冬の行事 季節の行事

松の内とは?期間はいつまで?関西は長い?年賀状は明ける前が常識?

投稿日:

kadomatu
新年を迎える時期によく耳にする「松の内」。

松の内とはどのようなものかご存知でしょうか?

門松など、お正月飾りを飾っておく期間のことをいうのですが、どのような意味があって、期間はいつからいつまで?などご紹介します。

また、お正月にお迎えする「年神様」のことについてもお話しします。

松の内の意味と年神様とは?地域によって期間が違う?

syougatu

松の内と年神様の意味や由来

先ほども述べたように、「松の内」とは、門松などのお正月飾りを飾る期間のことを言います。

実は、正月は年神様をお迎えして祀るためにある行事だということを知っていましたか?

この年神様が、新年に各家庭に迷うことなく来られるように、門松を目印にするとされています。

年神様とは、豊作や幸せをもたらしてくれると言われている神様です。

初日の出と共に現れ、高い山から下ってくると言われており、お迎えする前にはまず大掃除をして、家中を綺麗にしましょう。

掃除が終わったら12月28日には門松やしめ縄、鏡餅を出して飾ります。

家の中に神棚がある際には、神棚にお札やお供え物をします。

もし神棚がないご家庭は、家の中のなるべく高い場所にお供えして、年神様を祭りましょう。

お正月に並ぶおせち料理は年神様へのお供え物だと言われていますが、お供えして良いもの悪いものがありますのでご注意を。

お米や野菜、果物は良いですが、匂いがきついものが避けたほうが良さそうです。

年神様が、各家庭に入ってきたときに、鏡餅を依り所にして、山に帰る日までそこにいると言われています。

このことから、鏡開きには、この年神様の力が宿った鏡餅を家族で食べると1年を健やかに過ごすことができると言われています。

「松の内」の期間はいつからいつまで?

では、松の内の期間とは、いつからいつまでなのでしょうか。

期間は、地域によって違いますが、だいたいの地域は1月1日から1月7日、もしくは15日までです。

関西は1月1日〜15日、関東は1月1日〜7日とされています。

昔は日本全国15日までが松の内だったのですが、なぜ、地域によって松の内の期間が異なっているのでしょうか。

その由来は諸説あり、

・徳川家光が4月20日になくなったことで、月命日である20日に鏡開きは良くないのではないかということとなり20日を避け、1月11日に行うようになったとされていますが、1月11日は松の内のため、少しずらして1月7日に変更。しかし、幕府による伝令が関西までうまく行き渡らず、15日のままになってしまった。

・明暦3年(1657年)、1月18日から20日まで江戸の大半を焼いた大火災が発生し、燃えやすい松飾りは早めに収めましょうということになり、7日までを松の内とした。(明暦の大火)

各地域の松の内の期間は次の通りです。

・北海道・・・1月7日まで

・関東・・・1月7日まで

・関西・・・1月15日まで

・四国・・・1月7日まで

・九州・・・1月7日まで

・沖縄・・・2月19日まで

松の内と年賀状

書いていない相手から年賀状が届いた!

そういう経験はありませんか?

そのまま貰いっ放しで放っておくと相手にとても失礼です。

年賀状は、各地域の松の内の期間までに相手に届くように返信することをお勧めします。

松の内の期間に間に合わなければ、1月5日から2月4日までの間に出す「寒中見舞い」として出しましょう。

この場合には「元旦」という言葉の使用はしません。

ハガキは寒中見舞い、もしくは通常のハガキを使用してください。

「寒中見舞い申し上げます」の挨拶から書き出し、年賀状をいただいたお礼と、お返事の遅れに対してのお詫びも一緒に述べることで相手への気遣いが見られます。

まとめ

そもそもお正月が「年神様をお迎えして祀るためにある行事」であることをご存知なかった方も多くいるのではないでしょうか。

松の内は、門松などの正月飾りを飾る期間ですが、門松を目印として年神様が降りてきますので、とても大切なことですね。

松の内は、期間が各地域によっても異なりますが、家中綺麗に掃除をし、おせち料理で年神様をもてなし、新年を良い気持ちで迎えたいですね!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.