毛穴・角栓

毛穴の黒ずみ・汚れ・角栓除去は綿棒とオリーブオイルで簡単ケア!やり方や効果は?毎日でもOK?

更新日:

olive-oil
オリーブオイルを含んだ綿棒で角栓や黒ずみが気になる場所をクルクルすると汚れが取れてキレイになります。

毛穴トラブルでお悩みの方は、一度は試した事があるのではないでしょうか。

しかし、オリーブオイルを毛穴ケアに利用すると、逆に毛穴を詰まらせてしまったり、ニキビへとつながってしまう危険性があります。

それはなぜでしょう?

この記事では、なぜオリーブオイルが毛穴の角栓の詰まり・黒ずみ除去に効果があるのかや、それを悪化させる危険性についてまとめていきます。

毛穴の角栓の詰まり・黒ずみケアにオリーブオイルを用いる際の効果と注意点

woman

毛穴ケアにオリーブオイルは効果的?

オリーブオイルは、その主成分であるオレイン酸などの不飽和脂肪酸は、皮脂にも含まれていることから、単純に馴染みやすいというのがあります。

そして、毛穴汚れ=角栓は角質(70%)と皮脂(30%)であるため、オリーブオイルの油分が肌に馴染むことで軟化し、角質を浮き上がらせることで、角栓が取れやすくなる環境を生むというわけです。

オリーブオイルの効能は他にも、トコフェロール、ポリフェノール類は肌を酸化から守る抗酸化作用などもあり、比較的油脂の中では安価な為、化粧品にしばしば取り入れられているのですね。

確かに、角栓の詰まり・黒ずみには効果的で、付加価値も得られるため、一石二鳥のように思えます。

しかし、それは早合点です。

毛穴の角栓の詰まり・黒ずみケアにオリーブオイルはダメ?

まず、界面活性剤が含まれていないのであれば、それは単純に落としにくい=肌に残存します。

確かに、乾燥肌の人であれば、そのオリーブオイルとの親和性の高さがメリットを生む可能性はあります。

しかし、あなたが毛穴の開き・角栓の詰まり・黒ずみで悩んでいるのであれば、ピュアオイルを使用するのは避けたほうがいいです。

というのも、皮脂中のオレイン酸の量と毛穴開きや角栓の詰まり・黒ずみなどの毛穴トラブルには深い関係があるからです。

毛穴トラブルとオレイン酸との関連性

pores
出典:資生堂、毛穴の皮膚特性を科学的に解明

皮脂の主成分であるトリグリセリドは、アクネ菌の酵素でオレイン酸などの不飽和脂肪酸に分解されます。

そして、そのオレイン酸には、表皮細胞内をプラスの電荷に偏らせる働きがあり、その状態がシグナルとなり、免疫系が反応、連鎖的な炎症反応が起こります。

炎症が起こると、その部分をカバーする為に、新たな表皮細胞が作られます。

しかし、表皮細胞の過度な増殖は、脂質や酵素の量が不足した細胞を生む(不全角化)ことになります。

そして、それらの細胞群で形成された毛穴の出口は、すり鉢状=円錐状になり、開いたような状態になります。

これがいわゆる毛穴開きの状態ですね。

つまり、慢性的な皮脂による炎症がターンオーバーの亢進状態を常に招いている=毛穴トラブルが治らないということです。

実際、毛穴トラブルで悩む人は、肌表面のオレイン酸の量が多く、オレイン酸を塗布したところ不全角化が亢進したという実験報告もあります。

頬部の毛穴目立ちと肌状態

つまり、今ある毛穴トラブルを治すには、毛穴周辺の角質層を形成する肌細胞を正常なターンオーバーにより生まれ変わらせる以外ないのです。

そのことから、日頃のスキンケアで注意することは、角質を無理矢理剥がさないこと、皮脂を過剰分泌させないこと、この2点がとても大切です。

しかし、ピュアオイルを使用しての美容法は、このいずれにも加担してしまう危険性を孕んでいます。

具体的には、肌に残存しやすいこと=落としづらいことですね。

落としきれず肌に残るという事は、言ってみれば脂性肌状態を自ら作り出すこととなり、それは毛穴トラブルを加速させるだけでなく、ニキビなどの肌荒れを引き起こすことにつながりますし、落とすのに苦労するという事は、落とす際の肌への負担も大きくなるわけで、それがターンオーバーの促進を招いてしまうことも考えられます。

