厄落としの意味もあると言われます。

汚れたまま新年を迎えるのは、気持ち的にも綺麗さっぱり!とはいかないですし、神様にも失礼な気がしますね。

師走とお歳暮

師走には、日頃お世話になっている方々に感謝の意を込めて日頃のお礼をお歳暮として送りますね。

このお歳暮は江戸時代から始まったとされており、長屋の大家や仕事の取引先へ借家人、または商人が贈り物を届けていたことが起源とされます。

また、お正月に先祖の霊をお迎えするお祭りのお供え物として送られていたという説もあります。

新年に向け、福を呼び込むためのお供え物ですね。

まとめ

師走にはいくつかの諸説があり、見てみるとどれもありそうでどれも正解な気がしました。

また、師走の異名が結構あって驚きましたが、日本らしくて風情があるなと思いましたね。

師走は忙しいですが、1年の締めくくりとして神様し感謝をし、身の回りを綺麗にして新しい年を綺麗な気持ちで迎えたいですね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.