冬の行事 季節の行事

しめ縄の意味とは?玄関・神棚への飾り方や種類は?処分方法は?

投稿日:

simenawa
お正月が近づく年末ごろには、スーパーなどで注連縄(しめなわ)を多く見かけますね。

ご自宅、または勤務先などにも飾りますね。

新年に、いろんなところで見かける注連縄ですが、どのような意味を持つかご存知でしょうか?

その由来や注連縄の種類、また使い終えたときの処分の方法などをご紹介いたします。

注連縄(しめなわ)の種類や意味と玄関・神棚への飾り方や処分方法

izumo

注連縄(しめなわ)の意味・由来

注連縄には、「神様を祀るのにふさわしい神聖な場所」だということを示す意味を持っています。

神様の領域と、現世を隔てる結界の役割、また、厄や禍を祓う意味や、神様がそこに宿る印という意味もあります。

由来に関しては、日本神話が元となっています。

『天照大神(あまてらすおおかみ)は、弟である須佐之雄命(すさのみこと)が悪さばかりすることに怒り、天の岩屋へと隠れました。

天照大神は、太陽の神であるため、その姿を隠してしまったため、世の中が、真っ暗になってしまいました。

この状況に困った八百万の神は、どうしてでも岩屋から天照大神を連れ出すために、岩戸の前で酒を交わし、踊りだしました。

そうすると、その騒ぎに何事かと思って様子を伺いに姿を見せた天照大神を、神様たちは一斉に岩戸を閉め、再び天照大神が岩屋へと逃げ込まぬようにとしっかりと注連縄で岩戸を縛ってしまいます。』

これが注連縄の由来となったお話です。

注連縄の種類や選び方

注連縄って、全て同じだと思っていましたが、色んな種類があるようです。

飾る場所によって種類が変わってきますので、参考にしてみて下さい。

牛蒡注連(ごぼうじめ)

simenawa
これは、神棚向きの注連縄です。

左右で意味が違い、左は「神聖」・右は「俗」と考えますので、神様から見て太い方が左に向くように飾りましょう。(地方によって向きが違うこともあります)

牛蒡注連と前垂れ

simenawa
これは、西日本で玄関先に使われることが多く、牛蒡注連に飾りがつきます。

きび飾りにはきちんと意味もあります。

紙垂・・・神聖・清浄

前垂れ・・・藁のたれ。五穀豊穣

裏白・・・裏側が白いシダの葉。心の清らかさと潔白さを意味します。

譲葉・・・親が子に代を譲る。一族の繁栄。

・・・橙(代々)栄えるという意味があります。

玉飾り(しめ飾り)

simenawa
東日本で、玄関先に使用されることが多い注連縄です。

紙垂・・・神聖・清浄

御幣・・・紙などを細長く切ったもので、水の流れや神様の依り代を表します。

裏白・・・裏側が白いシダの葉。心の清らかさと潔白さを意味します。

譲葉・・・親が子に代を譲る。一族の繁栄。

・・・橙栄えるという意味があります。

海老・・・腰が曲がるほどの年齢まで生きることから長寿という意味があります。

・・・末広がりで縁起が良いという意味があります。

水引・・・人と人、心と心を結ぶという意味があります。

輪飾り

simenawa
注連縄を簡単にしたもので、スペースが限られたマンションやキッチンなどの水周回りに向いています。

水回りは清浄な場所という意味合いを持っているため、キッチンやトイレ、お風呂場などそれぞれに飾る家庭もあるようです。

これらの注連縄は、スーパーやホームセンター、花屋さん、インテリアショップなどで購入できます。

神社でも販売しているところも増えてきていますので、お問い合わせて見てはいかがでしょうか?

また、最近は100円ショップでも販売されています。

簡易的なものでいいかなという方は利用してみるのも良いかと思います。

注連縄の処分方法は?

注連縄の取り付け期間は、12月28日か30日から1月7日までとなります。

松の内の1月7日に取り外し、1月15日の「どんど焼き」で焼き納めしてもらうのが一般的です。

もし、都合がつかない時はゴミの日に出します。

ただ捨てるのではなく、きちんとやるべきことがありますので、ご注意!

注連縄の捨て方

注連縄にお塩をまき、清めます。

そして、新聞紙などの紙に包み、他のゴミとは一緒にせず、注連縄は注連縄のみ入れてゴミの日に出します。

もし、注連縄にプラスチックのお飾りなどがついている場合は、不燃物として別に取って捨てます。

まとめ

注連縄は、神様と深い関わりがあることがわかったかと思います。

そして、飾る場所によって注連縄の種類も変わることを初めて知った方も多いでしょうか。

お家や店先などに注連縄が飾ってあると、お正月感が出ますね!

まだ飾ったことがない方も、ぜひ飾った見てはいかがでしょうか。

そして、使った注連縄はただ捨てずに、ご紹介したようにきちんとしたやり方で処分しましょう。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.