以上のような理由から、それが美容用に精製されているオリーブオイルだったとしても、オリーブオイルを用いての毛穴の角栓・黒ずみケアはおすすめはしません。

先に書いたように、肌に残存しても、逆にそれがメリットとなるような効果を得られる人が用いるのが、この美容オイル(ピュアオイル)でスキンケアを行う上での大前提と言えるでしょう。

なので、個人的には、ピュアオイルではなく、クレンジングを用いたケアをおすすめします。

次に、綿棒と美容オイル・クレンジングでの毛穴の黒ずみ・角栓ケアの基本的なやり方と注意点をまとめていきます。

綿棒とオイルを使った毛穴の黒ずみ・角栓ケア〜実践編〜

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

タオルを水で濡らし、40秒ほどチンして、蒸しタオルを作ります。

そして、ほどよい温かさになったら、2〜3分、ポカポカ蒸気でリラックスタイム♪

熱すぎたり、何度も行うと乾燥しますので、注意して下さい。

②:美容オイル・クレンジングオイルでマッサージ

日頃お使いの美容オイルやクレンジングオイルを毛穴の目立つ部分に塗り、馴染ませます。

純オイルを使用する場合は、しっかりと美容用に精製されたものを使用しましょう。

そして、少し置いて馴染ませたら、手や綿棒を使って優しくマッサージしましょう。

綿棒でグリグリほじったり、手でゴシゴシ擦ると肌の炎症を招き、肌荒れや毛穴トラブルが悪化しますので、注意しましょう。

ピュアオイルを使用した場合、ティッシュやキッチンペーパーなどで軽く拭き取りましょう。

③:洗顔&保湿

肌にオイルが残らないよう、オイルでケアした後は洗顔をします。

洗顔はモコモコの泡で擦らずに、優しく洗いましょう。

そして、洗い終えたらすぐに保湿をします。

洗顔で皮脂を除去した状態ですので、そのままでいると肌内部の水分が失われて乾燥しますので、保湿はなる早でお願いします。

というわけで、美容オイル・クレンジングオイルと綿棒を使った角栓除去のやり方は、大体皆さん上に書いたような感じだと思います。

しかし、このように同じようなケアをしていても、取れないという人もいるかと思います。

では、なぜみなさん同じようなケアをしているのにも関わらず、効果に差が出てしまうのでしょうか?

それは、毛穴に詰まっている角栓の質に違いがあるからかもしれません。

オイルで取れないのはカチカチ角栓が原因?

角栓は、角質(70%)と脂質(30%)で構成されています。

この脂質に、オイル成分が作用し、溶け出させることで汚れを浮かせ、洗顔やマッサージの際に落ちる確率が高まるということです。

しかし、上記の比率は一般的に言われるもので、実際には人それぞれ異なるようです。

角質が多い人もいれば、脂質が多い人もいるのです。

そして、ここで問題になるのが、角質が上記よりも多い、カチカチ角栓の人です。

単純に、脂質が少ないため、オイル成分が作用しないのです。

では、どうしてこのようなカチカチ角栓になってしまうのかというと、毛穴内部で大量に表皮細胞が生成されているからでしょう。

すなわち、毛穴内部がターンオーバーの亢進状態だということです。

このターンオーバーの亢進状態はどのようにして招かれるのかというと、様々な原因が考えられますが、その中でも過度なスキンケアが原因となることが多いです。

それでは、上に書いたオイルと綿棒を使ったケアを題材に、もう一度詳しく、一つずつ見ていきましょう。

綿棒とクレンジングを使った毛穴の黒ずみ・角栓ケア〜解説編〜

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

蒸しタオルを使った美容法は、温熱効果で血行を促進させたり、毛穴を開かせるなどの効果がありますが、その効果に付随して肌を乾燥させてしまう可能性もあります。

特に、蒸しタオルを取った後、何もしないでいると一気に乾燥しますので、蒸しタオル洗顔など、蒸しタオルを用いた美容法は様々ありますが、肌の乾燥には十分に注意して行ってください。

