冬の行事 季節の行事

破魔矢・破魔弓とは?方角や置き場所など飾り方は?処分方法は?

投稿日:

bow
お正月に神社で授かる「破魔矢」について、どのくらい知っていますか?

男の子が生まれて、初めて迎えるお正月には破魔矢を贈る風習がありますが、それはなぜでしょうか?

この記事では、破魔矢の由来や、置き場所などをご紹介します。

破魔矢・破魔弓の意味や飾り方・処分方法

hamaya

破魔矢・破魔弓の由来~縁起物になった経緯~

「破魔矢」は、仏教用語である「破魔」という邪悪な気を打ち破ることを意味します。

藁縄や木を丸め、作った円形にかたどったものを破魔と呼び、この破魔を射落すための矢が「破魔矢」となります。

昔は正月になるとこの円形の破魔を的、投げ上げて破魔矢で射落し、この年を占うということをしていたそうです。

また、昔の中国では「鍾馗(しょうき)」という強い武神がいて、この鍾馗が弓で持って悪霊を退治したという言い伝えもあります。

このことから、弓矢は邪気から身を守るための力があると信じられ、日本にも伝わります。

奈良時代には、お正月に「射礼(じゃらい)」、「大射(たいしゃ)」と呼ばれる弓矢で的を射る儀式が行われるようになりました。

そこから、平安時代になると「追儺(ついな)」と呼ばれる鬼や悪魔を退治する儀式が行われるようになります。

この的を「ハマ」、矢を「ハマ矢」、弓を「ハマ弓」と呼びます。

そこから、「ハマ」という語呂に対し、鬼や悪魔を破り退治するという意味を兼ね合わせて「破魔(ハマ)」となったということです。

江戸時代になると、「健やかに、強くたくましく育って欲しい」という祈りと「魔除け」を願って、初正月に破魔弓や破魔矢を贈る風習が出来たとされています。

破魔矢を男の子に贈るワケとは?

男の子の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお正月に破魔矢を贈る理由として、日本では古くから様々な行事で弓矢を鳴らすことで魔除けの道具とし、新春の年占いや厄払いで使われてきた破魔矢には魔よけと厄除けの意味が込められています。

また、破魔弓の矢の本数にも意味があり、4本は東西南北の災厄に備えるため、6本は六徳の矢という意味があり、8本は末広がりとして縁起が良いとされています。

そして、弓を使うのは、昔から男性であるということから、初めてお正月を迎える男の子に贈られるようです。

贈る時期がお正月なのも意味があり、お正月が年の始まりで、先ほどもお話ししたとおり、古来より新春の年占いや厄払いを行事として行なっていて、弓矢は年占いで使用されます。

そこから、生まれてきた男の子の赤ちゃんが健康で大きく成長することを願って、また、昔は男の子は跡取りとして特に大事にされていたこともあり、おもちゃの破魔矢を贈る風習が生まれたということです。

初正月の破魔矢・破魔弓を贈る人は?誰が買う?

雛人形同様、嫁いだ方の親が買うというのが風習なので、基本的には、母方の両親が用意するケースが多いようです。

しかし、そういう風習であるというだけなので、誰が買うという明確な決まりは、もはやないと言えるでしょう。

話し合って決めるのが一番です。

破魔矢はいつからいつまで飾る?

正月事始めである12月13日以降であれば、いつでもOKです。

ただし、29日は苦(9)を連想させ、30・31日は正月前の大晦日に慌ただしく準備することは神様に無礼である(一夜飾り)ことから、この3日は避けましょう。(30日は旧暦の大晦日)

末広がりである八(8)のつく日に準備するのが縁起がよろしいですね!

そして、長くても小正月(1月15日)までには片付けるのが一般的です。

初正月でいただいた破魔弓をどこに飾る?

破魔矢は、邪気を払いたい方向に向けて置くなど、置き場所に気をつけなければいけません。

神棚があるご家庭は、神棚に置くようにします。

もし、ない場合は床の間に置くようにしましょう。

床の間が難しい場合では、玄関やリビングに置くことも問題はありません。

しかし、どこに飾るにしても、頭の高さより高い場所に置くことが必要とされます。

それは、縁起物は見下ろさないようにするためです。

破魔矢の飾り方に関しては特に指定はありませんが、きちんとした飾り方をしたいという方は、尖っている矢尻の方を凶の方向に射向けると良いでしょう。

凶の方角は、悪いものがやってくると言われていますので、矢尻を向けることで、打ち破ることができると言われています。

ただし、この方角は毎年変わりますので、ご注意を。

2018年東南東微南

2019年南南東微東

2020年

この方角は十二支を方角として表し、その年の干支は吉、その逆の方角が凶となります。

破魔矢の処分方法

破魔矢を飾ったはいいですが、処分方法を悩んだ方も多いのではないでしょうか?

破魔矢は、1年間飾ったのち、授与していただいた神社や寺に奉納することが良いとされています。

神社やお寺には、御守りなどを奉納する場所がありますので、破魔矢もそちらにて奉納します。

そして、ここにお賽銭箱があれば、破魔矢を授与していただいた時と同じ額くらいのお賽銭を納めましょう。(破魔矢奉納は、授与されてからだいたい1年後のお正月あたりに奉納します。)

しかし、どうしてもお寺や神社に行けない場合は、破魔矢にお塩をふりかけ清めてから新聞紙などに包みごみへ出します。

処分期間は、1月15日のどんど焼きまでに奉納することが一般的です。 

まとめ

昔の男の子は今以上に跡継ぎとして大事にされていたということで、破魔矢を授与し、健やかに育ちますようにと願いが込められたものです。

厄除けや邪気払いなど、悪いものを浄化する効力がありますので、男の子が生まれた初めてのお正月にはぜひ破魔矢を飾りましょう。

新年を迎える縁起物として、とても良い風習だと思います!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.