季節の行事 春の行事

鯉のぼりの吹き流しの色や順番の意味や由来・起源とは?

投稿日:

balloon
毎年5月5日が近づくと、あちこちの家で飾られる鯉のぼり。

一番上の大きな黒い鯉「真鯉」の更に上にカラフルな色の「吹き流し」がたなびいているのを皆様も見たことがあるのではないでしょうか。

この記事では「吹き流し」とその色の由来について調べてみました。

鯉のぼりの吹き流しの色や順番の意味や由来・起源

carp-streamer

鯉のぼりの吹き流しの意味や由来

元々は菖蒲の節句(現在の端午の節句)に、武士の家庭で虫干しを兼ねて軒先にのぼりを、居間に鎧や兜を、それぞれ飾っていたのを商人が真似て吹き流しを飾ったのが始まりと言われています。

なぜそのまま真似てのぼりを立てなかったのかについては諸説ありますが、当時商人は武士より低い身分であったので、真似るにしても多少オリジナリティを加えて武士のやり方をそのままそっくり真似したことになってしまわないようにしていたのかもしれません。

後に、この吹き流しに鯉の絵を描いたものが鯉のぼりとして定着するのですが、江戸時代のうちにすでに鯉のぼりの上に五色の吹き流しを描いた浮世絵が存在していたことも考慮すると、「鯉のぼりと吹き流し」が定着したのは意外と早い時期であったのでしょう。

鯉のぼりの吹き流しの色や順番

吹き流しはなぜ独特な五色で彩られているのでしょうか。

一番有名なものは中国の「五行説」によるものです。

これは中国の陰陽家によって提唱された自然哲学思想の一つで、この世の万物が「木・火・土・金・水」(もく・か・ど・ごん・すい と読みます)の相克関係によって成り立っているとする考え方です。

それぞれの元素が互いに影響しあってこの世界のバランスを保っているということです。

一般的な吹き流しの色はそれぞれの元素の色に合わせ、

木 → 青
火 → 赤
土 → 黄
金 → 白
水 → 黒

となっています。

木の青色は緑色の場合もあります。

水の黒は紫色で表現される場合もありますが、本来は「玄」という中国独自の「黒に赤や黄を混ぜたような色」です。

日本で五色というと仏教の仏旗も馴染み深いですが、こちらは青・赤・黄・白・橙とこの5色を並べたものの全6色で表されるもので、よく似ていますね。

では、なぜこの五色で彩られたものが飾られているかというと、魔除けの意味が込められているからです。

上述の通り、この五色が揃った状態は世界がバランス良く成立している状態=悪いものを寄せ付けない状態であるということで、魔から守ってくれると信じられているということですね。

鯉のぼりはいつ出す?いつしまう?

鯉のぼりを出す時期、仕舞う時期にも縁起を担ぎましょう。

明確にこの日に出してこの日にしまうという決まりはありませんが、おおよそ春分の日以降に出すことが多いようです。

早いところだと桃の節句(3月3日)が終わったらすぐ、なんてところもあります。

その上でかつ六曜を考慮して大安の日を選ぶのが一番縁起がよいでしょう。

ですので、「春分の日以降で、天気が良くて鯉のぼりを出しやすい大安の日」に、天気予報と相談しながら目安を付けておくことをおすすめします。

しまう時期も同様、子どもの日以降の大安の日を選ぶとよいでしょう。

ひな人形と違って早くしまわないと良くないことがあるというような言い伝えもありませんので、ゆっくりでも大丈夫です。

6月まで出しているところもあるようですが、梅雨になる前にしまっておいた方がひどく汚れずに済みますね。

ちなみに、汚れた鯉のぼりはクリーニングに適していませんので、洗う際は薄めた中性洗剤につけ置きして軽く揉み洗いをしましょう。

しまう際に虫除けを使うと色が溶けて流れ落ちることがありますので、くれぐれも気を付けてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

吹き流しのカラフルな色の意味を知るとより一層、大空にたなびく鯉のぼりが大切な伝統と共に伝わってきたことをひしひしと感じますね。

鯉のぼりを飾るときは意味も含め、伝統として子供たちに伝えていけたらいいですね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-季節の行事, 春の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.