②:美容オイル・クレンジングオイルでマッサージ

美容オイルとは、美容用に生成された純オイルのことです。

当然、界面活性剤が含まれていませんので、肌に残存する懸念があります。

乾燥肌の人であれば、肌にオイルが残ったとしても油分を補うメリットになり得ますが、脂性肌の人はそうはいきません。

オイルが残ってしまえば、ニキビなどの肌荒れにつながりますし、毛穴トラブルを悪化させることにもつながります。

そして、オイルが残らないように、強めの洗浄力の洗顔料を使用すると、今度はそれによる肌の乾燥が起こります。

脂性肌の人は、普段使っている洗顔料が皮脂をごっそり落とす系の強めのものを使用している人が多いかと思いますので、マッサージを綿棒でグリグリした後にそれで洗顔すれば、まさにターンオーバーの亢進状態を招きます。

純オイルでの美容法は、それが肌に残ってもそれが逆にメリットとなるような肌質の人が行うということが大前提ですので、脂性肌の人が行うメリットはあまりないです。

やるのであれば、クレンジングオイルなどの界面活性剤が含まれているもので行いましょう。

しかし、このクレンジングオイルというのも肌の乾燥を招くものなのですよね笑

クレンジングオイル=乾燥というぐらい、悪者扱いされています笑

特に、鉱物油石油系のオイルは、直鎖状で不飽和結合を持たず、反応性が低いため、極めて安全なオイルではありますが、その性質が逆に分子群の強固な結合をもたらし、それにより、化粧の油分や皮脂、肌内部の脂質などを強く吸着させてしまう働きがあります。

それを肌から引き離すために、大量の界面活性剤が必要になるのです。

鉱物油石油系のオイルは安価なため、何か適当に安いクレンジングオイルを薬局で買ってくると、この鉱物油石油系のオイルにぶち当たる可能性が高いので、使うのであればオイルの質をしっかりと見極めて買いましょう。

まぁ、使うオイルは人それぞれお気に入りのものを使えば、基本的には良いと思います。

次に、マッサージですが、マッサージは直接肌に手が触れますので、角質を剥がしてしまう可能性があります。

オイルを塗ることが緩衝作用になるので、そこまで大きな影響はないとは思いますが、綿棒でグリグリするのは危険なのでやめましょう。

特に、角栓を取ろうとしてこのケアを行なっていますので、取れなければ無理やり取ろうとゴシゴシやってしまいがちです。

この項をまとめると、オイル自体に肌を乾燥させたり、ニキビや毛穴トラブルを招く可能性、マッサージには角質を剥がしてしまう可能性、どちらもターンオーバーを促進させてしまう危険性をはらんでいるということですね。

③:洗顔&保湿

洗顔で重要なことは、肌内部の脂質を洗い流さないこと、これに尽きます。

肌内部の脂質を洗い流すと、肌内部に水分を保持する能力が欠落しますので、皮脂を過剰に分泌させることで、肌表面をコーティングし、これ以上の水分の蒸散を防ぎます。

そして、その皮脂が毛穴トラブルとニキビを悪化させるのです。

そもそも自分のことを脂性肌だと認識している人は、実は肌の内部乾燥により脂性肌状態になっている可能性もあります。

肌の汚れを完全に綺麗にしようとすると、間違いなく肌は乾燥しますので、多少残ったとしても肌荒れを起こさない、そのギリギリの近傍を日頃のスキンケアをしながら探りましょう。

保湿に関しては、ご自身の肌の弱点にあったものをお使いになれば良いかと思います。

しかし、毛穴の開きなどに収れん化粧品が良いと言われますが、収れん化粧品は揮発性の高い液体の気化熱を利用して肌を引き締めますので、その気化する際に水分を道連れにして、肌の乾燥を招きますので、乾燥肌の人は使われている成分などに注意を払いましょう。

以上より、このオイルと綿棒での角栓ケアで一番最悪なケースは、石油鉱物油系のオイルを使用し、綿棒でゴリゴリほじくった後に、角栓を除去する系の強い洗浄力の洗顔料で洗顔し、最後に、収れん化粧品で仕上げ!

