冬の行事 季節の行事

神社のお参りの仕方・作法!お賽銭の金額は語呂合わせで縁起を担ぐ?

投稿日:

architecture
新年の挨拶や、子供の成長をお祝いする七五三。

神社でのお参りを行う際の方法や手順は、いまいちわからないという方も多いでしょう。

大切なイベントだからこそ、手順などはきちんと把握していたいものですよね。

ここでは、お参りの手順や注意点などをご紹介します。

神社のお参りの仕方・作法やお賽銭の金額などについて

torii

基本的な神社でのお参りの方法

①:神社の入り口から参拝をします

神社の一番外側にある鳥居から順にくぐって行き、参道に入り、鳥居をくぐる際にはきちんと一礼しましょう。

②:手水舎(ちょうずや)で身を清めましょう

1.右手で柄杓を持ち、左手を清めます。

2.左に持ち替え、右手を清めます。

3.また右手に持ち替え、左手の掌で水を受けて口をすすぎます。

4.左掌を清めます。

5.柄杓を縦にし、柄の握った部分を水で流し元の場所へと戻し、伏せておきましょう。

③:社務所へ寄ります(予約必要)

社務所で、予約していることを伝えると本殿に案内してもらいます。

この時、拝殿に上がる際は前に軽く礼をし、神職が祝詞を奏上するので、その間は清聴します。

この後、神職から玉串を受け取り、右手で榊の根の方をもち、左手で中くらいを持ちます。

それから祭壇に進み、玉串を右に回し手前に根元を持ってきます。

祭壇の前にて、玉串を右に回して前に根元を持ってきて玉串を祭壇に捧げます。

お賽銭を入れるのはこのタイミングです。

捧げ終わりましたら、一歩下がりもう一度姿勢を正し、二拝二拍手拝の作法で拝礼を行います。

90度の礼で二回拝むこと、胸の前で二回拍手をすること、もう一度90度の礼で一回拝み、元の位置に戻ります。

元の位置に戻ったら向きを変えて会釈をし、本殿を出ます。

最後に鳥居をくぐって境内を出ます。

この時も軽く会釈をします。

お賽銭の金額は?投げたらダメ?

お賽銭の金額は基本的には決まっていません。

元々は、神様に対しての感謝の気持ちを込めたものです。

金額は、神様への感謝を込めた金額が好ましいようです。

1000円以上お賽銭を入れる場合に関しては、封筒に入れる方が多いですが、明確な決まりはありません。

お賽銭はよく5円玉(ご縁がありますようにという意を込めて)を入れますが、そのほか15円(十分なご縁がありますように)など語呂合わせでお賽銭の額を決める方が多いようです。

<縁起の良いお賽銭の額>

・5円(ご縁がありますように)

・15円(十分なご縁がありますように)

・20円(良いご縁がありますように)

・25円(二重ににご縁がありますように)

・30円(安定と調和のとれたご縁がありますように)

・35円(再三ご縁がありますように)

・40円(末広がりにご縁がありますように)

・50円(五十の縁がありますように)

・485円(四方八方からご縁がありますように)

五円玉は「ご縁がありますように」という語呂合わせから、お賽銭として使われることが多いですね。

500円は『これ以上大きな効果(効果)がない』ことから、お賽銭としては使用をしないという人も多いです。

お賽銭は、だいたいの方が賽銭箱めがけて投げているイメージですが(実際私も投げています)、実は投げることはあまり良くないとされています。

お賽銭は、お供え物という意味があるため放り投げる入れ方は控えた方が良いです。賽銭箱に近づき、そっと投げ入れるようにしましょう。

お参りに行くにあたり、注意すること

神社にお参りに行く際は、お参りができない時間帯を把握していた方が良いです。

門がある神社は、開門・閉門の時間がありますので、事前に時間を確認する必要があります。

また、ペットと一緒にお参りにくる方も多いかと思いますが、神社によってペットOKとそうでない神社とがありますので、神社のホームページや電話で確認してから行きましょう。

まとめ

わかっているようで曖昧な参拝の仕方、意外とやることが多くてなかなか覚えられないと思いますが、今日を機に覚えておいてくださいね!

そして、お賽銭は放り投げるのではなく、賽銭箱へ近づき優しくそっと入れること、これが神様に対しても失礼にならないやり方でしょうね、私も実行したいと思います。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.