冬の行事 季節の行事

小正月とはいつ?由来や意味は?主な行事は?飾り物や食べ物は?

投稿日:

syougatu
毎年1月1日のお正月は有名ですが、「小正月」という行事はご存知ですか?

お正月は1月1日に対して、小正月の期間はいつ頃でしょうか?

また、どのようなことをするのか、意味や食べ物、飾りについてもご紹介いたします。

小正月の由来や意味と主な行事や飾り物や食べ物

crane

「大正月」と「小正月」の意味や由来・時期

小正月は、毎年1月15日に行われる行事です。

時期はだいたいが、14日〜16日の3日間とされています。

ちなみに、これに対し、元旦から7日までを大正月と言います。

旧暦の1月15日が立春後の望月(満月)にあたり、その昔、人々には満月は特別な力があると考えられていたため、中国式の暦が導入される前は、元旦(大正月)に対し、1年で初めての満月の日である1月15日を小正月と呼ぶようになったようです。

小正月は、松の内に忙しく働いた女性をねぎらう「女正月」とも言われており、女性が実家に帰省し、ゆっくりと過ごす日でもあります。

小正月に行われる主な行事や飾り物とは?

小正月に行う行事としては、豊作祈願や悪霊払い、吉凶占いなど農業に関する様々な行事があるようです。

豊作祈願

motibana
餅花と呼ばれる紅白の餅を柳などの木に飾り付け、実った稲穂に見立てて飾る風習があります。

現在は、黄色や緑などの着色された餅が飾られるようになりました。

 <餅花の種類>

花餅:花の形に作った小さな餅を枝に刺し、飾ります。

繭玉(まゆだま):米粉を繭の形にしてさしたものです。

稲の花:枝垂れ柳の枝を使って稲穂を表したものです。

粟穂稗穂(あわぼひえぼ):カズの木を短く切り、皮をむいたもの、そうでないものを割り竹にさして束ねたものです。

団子木:ミズキ(団子木)の枝に、紅白の団子に加え鯛や小判、打出の小槌などをかたどった船せんべいをつけます。

餅花以外の行事では、「庭田植え」や「皐月占い」と呼ばれるものがあり、雪原を田んぼに見立て、稲わらや松葉などを植えることで秋の豊作を祈願するもの、また、「えんぶり」という行事は、田作りの順風満帆や豊作の様子をお囃子に乗せ、舞うもので田植踊の一つです。

吉凶占い

農作物の豊凶や天候、世相をおかゆを用いて占う「粥占い」が行われていました。

これは、神社で行われる行事で「筒粥神事(つつがゆしんじ)」や「粥占神事(かゆうらしんじ)」などと呼ばれ、現在でも各地の神社で受け継がれています。

占いに使うお粥は、白粥を使用する地域と小豆粥を使用する地域があったり、おかゆを炊く際に、細竹を一緒に入れるところもあったり、出来上がったおかゆを使う地域もあり、様々です。

悪霊払い

どんど焼きと言われ、地域によっては「どんと祭」や「道祖神祭理」「三九郎焼き」などと呼ばれます。

神社や田んぼなどの広い場所で、しめ飾りや書き初め、門松などの正月飾りを燃やします。

この燃やした火でお餅や団子を食べると、1年間健康で病気しないと言い伝えられています。

元服(成人の日)

農業に関係はありませんが、この行事も重要となっています。

子供を一人前に扱うための儀式です。

かつて、この日に男児は前髪を落として髪を結い、女児は大人の服を身につけます。

このことから、成人の日は1月15日となっていました。

小正月の食べ物は?

red-beans
小正月には、小豆粥を食べる習慣があります。

小豆の朱色には、邪気を祓う力があるとされており、一年の家族の健康を願う意味が込められています。

お祝い事があるとき、よくお赤飯を食べますよね?

それも同じで、災いを避ける力のある朱色の小豆を入れたご飯を食べ、福を呼び込むという意味があるようです。

基本的な作り方は、茹でた小豆1・米2を入れて小豆の煮汁と一緒に煮込みます。

煮上がると、餅を加え、塩で味を整えます。

まとめ

小正月はなかなか知られてないようですが、豊作祈願や悪霊祓いなど重要な行事です。

また、大正月で大忙しだった女性のための休息時期とも言われるため、とても大切な時期となっていますね。

古くから語り継がれている小正月に、小豆粥を食べて、一年の健康と豊作を願いましょう!
 
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.