というように、オイルと綿棒を用いた角栓を除去するケアでさえも、これだけ様々な部分で落とし穴があり、何も考えずに、効果があるみたいだから!みたいな軽い気持ちで行うと、ターンオーバーを促進させ、肌荒れや毛穴トラブルの悪化を招きかねません。

そもそも、ターンオーバーの周期は最短でも28日ほどかかるので、肌トラブルがそんなに早く治るはずがそもそもないのです。

しかも、現在の肌状態とは、何年もかけて、今のそのような状態になっています。

ターンオーバーの周期を意識しながら、少しずつ、しかし着実に、治していくようなケアを心がけましょう。

最後に、評判の高い、洗顔料&クレンジング料をご紹介しますので、参考にしてみてください。

おすすめ洗顔料

アミノ酸塩型、カルボン酸塩型の界面活性剤の洗顔料を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

ミノン スキンソープ(80g)

こちらはドラッグストアでも買える、敏感肌の味方『ミノン』から出ているアミノ酸塩型の弱酸性の固形石鹸です。

洗浄力は低め=肌に優しいので、乾燥肌・敏感肌の方にはおすすめです。

自分はこの固形石鹸を愛用しています。

というのも、洗顔の前にクレンジングでマッサージをするので、クレンジングの油分にも皮脂汚れを吸着させる能力がありますし、マッサージの摩擦の影響を考え、洗顔ではなるべく肌に負担をかけたくないということで、肌に非常に優しいこの石鹸を選びました。

ドラッグストアで手軽に買えるのも高ポイントです!

いやむしろ、ドラッグストアにあったから買ったと言っても過言ではありません。

このケアに変えてから肌の調子はかなりいい感じです♪

なお、使用する場合、泡立ちが悪いので泡立てネット必須です!

自分のやり方は、夜に蒸しタオル〜クレンジングマッサージ後(→風呂)、モコモコ泡をTゾーンから顔全体に広げ、10秒放置。(皮脂を泡に吸着させるイメージ!)

顔は一切擦らず、そのまま洗い流しておしまいです。

これがかなり良かったので、ボディーウォッシュもミノンを使ってます!笑

同じ固形石鹸で薬用ソープverもありますが、そっちは洗浄力高めなので、個人的には上で紹介したノーマルverがおすすめです。

他のミノンの商品もお肌に優しいものばかりで、お近くのドラッグストアに置いてあるので、チェックしてみて下さい。

なお、クレンジングはアテニアのスキンクリア クレンズ オイルを使ってます。

濃いメイクの方にはメイク落ちが微妙という声もありますが、概ね高評価のクレンジングですので、参考にしてみてください。

ミノン公式

ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュ フォーム(泡タイプ)

カルボン酸塩型のラウレス-6カルボン酸Na、アミノ酸塩型のラウロイルグルタミン酸Naをベースにした泡で出てくるフェイス&ボディーウォッシュです。

また、アラントインも配合されているため、抗炎症作用もあり、毛穴の炎症と皮脂の過剰分泌の予防という観点から、とても優秀です。

洗浄力もある程度欲しいという方は、カルボン酸塩型の洗顔料がおすすめです。

ロート公式

毛穴の黒ずみ・角栓に効果的なクレイ洗顔料

黒ずみ・角栓の詰まりなどの毛穴トラブルは、常にニキビになってしまう危険性をはらんでいます。

それを防ぐためには、皮脂の分泌をコントロールすること、毛穴を綺麗に保つ=毛穴を詰まらせない、この2点が重要です。

そこで、毛穴の汚れを適度に除去するのに有効なクレイ洗顔をご紹介します。

なお、黒ずみ・角栓を落とすのは、ゴシゴシ擦ることでではなく、蒸しタオルや入浴などで毛穴を開かせることにより、洗顔やクレンジングの際に落としやすくする環境を生むという程度に留め、毎日少しずつ綺麗にしていくことを心がけましょう。

