季節の行事 秋の行事

七五三の意味や由来とは?数え年・満年齢?お参りする時期はいつ?

更新日:

ambrella
子供の成長に感謝して、これからの健やかな健康を願ってお祝いする「七五三」ですが、なぜ3歳と5歳、7歳になるお子様を11月15日にお祝いするようになったのかなど、由来や意味を説明致します。

七五三の意味や由来や男の子・女の子の3歳・5歳・7歳でのお祝い

kimono

七五三の意味や由来とは?

七五三の起源は平安時代といわれています。

その時代には子供の死亡率が高く、健康や長寿を祝うためにお祝いをしたのが始まりです。

今のように七歳、五歳、三歳を祝う七五三の形になったのは、江戸時代五代将軍徳川綱吉の長男の健康を祝ったのが初めとされています。

数え年でも良いですし、満年齢でもお祝いをします。(これについては後で詳しく話します)

兄弟のいるところでは、数え年や満年齢の子供を交えてお祝いする家庭もあります。

この三歳、五歳、七歳の③・⑤・⑦という数字は、中国の古い思想(陰陽説)から奇数が縁起が良いということと、先ほども申しました「七歳までは神の子」と言った言葉もあった程、江戸時代では病気で命を落とす子供も多かったことから、成長や健康を願う・お祝いするということで、この年齢になりました。

三歳は男の子と女の子のお祝いで、五歳は男の子、七歳は女の子のお祝いです。

三歳・五歳・七歳 各年齢の意味って?

三歳と五歳、そして七歳にお祝いをしますが、実はそれぞれちゃんとした意味があることを知っていましたか?

年齢ごとに由来をご紹介します。

三歳(髪置)男の子・女の子

平安時代には、病気予防のために男性も女性も生まれてから7日目に産毛をそり、三歳までの間は清潔に坊主で育て、髪を伸ばし始めるのは三歳の春頃からだったようです。

そして、この髪を伸ばし始める際、『髪置き(かみおき)』の儀式が行われました。

ただ、どちらかといえば髪を伸ばすということや女の子が男の子より成長が早いということから、三歳のお祝いは女の子の方が主体となっています。

なので、地域によっては、男の子のお祝いはしないところもあります。

三歳のお祝いは、今まで無事に成長できたことへの感謝と、これからの長寿を願ったものなのですね。

五歳(袴着)男の子

こちらも平安時代、男性も女性も5〜7歳あたりになると、様々な物事を学ぶのにふさわしい年齢となり、この頃に初めて袴を着る『袴着(はかまぎ)』または、『着袴(ちゃっこ)』という儀式が行われました。

室町時代に11月15日と定められ、さらに江戸時代には男子のみの風習となります。

今でも五歳くらいの子供には、身の周りを自分でさせ、習い事をさせる最適の年齢だといわれているのです。

なお、現代も「着袴の儀式」が行われています。

七歳(帯解)女の子

鎌倉時代、紐をつけて着付けていた子供の着物の紐を取り、帯を結ぶ儀式が始まりました。

この事柄が「帯解の儀」となったのは室町時代で、男女ともに九歳で行われました。

江戸時代末期から、男子は五歳、女子は七歳となって11月15日と定められました。

幼女から少女へとすくすくと成長していくことを喜び、そしてそれを自覚させるような儀式でもあるのですね。

七五三はなぜ11月15日なの?

本来七五三は11月15日に行われます。

これには、色々と諸説があります。

①:二十八宿と呼ばれる旧暦でその日は鬼が外を出歩かないとされたから。

②:旧暦のその日は満月で収穫や子供の成長を祝っていたから。

③:徳川綱吉が息子の「髪置きの儀」をお祝いしたのがその日だったから。

ただ、今では11月15日にいかなくても10月中旬から11月までの間の大安でもよいとされています。

各年齢にはちゃんとした意味があることが分かりましたが、ここで悩むことが多いのが三歳の七五三は数え年で祝うのかという問題です。

特に早産まれのお子様をお持ちのご家庭は迷うところかもしれません。

そこで、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しますので、ご自身に合うものを選んでみてはいかがでしょうか。

満年齢での七五三のメリット・デメリット

満三歳でお祝いすると、満二歳の頃と比べるとオムツや抱っこなどのお世話が少なくなり、ぐずらず本人も楽しめること、また、満三歳だとある程度体も大きくなりますので、着物が似合いやすいようです。

数え年での七五三のメリット・デメリット

数え年ですと満二歳となります。

二歳から体格の良い子だと、数え年でお祝いしておくことで、着物が似合うということもあるようです。

普通体型のお子様は着物が大きく見えてしまい似合わないと思ってしまう方もいます。

また。トイレトレーニング中や、ぐずる子が多いため前撮りがスムーズにいかなかったという声も。

早生まれの子は?

4月生まれの子が満年齢で祝う歳は、早生まれの場合は満年齢で2歳、数え年で3歳、11月・12月生まれの場合については満年齢二歳、数え年で4歳となります。

4月生まれの子が数え年で祝う場合、早生まれの場合満年齢で1歳半ちょっと、数えでは2歳となります。

11月・12月生まれの場合については満年齢で1歳10ヶ月ちょっと、数え年で3歳となります。

このようなことから、4月から10月生まれが満年齢で祝うのならば、早生まれの場合は数え年で、11月や12月生まれは学年で合わせ、満年齢二歳、数え年4歳で行うことが一般的です。

しかし、地域や各家庭の意見もあるかと思いますので、無理のないようにお祝いできることが一番です。

最後に、千歳飴について、少しうんちくをどうぞ。

七五三の千歳飴の意味や由来

titoseame
七五三の千歳飴には子供を喜ばせることはもちろんですが、長寿を願う意味合いが込められており、千歳飴をたべると「千年もの長寿になる」といわれています。

当時は今のように子供達の死亡率が高かったために、親が子供にかけた「願い」だったのです。

よって、飴の長さは長いのです。

実は、飴の長さはしっかりと決められており、直径15㎜程、長さ1m以内ということです。

また飴の袋にも鶴亀や松竹梅の寿の文字がありますが、鶴と亀は、鶴は千年亀は万年という言葉にあるように、長寿の象徴であり、子供達が鶴亀のように長生きし、松竹梅のように冬でも、寒さに負けない健康を願うものです。

このように、七五三は、「元気に育って欲しい」という親心から始まったと言われています。

親が子を愛する気持ちは、いつの時代も変わらないのですね。

まとめ

七五三ではそれぞれの歳でちゃんとした意味があること、年齢で男の子と女の子、または男の子だけ、女の子だけなどと決まりがあること、早生まれのお子様は数え年でお祝いするか、数え年でお祝いするかなど、悩ましいこともありますが、可愛い着物や袴姿の我が子の晴れ姿はとても嬉しいものです。

あまり格式張らず、神経質にならずに、素敵で楽しい思い出に残る七五三を迎えてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.