季節の行事 秋の行事

千歳飴の由来とは?袋のデザインにも意味が?美味しい食べ方は?

更新日:

kasa
七五三といえば千歳飴!と言っていいほど、欠かせないのが「千歳飴」ですよね。

お子様は千歳飴を持って写真撮影したり、七五三の風景を写すニュースの中でもお子様たちが千歳飴を持って歩く姿が映され、なんともおめでたい気持ちになります。

この「千歳飴」ですが、どのような意味を持っているのか、みなさんはご存知でしょうか?

今回は千歳飴についてご紹介します。

千歳飴の由来や袋のデザインの意味や美味しい食べ方

titoseame

千歳飴の意味や由来

千歳飴は、江戸時代に子供が無事に健やかに育って欲しいという願いを込めて作られたもので、その頃乳幼児の死亡率がとても高く、7歳までは魂が定まらないと言われていました。

そのことから、親の切なる想いから生まれた紅白に染められた細長い飴です。

由来は、江戸幕府5代将軍の徳川綱吉が体の弱い息子のため、七五三の祝いをしたことがきっかけとなり、浅草で飴売りをしていた七兵衛という人が、紅白で棒状の飴を売り出したのがきっかけのようです。

しかし、この時は千歳飴という名称ではなく、「千年飴」や「寿命糖」などと呼ばれていました。

また、千歳飴の入った紙の袋にもきちんと意味があり、鶴と亀の模様は「鶴や亀は長寿の象徴として、縁起物とされているため子供の健康や長寿」の願いが込められています。

松竹梅の模様は、冬の厳しい寒さでも緑を失わずに立派な「松や竹」、また、寒い中でも耐えながら綺麗な花を咲かす「梅」は、力強さを表しています。

そして、「寿」の文字は、おめでたいお祝いや命が長いことを指しています。

千歳飴の食べ方は?

お参りした神社で頂いたり、ご家族から頂いたりと千歳飴を多くもらうとどうしても余らせてしまうこともありますよね。

そこで、上手な食べ方をご紹介します。

切って分けて食べる

余った千歳飴は、一気には食べ切れませんので食べやすいサイズに切り何日かに分けて、お子様のおやつとしていかがでしょうか。

煮物やツヤ出しに利用する

千歳飴は、デンプンや砂糖、米飴や水飴で作られていますので、温めて柔くし、みりんや砂糖と調整しながら甘味代わりに利用することができます。

豚の角煮や照り焼きなど、煮物やツヤ出しにいかがでしょうか?

ラスクに利用する

バケットパンを薄くスライスし、鉄板に並べ焼いた後、千歳飴を砕きレンジで溶かし、バターと一緒に1分ほど煮詰めます。

それをパンにたっぷりと塗り焼くとラスクが出来上がります。

千歳飴が欲しい時どこに売っている?

神社などでも頂くことも出来ますが、中にはもらえなかったり、都合で神社に出向くことができなかったりする場合もあると思います。

そんな時、千歳飴を手に入れることができる場所はどこでしょうか?

七五三シーズン中は、デパートやスーパー、コンビニなんかでも販売していることが多いです。

不二家ミルキーの千歳飴、キャラクター物の千歳飴、色々あります。

デパートやスーパー以外では、「みなとや」、「金太郎飴本店」、「岩井製菓」などです。

デパートやスーパーとは違い、お菓子屋さんや和菓子、飴屋さんならオールシーズン千歳飴のお取り扱いがあるところも多いです。

そのほか、ネット通販でも購入できますので是非検索してみてください。

[千歳飴人気店]

金太郎飴本店
→昔ながらの伝統がある金太郎の顔が愛らしい飴が、七五三を祝福します。
http://www.kintarou.co.jp/

銀座あけぼの
→銘菓、銀座あけぼのの千歳飴はミルクとチョコ、いちごと3種類の味が楽しめるのでお子様に人気があります。
http://www.ginza-akebono.co.jp/

榮太樓總本舗
→安政4年創業、東京日本橋の日本菓子老舗、榮太樓總本舗です。伝統的な千歳飴が七五三のお子様を華やかにします。
http://www.eitaro.com

まとめ

千歳飴の由来が、江戸時代の乳幼児の死亡率が高かったために無事に元気良く成長して欲しいという願いから作られたという話から、昔の人々の切なる思いがとてもじんときました。

親が子供に健やかに元気に生きてもらいたいという願いは、今も昔も変わらないことです。

日本の伝統を重んじて、感謝しながら七五三には千歳飴を頬張り、次の世代にも受け継いでいきたいものです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.