1.b.glen クレイウォッシュ

天然のクレイ「モンモリロナイト」を使用し、古い角質や皮脂など、最低限の汚れのみを吸着して落とし、肌に優しくスッキリと洗い上げます。

また、5種類の美容成分が贅沢に配合されたゲルのようなテクスチャーは、年齢を重ねた肌だけでなく、大人のニキビ肌にも最適です。

こちらは弱酸性に調整されていますので、特にお肌に優しい商品です。

また、泡の立たない、面白い洗顔料です。

なお、毛穴トライアルはQuSomeローションもお試しになれます。

この毛穴トライアルだけで、毛穴が改善したという声も多いので、ビーグレンに興味がある方は、まずはトライアルをどうぞ。

<商品内容>

・クレイウォッシュ (15g)

・QuSomeローション (20mL)

・Cセラム (5mL)

・QuSomeモイスチャーゲルクリーム (7g)

1800円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

毛穴

【クレイウォッシュ】詳細はこちら

2.どろあわわ

どろあわわ

「どろあわわ」は、3種の泥(マリンシルト・ベントナイト・タラクラクレイ)が汚れを吸着し、米麹エキスや米ぬか発酵エキスが肌をほぐし、海洋性コラーゲンやヒアルロン酸、投入発酵エキスなどの保湿成分で肌を潤し、濃密泡で優しくかつしっかりと汚れを落とします。

しかし、弱アルカリ性の石鹸ですので、使用する際は泡を肌に乗せておくのは長くても25秒にしましょう。

普段は優しい洗顔料を使い、汚れが溜まってきたらこれを使うというような使い方が良いかもしれません。

定期6ヶ月コースの場合、毎月20%オフと、お得にお買い求めいただけます。

<商品内容>

・新どろあわわ(110g:30回分)

・初回は泡立てネット付き

※定期6ヶ月コースは最低6回以上の縛り有り

1980円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

どろあわわ

【どろあわわ】詳細はこちら

3.くろあわわ

くろあわわ

さきほどご紹介しました『どろあわわ』に炭をプラスし、毛穴に詰まった余分な皮脂も古い角質もWの黒パワーとすっきりマンナン粒で汚れを落とすことを追及した洗顔料です。

洗浄力がアップしていますので、こちらこそ毎日ではなく、汚れを落としたいという日に使うのをおすすめします。

<商品内容>

・新くろあわわ(110g:30回分)

・初回は泡立てネット付き

※2019年1月4日まで1000円オフキャンペーン中!!

1480円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

くろあわわ

【くろあわわ】詳細はこちら

4.然 -しかり- よかせっけん

無添加・無香料・無着色 火山灰生まれの然(しかり)よかせっけんです。

こちらも評判の高い泥系先顔料ですが、こちらも弱アルカリ性ですので毎日の使用は控え、汚れを落としたいときにのみ使用することをおすすめします。

なお、どろあわわは洗浄力が高く、肌が強い&脂性肌の人に適しておりますが、このよかせっけんはどろあわわより若干洗浄力がマイルドな分、幅広い肌質でご使用になれるようです。

<商品内容>

・よかせっけん(88g)

・泡立てネット付き

※定期コースに縛りは有りません!

