季節の行事 秋の行事

七五三の初穂料とは?金額の相場やのし袋の書き方は?玉串料との違いは?

更新日:

nosi
11月15日、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に七五三のお祝いをしますね。

子供の成長に感謝し、今後の健やかな成長をお祈りする七五三ですが、七五三でのお参りの際、神社に祈祷をお願いするときに渡す初穂料、ご存知でしょうか?

金額の相場や熨斗の書き方について、曖昧な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、七五三の初穂料について、相場と熨斗の書き方などについてご紹介いたします。

七五三の初穂料の意味や読み方・のし袋の書き方や金額の相場

ear-of-rice

初穂料(はつほりょう)とは?

初穂料とは、神社に祝詞をあげていただき、お祓いをお願いした謝礼金のことを言います。

「初穂」とは、初めて収穫された稲穂の束のことをいいます。

その年に初めて収穫された稲穂や野菜、果物、初物の魚を神前に奉納し、豊作を祈願し、感謝したことを言います。

現在では、初穂の代わりとして献じられるお金のことをさすようになりました。

神社によっては、「玉串料(たまくしりょう)」というところもありますが、意味は初穂料と同じです。

初穂料の相場と神社に渡すタイミング

初穂料は、七五三で利用する神社の社務所にて受け付け時に渡します。

金額の相場は、5000円から10000円程度で、一般的には5000円のところが多いようです。

また、兄弟で一緒に七五三のお参りをする際は、人数分の初穂料が必要になります。

一家庭につき一つの初穂料ではないので注意してください。

初穂料をお渡しの際は、お釣りの出ないようにすること、財布からお金を出し封筒などに入れずにそのまま渡すことは礼儀としてよくないですのでご注意を。

初穂料の熨斗(のし)の書き方

hatuhoryou
初穂料の熨斗の書き方には決まり(しきたり)があります。

七五三でのお祝いに神社へお参りする際には初穂料が必要になりますが、お金を入れる包みのことを「熨斗(のし)」といい、袋の表書きに「御初穂料」と記入します。
 

熨斗の袋

書き方として、花結びの水引がある上部の箇所に『御初穂料』と記入します。

その下には子供の名前を記入してください。

中袋 表・裏

表には金額を、裏には住所と子供の名前を記入します。金額を記入する際は、

数字→壱・弐・参・四・伍・六・七・八・九・拾
金額→阡円、萬円

と、難しい方の漢字を使用します。

そして、初穂料で使用する熨斗袋や水引の種類はこのようになります。

・熨斗袋は花結びの水引を使用します。

・水引の色は赤と白。

・封筒へは親の名前ではなく、子供の名前を記入します。

・熨斗の袋の中には表に金額、裏に住所を記入します。

・中袋へのノリ付けはしなくてよし。

初穂料と玉串料は同じようなもの?

先ほども述べましたように、初穂料と玉串料は似たようなものですが、初穂料は昔、お米など農作物のうち、最初に収穫したものを神様に捧げ、日頃の収穫やこれからの豊作をお祈りしました。

現在では農家さん以外の人々には、神様へ農作物を捧げることはなかなか難しく、そこで農作物の代わりにお金をという考えから初穂料を祝詞やお祓いのお礼として渡すようになりました。

玉串は、神主さんが祝詞やお祓いの時に持っている、葉っぱや紙がついている枝のことを指します。

それに対する料金として、玉串料も初穂料と同じものを指しています。

しかし、どちらかというとお通夜やお葬式に使われることが多いので、お祝い事の時にはあまり使わない方が良いかもしれません。

まとめ

神社でのお参りには初穂料を準備して、しかもお釣りが出ないように持っていかなければなりませんね。

熨斗の書き方やお金の相場、兄弟一緒に七五三に重なった場合は人数分を用意することなど、失敗しないように覚えておいておきたいですね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.