1705円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【然 -しかり- よかせっけん】詳細はこちら

毛穴の黒ずみ・角栓ケアに使えるクレンジング

角栓は、角質(70%)と脂質(30%)で構成され、このどちらに作用させるかで、さまざまな毛穴ケアが存在します。

その中で、オイルやクレンジングの油分を脂質に作用されることで、汚れを溶かし出すというケア方法が、比較的、肌を傷つけずにできるのでおすすめです。

しかし、美容オイルなどのピュアオイルをそのまま肌に塗るのは、特に皮脂の過剰であるTゾーンに塗るのは、ニキビなどの肌荒れや毛穴トラブルを悪化させる危険性があるので、水でも流しやすいクレンジングがおすすめです。

なので、毛穴の黒ずみ・角栓ケアに使える評判のクレンジングをご紹介します。

1.アテニア スキンクリア クレンズ オイル

アテニアのスキンクリア クレンズ オイルは、オイルクレンジングなので、毛穴の黒ずみ・角栓の除去に効果的なのは言うまでもありませんが、肌のくすみ(肌ステイン)を落とすことで美白効果も見込めます。

肌ステインとは、紫外線や外的ストレスにより過剰に生成される活性酸素が角質のタンパク質に付着することで起こる、肌の黄ばみです。

美白ケアをしても肌のくすみ・明るみが改善しないという方は、実は肌ステインの蓄積によるものかもしれません。

そして、その肌ステインを除去&予防するのが、ロックローズオイルとイモーテルオイルです。

具体的には、ロックローズオイルが肌ステインを緩めて切り離す除去効果、イモーテルオイルが活性酸素にアプローチし、肌ステインの発生を防ぐ予防効果をもたらします。

他にも、アルガンオイルが毛穴の汚れ・角栓・過剰な皮脂を除去し、バオバブオイルがクレンジングで失われがちな肌の水分をしっかりキープします。

また、レモングラスやベルガモットをベースにブレンドしたアロマの香りがクレンジングをしながら癒されると評判です!

そんな、アテニアのスキンクリア クレンズ オイルが、公式からの購入で、スキンクリア クレンズ オイル 175ml(たっぷり2ヶ月分)にプラスして、人気商品「ドレスリフト ローション」のミニボトル30ml(14日分)がセットになり、送料も無料でかなりお得です!

<商品内容>

・スキンクリア クレンズ オイル <アロマタイプ>(175ml:約2ヶ月分)

・ドレスリフト ローション」のミニボトル(30ml:14日分)

1836円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【スキンクリア クレンズ オイル】詳細はこちら

2.ファンケル マイルドクレンジングオイル

マイルドクレンジングオイル

4秒に一本売れている!売り上げ7200本突破!使用感満足度91%!

と、最強のクレンジングオイルとの呼び声の高い、ファンケルのマイルドクレンジングオイルです。

防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など、肌にとってマイナスとなる添加物を使用しないのは、ファンケルのこだわりでもあります。

メイク・ざらつき・毛穴づまりを肌に負担をかけずに落とし、なおかつクレンジングオイルで失いがちな肌の潤いもキープし、乾燥小じわを防ぎます。

マツエクにも使えるのも嬉しいポイントです!

是非とも、メイク・ざらつき・毛穴づまりの三段落ち!を実際に自ら体感してみて下さい!

<商品内容>

・マイルドクレンジングオイル トライアルボトル (60ml:約1ヶ月分)

500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

マイルドクレンジングオイル

【ファンケル マイルドクレンジングオイル 】詳細はこちら

3.DUO ザ クレンジングバーム クリア

DUO(デュオ) ザ クレンジングバーム クリア

DUO ザ クレンジングバーム クリアは、毛穴の黒ずみ・角栓の詰まりをケアしながら潤いを与えるクレンジングで、最近人気急上昇中のクレンジングバームです。

固形状のバームが肌に乗せると体温でトロリと溶け、肌になじみ、24種類の植物エキスの他、ナノコラーゲン、ナノセラミド、ナノヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など、メイクを落とすと同時に毛穴ケアを行い、さらにお肌に透明感やハリを与えることで、肌本来の力を呼び覚まし、使うほどに年齢を重ねた肌が磨かれていきます。

W洗顔不要で、肌への負担が減らせるのもプラスポイントですね♪

<商品内容>

・DUO ザ クレンジングバーム クリア (90g:約1ヶ月分)

※定期購入はなんと初回半額の1,800円!

1800円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

DUO(デュオ) ザ クレンジングバーム クリア

【DUO ザ クレンジングバーム クリア】詳細はこちら

4.リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、なんと美容液成分99.3%とほぼ美容液成分でできているクレンジングです。

この美容液成分とプニプニの感触がたまらないと評判のこんにゃくスクラブが、メイクと毛穴汚れをすっきり落とします。

こちらもW洗顔不要で、肌への負担が少ないです。

初回購入特典として、1個買うともう1個プレゼント!でたっぷり2か月分と、初回はかなりお得になっております!

<商品内容>

・モイストゲルクレンジング (150g×2:約2ヶ月分)

※初回限定特典として、もう一本プレゼント!

3076円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

【リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング】詳細はこちら

5.フルリ クリアゲルクレンズ

マギー起用バナー

美容皮膚科クリニック・エステサロンより誕生した毛穴ケアに最適なドクターコスメとして、使用者のなんと93.6%が「毛穴の変化を感じた」と回答するなど、非常に高い効果を得られるプロも納得のクレンジングです。

「本当に綺麗になる為には、毎日のホームケアを変えるしかない」 そんな思いで開発した『フルリゲルクレンズ』は、お肌のことを徹底的に考え、ノンオイル、ノンアルコールはもちろんのこと、ゲルの粘性を利用することで汚れを吸着しやすい仕様になっています。

<商品内容>

・クリアゲルクレンズ (150g)

2000円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

マギー起用バナー

【クリアゲルクレンズ】詳細はこちら

6.maNara ホットクレンジングゲル

ホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲルは、なんと91.3%が美容液成分!

その美容成分がメイクや古い角質、毛穴の溜まった汚れを浮かせ、それを温感作用のあるゲルが吸着させることで、きちんと落とす&潤いを守るというクレンジング本来の肌への負担を最小限に抑えます。

また、ダブル洗顔不要で手間いらず、洗いすぎによる肌の乾燥も防げる優れもの。

一度使ったらやめられない!と、毛穴トラブルや乾燥肌で悩む女性の間で密かなブームとなってます。

<商品内容>

・ホットクレンジングゲル (200g:約2ヶ月分)

・スキンケアサンプル6点セット

2990円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

ホットクレンジングゲル

【maNara ホットクレンジングゲル】詳細はこちら

おすすめの美容用オリーブオイル

毛穴ケアでの使用にはおすすめしませんが、加齢に伴い、皮脂の分泌が落ちてきた人が親和性の高いオリーブオイルで肌に直接うるおいを補給したり、抗酸化作用からのアンチエイジング効果を目的として利用する際におすすめなピュアオイルをご紹介します。

ジ・オリーヴオイルお試し5点セット(小豆島ヘルシーランド)

フランスで育った「オリヴェール種」は、特に香り高い品種で、その中でも成熟度の高い果実を選んで使用し、品質に徹底的に拘った完全無添加オリーブオイルです。

また、他品種と比べてオレイン酸の含有量が多く、美肌に欠かせないビタミンEも豊富に含まれています。

このお試し5点セットでは、スキンケア用オイルとオリーブの葉や枝のエキスを配合した化粧水「ジ・エッセンスウォーター」、オリーブオイル配合の洗顔石鹸「ザ・ソープ」などをまとめて試せるお得なセットです。

まとめ

というわけで、オリーブオイルなどのピュアオイルを使用しての毛穴ケアは、あまりおすすめしませんよ。という内容の記事でした。

オリーブオイル+綿棒が黒ずみケアとして効果的と言われますが、使い方やご自身の肌状況によっては毒にもなるということです。

今の肌状態がどのようにしてそうなっているのかを、しっかりと考えることがとても重要なのだというわけですね。

また、綿棒とオイルを使ったケアで取れない原因については、オイルが効かない角栓は角質重視のカチカチ角栓である可能性が高いので、洗顔やクレンジングをまずは見直しましょう。

洗顔やクレンジングは肌に直接手や洗浄料が触れるため、ターンオーバーの周期に干渉してしまう可能性が高いスキンケアです。

角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さないこと、この2点が極めて重要です。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.